« 垂直の記憶 | トップページ | 有馬温泉でパン »

2010/02/25

淡路島で自転車シーズン始めてみる

運動:淡路島一周
飲酒:端麗350ml×1.5本

この時期毎年恒例になってきた自転車の私設イベント。
”火曜日に仕事を終えてそのアシで淡路島への本州側の玄関口「明石」に集結して一泊して翌日島へ渡って一周しましょう”アウトラインはこんなトコ。

いつでも出発できる体制で寝る。同行の”みーこアニキ”が差し入れてくださった「ラフロイグ」があまりに美味しくてメンバー全員に電気あんまをお見舞いするのも忘れて飲みふけてしまった。悔やんでも悔やみきれない。
0223_02
(同行のなかじんアニキのブログから拝借)

精度が高いと思っているウェザーニューズの予報は”モーレツに春”。これは一日熱い(暑い)やろなと思ってたら、洲本市すぎたころから物凄い濃霧。福良港で一旦晴れたが慶の松原から五色町までも延々濃霧。
霧の中を走ると空気が物凄く低温なのがわかった。ええ勉強になった。もうちょっとしたらこの界隈の海も春の風物詩「いかなご」で賑わうのか~食べたいのぉ~とか思いながらキコキコ快調に旅はススムぜ。なのに、、、

不安だった腰痛はやっぱり不安のまま終わるハズなく、後半は同行のアニキたちに迷惑かけてしまった。痛みが激しくなったころからあんまり景色を見る余裕がなくてその代わりに「潮時」ということをずっと考えていた。

暮らしに支障が出るほど腰が痛い、くしゃみをした瞬間激痛で雑踏の中でもなんでもあたりかまわずしゃがみこむ。なのでもう自転車に乗って以前のように「レーシングな事」が出来無いなら自分にとって自転車は何の意味も持たんのか?”速く・遠く”が自転車を始めたころからの命題やと思ってたが、それが叶わないからと言って自転車ライフが終わってしまっていいのか?海はこんなに青い、山はこんなにも緑、サドルに座ってペダルを回すときにしか見えん景色はまだまだ沢山あるというのに・・・。

※生きるか死ぬかで大変なヒトに比べたら、自分の悩みなんか寝言以下だと思いなおした。潮時なんてしおらしいこと考えたらダメだ。自転車の潮時は棺桶入ってあの世に行く時じゃ~!

今回一番のトピック:
大阪市内の自宅から明石まで、自転車を専用の袋に入れてJRで移動する「輪行」という姑息な手を使ったこと。なにが姑息かというと、車中にいる間は酒を飲み倒せる目論見とかで。しかし、通勤時間帯のJR在来線はおっちゃんの姑息を許さなかった。往復ともに社内はビジネスメン&ウィーメンで寿司詰め。ド平日に自転車かついで吊革もってるヒトはさぞかし浮世離れして見られていただろう。さすがに飲酒控えた。


今回初導入したモンベル社製の輪行袋
001
メリット~軽くて小さい。上からすぽっとかぶせてスソのドローコードで縛るシステムなんで操作が簡単。
デメリット~モーレツに急いでるとき、完全袋状のものなら後先かまわずぼんぼん放り込んでチャック閉めてホームにダッシュできるが、ボトムの無い巾着状なのでそれが出来無い。


|

« 垂直の記憶 | トップページ | 有馬温泉でパン »

コメント

まいど、お久しぶりでございます


腰痛酷そうですね


知り合いの整骨院の先生で、凄腕、剛腕、アームストロングな人がいます


一度メールください


自転車続けてください

投稿: チョモ練チョッキーズ た | 2010/02/25 12:29

自転車続けてください(無理せず)

淡路にお越しの際は一声かけてください。
南あわじ市の現場(水仙ライン沿い)に毎日通ってます。

投稿: たいらん | 2010/02/25 14:38

●チョモ練チョッキーズ たアニキ、ありがとうございます。おすがりしまっす!
●たいらんあにき、もしかして「パラダイス」とか笑。

投稿: ロラおとこ | 2010/02/25 15:33

腰痛は辛いですね・・・
季節の変わり目は要注意と聞いてます。
奈良の郡山の青藍病院では、椎間板ヘルニアのレーザー手術がをやっているらしいですよ。
    ↓
http://www.seiran.or.jp/pldd/index.html

お大事に。
もう若くはないのですね~。
自転車も酒もホドホドに・・・(*≧m≦*)ププッ

投稿: | 2010/02/25 17:24

アニキ、腰痛とうまく付き合いながらボチボチ行きましょ(自転車)
なかじんアニキとかみーこアニキとか、皆さんで枕投げせんかったんですか?
オイラ同行なら、絶対の絶対にやったのになぁ(笑)

投稿: さかじい | 2010/02/25 18:45

社長はアイドルやから、
マイクをおいて舞台を去ったら、
悲しむ人がたくさんいると思います。
やめんといて~。

投稿: みじ | 2010/02/25 21:19

アニキ、お疲れ様でした。
お腰は大丈夫でしょうか?
生きてる限り、このイベントは続きますのでアニキはまだまだ自転車降りれませんYO!

投稿: なかじん。 | 2010/02/26 04:20

普通のおじさんには戻らないでくださいね。
いつか、後ろに付いて走りたいですから。
でも無理はなさらず!

投稿: ぱぱろぐ | 2010/02/26 08:53

●レーザー治療のコメントありがとうございます。近視のレーシック同様、保険が適用されると嬉しいですよね。けど、激痛で苦しむ患者さんにはお金のこと言うてる場合ちゃいますもんねぇ。自分の腰が悲しいです。
●さかじいアニキ、サンクス。ぼちぼちね、ぼちぼち。
●シスター・みじ、R-1で優勝するまでやめまへん!
●なかじんあにき、今年もお世話になりましたありがとうございました。次回も「宿だけでも」行きます蔵!
●ぱぱろぐあにき、M-1で優勝するまでやめまへん!レーシングじゃない乗り方にも明るい未来はありますわ~。

投稿: ロラおとこ | 2010/02/26 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 垂直の記憶 | トップページ | 有馬温泉でパン »