« 六甲山から有馬 | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2009/12/31

来年こそ、こつこつ掃除しようと思う

004

広くない2LDKのアパート。なのになんで毎年毎年丸二日も掃除に費やすんや~そんなの理不尽や~もー金貯めて絶対の絶対来年はダスキンに来てもらってこっちは左うちわで~、、、、
その繰り返しで2009年も暮れる。

年があけたらまたこの場所で弁当含めた三食を作って、夜は自転車に乗りにいく基点になる場所。
油の飛び散りとかダシの吹きこぼし跡のひとつひとつを丁寧に消して、また一年。

2009年を簡単にアーカイブ:
シクロクロスシーズンを満喫したあとなんとなく腰痛に想い悩みながら出た伊吹山ヒルクライムと八ヶ岳ヒルクライムは自分の中では散々な結末。五月晴れで汗ばむくらいの日差しの中、96歳の天寿を全うした祖母を見送り人の生き死にに自分が思いがけずドライだったのにちょっとショックを受けたこと。
積年の夢というと明らかに大げさ、でも自分には歴史に残る挑戦「西穂高・独標」への登頂を果たして登山に目覚めてしまったこと。慣れてる人には初歩のルートであったとおもうけど、数十メートルも切れ落ちた岩の上を手足を使ってそれまでの人生で体験したことのないダイナミックな景色に支えられて登れたこと、その後今日まで飽きもせずに時間があれば六甲山周辺の”迷宮”に出歩くようになるとは、本当に人生判らん。
あとは”いままでとは違う”ツールド沖縄の挑戦。自分はまだまだロードレースがしたいのか、ツーリングがしたいのか、どおいうふうなサイクルイベントに達成感を見いだせるのか、知らない人を応援するのはすなわち自分を実は応援しているだそうだったんかといろいろな”気づき”があったこと。

仕事は世の中がそうなっているようにどんどん厳しくより鋭角により鋭利に結果を求められるようになってきた。これは来年も同じ。販路を広げる工夫、エンヂニアから距離を置いた部署といえども必要だったらプロトタイプを作って評価を求められることそして完結(結果)を求められること。

ただ、希望の光が強くて途切れない・・・すなわち家族が一応今のところ健康なこと。大なり小なりヒトが生きていく毎日はおもろないこと、嘆き悲しんでも前に進まんのがわかってんのにやっぱりぶつぶつ言いたくなるような雲に覆われること、道に落ちてる石を蹴り上げたら見事に跳ね返ってきて自分のデコに当たるようなこと、そんなことの繰り返しであっても、ともかく健康でいろいろなことに感謝して堅実な血が流れていれば、2010年も、そしてこの先もなんとかやっていけるかなと楽観視していること。

飲酒についての意見は、まぁ、またいつか。

それから、情報としての質はとても低い、低いどころかそっち方面のリソースにはこの先もなりえることの無いこの日記をぶらぶら書いて、いろいろなアニキ、アネキがああそうそうとかそれちゃう!とか思ってくださって、コメントいただけて本当にうれしいので2010年もその方向でやっていこうかなと。

で、2009年を終わります。

|

« 六甲山から有馬 | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

コメント

綺麗!!こうありたい!たまげました。
来年もよろしく!!

投稿: どんなべ | 2009/12/31 20:16

こんばんはsmile
結局、会わずじまいでしたね。来年はトレックも拝見したいです。
よいお年を迎えてください。

投稿: 池本 | 2009/12/31 20:18

アニキ、大掃除ご苦労様。
さぞ小池さんは喜ばれたことと思います。
お互いちょっとしたことに感動し、歓喜にあふれた年にぜひともしたいですね。
来年こそゼヒゼヒ一献交わしましょうね。
良いお年を!!

投稿: さかじい | 2009/12/31 20:25

アニキ、大掃除お疲れ様です。

来年もよろしくお願いします!

投稿: PEANA2 | 2009/12/31 22:58

来年は、是非大台ヶ原HCに出場してくださいね(^O^)

よく冷えたビールと共にお待ちしております(^O^)/

投稿: エリザベス | 2009/12/31 23:28

●どんなべあにき、精根尽き果てるまでやりました。やけくそ100%です!今年もよろしくお願いします。
●池本あにき、なかなかお会いする機会がありませんでしたが、今年こそ実現したいですね。今年もよろしくお願いします。
●さかじいあにき、スキー合宿楽しそうですね!ぜひ一献実現しましょう。今年もよろしくお願いします。
●PEANA2あにき、アウトドア用品の指南をよろしくお願いします。今年もよしなに!
●エリザベスあねき、昨年春に大台にのぼって景色に感動しました。練習積んで出場できるようになりたいです。今年もよろしくお願いします。

投稿: ローラーおとこ | 2010/01/03 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六甲山から有馬 | トップページ | 今年もよろしくお願いします »