« 海外通販サイト | トップページ | 歩いて、歩いて。 »

2010/03/19

山馬鹿

大切な有給を使って馬鹿発進!

阪急芦屋川~高座の滝~キャッスルウォール~梯子岩~荒地山~水場~雨ケ峠~東お多福山~
土肥割峠~一軒茶屋~白石谷~有馬温泉~阪急宝塚~西宮北口(立ち飲み)~自宅

003
芦屋ロックガーデンから素直にのぼらず、高座谷溯上開始。「イノシシ村」という名前がついてるほど、最近はイノシシがいない。ちょっとさみしい系。
天気がいいので谷底にも陽が射してとても明るい気分になるな。ずんずん進むとキャッスルゥオール手前の大きなコンクリの堤を越えてガレ場に。
010

その先には分岐のマーカ発見。これが出てくるってことは、そろそろ正規のハイキンキングルートから外れますという意味で、ちょっと気を引き締めていくぜ。
012

左方向はちょっと陰気な奥高座谷方面
013

自分が行きたいのはキャッスルウォール方面(右)
014
それを抜けると、、、

019_3
(クリックすると拡大)
とうとう幻の(自分にとっての)”キャッスルウォール”発見!どっかのおっちゃんソロで登ってるし、怖いし!
このおっちゃんにザイルのいらない巻き道聞いたら、赤矢印教えてくれて内心は「ありえへん!ありえへん!」と思いながら、ともかく取りつく。こっちはザイル無しの丸腰で。手掛かり、足がかりはあるけど、高度感ばつぐんで股間がすーすー。

032
登りきったとこでラーメン作ってへたりこむ。キャッスルォールについて付記してあるほかのハイカーの日記はどれもこれもサラッと書いてあったけど、まさかこれほどエクストリーム(自分にとって)なルートだったとわ、おっちゃんほんまに怖かった!
このあとも道をロストして四つんばいになって山肌を登ると、ポッカリ

023
なんと、岩梯子・直下に出てびっくりこいた。今まで気が付かなかった分岐のシルシも。左は毎度おなじみの岩梯子を上ったあと、七衛門の穴くぐりルート。で、今回は右へ新規開拓。

025
ズバリ「右ルートのほうがきつかった」。そのあと荒地山へいくと、以前は無かった案内盤↓

038
これは次への課題ができたな。

水場(宝寿水という名前らしい)まで降りると、雑木の中に凄いもの発見。
043
めちゃめちゃ詳しいルートマップ。せんぱい達の情報満載。

雨ケ峠までとくに何もなく。ただ、平日だというのにハイカーが多くてびっくりした程度。

051
とうとう憧れの”東お多福山”に。昔は草原だったらしいが、今は背の低い笹が一面、あといろいろな草木が生い茂ってて”草原率”は低い印象。

055
こんな活動展開中って看板が。いつか緑いっぱいのリアル草原になったらええなぁ。


050
(拡大します)
見知らぬ、「山のセンパイ」が遠ざかっていく。歩いて。歩いて、、、歩いて。山のセンパイには気負いがまったくない、歩く中に雑念が無い、ただ、歩いて、歩いて。そんな感じ。自分もそうなれるだろうか。

056
お多福山の終点。こっから「蛇谷」という物騒な方面へ。

060
さらに北山めざして。勾配凄いわ!つらいわ!

スタンダードな”七曲がり”より絶対楽やろなと思ってこのコース選んだのに、
061
あんな下に七曲りの取り付き見えるし!

063
しんどさを表現しようと思ってセルフタイマー仕掛けてみたら、その10秒がリアルにしんどくて、膝に手をついてしまった図。

071
忽然と”石の宝殿”あらわる。こんなにきついコースだと思わんかったぜ。なのに、一軒茶屋はまだ先、、、。
ここで感じた「なのに」は、
1.まだ登る必要があるのか~足が痛いな~
2.まだ歩けるのか!嬉しいな~
の正直二つ。この不思議な高揚感はいったいなんじゃいな!?

地面にカメラを置いてタイマーで撮ると、けっこうおもしろいな。
077
オートバイで、四輪で、そして自転車で、もう100万回ぐらい走った道を、今自分の足で一歩ずつ歩いてる。なんて不思議なことか。

082
廃道になってしまった方へ行く。怖い!心細い!でも「その先」にある未来を見てみたい気持ち強し!
、、、詳細を省くけど、「見ないほうがよかった」ものを見てしまった。次回は行くのをよそう、、、。

085
一軒茶屋登頂成功。さぁあとは「魚屋道(ととやみち)」を下って有馬温泉で風呂入ってビイル飲み倒すつもりが、

088
”白石谷”に入ってしまった。むろん標識みたときはそれなりに葛藤あったけど、足が、気持ちが、ヤバイ方ヤバイ方へ行きたくて止められなくなってしまった。あの気持ちは説明できんな~。

091
上から「大安相滝」を見る。水量が多くて流れが速い。上からみて右側の岩肌にしがみついてソーっとズリ落ちていく作戦。

093
誰かが残していった私設ザイルのお世話になる。

このあとも小さめの滝を何発か下っていよいよ目の前に
096
「白龍滝」あらわる(これは下からみたとこ)。上からみた落差におもわず足がすくむ&震える。やはり股間がすーすーする感触。まったくホールドやスタンスが無い!どーしょーかーと悩んでいたら

095
手書きで「右側危険、左巻き道トラロープ使え」と読める。意味がわからんけどともかくそれしか方法が無いので、

097
実際には赤い矢印のある”崖”ぎりぎり、幅30センチぐらいの巻き道を斜面側に体を傾けて(そうしないと滝にずり落ちてしまう!)必死で向こう側へ。あぶなすぎ!

099
ついに「百間滝」との出会い分岐まできた。もう、なんていうか、自分の技術では楽しい範疇越えてるし!巻き道の崩落も激しいし!けっこう精魂つきたかんじ。

103
有馬温泉バス停前の立ち飲み屋で熱燗とビイルを飲み倒してようやく本来の自分を取り戻す。

情報:有馬温泉発~大阪梅田行き高速バスを待っていたら、待合室に「中国自動車道が事故渋滞のため、払い戻しします。お急ぎの方は宝塚駅前行きの路線バスをご利用ください」というアナウンスがあった。
料金580円でこれに乗る。船坂峠を越えていくので、車窓から見える景色も楽しい。必ず左側右側の座席に座ること。


歩行時間:7時間
消費カロリー:4600

自分に警告->冒険もたいがいにしようぜ。


|

« 海外通販サイト | トップページ | 歩いて、歩いて。 »

コメント

師匠、癒しと危険と破壊力超まんぱちで満喫し倒しなコースですね!もしかして今日も既に歩いてたり?続レポ待ってます。

投稿: これしき | 2010/03/20 09:16

俺みたいなキモメンでも楽勝でハメまくってるしww
昨日なんか姉妹丼で3ピーして6万GETしたしw
http://chibatetsuya.com/entry/42vznyc

投稿: チョコボーイ山口 | 2010/03/20 09:17

有給とって自分の一番好きなことするって究極の喜びですよね。
山歩き倒しで消費カロリー:4600とは。。。
その後は何食っても何飲んで美味いでしょうな。

投稿: がりお | 2010/03/20 17:50

アニキ、後姿が山男してますぜ。
かっこよろしい!(笑)

投稿: さかじい | 2010/03/22 16:49

●これしきあにき、ソロでの冒険は危険がいっぱい!を再認識した山行となりました。肝に銘じます->私
●がりおアニキ、働いてるあにきたちに申し訳ない気持ちで、山満喫!してきました。すんません!実は恐怖なルートで疲れ倒してしまい、下界におりたときは放心でしたね~。酒まわりまくり!
●さかじいアニキ!じつは疲労困憊!!!

投稿: ローラー男 | 2010/03/23 09:19

西山谷をネットで調べてたら
巻道でお茶をにごさんと滝にチャレンジせんかい!
とえらい憤ってはるアルピニストがおられました。
月並みないい方ですけど
おたがいがんばりましょう(笑)。

投稿: わがお | 2010/03/23 14:49

●わがおあにき、まだまだ命が惜しいので、巻き道でエンジョイさせてくださいな笑。がんばりましょね~。

投稿: ローラー男 | 2010/03/24 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外通販サイト | トップページ | 歩いて、歩いて。 »