« さんぽに出たら | トップページ | 最後まで、歩いてゆくのだ! »

2011/05/08

GW終わってしまうが、悲しくは無いぜ!

毎日いろいろあった。全力を尽くして遊び倒したといっても過言ではないほど。ちょっと振り返り。

4月29日:
トレランで六甲山に入った。展望岩でカレーを食べて楽しかった。
Dsc03438

4月30日:
ひさしぶりに小池さん同行で六甲山に入った。前日ソロでカレーを食べた展望岩でラーメン作って食べて楽しかった。ほとんど一目に触れない場所なので、絶景のわりに静かでいい場所。
Dsc03450

5月1日:
去年自分のきまぐれで突然「登山がしたい。槍ヶ岳に登りたい。」とうわごとのように言ったら”パソコン通信”の時代に自転車フォーラムを介在にして知り合った仲間が力を貸してくれた。その流れも定例化しつつあり、今年は三重県と滋賀県のさかいめにある「御在所岳」に行った。行ったわええが、初日は雨なので山頂アタックから”カレージャンボリー(飯盒で米を炊いてカレーをたべつつお互いにあーやこーや言う活動)”に方針変えた。
Dsc03468

食ったらあとはすること無いんで近所の国民宿舎へ行って一本250万円の発泡酒をゴクゴクっと2,3発しばいて
Dsc03480
ベテランメンバーによる”遭難対策ショー”でわらわしてもろた。こんなぺらっぺらの生地が以外に暑い、むしろ暑苦しいというか、この暑苦しさが生死をわけるらしい。次の日は御在所岳にアタックしようぜと満場一致で決まったで8畳間に布団を4枚パズルのように隙間なく敷いてお互い触れ合いながら就寝。

5月2日:
快晴でしかも二日酔いしてないという奇跡だらけの朝。で、登るわけやがこの山が花崗岩でできてるので六甲とそっくりなたたずまい。ときどき、こんな奇岩があったり
Dsc03498


こんな恐ろしい場所があったり
Dsc03503

垂直に切れ落ちてる場所とか、
Dsc03499

岩場でてこずって渋滞するとか、けっこう本格派な山。
Dsc03512

その割には山頂がスキーゲレンデだったりして、凄い山なのか凄くないのかわからんアンバランスさが最高だ。
Dsc03518
冬場はスノーシューもお盛んな場所らしいのでぜひもう一回来たい。

下山は15分。
Dsc03532

5月3日:
「そんなに六甲山がおもろいのか?」と聞かれたら「おもろい」としか言いようがないおっちゃんの六甲通いは続くのだ
Dsc03544
真冬に凍爆を見せた「七曲滝」、この連休でどんだけたるんどるか見ておかんとマズイやろと無理やり理由つけて行ってきた。ざーざー元気に流れてた。

あとはさっさと有馬側に下山して有馬温泉で日帰り浴場につかってフラッフラになって意識朦朧としながら
Dsc03547
バス停の前で一杯500万円のビイルを3発ほどしばいて大名気分で帰ってきた。バスの中にトイレが装備してあったら後2発ほどしばきたかったが、残念だ。

5月4日:
さすがに山行きが続いたので小池さんが不吉なオーラを出し始めたのでおとなしくしておいた。酔ったときに約束させられたらしいが全く記憶にないので納得いかんがローラー高娘をフランス料理につれていくハメになってしまった。仕方ないので苦し紛れにバッタモンのフランス料理屋へ連れていってその帰りに
Dsc03558
夜店のクレープまでおごらされた。美味い美味いとクレープを食べるのであと4,5年はバッタもんの飯屋でもばれやんと確信した。

5月5日は大人の節句:
こんなかんじ。

5月6日:
近畿地方には「バッタもんのアルプス」が何個かある。アルプスかもしれん微妙なアルプスとかそれはアルプスにしつれいやろ!言うアルプスとかどっかのおっさんの寝言のようなアルプスまでいろいろ。
その中でも比較的うさんくさいアルプスに前々から行きたかったので、わがおアニキに同行お願いして「播磨アルプス」に行ってみた。

現場は、JR姫路とJR加古川の間の駅からスタート。
Dsc01215
(わがおアニキ撮影)
村落のど真ん中から行くので、登り始めの景色がいきなりうさんくさい。

それが小一時間もすると
Dsc01230
とてつもなくでかい岩登り開始になる。

一番高いとこで標高400メートルも無いが、景色凄い。
061
バッタもんアルプスの中でも相当行く価値ありのアルプスだと思う。ここの凄いとこは、登ってる最中も立ち止まってるときも右向いても左向いても年がら年中絶景なとこ。尾根マニアにはたまらん山だと思う。
縦走コースは「もうええ、もうええ」いうぐらい尾根続く。

で、さらに凄いのはこの山、
053
全部焼け跡なとこ。

楽しかった。焦げ臭かった。

5月7日:
大阪市内を勉強した。

5月8日:

|

« さんぽに出たら | トップページ | 最後まで、歩いてゆくのだ! »

コメント

遭難対策ショー…
踊り子さんに手を触れてはいけないのでしょうか(汗)

投稿: bfz | 2011/05/08 22:00

触るのは御法度です(笑)薄い布切れの隙間から見えそうで見えないのが良いのですよ(^^;;

投稿: か退院 | 2011/05/08 22:57

かアニキ、どもどもです。
や、やはり、、遭難時もチラリズムが熱いぜぃ。。

投稿: bfz | 2011/05/08 23:04

●あにきたち、遭難対策おこたりなく!笑

投稿: ロラおとこ | 2011/05/09 13:37

遭難対策ショーの踊り子ですw

GW中、大変お世話になりました!

御在所岳はアメージング感が満載で、予想以上に楽しかったです!
オイシイところだけ楽しんで、大満足!!

投稿: お退院 | 2011/05/09 15:01

焦げ山の一日、堪能しました。焼畑農業っていうのはああいう感じなんですかね。

投稿: わがお | 2011/05/09 21:13

「真っ黒なアルプス」を御堪能いただきましたかっ!!(笑)

投稿: sumi | 2011/05/09 21:39

●お退院どの、早くも次回のGWが楽しみです。また会いましょう!
●わがおあにき、次回は雪山と化したアノ尾根にアタックしたいです。一面真っ白け!?
同行ありがとうございました~。
●SUMIアニキ、尾根の左右でまったく様相(焼け跡)が違うのがとても興味深いアルプスでしたよ。

投稿: ロラおとこ | 2011/05/10 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さんぽに出たら | トップページ | 最後まで、歩いてゆくのだ! »