« 80% | トップページ | 北摂・暮坂峠 »

2010/05/29

東六甲・道アゼ谷北尾根は最高でっせ

辿ったコースは、
阪急芦屋川駅~芦屋動物霊園~道アゼ谷砂防ダム~道アゼ谷北尾根~荒地山~
水小屋~ウグイス広場~五差路~魚屋道~風吹岩~東高座谷~
ローゲンマイヤー(パン屋さん)~阪神芦屋駅

動物霊園の奥の階段からスタート
002

道アゼ谷砂防ダムを超えたらすぐにダム下方向の道へ
003

ちなみにこの分岐のとこの左斜面にこれが。
004
シートの向こうが気になるが、見てはいけないような感じで一応スルー。

ようやく分岐のポイントになる石発見。これが見つからなんだらまた先週同様の「ゼツボーハイク」の再来になるとこであったわい。
005
先週が先週だけにほんまに「尾根」に出るのか?と思いながらじわじわ森の中で高度上げていくと突然開けた場所に出る。

008
野生の勘で、左(赤いほう)へ。右(青いほう)はおそらく芦有道路のほうへ出てしまう予感。

少し登るとまたうすぐらい樹海へ突入。不安だらけ。
010


魔界(樹海)から抜け出す小池さん、いよいよ荒地山の岩場が牙をむくのだ。
011

このあと一気に幅約2mぐらいの痩せた尾根に出た。左右のガケが間伐材で見えないので、落ち込む恐怖感が少なめ。それより、尾根から見える景色は凄くて爽快で風の抜けがよくて、文句のつけようがないぞ。

尾根道の途中は分岐が沢山あってその一個がこの岩
025
市販のガイドブックには、絶景ポイントが一切紹介されてないのはなぜなのか?

このコースの印象は、登ってる最中振返ると常に神戸港とか街が一望できるのと、そのわりに日陰が多いのでUVカットしたいヒトには超~おすすめ。

尾根を抜けて振返ったとこにあった看板
030
判りやすい。

ここから普通に”荒地山”まで行くと、小さい山頂を埋め尽くすほどの人がランチ食べてた。こーなるともーそのあとの行程を想像するとノーマルルートは渋滞する恐れがある。なので、やっぱり魔界へ
035

以前”これしきアニキ”に同行してもらったときの「東高座谷」で下山。最後に出た現場がこれ。
050

この日の収穫は、野うさぎを見たこと。3D映画「アリス・・・」とそっくりでときどき立ち止まって耳立ててこっち見てという具合。当然服は着ていない、無論裸足、全身茶色。
山はヒジョーに神秘的でアール。


東六甲・スバラシランキング:
1位~地獄谷からキャッスルウォール
2位~黒岩(のその先の岩)
3位~道アゼ谷北尾根

ゼツボー・ランキング:
1位~道アゼ谷
2位~一軒茶屋から白石谷


|

« 80% | トップページ | 北摂・暮坂峠 »

コメント

あ、あぶない!

投稿: A | 2010/05/29 18:20

こんばんわ。
むは~すんごい景色!アニキ右足空中踏んでますぜ~
そのまま空中散歩しそうな勢い~

投稿: しお | 2010/05/29 22:29

マリア・ローザ マジックっす!?

投稿: sumi | 2010/05/31 06:01

●Aさん!人間は危ういことがスキです!
●しおあにき、右足の下はまさに奈落の底でした。股間スースー!!!
●sumiあにき、ジロっ、、、と見るイタリア!?

投稿: ロラお | 2010/05/31 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 80% | トップページ | 北摂・暮坂峠 »