« エロめし | トップページ | あこがれの場所 »

2010/05/16

お花摘み

土曜日のハイキング:
高座の滝~高座谷溯上~奥高座滝~黒岩~荒地山~岩梯子~城山~ローゲンマイヤー芦屋店~
新今宮~釜ケ崎の立ち飲み×2~中崎町の立ち飲み×1~自宅

最近買った水筒。生まれて初めてのイスラエル製品。2リットル満載したらけっこう重たい。
001

高座谷に入って二発目の砂防ダム
88
若いヒト二匹の前を悠然と行く、同行の小池さん。ぶひぶひと喋りかけてくるけど何を言ってるのかわからんので無視。


011
奥高座滝を直登して行く、どっかのおっちゃん。履いてる靴が沢登り専用だったのでたぶんベテランさん。自分たちはもう少し安全なルートで(前回、軽く滑り落ちたので怖かったけど)。

017
”黒岩”の上でラーメン食べる小池さん。荒地山の中でも景観の良さでは1位か2位だと思う場所。ドカン!とした岩の上にボスン!と一本の松。自然が作り出すバランスというのは凄いな。
ここで何の予兆もなくいきなりおいどんの腹具合にエマージェンシー発生。一刻を争う状況だ。一番近いトイレまで「ダッシュでいって70分」。目を白黒させながら黒岩から飛び降りというかずり落ちてあたりかまわず藪の中めがけて突入、、、花を摘む。そのあともういっかい黒岩に登り、小池さんが昼寝してる横で遅れてラーメン食べた。麺のびのびだが、景色が美しいのでそれも帳消し。

015_2
どっかのおっちゃんと松の木。楽しそう。ぼんやりみてたらこの場所につぎつぎ人が現れてはおもいおもいのポーズで写真撮ってまた消えていく。たぶんそーとー気持のええ場所かと思う。このあと岩梯子をくだって城山への馬の背を歩いてたらまたエマージェンシー発生。お花摘み二回目。ボケットテッシュの手持ちが少ないので慎重に使った。これがなくなったら使おうと思った目の前の大きな葉っぱを使わずに済んだ。得体の知れないもので尻を拭くのは怖い。


で、黒岩から左を向いたとこにうらやましい景色発見

019_2
たぶん「プロペラ岩」とか言う場所?あるいはもっと違う岩なのか?ともかく行きたい、絶対行きたい。
もしこの場所をご存じとかルート知ってるとかいうアニキ・アネキがおられましたら、ぜひ教えてください。

かれこれ20回近く荒地山を探検して、もう全部知り倒したかと思ったが、まだまだ知らんとこだらけ。
ここの楽しさは無限なのか!?

トレイルを走ること:
トレイルランニングというのかな、ジョギングシューズよりややがっちり目の靴とステキな軽装でタッタカ走ってる人をよく見る。山に来てまで走りたいのかな?と不思議だったが、ひとつわかった。景色のよいなだらかな下りがあると、気持がうきうきして自然に軽く走りだしてる自分がいたので、ああそうか、顔をゆがめて歯をくいしばって走るのではなくて、ウキウキした気持で自動的に足が回りだす->それがトレイルランニグかもしれんわいと。

気持に引っ張られて体がうごく・・・これ自転車でも山でも大事かもな。


|

« エロめし | トップページ | あこがれの場所 »

コメント

おいどんの場合は「キジを撃つ」

投稿: 荒地山の山賊 | 2010/05/16 18:18

こっちでも「キジを撃つ」って言います。
これって、全国同じ?

投稿: KAZZ | 2010/05/16 21:13

黒岩はいつも混んでるので通りすがるだけになってしまってます。

プロペラ岩は黒岩の少し上辺りから左に下りていく道があるんですかね?
小生も探してる場所がなかなか発見できません。

小生の土曜日は前週のロラお先輩の道をウロウロしてみました♪

崖から滑り落ちそうでしたけど・・・(^_^;)

投稿: 酔いどれチロリ | 2010/05/16 22:58

●荒地山の山賊さん、しゃがんでうなだれてる自身の姿は、鉄砲をかまえる勇敢さが微塵も無いですははは泣。
●KAZZあにき、多分全国共通でしょうね。昔の人は上手に言うもんですよね~
●酔いどれチロリあにき、徘徊お疲れ様です!写真の兄さん、なんと岩梯子方面(?)から、頭見え隠れしながら谷を渡って、件の現場にたどり着いておられました。まだまだ未踏ルート多し!楽し!

投稿: ロラおとこ | 2010/05/17 09:04

お花摘みは未経験な私ですが…
いつかは…崖っぷちで尻丸出しで転がり落ちそうです(汗)
気をつけましょう。

投稿: bfz | 2010/05/18 20:25

●bfzあにき、今一番危惧しているのは、お花摘みの真っ最中に真正面からイノシシ君が現れないかということです。
お見合い、、、怖!

投稿: ローラー男 | 2010/05/19 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エロめし | トップページ | あこがれの場所 »