« セブン・イヤーズ・イン・チベット | トップページ | ウグイス広場 »

2010/04/30

アリス・イン・ワンダーランド

「おっちゃんには少女のパラドクスが難し過ぎた」。

ローラー高娘のたっての希望もあって、連休開始前夜に映画を見に行く。
ルイス・キャロルの児童向け翻訳本を読んだのははるか大昔。「服着たうさぎを追いかけてるうちに、なにやらややこしいトコへ行ってありえへん体験をしてくる」という薄い記憶があるが。

入り口で大金払って(3Dなので)大げさなメガネ(3Dなので)をもらって座席につく。客層はヤングな女子率高い。
3Dが4Dになるように、こっちは立ち飲みで事前に”ガソリン”を注入して開始に備えてある。要所要所で大げさなメガネを装着するのかと思ったら最初から最後までカケロ、、、と。それがこのメガネ、明らかに欧米人向け。はなはだしくずり落ちてくる。

わかったこと:
・ジョニー・デップは主演だが主役では無かった
・3Dメガネは大変うっとおしい
・上映時間の都合で吹き替え版を見たので、ジョニー・デップの生声に触れられず
・深キョンの吹き替えはけっこうエロい声
・腰痛が酷いとかビイル飲んだあとに二時間しっこ我慢できないヒトには向いてない。尿意が俺様を
 ワンダーランドから現実に引き戻そうとするので
・うさぎの格好をしたおねーちゃんの店に久しく行ってない
・還暦の三人組の方を見たいぜ冬の稲妻

Ali


ネタばれですいませんが:
この映画のしめくくりで現実に戻ったアリスが「自分の道は自分で決める、運命は自分で切り開いていかなければならない」とかいう強い意志表示をして、親戚かなんかのおっさんが貿易商をやってるのでそこで働きたい、そして中国との貿易に手を染めたいというエンディングに一番興味を持った。おお!おお!ほんでどーなんねん!?というとこでエンドロール、、、、。

総括:
この映画を見て映像が美しいとか大きな感動につつまれたとか全く無かったので、自分のおっさん度がますますグレードアップしていることがわかった。収穫だ。


|

« セブン・イヤーズ・イン・チベット | トップページ | ウグイス広場 »

コメント

この映画、私も見に行く予定です。デップはエキセントリックな役の方が似合いますね。

投稿: kiyoshi | 2010/04/30 21:19

2Dで見てしまった...。

投稿: ささき | 2010/05/03 19:19

うさぎの店に行く時はご一報を。お供いたします。

投稿: デブレーサー | 2010/05/03 21:57

●kiyoshiあにき、アリスが歳とったぶん、こちらも同じように歳とったのでしょう、素直にワンダーランドにのめりこめませんでした笑。
CGをふんだんに使った映像は凄かったなぁ~。
●ささきさん、2D正解!
●デブレーサーさん、こちらこそよろしく笑。

投稿: ローラーおとこ | 2010/05/06 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブン・イヤーズ・イン・チベット | トップページ | ウグイス広場 »