« 落下 | トップページ | お酒はおいしく適量を »

2009/12/06

まさよ70歳、大暴れ

久しぶりに自転車で登坂練習。やっぱり重力に逆らってスポーツするというのは大変しんどかった。ペダルへの入力ポイントが明らかに平地とズレてる、腹筋も痛い、腰も痛い、坂道は苦痛満載だ。橋の頂上で一つのヘッドフォンを仲良く共有して携帯プレイヤの音楽を聴くカップルがいたのでその若さを妬みつつ反復するおっちゃんでした。

運動:なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、菊正宗×2号

午後からちょっと用事があって小池さん(妻)の実家へ行ったついでに、ヒト年齢で70歳の”まさよ”をいじり倒してみる。
009
立ち上がっていきなり飛びつく70歳。

031
お手をしながらもビスケットの方に注目する70歳。

まさよより少しだけ年上の小池さんの両親がパソコンを買って自宅に”インターネット”を引きたいというので、具体的な行動指針やら費用やらの説明。しかし、老いてなおいろいろなことに興味を持つ姿勢は見習いたい。

道中の車のなかで聞いたFM放送がまたまたきになる。意見を投稿した視聴者いわく「僕はお酒が大好きで、よく家でも呑みます、、、(以下略)」。助手席の小池さんに「俺ははたして酒が好きなのか?」と訊ねると、「好きかどうかは知らないけれど”ごく自然に飲んでいる”のは知ってる」と言われた。

そおいえば「今日は飲むから」とか「明日は飲むつもり」とかスケジュールを立てて飲んだことがない。(休日に)朝起きてしっこいって喉渇いたからビイル飲んだとか、(休日に)昼飯食いながら中途半端に瓶に残ってるワイン片付けないとイカンなとか、凍えそうな帰宅途中、これはまず手洗いうがいよりも熱燗飲まないと命のともし火が消えてしまいそうだとか思いながら、そのともし火がとっくに大きな焚き火に戻っていてもう飲まくても大丈夫なのに紙パックを空けるまでがんばってしまったり、そいいう”自然なふるまい”が、果たして酒が好きといえるのかどうか。


庭先にでると、明峰「伊吹山」が見えた。どっしりとしたたたずまい。来春この山をのぼる自転車イベントに出る、決意も新たに伊吹山に誓った「酒はやめない」と。

つづく

|

« 落下 | トップページ | お酒はおいしく適量を »

コメント

まさよへ、とりあえず100歳までがんがれ。
それから、おっちゃんへ、松尾大社の神さんから伝言。「そんなに酒が好きなら一度挨拶にきなさい。桂から2駅やし。」

投稿: 峠の山賊 | 2009/12/07 11:51

まさよのニオイがかなり気になります(笑
今期も伊吹山は白くならないでしょうね~

投稿: DANGER | 2009/12/07 13:15

もうスッカリ主従関係が確立されてますね~.気もそぞろなのに,お手をするなんてっ!!

投稿: sumi | 2009/12/07 20:36

●峠の山賊アニキ、まさよを見ていると「ほったらかし」にされてるほうが長生きするのでは?と思ってます。でも、四季折々に小屋の造作が変化してるのが楽しい!
●DANGERさん、伊吹山の積雪って遅いと聞きましたわ。殺風景すぎる!まさよの匂いが少ないのが意外でした。歳とともに匂いも減るのかな?
●sumiあにき、動きが年々活発なのが妙です笑。やはりこのヒトたちは冬場のほうが活力ありますね~。

投稿: ロラ男 | 2009/12/08 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落下 | トップページ | お酒はおいしく適量を »