« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

北摂・暮坂峠

運動:自転車で自宅~R2~猪名川沿い~池田市~一庫ダム~智明湖沿い~R477~
    加舎の里~広野~宿野~暮坂峠~倉垣橋~R477~大槌峠~箕面森町~
    R423~池田~自宅
飲酒:端麗350ml×2

土曜日に行った”道アゼ谷北尾根”の印象が凄くよかったのでその余韻をおかずに朝から飯を二杯食う。ひさしぶりにショップチームの走行会にお邪魔してみよかなと思って。腰痛がひどくなると帰れなくなるかもしれんと思い、同行してくださってるヒトビトをトコトン風よけに使い倒すゴージャス走行で。

しかしまぁアレか、目が痛くなるほどの新緑と澄んだ空気は本当に気持ちよかったな。田植えの準備で水を張った田んぼの景色が実は大好き。で、表題の峠。集落のあいだから始まる大変静かな峠であったが、以前のようにギアをかけてボバン!とアタック気味に速度を上げることはまったく意中に無く現段階の腰の具合では現実的な行動とは言いがたく、どーしても”山のぼり目線”で見てしまう。登れそうな登山口やルートファインティングをかきたてたる枝道が満載ではないか。
短いけど清楚な峠という印象。

「里山」もまだまだ全然イケてるぜ。

R423の長いダウンヒルも結局低い姿勢が続かず、途中の空き地を見つけては自転車からおりてストレッチ。
気長にいこうか。

箕面森町:
里山の原型を跡形も無く消し去って切り開いた宅地は、街全体に美しい芝生が広大に植えられ、広い敷地の瀟洒な住宅が点在し、小さな子供を遊ばす大人たちの顔も輝いて見えたが、

みんな都市部への通勤どーしてんのかな?
※あとで検索したら、最寄の鉄道駅までバスで25分かかるとか。


追加:
関係ないけど、六甲・風吹岩からスグのとこにある穴場スポット。この岩から見える景色は内緒。
041
オススメ。


| | コメント (3)

2010/05/29

東六甲・道アゼ谷北尾根は最高でっせ

辿ったコースは、
阪急芦屋川駅~芦屋動物霊園~道アゼ谷砂防ダム~道アゼ谷北尾根~荒地山~
水小屋~ウグイス広場~五差路~魚屋道~風吹岩~東高座谷~
ローゲンマイヤー(パン屋さん)~阪神芦屋駅

動物霊園の奥の階段からスタート
002

道アゼ谷砂防ダムを超えたらすぐにダム下方向の道へ
003

ちなみにこの分岐のとこの左斜面にこれが。
004
シートの向こうが気になるが、見てはいけないような感じで一応スルー。

ようやく分岐のポイントになる石発見。これが見つからなんだらまた先週同様の「ゼツボーハイク」の再来になるとこであったわい。
005
先週が先週だけにほんまに「尾根」に出るのか?と思いながらじわじわ森の中で高度上げていくと突然開けた場所に出る。

008
野生の勘で、左(赤いほう)へ。右(青いほう)はおそらく芦有道路のほうへ出てしまう予感。

少し登るとまたうすぐらい樹海へ突入。不安だらけ。
010


魔界(樹海)から抜け出す小池さん、いよいよ荒地山の岩場が牙をむくのだ。
011

このあと一気に幅約2mぐらいの痩せた尾根に出た。左右のガケが間伐材で見えないので、落ち込む恐怖感が少なめ。それより、尾根から見える景色は凄くて爽快で風の抜けがよくて、文句のつけようがないぞ。

尾根道の途中は分岐が沢山あってその一個がこの岩
025
市販のガイドブックには、絶景ポイントが一切紹介されてないのはなぜなのか?

このコースの印象は、登ってる最中振返ると常に神戸港とか街が一望できるのと、そのわりに日陰が多いのでUVカットしたいヒトには超~おすすめ。

尾根を抜けて振返ったとこにあった看板
030
判りやすい。

ここから普通に”荒地山”まで行くと、小さい山頂を埋め尽くすほどの人がランチ食べてた。こーなるともーそのあとの行程を想像するとノーマルルートは渋滞する恐れがある。なので、やっぱり魔界へ
035

以前”これしきアニキ”に同行してもらったときの「東高座谷」で下山。最後に出た現場がこれ。
050

この日の収穫は、野うさぎを見たこと。3D映画「アリス・・・」とそっくりでときどき立ち止まって耳立ててこっち見てという具合。当然服は着ていない、無論裸足、全身茶色。
山はヒジョーに神秘的でアール。


東六甲・スバラシランキング:
1位~地獄谷からキャッスルウォール
2位~黒岩(のその先の岩)
3位~道アゼ谷北尾根

ゼツボー・ランキング:
1位~道アゼ谷
2位~一軒茶屋から白石谷


| | コメント (4)

2010/05/28

80%

自分へのメモ:

酷道308号線「暗峠」の平均斜度は20%・最大斜度は37%だが、先週行った六甲の”道アゼ谷”は
平面距離約230mで標高約190m上がる「平均斜度80%」だ。

| | コメント (3)

カメラ買いたいのよ

夜のサイクリングに行こかなと思ったが、頭の中のスカスカな部分はすでに熱燗のことでいっぱいいっぱいで他に空き地なし。
酒との親和性が高いヒトなので「それでいいのだ」(C)バカボンのパパ。

運動:通勤往復+家事いろいろ+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、角瓶ハイボール×1、月桂冠の熱燗×一合

コンパクトなデジタルカメラが欲しいのでいろいろネットで検索中。テーマは防水、耐衝撃、写りはまぁ度外視。山へ行くとよくわからん枝道が無数にあって、再訪したときにえーと、どっちやったかな?と迷うことがたびたびあって、そのメモ用に。あと、夏に槍の頂上でちょっとやりたいことがあるのでそれの動画でも撮れたらなと。
大体三機種に絞れたから夕方見に行くつもり->大手家電量販店は人間多くて酸素濃度薄いから山登りの練習にもなる。

つづく


| | コメント (9)

2010/05/27

アンソニー・ジャクソン

自分へのメモ:

アール・クルーの「Finger Painting」で凄いBass弾いてるヒトは、アンソニー・ジャクソンだった。

Earl
ジンを水みたいにカポカポ飲み干し、えずきそうなぐらい濃いコーヒーは当然ブラックで、ココ壱で一番辛いメニューに追加でタバスコ一本丸ごとぶちこむ、そんな暮らしをしてそうな顔。

案外普通に甘党やったりして。

| | コメント (4)

女子高生サイクリスト

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、角瓶ハイボール×2

腰に厳しくない負荷で夜のサイクリング。周回路の横にあるコンテナヤードの水銀灯が綺麗だぜ。自分以外に数人が走ってたがそのなかにひときわ小柄なヒトが。何度かコースですれ違ううちにそれが女子だとわかり、フォームが綺麗だとわかり、”福本千佳ちゃん”だとわかった。ちょうど中間テストが終わったころなので、舞洲行っていっちょうやったろかなとかそーいうー感じかな。今後の活躍を祈ってますからね。
でも、女子高生が一人で夜の舞洲に来るのは、いろいろ物騒な世の中なので、気をつけてね。
(ローラー興行社は宇宙規模の平和維持活動はそこそこヤル連中多いのに、町の凶悪犯に対しては守備が手薄)

女子高生は昔から速かった:
(アルコホルの影響で海馬が粉々なので、正確な時期は忘れた。そーとー昔な思い出)
会津若松にものすごい女子高生レーサーがいて、「真冬の通学は脚を冷やさないように女子で唯一ズボンはいて通学してます」という記事をサイクルスポーツという雑誌で見て、凄い子がおるな~と思っていたが。
ある日バンクで短距離の試合があって自分も何種目か出た( ”出ただけ”で結果は言えない)。そこでゆで卵のような珠玉の流線型というのかものすごい綺麗なフォームで周回しているヒトがいて、自転車の師匠にあれ誰ですか?と聞いたら「サンツアーレーシングの阿部和香子や」と。雑誌の中で真っ赤なほっぺたでズボンはいて通学してた子が目の前で空気を切り裂いてて驚いた。

印象的だった女子:
BDI・CHOというチームにいた当麻愛という選手はお雛様みたいな穏やかな顔立ちで速かった。このヒトと個人追い抜きで走った荻島という選手の印象はあまりないが、応援していた高村夫人の「みーかーまーわーせー!!!(美香!もっとペダルを漕げ)」という絶叫は凄かった。

まだまだあるけど省略。

デッキに添付されてたリモコン×2
001_2
ボタンの数とか文字フォントサイズ、若年層重視壮年軽視。
家電メーカー・企画担当者の嫌がらせの犯行と断定。

| | コメント (4)

2010/05/26

世界の山ちゃん

自分へのメモ:

世界の山ちゃん JR名古屋新幹線通店は「立ち飲み」スタイルだ。

| | コメント (5)

ビデオデッキにおちょくられる

運動:通勤往復+ビデオデッキの設置+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、月桂冠×二合

注文から24時間で商品届いた。きょうびのロジステックの仕組みに驚く。梱包解いたら大量に押しボタンの付いたリモコン二個出てきた。この時点ですでにアゲそうになる。面倒くさいけどコードを接続して”とりあえずなんか移るレベル”にしてみた。自分は知らんかったが、最近のデッキは番組表が内蔵されていた。それで録画したい番組を選ぶという流れ。11PMとかウィークエンダーとかコント55号の野球拳とか、あの時代にこの機械が無かったことが悔やまれる。

しかしな、録画の設定方法がな、全然判らんの。

やっぱりTVの録画は家族の誰かに頼むのが一番手っ取り早くて不安で時々ゼツボーできるから楽しかったな。録画にしくじったヤツ(ローラー小娘とか)を軽くシバイたりできたしな。

昨日はこんなとこ。


| | コメント (6)

2010/05/25

総務省のせいで親子がギクシャクする

運動:通勤往復+家事いろいろ
飲酒:端麗350ml×2

ビデヲデッキがお亡くなりになった。前のは、ローラー中娘がつまらんことでゴネたのでデッキをベランダに放り投げたら壊れてしまったが、今回は自然に壊れた。ブルーレイ内蔵の大型液晶TVにしてくれと言う扶養家族で昨日も風呂に入らず朝まで電気つけっぱなしのやつの意見は無視して、HDD内蔵・DVDもついてる・地デジも対応しているという夢のようなスペックの中で一番廉価なもの(三万円ちょっと)をアマゾンで買った。

舞洲のサマーソニックで今年は永ちゃんが来るのでぜひともバスタオル放り投げて一体になりたかった夢が消えた。そのかわりブラマヨの漫才録画してHDDを満タンにするという荒っぽい嫌がらせやったる。

写真はおいおい
002
下段がベランダに投げ飛ばしたやつ。ビデヲデープが出てこないのとDVDの開閉蓋が無いだけであとはそこそこ動いたり動かなかったり。上段は知り合いから貰ったビデオ専用機。再生はできるけど録画はときどき出来たり出来なかったり生き物のような機械。

| | コメント (6)

2010/05/24

適当におきて適当に食べて適当に飲む

先週とまったく同じく。午前中は布団の中で寝たり起きたり屁をこいたり本読んだり時々しっこいったり。しっこ邪魔臭いなと思ったり、それでも漏らすわけにもいかんしなと嘆いたり。そんなことしてても基礎代謝というのはあるもんで、布団の中から目だけ出してキョロキョロしてても腹は減るわけで。

春キャベツのペペロンチーニとトマトソースのパスタで飲み倒す昼飯。
001
冷蔵庫を開けたらなんかしら残り野菜はあるもんだ。コンビニも冷蔵庫も無い幕末に、腹が減った勤皇の志士たちはどーやって空腹に耐えたのか?やっぱりアレか?「根性」か?

ベランダのmy lover
010
雨ざらし

物理的にも政治的にも無理を承知で「あ~あ、やっぱり自転車とかごちゃごちゃ好きなようにいじり倒せる部屋欲しいのぉ~」と小池さんに聞こえるように独り言言うたら「ベランダでいじりたおしたらええやん」と言われた。
だからな、俺がな、言いたいのはな、どこぞに雨ざぶざぶ降ってる中でざぶざぶの自転車をざぶざぶになってネジ回すおっさんがおるか?ってことや、俺自身、防水されてないのに内臓に雨染み込んで風邪でもこじらしたらどーなんねん、、、

「うるさいなぁ~、今十津川警部が何言うたか聞こえへんかったやろ~!」と叱られた。

雨の日に論破するのはやめよう。


| | コメント (7)

2010/05/23

垂直の旅

土曜日の運動:芦屋川~高座滝~高座谷~奥高座滝~黒岩~プロペラ岩~荒地山~
         道畦谷~芦屋川~ローゼンマイヤー~阪神芦屋
土曜日の飲酒:淡麗500×3

出会う確率95%の高座谷でこの日も
006
小さいのが増えてた。最近出産したもよう。

011
その先の地面にシマ蛇くん。胴体がオレンジで黒の縞模様。最初びっくりしたけど蟻んこ相手に威嚇してる姿から必死サが伝わってかわいいかと思った。”山”に興味が行くまで動物なんかどーでもえーわと思ってたのが、「歩く」という移動スピードで目線でいくと、いろいろ楽しいな。


奥高座滝中央の崖を登ってそのまま黒岩でランチ。今日の課題はこっから「プロペラ岩」を発見すること。事前情報だと黒岩のちょっと先に分岐あるらしい

016
包帯でまかれた木が分岐のとこ。ペンキ塗られたり消されたりナイフで彫られたりヒトにやられ放題の木。気の毒にな。この木から踏み跡を辿って下って行ったら小さな岩場があって、それを右側から下っていったとこに

017
プロペラ岩出現。プロペラというより人差し指のほうが似てると思うがな。ここからも道が沢山出てて、一個は奥高座谷に出るらしい、もう一個は荒地山ボルダーの方に出るらしい。「らしい」だらけで未確認ルート満載。
一旦こっから荒地山に戻ってこの日二発目の課題に突入してみる。


いつもはこっから荒地山の核心部でもありお楽しみコースでもある「ボルダー」のとこから岩の間をすり抜けて下に降りていってああ楽しいああ楽しいで行くけども、こっから「道畦谷尾根」とかいうマニアックで景色のよい道があるとかどっかのブログで読んだのでそっちへ。

それが、いけどもいけども「尾根道」なんかなくて
019
道畔谷の「谷」部分にばんばか迷いこんでしまうの駄。写真の小池さんの足元、斜度45度超えてて持つトコとか足置くとことかゼロ。それでもって回りは気温の高さにつられて小バエとかヤブ蚊とか、うっとしい!超~うっとしい!こんな感じで垂直に落ちていってんのに、腕の高度計が全然下がっていかんのでかなり焦る。

自分が先頭にたって、先人が残したテープやリボンが無いかと目を凝らしてたら10mほど後方にいる小池さんが突然「石!石!い~~~~し!!!」と叫ぶが、こっちも斜面で自分の体を支えるのが忙しいので振り返る余裕が無い。けれどその切迫してる声のトーンに続いて大きくて硬いものが自分めがけて近づいてくる気配がハッキリわかるぜ!落石だぜ!あたると痛いぜ!逃げ場が無いぜ!

体をささえてた木にしがみついて一瞬目をつむった。その刹那、シュン!という風切る音残して頭蓋骨ぐらいあるデカイ石が小石引き連れてスレスレを流れていった、ほんまにびっくりした。「殺す気か!!!」と安もんのコントのような返しで小池さんをにらむ。斜面で体を支えるために小池さんがセレクトした岩はどれもこれも”浮石”だったようで、このヒトと同じラインで下っていったら絶対死ぬと思った。


023
垂直の旅に疲れてきたころに、やっと人工物に出てきた。「このあたりであそぶな」と。
確かにな。

024
地面に落ちてたどっかの湧き水の表示。あたりを見回してもそれらしいのが全然無い。悪質ないたずらか?

いろいろあって、最後は芦屋動物霊園に出た。自分も小池さんも足だけでなく全身疲れたなと言い合った。原因は初めての未踏ルートを歩くことでの「緊張」と「気疲れ」。自転車でも立ち飲みでも登山でも「緊張」が一番の敵だとわかった。それと道をロストしたときの不安とか人家が見えたときの安堵感とか、そのギャップがまぁ楽しいわおもろいわで。

レベルは低いが「垂直の旅」、自分の体が谷底めがけて落ちていくとか、今のレベルでギリギリ登れるとかの楽しさ。
また次回への宿題が見つかった。東六甲だけで毎週通って半年近くたつのに未踏部分はいったい何個あるのだ?

手足と頭使って、見たこと無い動物とか植物とか出会って、ありえへん形の岩を眺めて、
まったくおもろいな。

| | コメント (6)

2010/05/21

「おっさん弁当」

運動:通勤往復+舞洲大周回+中臀筋マッサージ+仙腸関節ストレッチ
飲酒:端麗350ml×2

整体の勉強をされている格闘家のサイクリスト(ややこしい)に、自分の腰痛の原因が中臀筋の慢性的なコリにあることを指摘され、その場でアスファルトの上にねころび半信半疑でマッサージを受けてみた(大変ありがとうございました)。
痛い。痛いけど生まれて初めての感触。おしりを揉まれてるような腰を揉まれてるような。
筋肉とか関節の硬化の速度は自分が思ってるよりはるかに高速かつ深刻だった模様。筋肉が海綿体でできていたらこんな苦労せずにすむのになと思ったが、そーなったらそーなったでまたややこしいか。

こうやってちょっとづつサドル生活の扉を開けていくのだ。それとマウンテンサイクリング乗鞍参加申し込みが落選した。申し込んでいたことも、申し込んだときの気持ちも、どっちも記憶に無いのでショックゼロ。「当面のイベントが無いからモチベイションあがらんわ~」という気持ちが判らん。なんせここ最近は無理してとか我慢してとかで自転車乗ってるわけちゃうしな~。二足歩行で乗鞍に登る楽しみもあるわいな。股間がしびれる遊びはまだまだいっぱいあるはず。

小池さんは出張中、ローラー高娘は学食、なので
001
”おっさん弁当”。タッパの中は作りおきしてある煮物とか冷凍食品の豆だとかそんなの。メインのおかずが缶詰であっても、いろどり度外視でも、フルーツが入ってなくても、なんの問題も無いのがおっさん弁当。
これにカップ酒をそえたらおっさん弁当から「やから弁当」にグレードアップするが、今はまだいいわ。

おっさん生活は楽しい。

注意:今週は一回も立ち飲みに行ってない。このままではダメ人間になってしまう。おっさん生活の危機。


| | コメント (8)

2010/05/20

平凡な日

運動:通勤往復
飲酒:芋三姉妹の三女×水割り2杯

晩飯を作ってローラー高娘と二人で食べた。食後に、なぁなぁ人生ゲームする?と誘われたので殆どの大人は毎日やってるといったら意味わからんと返された。つまらなさそうな顔するのでホナ電気あんま対決するか?と誘ったら、一人でやればと冷たくされた。ソロで電気あんまはちょっと難しいなと思ったので、仕方なく仕事の資料を読んでいたらそのまま即身仏スタイルでねむってしまった。
ゆうべはそんなとこ。

| | コメント (2)

2010/05/19

仕事

「コンプライアンス重視、セキュリティも重視、しかし訴求力はもっと重視、デザインがステキでUI(ユーザインタフェース)がわかりやすく、サーバへの負荷を最小限にして、コンテンツの鮮度はつねにピチピチな、サプライヤー・ベンダー向けホームページを作れ」とボスに言われて半年。

検討資料を準備し、満を持して午前中のサンドバック会議のリングに上がったら、大ボスから強烈なフックの連打を浴び、中ボスにタオルを投げられ、小ボスの肩を借りて退場。

「ま、そんな凝ったもんじゃなくてもええからな~」という最初の指示を鵜呑みにした自分がアホだった。

「簡単にでええから」=(イコール)「フラッグシップ」・・・行間を読めなかった。

| | コメント (7)

チキンカツ

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、芋焼酎ロック×たくさん

きのうは腰痛を緩和するライディングフォームの尻尾をつかまえたと思ったが、ちょっと負荷を上げただけで元の木阿弥。焦るな->俺。

”弱いハートを奮起させるおっちゃんの晩飯”102発目:
001
「チキン(弱虫)渇!」。
勢いあまって揚げすぎてしまってヤヤ黒い。そろそろ上半身裸で揚げ物をする季節がやってきた。今シーズンも高温の油が腹に当たって熱い。生きてる証拠や。

はだかでテンプラ、はだかでトンカツ、はだかで溶接、はだかでエプロン、男の周りはいつも危険がつきまとう。


芋娘三姉妹:

酒造メーカーの拡販施策にまんまとはまってみた。
003
ジャスコ野田阪神店のリカーコーナーで三姉妹を前にして長女か次女か三女か散々迷ったあげくに「三女」を連れ帰る。能書きに「赤ワインにも似た艶やかな紫芋の香り とろける様なうまみ」と書いてあるのを見た瞬間、なんのためらいもなく「ああ、ワイン味の焼酎というのをいっぺん飲んで見たいものだ」と思ってしまった。

自分の味覚が安もんなのか、何杯飲んでもワインの味がせんではないか。ワインの味がするまで飲んだろと思ったら半分あけてしまった。悪い女だ三女。三女のせいで腹筋もできなかった。かなり悪い女だ。


| | コメント (2)

2010/05/18

タイ

運動:通勤往復+舞洲大周回+ラヂオ体操
飲酒:端麗350ml×2

”二足歩行で山登りしても腰へのダメージが少ないのになぜ自転車だとこんなに辛いのだろうか?”
山に登るようにペダルを回すことができないものかといろいろ試行錯誤。
それとともに、腰のストレッチに割く時間を大幅にアップしてみる。今まではストレッチして腹筋運動して晩酌という生活リズムだったが、昨夜からストレッチしながら腹筋しながら晩酌するという
見るものを圧倒する暮らしだ悪酔いしそうだアゲそうだ。


大規模な反政府デモ。そんなん知らんわどーでもえーわ興味ないわと思ってたけど
001
タイ王国に世話になってるサイクリストの一人として一刻も早い沈静化を祈ります。

レプリカ:
Fff
今朝の通勤で大手オートバイ用品店の前通ったら、これが沢山陳列してあったが、ブーム再燃か?表六甲にも裏六甲にもスペンサーがうじゃうじゃおったな。十三峠にはガードナーがいつも2,3人おった。信貴スカにはガリガリに痩せてぼろぼろのツナギを着た「めちゃめちゃ貧乏臭い平 忠彦」が行ったり来たりしてた。

今はもう、だれもいない。


| | コメント (10)

2010/05/17

汗ばむわ~

週末ぐらいから好天気。NHKの気象予報士が「汗ばむ陽気」という言葉連発するので、山田花子を思い出す。

| | コメント (2)

平井 収二郎

「龍馬伝」見る。土佐勤皇党の平井 収二郎が切腹する話。切腹が決まった収二郎に勤皇党代表の武市半平太が「こんなややこしいことに巻き込んでほんまごめんな~」と謝ったら収二郎が言った言葉「そんなん気にせいといてくださいよ、切腹は武士の本懐ですし」と言うセリフを見て、ひさしぶりに「葉隠」読んだ。

武士道はやっぱり切腹を推奨してない。

今流行ってるピーター・ドラッガーのマネジメントシリーズよりもっと大昔から、武士道というものはヒトや精神をきっちりマネジメントしましょうや~ということかな。

ちょっとつづく

| | コメント (1)

勿体無い、、、とは思わない

もともと体調が悪かったのかそれともひどい下痢で山へ行ったせいなのか、下山したあとの立ち飲み興行は抜群に楽しかったが酩酊するほど飲んでないのに帰巣本能だけであとの記憶が無いし。

めずらしく”酒疲れ”のような感じで起きた日曜日。ものすごい晴天なのにどこかへ出かけたいとか体をハチャメチャに動かしたいという気持ちが湧き上がってこなかった。何をしてたかと言うと、しっことご飯以外は日が暮れるまで布団の中で本読んだり考え事したり地図を眺めていたり屁をこいてそのまま眠っていたり。こおいう自分だけの弛緩し倒す時間も大事。

夕方、小池さんが出張で東京へ行った。今週は週末までローラー高娘と二人。弁当作んのと洗濯もんが一人分減っただけであとはいつもと一緒。また一週間がんばろかいや。

このきしょこ悪い写真は
826881389_63
北摂・能勢の妙見山の藪の中で昆虫採集中にずぼんにむらがる「マダニ」。
(photo by 会社の後輩)

| | コメント (6)

2010/05/16

あこがれの場所

大阪の中崎町というのはチャライ感じのカフェばっかりでおっちゃんには向いてないわうんざりやわ用事無いわという先入観でみっちゃんみちみち。それが、、、
100515_2053001
ついに、シャングリラ発見。
立ち飲みを志す者ならかならず行っておいたほうがいいといわれる幻のお店。

感想はと言うと「フツーの角打ち」。

自分にとってのけっこう高いメの賛辞=「フツー」。
立ち飲み・角打ちに「スペシャル」があったらアカンと思う。フツーの酒とフツーのアテとフツーの内装フツーの店長フツーの客。

また行きたいお店に決定。

| | コメント (5)

お花摘み

土曜日のハイキング:
高座の滝~高座谷溯上~奥高座滝~黒岩~荒地山~岩梯子~城山~ローゲンマイヤー芦屋店~
新今宮~釜ケ崎の立ち飲み×2~中崎町の立ち飲み×1~自宅

最近買った水筒。生まれて初めてのイスラエル製品。2リットル満載したらけっこう重たい。
001

高座谷に入って二発目の砂防ダム
88
若いヒト二匹の前を悠然と行く、同行の小池さん。ぶひぶひと喋りかけてくるけど何を言ってるのかわからんので無視。


011
奥高座滝を直登して行く、どっかのおっちゃん。履いてる靴が沢登り専用だったのでたぶんベテランさん。自分たちはもう少し安全なルートで(前回、軽く滑り落ちたので怖かったけど)。

017
”黒岩”の上でラーメン食べる小池さん。荒地山の中でも景観の良さでは1位か2位だと思う場所。ドカン!とした岩の上にボスン!と一本の松。自然が作り出すバランスというのは凄いな。
ここで何の予兆もなくいきなりおいどんの腹具合にエマージェンシー発生。一刻を争う状況だ。一番近いトイレまで「ダッシュでいって70分」。目を白黒させながら黒岩から飛び降りというかずり落ちてあたりかまわず藪の中めがけて突入、、、花を摘む。そのあともういっかい黒岩に登り、小池さんが昼寝してる横で遅れてラーメン食べた。麺のびのびだが、景色が美しいのでそれも帳消し。

015_2
どっかのおっちゃんと松の木。楽しそう。ぼんやりみてたらこの場所につぎつぎ人が現れてはおもいおもいのポーズで写真撮ってまた消えていく。たぶんそーとー気持のええ場所かと思う。このあと岩梯子をくだって城山への馬の背を歩いてたらまたエマージェンシー発生。お花摘み二回目。ボケットテッシュの手持ちが少ないので慎重に使った。これがなくなったら使おうと思った目の前の大きな葉っぱを使わずに済んだ。得体の知れないもので尻を拭くのは怖い。


で、黒岩から左を向いたとこにうらやましい景色発見

019_2
たぶん「プロペラ岩」とか言う場所?あるいはもっと違う岩なのか?ともかく行きたい、絶対行きたい。
もしこの場所をご存じとかルート知ってるとかいうアニキ・アネキがおられましたら、ぜひ教えてください。

かれこれ20回近く荒地山を探検して、もう全部知り倒したかと思ったが、まだまだ知らんとこだらけ。
ここの楽しさは無限なのか!?

トレイルを走ること:
トレイルランニングというのかな、ジョギングシューズよりややがっちり目の靴とステキな軽装でタッタカ走ってる人をよく見る。山に来てまで走りたいのかな?と不思議だったが、ひとつわかった。景色のよいなだらかな下りがあると、気持がうきうきして自然に軽く走りだしてる自分がいたので、ああそうか、顔をゆがめて歯をくいしばって走るのではなくて、ウキウキした気持で自動的に足が回りだす->それがトレイルランニグかもしれんわいと。

気持に引っ張られて体がうごく・・・これ自転車でも山でも大事かもな。


| | コメント (6)

2010/05/14

エロめし

”晩ごはんに変な名前つけんのやめてくれへんかなぁ、、、、”とローラー高娘をあえておちょくることに楽しみを見出すお父ちゃんの晩飯39発目:
003
「Fカップカレーチャーハン」。
ご飯の量が少なかったのでGカップに昇格できず。
グリーンピースが無かったので乳首なし。残念だ。
幼児のときは軽度のおちょくりでよく泣かれたが、女子コーセーは重度のおちょくりでもビクともしないのでつまらない。


Amazonから本来た
004
ドキュメンタリー番組を制作・放送した側から見たクライマー夫妻の話。とくに、取材のために一緒に登ったカメラマンは当然夫妻と同じ時間、同じ高度、同じ気圧、同じ恐怖、そして同じ”頂”を味わったはずなので、言葉にに変な色が混ざってない。あとがきの最後にも”またお二人と一緒に山へ行かせていただきたい”と書いてあったのがなによりの本音かと。翌日早朝に自転車のつどいがなければ痛飲しながら朝まで読み倒したかったが。

運動:通勤往復+舞洲大周回+鉄棒で逆上がり
飲酒:端麗350ml×2、黒霧島×ロックたくさん

| | コメント (6)

Raphaなつどい

5時半起床。カーテンをあけると初夏の陽光が差し込みおもわず目を細める、、、うそ。冬に逆戻り。そして眠たい。そして酒抜けてない。わが国には”朝錬”に打ち込む熱心なサイクリストが58万人ぐらいいるというのに、、、自分の堕落ぶりに満足しながら集合場所へ。

007
黒基調のジャージ集団は、なにかアンダーグラウンドな気配がしてよいではないか。でもレーサーパンツからちん毛がはみ出しているのは自分だけのようだった。

ロードレースのプロトン(集団)の中で、自分やチームメイトの存在を際立たせるあるいはパトロンの広告塔としての役割を果たすためにカラフルなマイヨ(自転車の装束)が存在するとすれば、Raphaのようにモーレツにシックな衣装は、奇をてらっただけのサイクリングアパレルのサブカルチャー?それとも何か知らんけどややこしいカルトか?と思ってたけどな。

街には色があふれてるし、山に行けば優しい自然の色があるしで、そうなるとアイコンのベースになってる「白」とか「黒」は・・・ステキだ。ステキなアイテム目白押しなので、またがんばって働くしかあるまい。

011_2
イギリス人は自転車も速いが英語もはやい。何言うてんのかでんでん聞き取れなかった。御堂筋を南下してるときに「ここは*@#!~?△だから信号が変わるまで動くんじゃないぞ~」と喋ってたのが唯一わかったぐらい。ときどき仕事で一緒になるインド人のおっさんのうさんくさい英語とは鮮度が違うわい。「何を言うてるのかわからん」のが英語の醍醐味だぜがはははは。


この二人は日本人
013
ありがとうございました。

| | コメント (6)

2010/05/13

意地で乗る

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、菊正宗×一合

ひさしぶりの夜間サイクリングはいろいろあった。
元気にハツラツと周回する人たちと今の自分の温度差がすごかった。”練習”しているアニキたちのお邪魔にならないように、静かな海辺の周回路を走る。ペダルを踏もうが回そうが骨盤を立てようが立てまいがそんなことより、あとに控える晩飯の献立と朝の弁当のメニューを考えながら走ったザンスよ。

遠くに見える神戸の光は今夜も多くの男女の欲望を飲み込んで怪しく輝いているではないか、欲望に渇望していたころが懐かしいわいとか思いながら変速機をカチカチしながら帰宅。楽しい夜であった。


明日の早朝、うちの近所にほんまもんのRaphaの人がイギリスからやってきてサイクリングするつどいがあるらしいので、行ってくる。素人目線あるいは腰痛で苦しんでるおっちゃん目線の速さで走ってくれますように。Rapahの人はどんな匂いがするのか?すね毛は果たしてぼ~ぼ~なのか?レーサーパンツの生地からちん毛が突き出してみっともないのは地球上で自分だけなのか?

いろいろ楽しみだ。

| | コメント (4)

2010/05/12

Emotion & Commotion

Amazonから物欲を焚きつけるメール着た。

Jef
DVD->ちょっと前なら”生きて動くジェフ・ベックが見られる”という希少性でソッコー買ってたと思う。最近はネット動画でいろいろ見られるからかなり冷静に。
視聴したヒトのレビューが結構辛辣で、どうもロック・フュージョン満載のベック節でぐいぐい押すアルバムじゃないらしい。
そもそもうちのTVは16インチのブラウン管式なので、アーティステックなプログラムに一番不向きやし。

うちの近所の酒屋のおっさんと同級生のジェフ・ベックが弾くギター、ちょっと気になるけど。
65歳。

| | コメント (5)

日本語に動揺してみた

運動:通勤往復+短時間立ち飲み+体操いろいろ
飲酒:サッポロラガー大瓶×2

大阪駅前第二ビル地下二階「しげ家」。
サッポロの「赤星」大瓶380円をプッシュしてるお店。”きずし”で幕を開けた立ち飲み。そして

ロラお「すんません。ししゃもちょーだい」
お店「すんません。今日はししゃもがメザシになりますけど。、、、」

大瓶二本飲んだだけで自分の聴覚がおかしくなったかと思った。ししゃもがメザシになる???そんなアホな。メザシが成人したら鰯になるのが自然の摂理やと思うが、メザシとししゃもは血縁関係にあるのか?大変混乱した。
コンビニでお金払って「千円からでいいですか~」と能天気に言われる絶望と比べたらマシか。ビイル美味かったし。

| | コメント (4)

2010/05/11

魚介の日

運動:通勤往復+家事いろいろ+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×2

”アサリに生まれ変わったら、お酒の風呂に入れるのかな”とくだらんことを思うおっちゃんの
晩飯51発目:
001
「あさりの酒蒸し」

”そんな風呂に入っても楽しくないやろな、、、”と追加で思うおっちゃんの晩飯
52発目:
002
「ホタテとイカとタラのホワイトプランのような甘酢あんかけ」

思いつく献立すべてが酒のアテなのだ。
疲れてるのかな?

ボーボーライダー:
サイクリストとしてのアイデンティティと言っても過言ではない「足の毛剃るか否か」について、土曜深夜まで悩んだ。歴史の中でまことしやかに囁かれ続けた「剃る理由」はどれも一理あるが、これだけスポーツサイクルが世の中に蔓延してしまうと逆に「そこまでせんでもええやろ、もっと気楽にな」という風が吹いてもいいやんか、、、で結論は「ぼ~ぼ~でイク」。

すねげがぼ~ぼ~であろうがつるつるであろうが、自転車の楽しさに一点の曇りなし!


| | コメント (8)

2010/05/10

ゾンネ

今月、「初自転車」。

~もしかしたらもう関西のサイクリストの間には「鈴鹿、乗鞍、胡麻」の三つがディファクトスタンダードになってるかも~

自転車を趣味にしてからレース以外でこんなに緊張したのは初めてちゃうかな。自分勝手に「できるだけ車が少なくて坂道が少ない(腰に優しい)コース」を何度も頭の中のデータベースから引っ張り出して、あとは当日の風向き頼み。それと同行してくださったアニキたちは”先頭固定”を心配してくださったけど、自分のペースで走れるメリットがあるので大丈夫でした。なにより後ろからアニキたちの「サイクリングは楽しいオーラ」が後押ししてくれましたし。

途中の信号とか給水で止まるたびに腰まわりのストレッチをしたが、時々刻々と硬化していくのが判って怖かった。「有事の際」にはゴミ袋を買って列車でという思いも、、、

自宅について「180km」と表示された無機質なサイクルメーターをぼんやり見た。
走りなれたヒトだとなんでもない距離かもしれないが、今の自分の体調を考えると「よく自走で戻ってこれたな」が一番先に思ったこと。動体視力が衰えて下り坂が臆病に、車と並走するのが怖い、市街地でのとっさの判断や手信号に遅延が、、、サドルの上にいる頻度が下がる影響は計り知れない。

今のひどい腰痛とはこの先も死ぬまでつきあっていくと思う。改善の見込みは無いと思う。
速く走れなくなると自転車がつまらんようになるかと思ったけど、行く先にラーメンやうどんやパンや美人が待ってたり、藤の花をみたり田んぼに張られた水を見たり、まだまだ先にはサドルの上から見る楽しい事はあるかな。

それでいい。


| | コメント (8)

2010/05/09

グルメハイク->六甲山

土曜日

午前10時芦屋川~高座の茶屋~高座谷~ダルマ岩~5分岐~宝寿水~魚屋道~
本庄橋跡~土樋割峠手前~黒岩谷西尾根~一軒茶屋~白石谷~
ロープウェイ乗り場~有馬温泉銀の湯~高速バスで大阪駅

003
ひさしぶりのダルマ岩。このあと5つに分かれる通称「5分岐」の全容がようやくわかった。巨大迷路!

宝寿水から魚屋道に出たとこでハイカーの渋滞があった。いい天気やしなー。そのまま雨ケ峠でラーメン食べたあと、このまま王道「七曲がり」は使わず
004
本庄橋を登ったとこから土樋割のほう(赤)へ行く。青いほうは七曲がり。

あともうちょっとで土樋割峠いうとこで左側を見ると、山火事防止の看板があるのでその横から突入。
005
痩せた尾根が続くちょっとだけスリリングな「黒岩谷西尾根」で山頂まで。まったくヒトの気配が無いのと、途中からの景色が凄いので七曲がりコースより楽しい。
一軒茶屋からあとは魚屋道で有馬行くかと思ってたら、同行の小池さんが「白石谷コース」に激しく興味持ち始める。気乗りせんけどいっぺんぐらいは奈落の底に落ちる体験もええかと思って
006

写真でわかりにくいけど60度ぐらい斜度あるし、最近雨が多いせいか地すべりの跡が凄い、前回一人で行ったときより難易度が増してた。
007

009
幅50センチぐらいの痩せ尾根。右も左もソートー切れ落ちてるので怖さ倍増。
これだけでなく、このあとに続く滝の巻き道の崩れ具合も凄みを増してて、「巻き道のための巻き道」を探したり、楽しいけれど大変な下山になった。魚屋道で1時間前後かかるとこを倍以上時間を費やした。有馬温泉の街が見えたときはへたりこんだぐらい。手脚が棒。

有馬には日帰りの風呂屋が何件かあるうちの、まだ見ぬ「銀の湯」550円へ行く。透き通った湯と比較的あたらしいかんじの施設は悪くない。けど、トータルで見たらやっぱり”かんぽの宿”の風呂が一番かな。いつもはこのあとバスターミナル前の立ち飲み行くのが、この日はちょっとちがって

ここへ行った。弊店ぎりぎり滑り込みセーフ。
014
土曜日やし時間帯がよかったのか、客は自分と小池さんの二人。クラシック音楽が流れる静かな空間に、スガスガシイ接客の店員さんがたった一人。

普段、角打ち価格が染み付いてる身にエビス中瓶600万円はどーかなーと思った、、、ら!!!
018
コップがめちゃめちゃ薄い!
紙のように薄いコップでビイル飲んだときの美味さはほんまに凄いから!突き出しは豆。

020
出てきたざるそば1,000万円は十割で凄い弾力、塩で食べる、ダシをつける、どれもこれも美味いったら美味い!
最後に出てきた蕎麦湯のクリーミーなこと、糊のように濃厚でもんのすごい蕎麦臭。命の危険を感じながら下山した後だからなのか、ひときわ美味かった。また絶対生きたい(行きたい)。

| | コメント (8)

2010/05/07

春茄子

運動:通勤往復+腕立て伏せ二回+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、白ワイン×ちょっとだけ

”秋茄子はヨメに食わすなって、昔のヒトはけっこうエグイわ~”と思ったおっちゃんの晩飯34発目:
006
「春茄子の煮浸し」
凄いトゲのある茄子やったので期待しながら油で素揚げにした、ら、あんまり色が綺麗やったので咄嗟にダシを作って路線変更だぜ。そろそろ野菜の値段も下がってくれんかなー。
GW後半、ぶらっと入った蕎麦屋のメニューに「水茄子」があって、もーこんちくしょ~ここの親父ってば酔っ払いの気持ちを痛いほど判り倒してくれてヒデキ感激と思ってオーダーしたら「まだ仕入れてませんねん」と信じがたいアンサー、、、。
目の前に蕎麦と冷酒がありながら水茄子が無い情景に殺意を覚えた初夏なのだ。

そおいうロクでもない事件があったので、茄子!

008
窓の外で寂しそうにこっちを見る自転車くん。その中間に立ちはだかる酒くんたち。


| | コメント (3)

2010/05/06

帰省のような帰省でないような

おかんが”Iターン”して住み着いた土地に行くのを「実家に帰省する」という言葉を使うのがいつも違和感覚えるがそれはいいとして、まー冬場の寒村の寂しいこと寂しいこと。それが晴れると景色は一転

016
家の前の海、紺碧。

いつも作業ばかりでほとんど足を向けたことのない磯(徒歩1分)をパトロールしてみる。
021

028
イソギンチャクのびろびろしてる部分をつつくと

029
「やらしい形」になる。

030
ウニ発見。小さすぎて食べられない。

034
ナマコか!?と思ってすくうてみたら

038
海牛。でかいくちびるのようだ。
こんな”小学生の夏休みのような”GWだった。それだけではあんまりだと思ったので

003
農機具が大変充実している田舎のホームセンターもパトロールしておいた。こっちにはガーデニングコーナーなんて眠たい言い方しないぜ「種苗コーナー」だぜ。
あとは一応はやりを抑えておくかとおもって「ゲゲゲの街」に行ったが、そもそも妖怪と普段から縁がないのであまり楽しくなかった。

そんな感じ。


4月のまとめ~
ロードサイクル:伊吹山ヒルクライム含めてもたぶん200kmぐらい
通勤自転車:知らん
山:7回
飲酒:端麗350ml×40本ぐらい、日本酒×二升ぐらい、角瓶×3本ぐらい
体重:増えもせず減りもせず

磯で遊ぶときにずぼんをめくると小池さんに「今年は毛を剃らんのか?」と質問された。この20数年、毎年春になると足の毛をへその下まで豪快に剃っていたが、言われて初めて気がついた。

週末に剃ってみるか。そろそろ自転車にも乗ってやらんとな。


| | コメント (9)

2010/05/03

伊吹山、徒歩で。

045
5月1日晴天。
正直なとこ、なんでこんな日が来たのか全く分からん。人生は不思議だらけで楽しいことは沢山あるわ。
ブログとかツイッターとかそんな言葉も無かった「パソコン通信」というコミニュケイションの黎明期に「自転車が好き」というたったそれだけで遠く離れた土地のヒトとの繋がりが始まった。出張で東京に行きますと言えば、わざわざ宴席を設けてつきあってくれたり、レース会場で会ったり、たったそれだけの接点。それが、ある日突然雷に打たれたように自分が山に目覚めたら、、、

009
もともと大学の山岳部だったアニキたちの世話になるとはなぁ、人生不思議だらけ。

037
先月、自転車のイベントで登った場所(、、、からさらに上)。”速さ”に一喜一憂することもなく辿りついた「頂(いただき)」は、風の音、自分の出す靴音、荒い呼吸、お湯の沸点95度。
気がつくと、辛い・苦しいことがほんまに一つも無い。全ての瞬間が楽しい、いつも顔が崩れてる、全ての一歩が笑顔。

054
さっきまであの先っぽにいたとか言いながら、お互い東へ西へ帰る時間。
次は「槍」で会いましょうアニキたち、この景色、死ぬまで忘れんからね。

つづく

| | コメント (7)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »