« 道アゼ谷南尾根もエエゾォ~! | トップページ | 石膏ボードに負けるな »

2010/06/14

160kmで考えた

運動:グランフォンド福井とかいう自転車イベントに出た
飲酒:後泊した民宿で沢山飲んだ

清流の流れるスキー場のゲレンデは、噛まれるとただではすまない(ステロイド含有の軟膏を塗っても一カ月は痒みが引かない)「ブヨ」の巣窟。実際、足を真っ赤にはらす参加者が沢山いて自分もそれみて戦慄はしる、うわぁーえぐいわー、ああわなりたないわーと思いながらコースも終盤、腰痛もすでに”危険ライン”超えてて腰椎から飛び出る神経がつま先あたりまで痛みを伝導してて、まぁ一言でいうとペダル漕いでる場合ちゃうなと。

途中から急変して土砂降りになったこととか、坂道が沢山あったとか、向かい風で苦戦したとか、自然相手に遊んでいるのでそおいう苦労は望むところ。で、何が書きたいかというと、

「最後の坂を登っていたら、歩くより遅いスピイドなので、自転車乗ってるにもかかわらず、ブヨに刺された」。

天気は曇り、初夏の陽光は、、、無い。体調は悪くない。お気に入りの自転車も傍らにある。なのに、
「早く家に帰りたい」とずっと思いながら走った。こんな後ろ向きな参加者は多分自分ひとりだったと思うがな。
世界中に暗い話ばっかりで自転車乗って遊ぶなんて夢の夢やという人類が数えきれん程おるというのに、自分はその夢の自転車に乗って暗い気持でゴールの駐車場を目指すという”暗黒のサイクリスト”。

以前のようにもがきたおしてガハハガハハと笑えるようにならん、その辺どうやって気持と折り合い付けたらええの?なぁ、自転車よ、教えてくれや。

非力なエンヂンとチキンなハートを支えてくれた自転車。土砂降りだったので泥除け付き。
012
「カーボン繊維の自転車以外は自転車にあらず」という最近のメディアの風潮に真っ向勝負な「スティール製」。重さは約10キログラム切るぐらい。モーレツな斜度以外であれば全然気になるとこは無い、むしろ「ヒトが作ったとても優しい乗り物」という具合。

|

« 道アゼ谷南尾根もエエゾォ~! | トップページ | 石膏ボードに負けるな »

コメント

アニキ、お疲れさんです。
結構な雨の中160km走るくらいだから、「非力なエンヂンとチキンなハート」ではないはずっすよ。

投稿: KAZZ | 2010/06/14 21:59

アニキ、お疲れさまでした。自分は、うっかりなトラブルもあって今回敦賀で気持ちが終わってしまいましたが、アニキの慈愛に満ちた笑顔が印象的で、今後いろんなところで男気噴出していきたいと思っています。うれしかったのです。今後もよろしく!

投稿: たかみん | 2010/06/14 23:27

福井GFおつかれした!
終盤あれほどお会いするとは思いませんでした。
しんどいとこで元気出ましたヨ。
帰ったら刺されまくってて、足ヤヴァイっす。

投稿: arkibito | 2010/06/15 01:53

アニキ、お疲れさまです。
一緒に走りたかったなぁ。次回はよろしく。
確かに雨のときは泥除け要りますね。メモメモ。

投稿: uechicchi | 2010/06/15 11:04

おつかれさまでした。
10kgオーバーですけど、わたしは斜度5%超えると後ろから引っ張ってくる怨霊の存在を感じます。
それを上回るエンジンがあればいいってことなんですが、前世自転車じゃないからなー。

投稿: みじ | 2010/06/15 12:31

●KAZZあにき、帰りたい気持ちと走りたい気持がずっと交錯してました。自転車はエンヂン、男気、そして「健康、、、」。
●たかみんあにき、こちらこそアニキのスピリッツに救われました。楽しむってほんま難しいですね。
●arkibitoあにき、もう最後はダメダメでした。その気持ちがいまだに後悔と悲しみでいっぱいです。自転車は難しいですわ。
●uechicchiあにき、来年のことはマジで白紙です。アニキの誘いがあれば、、、
●みじねーちゃん、前世が割烹着だから来世もきっと楽しいよ!FUN!FUN!FUN!

投稿: ロラおとこ | 2010/06/15 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道アゼ谷南尾根もエエゾォ~! | トップページ | 石膏ボードに負けるな »