« ゲーノージン | トップページ | anything? »

2010/08/24

印象に残ったこと

005
ヒロの町でクイックマッサージしてくれたおっちゃん。10分で800円。散髪いってだいたいこっちの技術レベルわかったので期待せずに行ったが、そこそこ上手。「これは慢性になってるから毎日ストレッチしなさい」と、日本と同じこと言われてショック。

これもヒロ。昼飯だけは外食していいキマリにしてあるので、どっかうまそうなトコ行こやと何の予備知識もないまま「モンゴリアン」という店名だけにひかれて
011
あたまについてる「ハイ・ホー」とは何なのか?(なんでもえーけど)

カラのどんぶりをもって、この焼肉バイキングのようなとこへ並んで、好きな野菜とか自分で選ぶシステム
014
アホみたいに入れてる外人多数、、、というか全員アホみたいに盛らないとダメな雰囲気。

列の最後のばしょ
017
醤油とかオイスターオイルとかガーリックオイルとかともかく自分の好みの下味をつけておくコーナー。初めてなので配合がサッパリ。自分の前の外人二人は、それはちょっとアカンやろいうぐらいパイナップルオイルをかけてた。

かけたくてとうとうかけられなかったものに「モンゴリアン ファイヤー オイル」という毒々しい朱色のオイルがあったがついに手が出ず。今回の旅の一番の後悔。
018


最後に「麺」を乗せて準備はおしまい。この段階でやっと「焼きそばバイキング」というシステムが判明。
013
前の外人の一人は玉ねぎをアホみたいに盛る。ソバは無し。それでいいのか?楽しいのか?

モンゴリアンはこっからさらに凄くなる

015_2
てんこ盛りにして並んだ順番に焼き手のにーちゃんにどんぶり手渡すと、このデカイ円形の鉄板にバサッ!と広げて、木材の棒(どっから見てもホームセンターで売ってる角材)でまぜながらこの鉄板のまわりをぐるぐる回りだした。なぜか電話しながら、、、。

016
まだまだ回転はつづく
いつになったら逆回転すんのかな?と見てたら右回転専門だった。

で、自分の構成はこれ
022
日本人のおくゆかしさを前面にだして厚かましさは麺の下に隠すという姑息な盛り方。次にいくときは、プライドかなぐりすてて盛りたい、いや盛らんとアカン、そんな気にさせるモンゴリアン。

024
出来上がり。なんかビジュアルしょぼい。所詮野菜炒めなのだからてんこもりにしても大惨事になることないないいうのを忘れてた。妙なことでおくゆかしさを出した自分を恨むぜ。

けどまぁ、味はひじょーによろしい。サービスでついてくるご飯はのけぞるぐらいまずかったが、これで800円なら許せる。次はモンゴリアンが泣いて謝るぐらい盛ったる。

032
値段はどんぶりの大きさに合わせて3コース。食べ放題1,700円というのもある。
で、期待したモンゴル人はどこにもいない。

火山:
ここだけは押さえておきたかったトコロ。
”ボルケーノ国立公園”のなか。かの有名なキラウエア火山がこれ
111

阿蘇のカルデラをみたとき、わー雄大や雄大、漢字で雄大と書くのはこのケシキのことかー、わーわーと人目をはばからずに叫んだが、キラウエアを目の前にしたとき口から出たのは「地球や」と一言。
それぐらい大きい。
大きすぎると人はカンドーのセンサーがうまく働かない。なんでやろ?と考えたら、比較対照がないからだと思う。

そっからどんどん海岸まで車で下降して、ほれ、あの、TVのドキュメンタリで溶岩がどろどろ溶けて海に流れ込むやつ、あれを見にいく
079
車とめて、ひたすら歩く

こんなかんじのとこ
087
ローラー高娘のしゃがんでる場所とかが、溶岩の流れなかった跡で、まわりの黒いぼこぼこしたのが溶岩。この道路は何年か前に溶岩の餌食になって通行止め。

結論をいうと、どろどろ流れる溶岩をみるにはこっからさらに一時間以上歩かないと見えない。年々流れてる場所が遠くなっていくので仕方ないらしい。

ケーサツ:
ありがちな警察車両を全然見かけないので、ガソリンスタンドの兄ちゃんにいろいろ聞いたら、
この島は覆面パトカーだらけ、、、というより覆面パトカーしかいない。つまり警察車両はぜんぶ「自前」。なので、アイウェイをぶっとばして検挙率をあげたい警官は、自分でシボレー買ってものすごい改造するとか、自分は山道に逃げ込んだ犯人専門でいくひとは、4WDをこれもえげつないほど改造してたり。目印はちいさな青いパトランプ。これも常設してたりしてなかったり。
で、購入初年度は全額自分持ちで、翌年は10%、その翌年は20%、そのまた翌年は40%、、、とかいうように活動年数経過とともに、職場から車のローン支払額が増えていくらしい。なので、ローン残金がへった職員は、浮いたお金で改造していくという寸法。

075


そんなとこ

|

« ゲーノージン | トップページ | anything? »

コメント

社長、面白すぎ、モンゴリアンファイアーオイルいって見たい!

投稿: hikaru | 2010/08/24 09:57

アニキ、お帰りなさいまし。
モンゴリアン、ロスで食べましたがまったく同じですね。
思った以上に量が少なくてガッカリしたのを思い出します(笑
しかし、英語のエンジンの錆び十分落ちたみたいですね。

投稿: uechicchi | 2010/08/24 10:35

そう、アホほど食わな現地の人は怒るんですな。若い頃にハワイを一人旅した時、プレートに飯盛りしてくれる姉ちゃんに、もう十分や~って言ったら、殺すぞ的な勢いで怒られたのを思い出しました。同様に巨体のネイティブハワイアンのおばちゃんにも楽しまんかい!みたいに怒られました。魚食え!とか。

投稿: これしき | 2010/08/24 14:54

●hikaruせんせ、辛さ的にはかなり手加減されてる印象ですわ。気温の暑さも知れてるので、尻の穴にもやさしいですな笑
●uechicchiアニキ、しゃべれないけど英語の楽しさ満喫しました。そしてまた錆びる日々。
●これしきあにき、肥えてもええやん!という風土はステキですね!

投稿: ローラーおとこ | 2010/08/24 16:13

師匠,現地に溶け込みすぎです!(笑)
1ヶ月も滞在しはったら,現地語ペラペラになってはりそうですね~!!

投稿: sumi | 2010/08/24 20:21

●sumiあにき、実は賃貸物件も見て回りました(笑。
だいたい7諭吉前後でした。あとは職!

投稿: ロラおとこ | 2010/08/25 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲーノージン | トップページ | anything? »