« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

来年こそ、こつこつ掃除しようと思う

004

広くない2LDKのアパート。なのになんで毎年毎年丸二日も掃除に費やすんや~そんなの理不尽や~もー金貯めて絶対の絶対来年はダスキンに来てもらってこっちは左うちわで~、、、、
その繰り返しで2009年も暮れる。

年があけたらまたこの場所で弁当含めた三食を作って、夜は自転車に乗りにいく基点になる場所。
油の飛び散りとかダシの吹きこぼし跡のひとつひとつを丁寧に消して、また一年。

2009年を簡単にアーカイブ:
シクロクロスシーズンを満喫したあとなんとなく腰痛に想い悩みながら出た伊吹山ヒルクライムと八ヶ岳ヒルクライムは自分の中では散々な結末。五月晴れで汗ばむくらいの日差しの中、96歳の天寿を全うした祖母を見送り人の生き死にに自分が思いがけずドライだったのにちょっとショックを受けたこと。
積年の夢というと明らかに大げさ、でも自分には歴史に残る挑戦「西穂高・独標」への登頂を果たして登山に目覚めてしまったこと。慣れてる人には初歩のルートであったとおもうけど、数十メートルも切れ落ちた岩の上を手足を使ってそれまでの人生で体験したことのないダイナミックな景色に支えられて登れたこと、その後今日まで飽きもせずに時間があれば六甲山周辺の”迷宮”に出歩くようになるとは、本当に人生判らん。
あとは”いままでとは違う”ツールド沖縄の挑戦。自分はまだまだロードレースがしたいのか、ツーリングがしたいのか、どおいうふうなサイクルイベントに達成感を見いだせるのか、知らない人を応援するのはすなわち自分を実は応援しているだそうだったんかといろいろな”気づき”があったこと。

仕事は世の中がそうなっているようにどんどん厳しくより鋭角により鋭利に結果を求められるようになってきた。これは来年も同じ。販路を広げる工夫、エンヂニアから距離を置いた部署といえども必要だったらプロトタイプを作って評価を求められることそして完結(結果)を求められること。

ただ、希望の光が強くて途切れない・・・すなわち家族が一応今のところ健康なこと。大なり小なりヒトが生きていく毎日はおもろないこと、嘆き悲しんでも前に進まんのがわかってんのにやっぱりぶつぶつ言いたくなるような雲に覆われること、道に落ちてる石を蹴り上げたら見事に跳ね返ってきて自分のデコに当たるようなこと、そんなことの繰り返しであっても、ともかく健康でいろいろなことに感謝して堅実な血が流れていれば、2010年も、そしてこの先もなんとかやっていけるかなと楽観視していること。

飲酒についての意見は、まぁ、またいつか。

それから、情報としての質はとても低い、低いどころかそっち方面のリソースにはこの先もなりえることの無いこの日記をぶらぶら書いて、いろいろなアニキ、アネキがああそうそうとかそれちゃう!とか思ってくださって、コメントいただけて本当にうれしいので2010年もその方向でやっていこうかなと。

で、2009年を終わります。

| | コメント (6)

2009/12/29

六甲山から有馬

きのうの出来事。

運動:阪急芦屋川駅~芦屋ロックガーデン~六甲最高峰~有馬温泉~バスで大阪までもどる
飲酒:有馬温泉で立ち飲み

顛末は激しくつづく

これは今日のお昼ごはん。
003
賞味期限切れのトマトの水煮がはたして美味いのか否か。


| | コメント (2)

2009/12/27

夜なのに、まさよ

096

奥飛騨から戻る途中に小池さんの実家に寄り道。そして日暮れ直後の暗闇の中で今年最後の「まさよ」訪問。
ヒト年齢でいうと還暦ぐらいのはずなのに、会うたびにワサワサと落ち着きが無いけど、元気がなくて落ち込んでるより、ま、いいか。今年一年ありがとう、また来年も元気で、まさよ!

| | コメント (2)

山男、便所好き、山好き

みたことのない凄い便所
048
便器の前に立つと蓋と便座が勝手にあがってバロック調の音楽が流れ始める。そんな便所で大胆に屁をこけるわけがないやん!なんでおっさんが微調整して屁をこくねん!デリカシーを強要する便所はキンチョーするわぁ。

ひととおり用事をすませてドレ流すかとボタン押したら熱風が、ちゃうやろ俺の今ほしいのは風じゃない、荒々しい水流なんだ!と違うボタンを押すとバロック調からゴシック調へ、、、いつになったら俺の尻を洗ってくれるのやら。

でも、おもろいので手当たり次第にボタンを押す。マッサージとか「ターボ」付きの脱臭とかそしておまちかね「おしり」を洗うにしても「パワフル」と「マイルド」の選択が可能。なららまずはマイルドからお願いしたらこれがほんまに「マイルド」。だれが好き好んで優しく流してほしいものか!便のコンディションがどーあれともかく「パワフル」、これしかないとわかった。

温泉宿は楽しいな。

いつまでも見ていたい凄い頂(いただき)
078

つづく

111

| | コメント (6)

2009/12/26

いで湯にはいで湯の

六甲山を越えてテクテクというか転がるように下った山の向こうにある有馬温泉で見つけたBarでしかもなぜかそこも立ち飲みだったりしてどこへ行っても自分は立って飲む運命になってるなと思いながら酒を飲んでたら、浴衣とハンテンを来たカップルがちょいちょい表を歩く。
見た瞬間にそれはつまり許されない愛というかお忍びでというか二人の足の運び手の振りがあからさまに「隠密」だ。確かに。有馬温泉なら大阪とかからホド近いからいろいろアリバイ工作もしやすいなと思ったり。

さっき宿の風呂、しかも岩石とか清流とかで出来たちょっと凝った作りの家族風呂に入ってデカイ屁でもこいてみて時間があまったら当然のように潜ってみたろと思ったらそのドアが「入浴中」。

大人しく「男風呂」にしとくかと思ったらカギがカチョリと開いて中からカップル出てきた。上気した顔のねぇちゃんが濡れた髪の毛をゴムで結わえて男の方はおちゃめにタオルを頭の上に乗せて。二人には隠された秘密もなく白昼堂々どこへ出しても”認められた愛”を突き進んで自信満々な感じ。さすが奥飛騨。
で、入れ替わりで自分が一人で入った。さっきまでその二人が存分に浸かってちゃぱちゃぱしてお湯のかけあいとかしてキャーキャーワーワー言うたに違いない湯船に潜ったり屁をこいたり不必要なぐらいシャンプで頭を洗ったりこのボディソープでとかあのリンスでとかこのコンディショナーはとか脱衣場にある体重計でもしやとか妄想したおして出てきました。
カップルのあとで家族風呂に入るのはやめよう。
疲れた。

宿で読んだ本
114
一発目:「通天閣」西 加奈子とかう人の本で織田作之助賞受賞作。大阪ミナミの街を舞台に人情の機微をどーのこーのあーのへーの言う推薦文で期待したけど、大阪ミナミを舞台にした偉大な小説「道頓堀川」(宮本 輝)を読んでしまったあとだとパンチ力・キック力とも不足ギミ。

二発目:「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」川上未央子という去年芥川賞とったねーちゃんの本でこれはなかなか噛みごたえあり。しかも全編にわたって蒲生四丁目レベルの大阪弁で書き綴ってあるので不快感ゼロ。文系はもとより今はやりの理系女子にゼヒ、絶対、絶対の絶対・明日の朝飯のロジックを考えるヒマあったらまずこっちを先にお勧めというか必読レベル。

今ならもれなく、、、


いで湯の宿はくだらんこと考えるのにさいこーな場所。

| | コメント (5)

囲炉で年賀状作る旅なのだ

100
自転車の部品をいろいろ刷新するかどうか散々まよった挙句ここはひとつまわりがあきれるほど血迷ってみたろかなとか、そしてサイクリング仲間の目をくぎ付けにするような仕様で練習行ったろかなとか企んではみた。

なのに、すべての隠し財宝とか今年一年の埋蔵金を投げ出す旅にローラー高娘と小池さんと共に来てしまった。人工衛星からの電波をひろって正確な位置を示してくれるスピードメーターとかペダルを踏む力を測定してトレーニングの一助にするパーツとか”ほしいな”と思った。とくに先月末あたりからそれらのことを思わなかった日が無いぐらい。

ある日突然憑き物が落ちたように物欲晴れ渡る。今年は仕事の上で何回”サンドバック”になったか数えると、明らかに自分のミスで4,5回、理不尽な影の力で7,8回、上司やクライアントの意志に沿わないとかいうので10数回、そのほか貸しを作るつもりで2,3回。

物欲で恨みは晴らせない、ならば行くしかない、雪で真白な場所、高い山が見える場所、囲炉裏で炭のチカチカ燃える音がする場所、酒を飲みながら本を読むしかすることがない場所。

はたして自分はこんな贅沢な旅にふらふらと来てしまってもいいのか随分考えた。こんな旅に相応な働きを職場でもしていないのは先月の上司面談で釘を刺されたばっかり。

部屋についてる風呂
091
胴体に埋蔵した肉を披露。

099
大阪の狭いアパートのなかで小っさい空気すってうろうろしてるときはいかに破滅的な飲み方してるのに。”おっさん濃度99%”の立ち飲み屋のカウンターで体を無理やりねじ込んで飲むときは味もへったくれも無いともかく一分一秒でも早く血中アルコホル濃度を高めるような飲み方をするのに。

”濃度広くて透明な空気のある場所では酒がすすまんのはなんでやろか。

つづく

| | コメント (6)

2009/12/24

座右の銘

「なにか好きな座右の銘ある?」ってローラー高娘に聞かれたので

「山田 優より早見 優」

と言ったら見たことも無いような怖い目で睨まれた。
高校生には判るまい。

| | コメント (7)

2009/12/23

不安な天気の日は山に登ろう

縁あって、ハンセあにきと山へ。

運動:阪急電車芦屋川駅~高座の滝~地獄谷(ゲートロック、A懸垂岩、B懸垂岩、ピラーロック)~
    風吹岩~横池~荒地山~岩梯子~高座谷~高座の滝~西宮北口~立ち飲み
飲酒:阪急電車西宮北口で角打ち

「晴れ時々曇り時々雨・午後からけっこう雨」・・・嫌な予報が出たけど、、、。
この季節に自転車で出かけて雨に降られると相当辛いけど、おもしろいもので山登りというのはソートーレベルの晴天でも無い限り、雨に対する心構えというか天気が豹変して当たり前、、、見たいな気持ちになるからおもしろい。
それに、TVニュースで「寒さが厳しくなります」とか言われて窓の外を眺めると今にも雪が舞い降りてきそうな鉛色の空をみて、走りにいこうかどーしょーかと悩みがちになる自転車。対して「山」はというと、寒ければどんどん着膨れしていけばいいや、途中でそれが不要だなと思えば手に持ってあるいは背中に背負ってとか、ともかく移動速度が自転車とは比較にならないぐらい”穏やか”なので、天気や気候で出発をためらう必要が全く無いというメリットに気が付いた->寒くてサイクリングに行く気がせんわいこのまま熱燗でも飲み倒して寝倒して横着の限りを尽くそうと考える自分にはもってこいの遊びだぜ山登り。

(写真は先月行ったときのやつ。今日は逆ルートなんで上から下へ降りてみる。)
024
上半身は言うに及ばず、股関節の動きがものすごくダイナミック。そしてつねに心拍は高いまま推移。これがすばらしい景色を眺めながら叶うのでなおさら強い魅力を感じます。

3Dな動きで高度を稼ぎ、見晴らしのよい巨大な一枚岩の上で、風に吹かれて食べたラーメン、ただひたすらに幸福だったぜ。

西田酒類販売:
事前にこの近辺の立ち飲み情報をmijiアネキから入手済。教えてもらったビイル専門店でエンヂンかける。ベルギーの「ヒューガルデン」と岩手の「ベアレン」を飲んでみる。素直に美味い。これらのほかに100種類以上のビイルを埋蔵しているというメニューが圧巻。しかし店内の雰囲気や客層からは”鯨飲禁止”のオーラが。でも、こんなカンジの背筋を伸ばしてビイルを飲む時間も時々は必要だ。

そおして駅へ戻る途中に、偶然見つけた酒屋からのキョーレツな引力を感じてガラガラと引き戸を開けると、
Nishikita
もう、ストライクもストライク、客層・アテ・酒の品揃え・店番するじいさんと挙動不審な客との暖かいやりとり、久しぶりに「おっちゃんの気持ちを判り倒した」酒屋の立ち飲み発見にハンセアニキと手を取り合って号泣しながら大瓶3本と山田錦を3合とおでんとブリ大根とで一人1,000円。お客さんの中には自宅からマイコップを持ってきて酒を飲むヒトもいたりなんかして、いままで神戸と大阪の途中にある単なる通過点だった「西宮北口」の風景が”モノクロからカラーに変わった”よ。

西宮北口に用があるときは勿論用がなくてもまたゼヒ寄りたい。


| | コメント (4)

2009/12/22

かぼちゃを食べる日

きのう作ったくりいむしちゅうの残りがあるので、今晩はそれでグラタンでも。その中にふかしたカボチャを入れて冬至っぽくするつもり。

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:月桂冠×2合

”もしかして大人しく水戸黄門を見ていたほうが人生の糧になったんじゃないか、、、”と直前まで迷った挙句、夜のサイクリングへ。寒暖計は6度。海辺は恐らくもっと寒かったかも。
東北や北陸に住んでるアニキたちは走りたくても(雪や低温で)走れないけど大阪に住んでる自分は「寒いだけ」。路面にはなんの支障も不都合も無い。

「山と酒におぼれてこのまま自転車はフェードアウトか?」と先日あるヒトに言われた。あるヒトとはうちの職場の部長。サイクルロードレースを生きがいとしていたころそんな子どものような遊びはやめろと散々悪態ついていた部長が手のひらを返したようにブームにざんぶりこと乗ってしまって自転車ってえーのー、サイコーやのー、乗ってるかー、漕いでるかーとうるさいうるさい。
多少あつくるしいけど職場に理解者がいるのは助かる。

洗濯干しながら見た夜明け前。
002
今夜はゆずを買って帰ろうか。


| | コメント (4)

2009/12/21

IP電話

噂レベルで知ってただけで事前アナウンスも無く、今朝出勤するとデスクの右側にこれが
Ip1
お客さんからの問い合わせとか苦情にのらりくらりと対応する用の電話機。

左側にはこれ
091221_0841001
オフィスのどこへ行くにも肌身離さず持ち歩く用の電話機。酷い二日酔いのときとか便器に座って体調の回復を待つあいだにも呼び出されるのか、憂鬱だ。

運動:舞洲大周回+家事+体操いろいろ
飲酒:土曜日は忘年会、日曜日も忘年会

”ウコンの力”のグレードアップ版をコンビニ見たが、気のせいだろうか?
でもそおいうヒトの弱みに付け込んだ商品、実は大好きだ。

JIN,坂の上の雲、M-1:
日曜の忘年会が終わって二次会に誘われた。激しく行きたかったがそれを上回る魅惑のTVプログラムを思い出して家に帰った。で、M-1はやっぱり”M-1"という独自のカテゴリであって”お笑い”ではないような気がした。「あとから思い出しても笑えるような漫才」がほんもののお笑いと、おっちゃん思うであります。

JINと坂の上の雲をせわしなくチャンネル切替えながら見たら時代がまぜこぜになって明治の話しやったか江戸の話しやったか途中でわからんようになったのでJINが最終回で来週からは落ち着いて坂の上の雲にのめりこめると思うと嬉しいぞ。JINはよく出来たホームドラマだった。坂の上の雲は制作に金がかかっているのか毎回キャストが豪華でスカッとするではないか。話しのテンポも良いし原作からそお大きく逸脱してないのもいいが唯一の不満はCMがなくてしっこを辛抱するのが辛い。俺の膀胱、あやうく日清戦争に負けるところであった。日露戦争も手ごわそうだ。


公的な忘年会あと3発。耐えろ俺の臓器!腫れるな俺の足の親指!

| | コメント (2)

2009/12/19

試運転

開店と同時にアウトドア衣装の「パタゴニア」と「モンベル」に行って”大人買い”決行。

今年から趣味の一つになった”山歩き”、始めたのが盛夏の頃だったので靴だけはまぁそれ用のを買ったがそれ以外の部分では日常着ているモノで不自由を感じなかった。それが、晩秋になり初冬になるとそうもいっておれなくなってきたので。もちろん自転車用の衣装で十分代用は効いてきたが、この先もうちょっとこの趣味に深入りしてみようかなとか、そして来年予定してる北アルプス周辺での活動を視野に入れるともう(買っても)いいかなと思ったので。最近、モノを買うのが慎重になってきた。買ったあとの自分を客観視してしまうようになった。そんなことでいいのか?以前の勢いはどうした!?「迷ったら買え」をモットーに生きてきたんじゃないのか!?

012
買って数十分後にいつもの場所で試運転してみる。風が強い、空気が冷たい、ふところ「寒い」、体が、、、「温かい」。

本社・本店だから安心して物が買えるという思い込みに鉄槌を下された。
モンベル本社に行く。静かで落ち着いたたたずまい。これならゆっくり探せるし質問もしやすいだろうと思ったのに、「研修中」の名札をつけた兄ちゃん最悪。「ややこしいことは自分に聞かないで」オーラーを嫌味なほど出して突っ立ってるダケ。同行の小池さんに”こいつはアカン”とめくばせして別の「辻あやの」似の店員に変更。これがまたとんだいっぱい食わせ物の”辻あやの”。覇気ゼロ。こんな女と山にいって無事下山できる気がしない。落石があろうが雪崩が迫ってこようがウクレレひいて”陽の当たる~坂道を~自転車でかーけのぼーるーシャララ~”とか歌ってそう。必要なものだけパッと買ってシャと店を出る。おもわずため息ついてみる。

失意の中パタゴニアへ。
さっきの件があるので及び腰で品定めをしてたら気さくに声かけてきたのはキングジョーのように体躯のがっちりしたオダギリジョー似の男性店員。こちらの問いかけにたいして的確で簡潔な回答にびびる。そして微笑みを絶やさず。さすがキングジョーでオダリギジョー。奮発してアンダーウェアーまで買ってしまった。製品のスバラシさはもとよりやっぱり営業はフロントマンの力量だな、彼はやる男だキングジョーでオダリギジョー。矢吹ジョーには似てない。

こんな店員
Og


自転車用との違い:
延々と運動をし続けて体から熱エネルギーを放出し続けるのに不快ではないのが自転車用で、動く・止まる・動く・止まる・時にはさえぎるものの何も無い場所で食事を採ることも辞さないのが登山用というのが自分のクロージングに対する解釈。

| | コメント (9)

2009/12/18

秘密兵器

運動:通勤往復+忘年会×2件
飲酒:だから忘年会×2件分

一発目:
自分の所属する部署のメンバーと、四川料理を出す大衆中華食堂で普通に。

二発目:
ビジネスアライアンスを組む印刷会社の忘年会に呼ばれてたので、上司と二人で。そこの偉いヒトが「今日はちょっとうちの秘密兵器紹介するわ~」と不敵な笑いを浮かべて言うので身構えてたら、今年の春に入った新人4人を紹介された。見た目フツーの青年たちだが秘密兵器というからにはこのあと物凄いことになるのか?これは応戦できるのか?今夜は無事に帰れるのか?と頭の中を不安がぐるぐる渦巻く。しかし、
一通りの宴会が終わって最後の「一本締め」になっても秘密兵器はぜんぜん火を噴く気配が無い。

帰り支度してたらその偉いヒトがボソッと「あのな、見てのとおり”不発弾”や。こっちは一生懸命火薬詰めて導火線に火つけてんのに全然飛びよらん。秘密兵器は秘密のまま終わるかも、、、」と弱気に言うので「ほしたら僕が代わりに火星まで飛びましょか」と返すとロクでもない酒を出すロクでもないおねぇちゃんのいるロクでもない店に連れていかれそうになるから「はぁ」とだけ言っておいた。

平和に:
毎年制御不能のミサルの巣窟のような部署の飲み会なんだが、今年は一基の発射・誤爆も無く終了。
宴席で隣り合わせた若いヒトとiPodTouchで盛り上がる。彼の使い方はもっぱら音楽視聴。20台なのに「スコーピオンズ」や「ブラックサバス」を聞くという姿勢におっちゃん感動しちゃいました。さて、「iPodTouch」どうするか、、、。昔から自分は”オピニオン・リーダー”には不向きな性格。新製品が出るとまず懐疑的な目で見て軽くけなして、蔭ではちょっとうらやましくて、そのうちソレを忘れてしまうという流れ。
もう少し考えようか。

| | コメント (4)

2009/12/17

忘年会

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:白鶴×?合(おでんの前になすスベも無く)

今日、明日、あさって、三連発で忘年会。しかも今日と土曜日は上司のミスで二箇所を渡り歩くはめになった。
レコード大賞に出演して一曲歌って表彰されたあとソッコーでNHKホールに移動して紅白で歌う連中の気持ちがわかる。

※しかし仕事がらみで土曜日に酒席を設けるというイミがよく判らん。どうやって脱走するか真剣に考えたい。


| | コメント (2)

2009/12/16

関東炊き

運動:通勤往復+舞洲大周回+鉄棒で逆上がり×2回
飲酒:白鶴の熱燗×3合

ついに来たかというカンジの寒さ。

国家の威信をかけて今夜のメニューは
003
関西弁での発音は「かんとだき」。
”すじ”を油抜きするため熱湯で湯がいてる最中は、必ず意志を強くしていないとそのまま食べてしまいそうになる。捕鯨に対する世界の目が厳しいので”さえずり”は入れてない。そしてその存在自体いまだ幻の「ちくわぶ」も入れてない。一度「世界中の批判を浴びるような厳しいおでん」を食ってみたいものだ。

作りながら「かんとだきを作る強い動機付けってなんやろか?」といろいろ考えた。一番は「寒さ」、二番は「熱燗がいっそう美味しくなる」から、三番は「ビイルがますます美味くなるから」、四番は、、、もうええか。

だれでもいいので今すぐ地球の自転を加速させてくれ。夜よ来い!

つづく

Rapha Winter Jersey~review~:
高機能な下着+長袖の自転車衣装+その上にこれを着て舞洲を走った感想。気温は7度。
ジッとしているとやっぱり寒い。運動中はちょっと熱くて胸に設置された換気用のファスナーを開けたり締めたりしてうまく調節できた。”前身ごろ”は生地が二重になっているけど肩から袖口までの生地は一枚。なのでここが少し冷える感強し。防風性能を期待するとこの上にソフトシェルを一枚追加したいが、そうなるとコストもかかる。
なのでこの点不安があるならもっと違う素材の衣装を探すとかかな。

「寒くないけど暑くない」とかいうこの相反する機能を衣装に反映させるのはメーカーも大変やろな~。

悪は滅びるのさ:
帰宅すると見慣れない封筒が。ローラー娘が世話になり倒している高校の、サッカー部から。このたび地区予選を勝ち抜いて晴れて正月に関東でやる全国大会に出場するので保護者並びにOBその他なんでもいいから全国大会遠征になにとぞご支援・つまり寄付してという手紙。

ブラスバンド部員という肩書きを持つローラー高娘はすでにテンション「ばば上り」。聞いてもないのに「むろん応援はがんばるけど、勝っても負けても時間があまるので東京を満喫するねん、サッカー万歳!」だと。おまけで行く人間が盛り上がってどーすんねん、ひさびさにお父ちゃんの逆鱗にふれてジャイアントスゥイングの餌食になりたいのか?
それにな、東京行ってハメ外す気持ちは判るが、陰謀とか野望は口に出した途端急速に腐敗するのだ。例えば歴代の宇宙からの侵略者とかたいがい一言目には地球を征服してどーのこーの言うたとたんコマーシャル明けにはちゃっかりやられて撤収間際におぼえてやがれと言い残して次週に続くということになっているではないか。
ローラー高娘よ、お前に次週は無い!続くも無い!間に挟むCMも無い!わかる?
悪事は黙ってやれ。


| | コメント (9)

2009/12/15

酒に史実を教えてもらった

運動:通勤往復+赤垣屋で立ち飲み+体操いろいろ
飲酒:だから赤垣屋で熱燗×2本、自宅で端麗350ml×1

家を目指しての通勤途中、どんどん体調がおもわしくない方へ。恐らく週末遊び倒した時の疲労物質が全身をくまなく網羅したか。身の危険を感じたので予定外のアルコホル消毒だ。店内はあいかわず暑苦しいおっさんで充満してたが、そんなもんで気後れするおっちゃんではない、逃げるなおっちゃん!飛び出せ込めおっちゃん!朱に交われおっちゃん!・料理で例えるなら「おっちゃんをおっちゃんで薄める」、算数で言うと「おっちゃん+おっちゃん=おっさん」。

そんなことはどーでもーえーので、要はこれ。
002
熱燗飲んでドテ焼き食べて勘定したら「はいどうぞ」とこれくれた。なんじゃとて?
もっと近寄ってみる。

003
「12月14日は討ち入り記念」。へー、、、

ほかの客の様子をうかがう:
「ええ!ほんまぁ!?これタダでもらえんの!?うっわちゃー得したわー!毎日討ち入り記念やったらええのになー!」とかド厚かましいにもホドがあるおっちゃん数名、
討ち入りについて事の詳細を説明しようと鼻の穴ぱかぱかさせる、店側にしたらけっこう難儀なおっちゃん一名、

つづく

| | コメント (6)

2009/12/14

鼻血が出るくらい遊び倒す

”明日世界が滅ぶとしても、私は今日リンゴの木を植えよう”

同意!マルティン・ルターとかいう会ったこともないどっかのおっさん、その通り!そんな日曜日。

前の日六甲山を歩き倒してその夜は忘年会まで行ってしまって二次会も意識不明の状況でがんばってこれはフツーならそのままどこか静かなサナトリウムにでも入所してしばらく休ませていただきたいわという状況をはねのけてサイクリングに行ってもうフラッフラで玄関に倒れこんだら目の前に山のような洗濯物がこれみよがしに積んであったので死を覚悟で家事をしたおっちゃんの記録。

自転車とはカンケーない写真
020
六甲山中に点在する指名手配のビラ。そおいえばヒトの気配の全く無い藪の中にいきなりリユックがうち捨てられてたりするのを1,2回見てまったく理由がわからずキミが悪かったけど、なるほどキャツラの仕業か。

運動:野田阪神~R25~柏原市~石川沿い~南河内グリーンドード~道の駅(近つ飛鳥の里?)~山の中(地名知らん)~有名な鯛焼き屋~石川沿い~大和川沿い~住之江競艇前~めがね橋~なみはや大橋~自宅
飲酒:端麗350ml×3

日中にサイクリングは随分久しぶり。けれどやっぱりとても楽しかった。
大阪南部はまだ少し紅葉残ってて綺麗だった。舞洲ばっかり周回する生活にどっぷり浸っているのでうまく野山を走れないかなと思ったけど普通に走れた。ただやっぱり12月というのは休日であっても皆それぞれ”気ぜわしい”のか、国道を流れる車との「共存感」・「道路をシェアしてる感」があんまり感じられなくて怖かった。

自転車に乗っているときは自転車の事だけを考えるべきなのに、なぜか道路の脇道・枝道がきになる。その先にそびえるであろう小さなピークからみえる景色は?そこにはどんな木が生えててどんな落ち葉があってどんな風が吹いているんだろうか?そこで食べるカップラーメンの味は?都会で味わう孤独は骨身に染みるが山で味わう孤独は喉の奥にニガイ唾液が流れ落ちていくような緊張感とドキドキ感がたまらんな、、、とか。

自転車に乗らなくてはとか歩きにいかなくてはとかカホン叩かなくてはとか日本酒を飲むべき夜だとか発泡酒が美味い朝だとかそおいうことを決め付けずに都度やりたい事に流れていこう、そうしよう。


私をスキーに、、、:
夜にBSでやってた”むかしの”映画。激しく長い板、白いワンピースのウエァ、スキーキャリアのついたセリカGT-4、サロモンのリアエントリーの靴、万座のゲレンデ、
鼻血が出そうになるまで遊び倒した20台を思い出して熱くなってしまったではないか、、、。


| | コメント (6)

2009/12/13

標高931メートル

土曜日:

車やオートバイで六甲を走りまわっていたころは、頂上にサイクリストがいるのを見ると、そんなシンドイことの何がどう楽しいんだろう?と思っていた。そっちの側のヒトになると今度は徒歩で頂上付近をうろうろするハイカーを見て、そんな何時間もかけてここまで登ってくることの何がどう楽しいんだろう?と思っていた。
034
まさか自分が”ソコ(の世界)”へ行くとは。

阪急・芦屋川駅~ロックガーデン(地獄谷)~ピラーロック~風吹岩~雨ケ峠~七曲がり~一軒茶屋~最高峰~魚屋道~有馬温泉(約5h歩きっぱなし)

009
いつもの地獄谷から突入。そしてコースの途中にある「A懸垂岩」で練習するシニアのグループにでくわす。自分よりみんな歳が上なのに熱さは完敗。

017
いつものピラーロックのあたりはまだゼッコーチョー。薄日が差すと暑いぐらい。


030
頂上直下、あまりの辛さに、某東海園のアネキの伝家の宝刀「三角ずわり」する小池さん。その視線の先には、、、、何も無い。このころから天気は雨。出発前に最寄駅で念のために540円で簡易なレインコートを買っといてよかった。

031
14:06、サイクリストにおなじみの六甲「一軒茶屋」にたどり着く。ここまで途中ちょっとした休憩挟んで4時間かかった。”魚屋道(ととやみち)”とよぶこのルート、大昔に神戸から新鮮な魚をかついで有馬温泉まで業者が通ったらいいのでそおいう名前。ほらぁきつい仕事やったやろな~。

つづく

最高峰で写真一枚だけ撮ってモーレツに有馬温泉目指して下山。さっきまでうつろな動きの小池さん、別人のように飛ばす。もう頭の中は温泉とそのあとに飲むビイルのことで一杯。雨は依然として降りやまず。
ところが、いけどもいけども有馬温泉姿を見せず。途中シニアの団体で渋滞していたので黙って列の最後尾につくとその一団の会話は鳩山さんのお母さんから出た巨額の不明瞭なお金の話しで大盛り上がり。報道の自由・言論の自由・そしてハイキングの自由があるわが国ならでは。

ようやく温泉街につくと、まず”かんぽの宿”で日帰り入浴->駅前まで移動して大阪駅直行バスを予約->出発までの時間、立ち飲み屋で生中×3。そして車中で泥のように眠る。

| | コメント (4)

2009/12/11

ちーさいなー

091211_0803001
さっき車にのったら、こんなことに。
ぞろ目とかそおいうのはちょいちょいありがち。なのに、総走行距離メータとトリップメータがそろった奇跡はどーいったらいーのかわからんが、信号待ちで後ろの車にはよ行けや!言うてクラクション鳴らされながらケータイのカメラでパッと写してみた写真。

今日は一日中オフィスで不運に見舞われ落ち込んでたのに、たったこんだけのことで盛り上がる。
ちーさいなー、わし。


| | コメント (5)

2009/12/10

俺のプリンをどうするか?

フィジーク社のアリオネサドルが折れそう。個体差の違いではなくキッチリ1年で寿命というのは悲しいけれど判りやすい。

運動:通勤往復+舞洲大周回+近所の公園でうんてい
飲酒:端麗350ml×3(日本酒の在庫がゼロ・痛恨の夜)

今朝の日経新聞ぱらぱらめくると
091210_0802001
欧州自転車トップメーカーの広告が。この写真の左側にはウルトラハイエンドモデルの写真と値段が掲載されてた。購読層の何割かはエグゼクティブと呼ばれる立場のおっさんがいるはずなので、まさにその連中を狙い撃ちか?リンダ困っちゃう!、、、勝手に困っとけ。

プリン:
横山プリンというヒトがおったがそんな話しではなくて、
Ip
ボーナス商戦・クリスマス特需を見込んでなんか知らんけどやたら最近CMやってる。気のせいか?

顧客や仕事上の情報漏えいを恐れるあまり、この4,5年は弁当を食べる日意外はずっと手ぶら通勤。財布+ケータイ+入館用ICカード+ハンカチ+鍵のミニマム通勤でがんばってんのにツールドオキナワに行く道中、同行のNAM君にi-phoneを見せてもらってそのガジェットに度肝抜かれた。以来、ココロの片隅にはいつもi-phoneが。そして先日mijiアネキにはそっから電話機能を取り除いたipod-touchを見せびらかされてキュートな筺体にめろめろ。

「あってもなくてもどっちでもええけどどっちか言うとあったほうが楽しいやろな」という物が巷にワンサカ溢れかえってるという現実と今戦ってる最中のおっちゃんです。例えるなら、昼飯食ったあとに7割の確率で好んでプリンを食べてますが別に食べなくても困らないけど食べたほうが幸せなので食べちゃうのよ、という感じ。
ちなみに添付のスプウンで底のぶぶんまで一気に掘削してカラメルソースの油田を掘り起こしてから食べる派。


つづく

| | コメント (14)

2009/12/09

黒船

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、菊正宗×2合

背後に気配を感じて振り向いたらjunアニキが。寒くて気乗りのしないサイクリングになる予定が一変。junアニキどうもありがとう、楽しい夜でしたよ。

001
UKの自転車衣装メーカーの熱波をようやく防いだと思ったら次はUSの登山用品メーカーの襲来を受ける。

さらに黒船:
舞洲でサイクリングしてたら自転車仲間のTNさんからのメールが着信した。なんじゃいな?とおもたら、
Ama
「ジェフベックが尼に来ます!」と書いてあった。一瞬わが目を疑う。尼?尼いうたら兵庫県やのに市外局番は06でおたくどっから来ましたん?と訊ねるとたいていのおっちゃんは「尼ですわ~、いうても尼さんちゃいますけどね~」と笑いどころを探すのに往生しそうな一発をかましてからおもむろに「大阪の尼崎ですわー」と言い直す、あの尼。ちなみに尼崎は大阪ではない。

ともかく尼崎センタープールという市民プールでぱちゃぱちゃやりたくなるような名前の立派な競艇場のある尼に、このセット料金ちょっとおかしいんちゃいますのん!と食ってかかると映画のセットのように奥から怖い顔したおにいちゃんが一人二人出てきて「けど確かに飲み食いしはったのはお客さん意外におらんのですからここはひとつキッチリ払ってもらわんと僕らもやっていけへんのですわウチの店カードも使えますし」と言われて半泣きで財布から万ころ出すというけっこうエグイ水商売する店多い(という噂のある)尼に、

ギターの神様来るらしい。

備考:
尼崎を中傷しているのではなくてむしろ「尼ラヴ」。歩いてる豹のようなオカンはみんな気さくやし物は安いし酒飲みの気持ちを判り倒す立ち飲み屋多いしで。

| | コメント (9)

2009/12/08

ああ、この弱いメンタルよ、

タイムテーブルの見直しにより、洗濯は深夜から早朝に。
002
(自宅から暗峠方面をみたとこ)
こんな時間でもすでに自転車とかランニングとかで走り始めているアニキ・アネキが全国にわんさかいるんだろうなぁと思いながら家族の洗濯物を一心不乱に干す。”洗濯籠にほうりこむときは、ちゃんと表返していれなさい”と親からやいやい言われたその意味が、ようやくわかる。

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:日本酒とかワインとかとりとめもなく

退社間際にオフィスで嫌な出来事があってそれをずるずる地面に引きずってとうとう家まで持って帰ってしまった。もう自転車にのるハートがしわくちゃ。

ローラー高娘と地味に晩飯食ったあと、ぶらっと近所のジャスコに行った。急に寒くなってきたので通勤用にコートでも買うかと思って。店員に可能姉妹のようなゴージャスなのはないのか?と聞いたら7,980円のコートを勧めてくれた。そんな値段のコート、年収2億円の俺様が着れるワケないやろなんてしつれいな店員や~と思いながらレジへ。小銭で支払ったあと売り場を回遊したら20万近くするコートを見つけた。7,980円のとどう違うのか?見た目に大差はない。もしや電動?

例えば電動ファスナーがついたズボンを履いてトレイに行ってしっこしてファスナーを上げようとした途端、、、!

想像するだけで恐ろしい。衣服に電動は不要だ。

| | コメント (3)

2009/12/07

お酒はおいしく適量を

いっつもきになるこの文章。

「適量」がわかったら、だれも苦労せんわと言いたい。

”若干いかがわしい店がまえではあるが22時までに入店したらセット料金3,500円で飲み放題しかもニューフェース続々入店中あとはあなた次第と書いてあってなにがあなた次第なのかわからんけど一応ちゃんとした営業許可もとってるみたいやしいっちょー騙されてみよかなと思って入った店”(おっちゃんの説明長いか?)で、まったく客とタメ口を聞く女子従業員に「適量ってなんぼほど飲んだらええの?」と聞いたら、

「お客さんの財布がカラになるまでよ~」と言われた。

納得する回答をひさびさに聞いた。酒のうまい季節だ、がんばろう。

飲酒三兄弟:
001
残量がどれも中途半端というところが泣ける。


| | コメント (10)

2009/12/06

まさよ70歳、大暴れ

久しぶりに自転車で登坂練習。やっぱり重力に逆らってスポーツするというのは大変しんどかった。ペダルへの入力ポイントが明らかに平地とズレてる、腹筋も痛い、腰も痛い、坂道は苦痛満載だ。橋の頂上で一つのヘッドフォンを仲良く共有して携帯プレイヤの音楽を聴くカップルがいたのでその若さを妬みつつ反復するおっちゃんでした。

運動:なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、菊正宗×2号

午後からちょっと用事があって小池さん(妻)の実家へ行ったついでに、ヒト年齢で70歳の”まさよ”をいじり倒してみる。
009
立ち上がっていきなり飛びつく70歳。

031
お手をしながらもビスケットの方に注目する70歳。

まさよより少しだけ年上の小池さんの両親がパソコンを買って自宅に”インターネット”を引きたいというので、具体的な行動指針やら費用やらの説明。しかし、老いてなおいろいろなことに興味を持つ姿勢は見習いたい。

道中の車のなかで聞いたFM放送がまたまたきになる。意見を投稿した視聴者いわく「僕はお酒が大好きで、よく家でも呑みます、、、(以下略)」。助手席の小池さんに「俺ははたして酒が好きなのか?」と訊ねると、「好きかどうかは知らないけれど”ごく自然に飲んでいる”のは知ってる」と言われた。

そおいえば「今日は飲むから」とか「明日は飲むつもり」とかスケジュールを立てて飲んだことがない。(休日に)朝起きてしっこいって喉渇いたからビイル飲んだとか、(休日に)昼飯食いながら中途半端に瓶に残ってるワイン片付けないとイカンなとか、凍えそうな帰宅途中、これはまず手洗いうがいよりも熱燗飲まないと命のともし火が消えてしまいそうだとか思いながら、そのともし火がとっくに大きな焚き火に戻っていてもう飲まくても大丈夫なのに紙パックを空けるまでがんばってしまったり、そいいう”自然なふるまい”が、果たして酒が好きといえるのかどうか。


庭先にでると、明峰「伊吹山」が見えた。どっしりとしたたたずまい。来春この山をのぼる自転車イベントに出る、決意も新たに伊吹山に誓った「酒はやめない」と。

つづく

| | コメント (4)

2009/12/04

落下

運動:通勤往復+家事+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×2、菊正宗×2合

今朝のベランダ
001
金属製の自転車用ラックがなにかの拍子で倒れ、そこにぶら下がっていた自転車のフレームが行き場を失いベランダの上に。不幸中の幸いは、手摺を飛び越して14Fから地上まで落ちなかったこと。

確かに真夜中に物凄い音がした。

シクロクロスシーズンも5戦目が終わったというのに、まだなにも用意してない。道具も気持ちも。
あるじがこんなやし、自転車が怒ったのかもしれない。

つづく

随意契約に熱くなってみるとか:
大阪の東のほうを貫く自動車専用道路を使ったサイクリングイベントを開催するとかいう記事が。しかしおいどんの興味はイベントに出るとか出んとか、へー高速道路(?)走れるんかー凄いなー橋下知事もなんか知らんけどやる男やなーとかそっち方面ではない。

下のほう見たら、まずこのイベントを興行するための業者募集がある。この書式に沿ってプレゼン資料を準備して同業他社とコンペしなさいというやつ。そして契約金の上限は2,800まんえん。
当日の参加費は、スポーツ自転車部門が3,000円×1,500人で450万円、一般車部門が1,000円×1,000人で100万円。あわせて550万円の収入。単純に合計したら契約金とあわせて3,350まんえん、でも実際は入札するときの契約金はなるべく安く出さないとイカンのでもっと少ないはず。

で、コンペの結果・提示された最優秀資料がこれ
なかなかこんだけ緻密な提案資料は書けんな~おっちゃんには。
単にだらだら走らすだけでなく、インターチェンジの坂道つかってタイムトライアルやるとか協賛企業の出店を派手にやるとかなかなかたいしたもんやの~。

こおいう、イベントの側面を見るのも勉強になるわい。


まあしかし:
ゼニの話しはおいといて、知事も市長もとりあえず南港移転のややこしい話しはちょっとま忘れて、われわれ自転車にうつつをぬかすおっちゃんとともに、寒空のした、さっぷーけーな自動車専用道路で自転車でものろやー。
こんなちっさいチタンのネジ一個でもその値段を家族に言えずにもじもじしてる市民の暮らしを肌で感じてくれやーってとこ。


| | コメント (5)

2009/12/03

ケータイ

忘れた。依存症かどうか、試される今日。

以前、ケータイ電話の所持忘れを防止するという切り口で、ここには掛けないほど恥ずかしいアイデイアの特許明細を書いたが、担当の弁理士もさぞかし困ったやろなー。案の定受理されず没。なんせ、本体から離れたら音や光でお知らせするとかそんな生半可な仕掛けではない、うるおぼえで「呪われる」とか「追いかけてくる」とかそおいうレベルの内容。

一言でいうと「ケータイ貞子」。

”昼飯も食わずに働いて、あ~帰って飲んで嫌なこと忘れよ~と思って玄関
 あけたらケータイいじってベッドの上でへらへらしてた高校生の娘の姿を
 見て怒る気力もなくした”おっちゃんの晩飯3980発目:
001
賞味期限ギリギリの牛のバラ肉で賞味期限の切れたもやしを巻く。

003
それに小麦とパン粉つけて油でソテーする。

005
思いつきで作った「もやしの肉巻き」。なのにローラー高娘には好評なのは食生がちょっと失敗したのか?と自分を責めてみる。若い連中はとにかく揚げたものに目が無い。オオカミのように生肉をうまいうまい言うて食べるように育てたかったゼ。

| | コメント (3)

2009/12/02

地味な日

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:月桂冠×3合

”夜が来るのが楽しみで楽しみでできれば会社休んで飲みたいのをグッとこらえた”おっちゃんの晩飯58発目:
002
「小芋とイカと大根の煮物」。

すんでのとこで遅刻するいう時間まで一人台所でややこしいことをした今朝のおっちゃんです。
何を思ったのかその時の自分の気持ちがわからん。わからんけどこれをアテに晩酌したらと思うと、矢も盾もたまらず出勤前や言うのに作ってしまった。小芋は冷凍のやつ。大根はバッサバサ手荒く切って、イカは慌てておろしたから墨の袋が途中でやぶけてまっ黒けになったが初志貫徹。ちょっと、みりんの量が多かったけど、これをアテに酒を飲むのが嫌だという日本人出てこい!いうぐらい美味かった。

地味な色のオカズこそLOVE.


| | コメント (4)

ヌンチャクプレゼント

先週車で実家へ移動中、FMラジヲから山崎まさよしの、たしか「おとどけ」とか言うタイトルの番組流れてきて、真剣に運転しながらボンヤリ聞いてたら、「メールやFAXでメッセージくれた視聴者の方にはもれなく秋のヌンチャクをプレゼントします」と言うではないか。

山崎まさよしさんに特別な感情はもってないけど、”秋のヌンチャク”欲しさにメールを出してもいいなと思った。けど、次の放送まで待ってられへんし、そのヌンチャクとやらは売ってないのかと思ってほんの出来心で海外通販サイト見てたら背後にいた小池さんに「キミがヌンチャクを買うために円高があるのではないと思う大体ヌンチャクと自転車とハイキングの相関は?」と苦しいこと言われた。
パンク修理道具のかわりにヌンチャク持ってサイクリングに行っても別に違和感ないと思うといいたかったが理解してもらえないと思ってやめた。

運動:通勤往復+家事ちょっと+体操いろいろ
飲酒:赤垣屋・野田阪神店でちょっと立ち飲む


つづく

| | コメント (4)

2009/12/01

伊吹山ヒルクライム

とりあえず申し込みをしてみたが、自転車の大会前に素足(登山靴はもちろん履く)で登るの二本立てで来年はがんばりたい。

”飲んでるから足元フラフラなおっちゃんの晩飯”31発目:
001
「もやし餃子」。
昨日の晩にNHKの番組で見てうるおぼえの献立。豚のミンチにニラともやしとあと適当に入れて、この穢れた手で混ぜくりかえして

002
適当に包むのだ。バングラでなんかわからん得体の知れん、見た目「水餃子」を注文したら店のおっさんしっこ行って手を洗わず作った餃子を思い出した。おっさんなんで手を洗わんの?と聞いたら自分の胴体から生えてるもん触ってなんであらわなあかんの?と逆質問されたのが思い出。

003
7割以上が「もやし」で構成されてるから太らんやろなと思って暴走ギミに食ってみる。餃子の王将がまぎれもなく美味いのは認めるけど自分でヨタヨタしながらでも包む餃子も美味い。なのでためらうアニキがいたらどうか自分で包んでみてほしい。自転車のBBとかワイヤーを新品に交換するより簡単なのと、食べ終わったあとの幸せはものすごいから。シラフでも楽しいが、酔っていればなお楽しい。なぜか?それは内緒。

つづく

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »