« 歩いて、歩いて。 | トップページ | 怪我の功名 »

2010/03/22

淡路島・これも一周

JR明石駅まで輪行。
100322_1708001
参加された方々から今回の淡路島に輪行で参加したいきさつをいろいろ聞かれたので、自分も忘れないようにメモ。

1.経路について
  自宅最寄り駅がJR神戸線に相互乗り入れしている路線なので、乗換えなしで
  明石駅まで行けた。

2.運賃について
  金券ショップに行くと、大阪駅~明石駅(片道610円)。正規だと890円もする
  のでお徳感多し。

3.輪行の手順について
  明石駅についてからの話し。改札口を出て駅舎沿いに左・左へ行くと、コイン
  ロッカーがある(写真の)。  終日300円なのでここに不要な衣類や、ここまで
  の移動で履いてきた靴を入れておく。
  あとは高速艇(自分はタコフェリーよりこっちのほうが好きなので)で島へ。
  明石駅から高速艇乗り場までは自転車だと4,5分。

4.島を思う存分満喫し倒したら本州へ戻る。コインロッカーに戻ってサイクリスト
  から歩行者に衣替えする。  このコインロッカーの並びには”駅蕎麦”があって、
  店内から外がよく見えるので表に梱包し終わった自転車を立てかけておいても、
  急な盗難に対処できると思う。
  そしてこの駅蕎麦のさらに左隣には「立ち飲み屋」があるのでつづけざまに平行
  移動しましょう(これ大事)。

5.あとは電車でゆらゆらしていると小一時間で大阪市内に戻れます。
  車内のマナー重視で!

------------------------------------------------------------------------------------
全てが「目から鱗」の淡路島一周だった。いままでの「一周」が「一蹴」されるほどの衝撃。
衝撃を受けたのは次の三点。

1.ロングコース、スタンダードコース、それぞれのメンバーの妥協点/最適化
2.50名近いメンバーの昼食のとりかた
3.トラブル無し、迷子無しへの究極の施策
その「解」が今回のイベントにあった・もーただただビックリしたので。こんな
やり方もあったんやな~。

1.について
  通常は希望するコースが複数有る場合は、それに特化したメンバーだけで
  グループを構成してガー!っと走って最後はちぎりあいでばらんばらんに
  なって、、、、「練習会」という明確なコンセプトと参加者の固い意志があるの
  ならそれはそれでいいけど、ツーリングや親睦と銘打ってるなら、今回の
  方法はベストだと感じました。
  走力や希望コースの異なるメンバーを混在させて1グループとする、、、この
  分け方はほんまに新鮮な発見だったわぁ。

2.について
  ロング/スタンダードそれぞれの参加者による時間差を「テーブルにつく
  時間差」で緩衝させるという視点に驚く。
  テーブルにつく時間をほんの僅かずらすだけで、全メンバーが顔を合わせる
  ことが出来た。ほんまに驚くべき施策。事前に徴収された参加費による
  一括支払い方式の効果に驚く。
すごいノウハウだわ。

3.について
  どうしても淡路島=(イコール)「極力海岸線をギリギリ一周」というプランに
  固執してしまいがち(自分は)。
  でも、大勢でイク場合はリスク回避優先というのはうなずける。そのために
  入念な ”裏道””枝道”の下見そして、「もうなんべんも行ってんねんから
  それぐらい判ってるやろ~」という慢心(自分は)を一刀両断にするこれ↓

Map2
曖昧な分岐点は、なんと写真付きのコマ地図まで用意されていた。これがスタートからゴールまで
詳細に用意されてあるので。(とても、いちサイクルショップの行動とは思えない出来栄えにただ驚くばかり。)準備してくださった方には本当に足を向けて寝られませんわ。

そして用意された道はどれもこれも景色や道の変化が素晴らしく、いままで見たこと
のない淡路島の景色を堪能。もちろん練習モードでもがけるポイントも十分用意
されていたので「走った感」も満たされたり、ともかく緩急つけた内容はひたすら
素晴らしかった。

主催者と参加者全てに感謝します。親父の放蕩を放置してくれた家族にも。

追記:自分は利用しなかったけど、車に乗り合いして行ったメンバーは、
    集合地点で既に前輪とペダルを各自外した状態で待機しておくよう
    通達あったらしい。ほんの僅かなひとつひとつのロスの積み重ねが
    膨大な時間のズレになることを熟知していなければ、とてもできない
    技だと思った。


|

« 歩いて、歩いて。 | トップページ | 怪我の功名 »

コメント

昨日はお疲れさまでした。

社長の力みなくスルスル上っていくダンシングに惚れ惚れしながら、ゴリゴリ上ってました。

また一緒に走らせて下さい。

投稿: ノボ | 2010/03/23 12:52

アニキ、淡一お疲れ様です。
おっさんの道楽に何も言わずにいてくれる家族に一番の感謝を!ですよ。
アニキも私も、好き勝手に遊びたくってる私らって、ほんまに幸せもんかもしれませんね(笑)

投稿: さかじい | 2010/03/23 16:07

社長!オレの事っすか?

えっ!違いますよね。
だって仕事してたもん(T_T)

投稿: man | 2010/03/23 23:50

ありがたいと感謝しつつ、なんでもやってもらえるのが当たり前の「井の中の蛙」になってはいけないと思っております。

投稿: miji | 2010/03/24 01:46

お疲れ様でした。
車組は帰り、渋滞37km 大阪着10時でした。

投稿: マック | 2010/03/24 10:36

●ノボちゃん、楽しかったね~またいこね~。
●さかじいあにき、「愛のある放任」が永遠につづきますよう祈らずにはいられませんよね笑。
●manあにき、すんません、、、楽しかったです。あにきも仕事の深入り禁物ですぜ、ボーダラインに注意、そして健康にもね~。
●腰痛miji!うんうん、今回もちょっと「主体的」に動けなかった部分があって、猛省中だ税!
●マックあにき、お疲れ様でした。こちらは18時大阪駅着でした。でも、車でみんなとワイワイ言いながら移動したかったのも本音ですわ~。

投稿: ローラー男 | 2010/03/24 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩いて、歩いて。 | トップページ | 怪我の功名 »