« 人の多様性の理解 | トップページ | 山へ »

2010/04/12

自転車で伊吹山に「昇った」

燃え尽きていない、満足もしていない、けれどもう自転車で伊吹山に登ることは無いと思う。

運動:伊吹山ヒルクライム大会
飲酒:端麗350ml×2、角瓶ハイボール×2

前日に急遽実家往復600km運転と慣れない山仕事をして、もう”他人のような腰”のまま朝を迎えておまけにスタート地点の関ヶ原周辺の天気予報は暗い情報ばかり。エントリーした当時の自分を恨みながらレース現場へ(これ本心)。

現地はやっぱり雨。そんで山全体を覆いつくす低い雲。この天気と体調の中、走る理由を探してだらだらしてたら何か知らんけど悲しくなってきた。そこへ!
山口県から参加された国内屈指のクライマーなアニキとの出会い
(実業団ER優勝おめでとうアニキ!)
002
レース前にがっちり握手。会社勤め+農業+家事+育児、、、どんだけスーパーやねん!?いうぐら男気あふれるアニキの手からハッキリ伝わる「逃げたらアカン」オーラをもらった。

走りますわ。

今月もすでに十日あまり過ぎたけど、スポーツサイクルに乗った記憶が無い。なので記録とか走り自体に期待できることは何も無いから緊張もへったくれも全く無くて、ただ合図と同時にため息が出たことに自分自身驚いた(そしてこんな後ろ向きな参加者がいたことを誰かに謝りたかった)。

「合図と共に後先考えずに飛び出した」のはいつやったか思い出せない、「追い越されたヒトに必死でくらいついた」日が懐かしい、乳白色の濃霧で景色は一切見えない、そして腰が、、、、とても痛い。脚が苦しい・呼吸が苦しいは自分が望んでそうしてるんやからほとんど苦にならん。けど「痛い」は違う。”エロい”を重視して生きてきたおっちゃんついに”痛い”の前になすスベも無く自転車止まりそうになる。
家族や近所の冷たい視線を股間に感じながらかっこええ衣装に身をつつみかっこええマッシ~ンに跨って用も無いのにペダルを踏み続けるのは自己満足以外何も無いけど、今はタイムレース中なのだ、まわりはみんな自転車を愛する同士だが今は敵なのだ、そんな敵が自分を置き去りにして霧の中に消えていくのだ、この悲しさはいったい何なんだ!?

自分の体調とか仕事とか家族のことでいつか思い通りに事が運ばなくても後悔しないですむようにペダルを回しておこうと思ってやってきたのに、走っても走っても、登っても登っても、いつも”後悔だけが逃げていく”。ようやく毎日サイクリングすることが習慣になった途端、今度は出口の見えない腰痛。
たぶん死ぬまで後悔には追いつけない気がする。

ぼんやり登った自分のようなサイクリストには、雲に覆われたゴール地点は何も見えない。
同じ場所に居る達成感にあふれた顔のアニキやアネキたちには何か見えていたのかな。もう、そっちの側へは戻れないんかなぁ、、、。

下山後、駐車場でボーっとしてたら近くにいたヒトが”濃霧で真っ白けで一切見えない中を自転車で登った”この日の体験について激しく感動し・今後も続くであろう自転車ライフを見据えて少女マンガのような星を目玉に語っておられた。目がつぶれそうに、そのアニキがまぶしかったぜ。

運営について:
開催も三度目になるといろいろ不具合が改善されていってもええのに、スタートやゴール他の混乱はどーにかなんらんのかな。オフィスでの自分の担務のひとつに自社製品の展示会・イベント開催があって、事前準備とか当日の人の導線とかもう飽きた!いうぐらいリハーサルを繰り返して、リスクを想定し倒して、それでも本番はいろいろあるのに、、、。ただ、下山途中に、立哨されてる方々にねぎらいの言葉をかけていただき恐縮しました。よい大会にブラッシュアップされますよう祈ります。


|

« 人の多様性の理解 | トップページ | 山へ »

コメント

アニキ、お疲れ様でした。
私はグダグダ言うて敵前逃亡してしまいました(涙
走らない後悔ではなく、別の意味で悲しくなってますわ。トホホ。

投稿: さかじい | 2010/04/12 11:19

みんな、色々な気持ちの中で
参加されているんでしょうね。

アニキ、お疲れ様でした。

投稿: uechicchi | 2010/04/12 12:13

お疲れ様ですアニキ、伊吹山で闘ってきはったんですね、完走おめでとうございます。。。でも、完走だけでは満足されてないご様子ですね。

昔、バイクレーサーの片山敬済のインタビューを見たことがあります。
氏曰く、自分の中のパッションボールが小さくなってバイクレースを止めたみたいなこと言うてはりました。

 まだアニキのパッションボール無くなってはないようですやん。。次は富士山?乗鞍?北摂の山中で?お会いできる日を楽しみにしてます。

投稿: ブレインズ | 2010/04/12 14:38

お疲れ様でした。

スタッフの指示がバラバラで、下山にてこずり
失礼しました。

要所要所にテンション下がることあるイベント
ですね、第4回は???です。

投稿: ハンセ | 2010/04/12 16:32

お疲れ様です。
私はまだ煩悩が捨てられず、この想いを持ち続けて来年また伊吹山へ行くつもりです。
スタート地点のおねーさん、ちょっと恐くて好みでした。

投稿: ぶらいあん | 2010/04/12 19:17

アニキ、お疲れ様でした。
走る理由を探して・・・分かります。
気分屋な私も天気が悪いとか気分が乗らない場合には同じように何か理由を探して盛り上げるようにします。
でないとオケツ上がりませんもん(笑)

投稿: PEANA2 | 2010/04/12 19:32

こんばんわ。
写真で見る限り駐車場ではかなり近くにおられたのですね!
ご挨拶だけでもできればよかったのですが。
私はサッカーを小さい頃からやってきましたが
怪我や状況の変化でやめたりやったりです。
もうサッカーのことなんか好きなんか嫌いなんかよーわからんけど
なんとなくこれからもずっとやり続ける気もしてます。

投稿: しお | 2010/04/13 00:23

こんばんは。
お疲れ様でした。
やっとお会い出来てよかったです。
なににしても気持ちの問題ですね。
ボチボチでいいから楽しみましょう。

投稿: 池本 | 2010/04/13 02:16

●さかじいあにき、今回のDNSの件はぜんぜん気にせんでもええんちゃいますかね。遊びは自由に笑!
●uechicchiあにき、楽しいと思えることが変化してきました。これでいいのだ!
●ブレインズアニキ、お仕事のストレスご苦労様です。さすがGPライダーのお言葉ですね。パッションボールの色が変わったダケで、まだまだ膨らみ衰えずですわ笑。ありがとうございます!
●ハンセあにき、大規模イベント開催の問題点いろいろありますね。嫌味ではなくて、ブームが落ち着いたらまたいつか出てみようと思いますわ。

投稿: ロラおとこ | 2010/04/13 13:27

●ぶらいあんあにき、凄いタイムだったようですね。スタート地点のおねいさん、あの叱り口調は私もストライク。
●PEANA2あにき、走れなくても「登るぜ」!遊びに理由はいらないぜ笑!!!
●しおさん、コメントありがとうございます。怪我で野球をやめてしまった赤星外野手のことを思い出しました。体調との折り合いをつけながら遊ぶ方法、、、楽しみでもあります。今後ともよろしくお願いします。
●池本チャンプ!あにきにそう言ってもらえると救われます。速く走れなくても自転車を愛し続けようと思います。

投稿: ロラおとこ | 2010/04/13 13:32

伊吹でのヒルクライム参戦、お疲れ様でした。
私は仕事で行ったので、スタート地点で2500人を見送りましたが、確かに運営に「?」が付くことがいくつも目に付きました。
取材への対応もお世辞にも良いとは言えず、おまけに手違いで、私はゴール地点への移動が出来ませんでした。まあ、仕事としては行く必要は無かったのですが(汗)

歴史を重ねれば進歩することもあると思いますが、伊吹に関しては運営する側に偏りがあるので、難しいかもしれません。主催側に、もっと多方面からの参加が必要かと思われます。どうしても、単一的な組織での開催だと視点が硬直化して、なかなか良くなりません…。

投稿: maru | 2010/04/13 16:52

●maruあにきお仕事ご苦労様でした。ありがとうございました。自転車がスキ、、、それにかかわる仕事がスキ、この両者の温度差を埋めるのは難しいのかな?と今回の主催を見て考えさせられました。

投稿: ロラおとこ | 2010/04/14 09:01

ほんとにお疲れ様でした。
ちなみにスタート地点のツンデレお姉さんは大阪府車連の人やと思います。。。

投稿: ぴんく | 2010/04/15 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人の多様性の理解 | トップページ | 山へ »