« 国立の空も蒼いのか? | トップページ | サイクリストとしての資質 »

2010/01/07

粥の日

きたぐにと比べると手ぬるいと言われるかもしれんが大阪でも寒いもんは寒い。帰宅途中あまりの寒さで意識が朦朧としてきて手足の感覚が薄らいできた。このまま自宅を目指すと遭難すると判断して山小屋に緊急避難した。

山小屋:新梅田食堂街「金盃」

運動:通勤往復+立ち飲み+体操いろいろ
飲酒:樽酒を沢山

山小屋から出たら余計足取りがおかしくなってしまったが、自宅にたどりついてローラー高娘の晩飯をつくる
Yaki
いつもの”Fカップチャーハン”と 溶き卵のあんかけとろみスウプ。

今夜は伝統に従い粥の予定。たどたどしい日本語を使うローラー高娘に日本の習慣をねじ込む良い機会だ。


|

« 国立の空も蒼いのか? | トップページ | サイクリストとしての資質 »

コメント

ピレネー犬でしたっけ、酒樽もって遭難者を助けに来てくれるのは。
工具屋の犬君を訓練して、専用のピレネー犬にしますか。

投稿: 峠の山賊 | 2010/01/07 15:28

●峠の山賊アニキ、柿ピーと枝豆も忘れずに首につけて来てほしいです。救助犬。

投稿: ロラおとこ | 2010/01/07 16:50

今度Gでお願いします。

投稿: ぶらいあん(まだ仕事中) | 2010/01/07 17:22

こちらも帰り途中、角打ちに避難しています。
ワンカップと柿ピーぶら下げて通勤しようかな?

投稿: uechicchi | 2010/01/07 22:07

●ぶらいあんあにき、残業ご苦労様です。妄想しながら作って食べてみます。
●uechicchiあにき、梅田周辺は山小屋多くて困ります。

投稿: ロラおとこ | 2010/01/08 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立の空も蒼いのか? | トップページ | サイクリストとしての資質 »