« 芦屋ロックガーデン、地獄谷~荒地山ボルダー | トップページ | 芦屋ロックガーデン・その後 アカシア尾根で迷い倒す »

2010/03/15

芦屋ロックガーデン・地獄谷を突き抜けろ

晴天の日曜日。これは昨日の借りを返す時だぜ、腹具合異常なし!行くぜ再び!

阪急電車・芦屋川駅から高座の滝までいつもどおり。そして地獄谷~小便滝までもいつもどおり。目の前の砂防ダムの向こう側にはどんな世界が?

004
いきなり陰気な谷あらわる。メジャーなルートではないので心細さがつのるぜ!

中規模の滝が出てきだした。斜度が滑らかなのでそのまま直登してみる。
005

それを越えると間髪入れずに矢継ぎ早に滝、現る。
007

このあと2つ、3つの小さい滝を越えると突如目の前に
009
写真だとわかりにくいが、奥のほうは落差5m前後あり。ここ(地獄谷)にこんなデカイ滝があるとは知らんかったわ~。右側にかろうじて使えそうなホールド発見。
で、行く。
※この二段滝を越えると右側にルートがあり、なんとA懸垂岩の裏に出るらしい。

選択肢現る!どっかのブログで「右側入ったら偉い目にあった」というのを思い出して
013
左の黄色ルートを迷わず選ぶ。

また選択肢現る!どっかのブログ記事ももうすでに思い出せないのと、方角的にそろそろ右よりへ行っておかないと”風吹岩”方向からズレ出すと思って
014
右の黄色へ。ただし、この現場からさらにもう一本右に枝道があってそっちへ行かなかった理由は

015
ずばり「きしょこ悪い」から。

016
沢の水量がだんだん減ってくるし枯れ枝の伸び方も低くなって歩きにくいしで、今ここにいる生き物は自分だけだと思うとモーレツに心細い。心細いがその心細さを満喫している自分が確かに居た。

巨岩!
018

連続巨岩!
020

このあたりから沢を完全にロスト。ご自慢の腕時計内蔵コンパスでだいたいの方角を定め、耳に神経を集中さしてヒトの声がしないかとか僅かな踏み跡が無いか五感フル稼働。そしたらこんな感じのものが
021
イノシシはこんなに器用に結べない。ともかくそっちへそっちへ行くというか、正確にはもうこの辺になると山の斜面になっててハイキング道ではない有様。そして枝やツタがびっしんばっしん体にまとわり付いたり手足に引っかかったり、もうリポビタンを飲もうがファイト一発と叫ぼうが、まったく解決にならん状況。
極限状態(?)なのでこっから写真無し。
ともかく山のありとあらゆる物を掻き分け掻き分け進んだら、突然”風吹岩の真下に出た”。そおして人間が突然出てきて、弁当食べてたヒトがびっくりしてたぜごめんなさい。

振り返り:
・早春の暖かい木漏れ日が応援してくれたので楽しい冒険が出来たが、陽の照らない薄暗い日には絶対歩きたくないコースだ。
・野生なのかどうなのか知らんけど、風吹岩直下の山肌は「薔薇」だらけ。お陰で衣装がぼろぼろになった。
・次行っても同じルート辿る自信ぜんぜん無いわ。といってGPS買うつもりは無い。迷うのが楽しいレベルなので。
・自転車で100km前後の距離を安定して走れるようになったころと、今のめりこんでる山行がそっくり。
 ”ここを曲がるとどんな未来(景色)が開けてるんかな?という未知の世界へのココロの嘱望感がそっくり。ただし、思いも寄らない場所・景色・生き物に出会ったときの驚きと感動は凄いけど、逆にどんどん暗黒の迷宮に突き進むような焦燥と絶望もまた、凄いので。

今はこんなとこ。

|

« 芦屋ロックガーデン、地獄谷~荒地山ボルダー | トップページ | 芦屋ロックガーデン・その後 アカシア尾根で迷い倒す »

コメント

ローラー師匠・・・怖そうな道たくさん・・・。さっき確かに何か見えたのにとか、藪の中のガサガサ音とか・・・

投稿: これしき | 2010/03/15 17:52

どうでもいいことですが、ウェアが今年のシャープ版ではありませんか?!う、うらやましい。。。

投稿: kiyoshi | 2010/03/15 20:34

岩へ挑む大股な一歩の後ろ姿に!!に萌えました。
遭難しない程度での迷子も楽しいですよね。

「ここを曲がるとどんな未来(景色)が開けてるんかな?という未知の世界へのココロの嘱望感」
自転車も山行も、これですよね。鳥肌立ちました。

投稿: bfz | 2010/03/15 20:44

単独行のオモロさっちゅうのは
五感をめいっぱい使い切るとこやないかと
このごろ気がつきました。
怖いねんけど引き返したくない、っていうんですか(笑)。
ひとりぼっちで心細いのもなかなかオツなもんですな。
今回もロラおさんにおおいに触発されましたぜ。

投稿: わがお | 2010/03/15 22:57

●これしきニーサン、茂みの中からイノ君の荒い息遣いが聞こえたときは金玉縮みあがりましたよ!
●kiyoshiニーサン、これ昨年版ですわ。今シーズンモデルですけど毎晩カゴに入れたり出したりしてますけどね笑。
●bfzあにき、若かりし頃「ビニ本」をあけるときのあの高揚感アゲイン!!!
●わがおアニキ、風の音、水の音、石ころが転がる音、ささいな物音にも敏感になり、ささいな物音にも怯える自分は、もしかしたら本当の姿かもと思ったりしますね。山の中では弱虫な自分ラヴ!です笑

投稿: ロラロラ | 2010/03/16 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芦屋ロックガーデン、地獄谷~荒地山ボルダー | トップページ | 芦屋ロックガーデン・その後 アカシア尾根で迷い倒す »