« ラーメンの旅なのだ 南堀江 | トップページ | クリエイター »

2009/11/04

谷瀬の吊り橋から志摩へ行く

”ツールド沖縄一週間前”、自転車とか体調の最終調整にうってつけな週末であるにも係わらず、、、。
毎年毎年ローラー高娘の学校のカレンダーと自分や小池さんの休暇が合致する数少ないパターンは当然、家族行事のプライオリティが何よりも優先されるのだ、そんな連休の日記。

この連休前後に、小池さんの両親/自分のオカン を連れて旅行に行くのが恒例になってるので。それが果たして親孝行になっているのかそうではないのか真意は判らん。もしかしたら押し付けになっているのかもしれないが、それも判らん。でも、お互いの親の生きている姿を見て、普通に会話が成立するのはいつまでか?と考えると、そうぐずぐずしてもいられないので、この時期自分の趣味に注力するのはちょっと我慢して旅に出てみる。

一発目は奈良の山奥の吊り橋:
018
この橋にたどり着くには十津川沿いの細くて曲がりくねった道を延々ゆかねばならない。なのに、十数年ぶりに行ってみたら、便利なトンネルやバイパスもできてて、そのあとに続く大規模な公共工事も着々と施工されてたのはびっくり。それらを見るたびに車の中の会話の中心が「前原国交大臣」でもちきりなのが可笑しい。

橋を渡り終えてここから伊勢・志摩までのルートを考えてみる。
自由気ままでしかも「サイクリスト目線」であったなら、新宮まで行って熊野灘を見ながら東へとか。途中の漁村で魚を食べ倒しながら熱燗を飲み飲み倒す計画は、またいつの日か。

現実は五条まで戻って国道166号で(伊勢街道とか言う道、なぜか三重県に入った途端に名称が和歌山街道に変わってた。なんでや?それ逆ちゃうの?)。途中、”高見峠”を越える。ここでも「サイクリスト目線」は旧道を見逃さないが、自分以外のパッセンジャー3名は旧道に興味無し。

まぁ凡人には旧道の趣きはむつかしいやろな。なんせ旧道言うたら「離合不可能で粗大ゴミが多くあってとどめにずぶ濡れのエロ本」の三点セットがキモなので。ところが、旧道にまったく触手を動かさない小池さんがふと「あ、登山道あるわ、、、」とひとりごちたので驚いた。ラーメンとビイルと扇風機意外に興味(山登り)を持ったのが愉快。ヒトはいくつになってもどんな環境に置かれても”興味を持つ”という感覚は大事だなぁ。

二発目は三重県の志摩:
112
風景は一転して「海」。

125
飛び石連休に挟まれた「ド平日」のスペインをテーマにしたパークを歩いてみる。コンセプトが”一応明確”なためか、約4年ぶりぐらいに行ったのに盛衰の波はそれほど感じない。経営努力がうかがえます。

伊勢といえばココ。
229
外宮。日本中に点在する神社の本社みたいなもんか?どれもこも木がでかい!なんか不思議な力が宿りまくってる気がしてまことに荘厳であ~る。のに、えぼしを被ってシャクをもった神官を見つけるたびに「おお!おお!おじゃる丸!おじゃる丸!」と叫んで後を追うローラー高娘。
絶対バチあたる予感。


子どもが小さいうちはそれの制約があってなかなか自由きままに出歩くことができなかったが、今度は親が年老いていけば同じことが再来。この先の十年後、二十年後、回りのヒトの年齢もちゃんと加味した上で将来のビジョンを思い描いておくといいと思いますよ->若いアニキ、アネキへ。

|

« ラーメンの旅なのだ 南堀江 | トップページ | クリエイター »

コメント

谷瀬つり橋まで行かれるのならぜひ「野猿」に乗ってみてください。
また、神湯温泉の露天風呂がむっちゃ大好きサイコーお勧めです!
日帰り入浴可ですよ(^^)v

投稿: DANGER | 2009/11/04 12:12

この前、やっと初めて小藪のプリンを聞きました。すぐに突然かもしれないし、まだまだかもしれないですが、話せる内に話しておこうと思ったのです。が、これも自己満足のためかなぁと、記事を読んで思った次第です。

投稿: みーこ | 2009/11/04 13:30

●DANGERさん、ここは日帰りでシュッといくのは勿体無いとこですね。夏休みとかにノンビリ行きたいですね。
●みーこあにき、暮らしの中での優先度が年々少しずつですが変わってきているのを感じます。遊びも用事も後悔のないようにやっていきたいと思いますね。

投稿: ローラーおとこ | 2009/11/04 16:43

学生の頃には時間はあるが金がなくて思うように出歩けない。
働き出すと、金はあるけど(学生の頃に比べるとという意味で、実際にはないケド)時間がなくて思うように出歩けない。
そして今は子供が小さくて思うように出歩けない。
更に今度は・・・。
そんなジレンマがこれからも続くわけですね。
思うようにいきませんが、それもまた人生。

投稿: PEANA2 | 2009/11/04 17:03

●PEANA2あにき、自分の親もその又親も、同じように脈々と同じことを感じて生きてきたのかなぁと最近思ったりなんかしますよ(笑)。スキマを見つけて楽しんでいきましょかね!

投稿: ローラーおとこ | 2009/11/05 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーメンの旅なのだ 南堀江 | トップページ | クリエイター »