« ツールド沖縄2009!の翌日は那覇を歩き倒してみる | トップページ | The Quotable Cyclist »

2009/11/10

1時間強ほど緊張してみた

ツールド沖縄2009のシニア50kmレースに参加した感想は表題の一言。

018
ホテルのベランダからコースの一部になってる半島を眺める。

前日に同走予定のマックあにきとまるまる一周試走した印象は「50kmなめるな」。海岸線特有のアップダウンがいやらしいし、風もちょいちょい吹くし、やりかけの道路工事多すぎやしで、不安材料満載。それにしても、試走段階で気がついたけど、コースのいたる所におっちゃんのハートにストライクなたたずまいの”こぎたない”ソーキ蕎麦屋とか酒の飲めるっぽいマーケットとか多過ぎ。

で、当日は快晴。

コミュニケには整列はゼッケン番号順と書いてあったが、ほんなもん現場は普通に混沌=ケイオス。このカテゴリに詳しいアニキたちのブログを事前に読み倒して「集団前方から発射は必須」と学習したのにスタート位置は結構真ん中に埋没していきなり計画倒れ。回りは、同じ日本人であるにも係わらず明らかに自分とは顔立ちの違うおっちゃんたちが聞いたことの無い方言で盛り上がってるんで、文句も言えずにうつむいてみる。とりわけ、マングースみたいな顔のおっちゃんとハブみたいな顔のおっちゃん、仲よさそう。苗字も安室さんとか具志堅さんやろな?と勝手に想像してたらピストル鳴った。

景気がよい:
道路工事が沢山あったんで、試走段階で自分の走るべきコースは全て道路の左。右側にやたらめったらポールとかコーンが置いてあったから、これは絶対からむやろなと思って。なのに本部町のマックスバリューのあたりまで、小規模の落車があっただけで妙に平和。ペースも穏やか。海も綺麗。首を伸ばせば先頭のヒトも見えるのであまりややこしい事はせずにそのまま集団に埋まっておく。この時点ですでに集団から50mほど先行している選手が見えた。へー凄いなーと他人事のように(明らかに他人事)静観。

本部大橋とかいうちょっとしたタイコ橋手前から、急に集団の速度上がる。スプリントポイントとか言うやつか?でもニンジンは何だ?端麗350ml×3ケースぐらいか?これも静観。
その橋を越えて下りきったらいきなり近くで自転車の部品が粉砕する景気のよい音が2,3発。だれか落ちたか?気にせず(気になるけど)先へ。海洋博覧会の跡地前がちょっとしたのぼりで何か辛いことがあるならここかな?と身構えるがモーレツなふるい落としも無い。も~、おっちゃんを心配さすなやドキドキさすなやと思ってたら目の前からごっつい背中のおっちゃん失速して降ってくる。おお、このヒトは確かメイタン本舗のCEOではないか。凄いセンスのチームジャージだがそれでほんまに満足か?といらぬ心配をしてみる。

下りきったとこでまた景気のよい音。今度は10台ぐらい目の前からドミノ倒しで迫ってくるし!こっちくんなや!俺にもたれてくんやな!野生の勘で乗ったまま歩道に逃げると目の前に実売28,000円相当のサングラスが飛んできたり、378,000円前後の自転車がくるんくるん横たわってたり、被害総額300万円分近い集団落車か、気の毒にな。

ここで先頭からちょっと距離離れたんで一発踏ん張った。こんなとこで切れてたまるか、自分は今回”レース”しにきたんじゃい、とかるくもがいて集団に復帰する。年に一回あるかないかの頻度で「先頭集団」に居る幸せと同時に、まわりはともかく”気ぜわしい”匂いでぷんぷんしておる。下りの後の平地とか下りのあとのゆるいのぼり返しになると、必ずスピードが鈍って集団の密度が上がるのは明らか。なのにそのまま行こうとするから行き場をなくして突っ込む。みな落ち着けハイサイ。

今帰仁村の急勾配の坂道まであとちょっとのとこで、ざっと人間数えて100人かそれ以上。いっちょやるか。あかんときはその急勾配で終わってしまうのか?どうする?どうする!?
そのとき男気の神様の声が聞こえる「愚か者よ50Kmのレースで後先考えてどーすんねん!当って砕けて灰になれ」と。スキマ見つけて一気に出る。スタートで見たマングースとハブの背中も見えたがそれも一気にパスじゃ!腰痛い!あほ言うな我慢せぇ!腰痛い!我慢!腰痛い!猪木ガマン!鶴田ガマン!天龍ガマン!男はみんなガマンしてきた!ベルリンの壁崩壊20周年記念&三沢光治追悼アタックついに炸裂!

密集してたおっちゃん臭が一気に消える。このまま!このまま!
と思った数秒後、右横にハブ、左にはマングース、あとにづつく特濃ソースのような顔した連中にぶわ~~~っと囲まれ動けず、、、。絶望そして今帰仁村スプリントポイント通過して勾配のきつい坂あらわる。絶望の倍返しありがとう!さっきまで燃え盛ってた俺の闘魂の火が種火寸前、となりのおっさん息荒い!前の兄ちゃんの自転車チェーン汚い!もう一回ガマン!最後の頂上通過、どや!?集団のリストラ具合は???

アカン!ヒト全然減ってない!!!

ついに国道58号線に出てしまう。あとでわかったけどこの時点で先頭集団というか大集団は70人。
万策尽きる?いやまだどっかで前いこ、どこで!?もう植物園の坂道目の前。左やや前方に真っ白い三角コーンが見えた途端、普段滅多に感じない第六感が「やばいぞ!」と叫ぶ、その瞬間に3台前のアホがコーンをペダルで跳ね飛ばす!コーンが自分めがけて転がってくる!踏み潰すか!?いや無理、高さがありすぎる!右に選手は!?気配なし!一気に車体を右に倒してコーンを避ける、そしてもういっかい左に倒して復帰!自分のテクニックが怖いぜ。

70人で登る植物園の坂道、まったくスキマなし、、、。

噴水見ました:
ゴールまでどうしょかどうしょうかと思案してたら、宮里の交差点のとこで集団右端の方から再び景気のええ音。音の規模からそーぞーして多分5人ぐらい落ちたと思う。しかも道路わきの看板を巻き込んだようなサウンドも。もうちびるシッコも無いわい、どんなけ落車したら気ぃすむねんいうぐらい聞いた音。
あとは直線、今度こそほんまに万策尽きる。人数を絞ることも集団の前に出ることもできなかった。じゃせめてスプリントの雰囲気だけでも味わうかと腰を上げた瞬間、残り200mで突然・第六感が「行くな!」と叫ぶ。

スプリントを始めた集団の一番左端で景気のよい音とともに、人間と自転車が吹き上がる、、、。
中央分離帯を越えて交通規制していないほうの道路に人間と自転車が着陸。目の前に人間と自転車が空から降ってきた車の運転手ボー然。こちらは無事ゴール。
「ロードレースが」終わった。

021


|

« ツールド沖縄2009!の翌日は那覇を歩き倒してみる | トップページ | The Quotable Cyclist »

コメント

Ave38km/hとか見ただけでビビッてますけど、青い空と海がいいですねー。

投稿: ぱぱろぐ | 2009/11/10 12:34

ハラハラドキドキで読ませてもらいました。
アニキの男気しっかりと伝わってきました。
熱いロードレース ツールド沖縄お疲れ様でした!

投稿: uechicchi | 2009/11/10 13:58

そのレース、いったい何百万円くらいの損失だったんでしょうか!
無事帰還おめでとうございます。

投稿: みーこ | 2009/11/10 14:03

アニキ、無事生還おめでとうございます。
しかしどんだけ落車多いんですか・・・。
いつも50kmはそうなのか?みんなこのレースに賭けてるから?あぶなさ満開ですね~。

投稿: M | 2009/11/10 16:17

手に汗にぎる実況でした。
最近のロードは軽くなった分、簡単に空を舞い飛ぶようになったんですね。

投稿: 峠の山賊 | 2009/11/10 16:41

アニキ、50キロでも命知らずのおっさんのあつまりですやんかいさ(驚)
とりあえず、燃え盛った男気が消えることなくゴールできておめでとうございます!!

投稿: さかじい | 2009/11/10 17:55

アツイ!アツすぎる!
アニキ、沖縄で全身全霊アタックをブチかまして来たとのこと!
拝読しながらコチラにも火がつきましたよ。
アニキの男気噴出に今日は乾杯!

投稿: | 2009/11/10 20:46

↑熱くなって書き忘れたっす。

投稿: こばお | 2009/11/10 20:48

いやいや熱いレースだったんですね、シニア50km。その命知らずや何年かに一度の諏訪大社の御柱祭みたいなノリ?
それにひきかえ辺戸の85km組はそのころヤンバルの空の下まったりと時の流れに身をまかせておりましたわ。
結果は今年は×、高江で一網打尽。パチョアニキからロラさん達ゴール前でタイコ叩いて待ってるよ、と聞かされて、
こりゃあかっちょ良くゴール決めなあかんと意気込んでおったのですが、力の無さ認めます。また来年出直します。
で、あのスピーカーの箱(?)みたいなタイコ、ホンマに沖縄まで持ち込みはったんですか?

投稿: がりお | 2009/11/10 21:55

熱いぜ・燃えるぜアニキ!
久々にはらはらドキドキして読ませてもらいました。
とにかく、無事のご帰還おつかれさんでした。
しっかし、すごい展開なんですね。ワタシじゃ無理!

投稿: KAZZ | 2009/11/10 22:23

見事なまでの,本能的な危機回避能力.スゴイです!!
仕事場で培われたものなんでしょうか!?

投稿: sumi | 2009/11/10 22:52

アニキ、そして興業社の皆様、無事の帰還と完走!!
おめでとうございます。

アニキのレポ!仕事中に拝読し、しっこチビリそうでした。
コーンが目の前に飛んで来ました(汗)

そんなアニキ達が、沖縄で激走している頃…
私は、湘南で女子ランナーの中でフンガー♪でした(汗)

投稿: bfz | 2009/11/11 00:07

無事是名馬、ですね(^_^)

投稿: たーさん | 2009/11/11 01:00

アニキ、参戦お疲れ様でした。
流石“レース”緊張感が違います。
おっそろしいです。
勘が冴えてのご帰還何より!

投稿: PEANA2 | 2009/11/11 08:05

●ぱぱろぐあにき、実際は極度のキンチョーの中で、スピードを確認する余裕がありませんでした。なのに、道中の海にみとれてみたり。まだまだ集中力が足りませんわ。
●uechicchiあにき、後日今回参加したいきさつとか思いを書いてみたいと思います。走り出す直前まで物凄く怖気づいておりましたのよ(笑。
●みーこあにきありがとうございます。怪我無く働いております。アニキたちとの早春の淡路島が全てのスタートでした。
●Mあにき、今回わかったのは50kmというのは逃げを絶対容認しない、おまえらみんなゴールで勝負せぇや!という殺気あふれるものでした。コワイ、、、。もうちょっと私に走力あればまた違った感想になったと思いますが、ひとまず。

投稿: ローラーおとこ | 2009/11/11 13:21

●さかじいあにき、今はは精神が弛緩しきっております。飲酒量も全然元に戻ってません。あかん、、、。
●峠の山賊あにき、炭素でできたパーツは地面とぶつかったとき、エエ音しますよ(笑。
●こばおあにき、数秒の男気噴射は秒殺でした。腹筋鍛えて出直します、、、。
●がりおあにき、こちらの不手際で合体できずに申し訳ありませんでした。レースの方は御柱にしばみついていたものの、最後に怖くて自分から離れてしまいました。カホンは手荷物でイキましたが、重かったです(笑。

投稿: ローラーおとこ | 2009/11/11 13:26

●KAZZあにき、沖縄まで行って30日間病院で拘留されたヒトを知ってます。なので、レース後半に思うことはひたすらに「ああ、家に帰れる」とそればかりです(笑。ともあれ、今は当分危ない遊びはしたくないわ~。
●sumiあにき、年々歳々臆病度UP中です。でも、これでいいのだ(C)バカボンのぱぱ
● bfzあにきも、湘南おうめ国際女子マラソン完走ご苦労様でした!おたい妙な妄想をパワーにかえて、今後もいろいろやりましょうね!
●たーさん、何の役にも立たない「馬」ですが、死ぬまで無事な馬でありたいものですわ。
●PEANA2あにき、豪快に下る勇気も無いし、集団に突っ込んで行く勇気もないし、次の沖縄(いつ?)が不安で一杯です。次は山!!!!(笑。

投稿: ローラーおとこ | 2009/11/11 13:34

>コーンが自分めがけて<中略>自分のテクニックが怖いぜ。
そのテクニックがあれば自分も落車も骨折もせずに済んだことでしょう。
というか、自分の居た区間シニア50キロの集団はすごい平和に見えて、来年は50キロにでも出ようか。。。とか思ったんですが、やめておきます。

投稿: T2 | 2009/11/11 21:16

●T2あにき、肋骨お大事になさってくださいな。沖縄でヒャクパー平和なカテゴリってなさそうですね。
かといって”メモリアル参加”の選手に事前レクチャーをするというもの現実的ではありませんしね。
う~む、、、。

投稿: ローラーおとこ | 2009/11/12 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツールド沖縄2009!の翌日は那覇を歩き倒してみる | トップページ | The Quotable Cyclist »