« 遊びぢゃないのよ | トップページ | まさよちゃん »

2011/04/11

法事はなにごとにおいても優先される

タイトルを書くだけで焼香のニホイを思い出す。

小池さんの祖父と祖母の同時開催っていうけっこうダイナミックな法事に行ってきた。お日柄が良すぎて、伊吹山ヒルクライム(自転車)と金剛山縦走大会(トレラン)とショップの淡路島一周(自転車)と個人的な花見と個人的な立ち飲み探訪とそのほかにも魅力溢れる楽しい行事が三重にも四重にも重なってしまったなかで迷うことなく(迷うはずもなく)法事参加。

うちには墓が無い。墓はないけど納骨してある寺はある。盆暮正月に小銭の賽銭入れてテキトーにお参りする程度の手の抜きよう。なので数珠だけぶら下げて、全然知らん親戚軍団の間に入ってふかふかの座布団に座って神妙な顔作って”法事男”にスイッチ切りかえるとこから。

坊さん入場。
若い、禿げてない、むしろウェーブかかってるしアルマーニの眼鏡かけてるし。

読経始まる。
ええ声。漫才の岡けんた・ゆうたより 「ええ声~」。

続けて各自に配布されたお経の教本みたいなのを開いて後につづく。これがまた難しい。音符書いてない歌詞カードで自分だけ明らかにハモってないのがバレバレで汗出る。

そして「長い」。
このままトキが永遠に続くのかとおもったほど長い。そして足のシビレがついに来た。体の重心を左右にチューニングしてシビレをしのごうとしたら余計びりびりする。前後左右の親戚はびくともしてない。
負けられんと思った。しかしアカン!膝から下の感覚あれへん!だんだん歌詞カードの文字がぼやけてくる。
坊さんよ! もっとスピード上げてくれぇ!

気力!気力!気力で電気あんま師のプライドをかけて足のシビレに耐えた。
白熱の正座は続く。

、、、正座の耐久が終わったら次は説法聞くコーナー。アルマーニの説法はよい話であったがやや軽め。ただ、まぁ、こーゆー時期なので命の尊さとかそおいう話は嫌でも重みが増すな。それとは別に印象に残ったのが
「他力本願」の他力いうのはそこらのおっさんの力借りるやなしに”親鸞聖人の助けを借りて”というのが本筋らしい。

「他力本願で自転車レースに勝った」いうのは親鸞聖人がゴールスプリントでアシストしてくれたことになる。「他力本願で彼女できた」いうのは親鸞聖人がポンパレつこて合コンセットしてくれたことになる。なるほどな、マイベストフレンド イコール親鸞君。

いろいろ話聞いたあとは親戚で飯をよばれる。法事専門メニューいうのはやっぱりアレか、生き物を殺生せんってことで草花中心かとおもったら、、、

ローストビーフ、すき焼き、刺身盛り合わせの殺生フルコース。ヒトはなんと罪深いのだ神様仏様どうか俺をゆるしてくれと思いながらキッチリ完食。


これ以上無いってぐらい地味な週末になってしまったが、むしろ「参加できてよかった」。
個人を偲んだり普段会えやん親戚に会えたり法事の仕組みを学べたり正座にチャレンジしたりすき焼き美味しかったりするのでみんなも法事へ行こう。

|

« 遊びぢゃないのよ | トップページ | まさよちゃん »

コメント

奥さんの祖母が年末に亡くなって、法要が続いてるんですが、
うちんとこの坊主は毎回必ず1時間は遅れてくるわ、
出した饅頭にはカステラがいいですなあとのたまったり、
来週インドに旅行行きますねん、だから法要一回パスねなんて言うてきはります。
そのかわり読経スピードは恐ろしく早くて助かります。

投稿: arkibito | 2011/04/11 12:28

四月馬鹿の日、かみさんの五回忌でした。今回はお義母さんが病気で入院中だったので、自分が取り仕切り役で疲れました・・・。坊さんの読経・説法は短くて良いのですが、「はよ再婚しなはれ、そこの妹さんでもよろしから」と毎回やんわり言われるのは余計なお世話じゃい。

投稿: のぐち88 | 2011/04/11 12:39

法事の読経の最中に正座してた足がしびれ、その後、焼香のために立ち上がったところ、きちんと足が付けずに捻挫してしまったという苦い思い出がありますw

膝を付いて、這って焼香に行きましたww

投稿: お退院 | 2011/04/11 13:18

●arkibitoあにき、普段は地味な125ccのスクーターで檀家回ってオフのときはフェラーリ坊主!とか笑
●のぐち88アニキ、坊さんの仕事手広い!
●お退院どの、そおいえばハワイで見た「本願寺」は椅子とテーブルでしたわ。外人足弱い~。

投稿: ロラおとこ | 2011/04/11 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遊びぢゃないのよ | トップページ | まさよちゃん »