« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

ラーメンの旅なのだ 南堀江

醤油ラーメン一筋の小池さんご所望の店。
007
大正5年創業(メニューにそう書いてあった)の大衆食堂に、秋口から春先までの期間限定で提供される中華そばがあるらしいので、それの調査。
ちなみにんな感じの風情あるお店はここだけで、回りはともかくモー、手足の長い、髪の毛もじゃじゃ、素敵な衣装と小物を身に付けた若い人がうじゃうじゃしてる街。

お店の中を盗撮してみる。
006
左側の壁一面、中村美津子さんのサイン入りポスターで埋め尽くされてて、右側の厨房の壁には昭和59年に大阪市長から衛生面での功績をたたえられた賞状とかいろいろそのスジの額縁が沢山。席につくと愛想のよい”ぼてっ”としたおにいちゃんが注文を取りに来た。その”ぼてっ”としたにいちゃんの口元に米粒がひとつ。まかないでも食べてる最中か?でも、不思議と腹がたたんのは店の中の空気が「ま、ぼちぼちやらしてもろてます」という気配でみちみちてるので。

005
”中華そば”550円。麺は中ぐらいの太さで縮れてて黄色くてもちもち。初めから胡椒を効かせてあるスープは、醤油味で見た目黒いが辛くない。

食べながら思ったこと:
とんこつ醤油とか、濃厚焦がしこってり何とかとか、背油どばどばとか、こだわりのイリコ出汁を使い倒したとか、もうそおいうややこしいのに翻弄されなくてもいいわ、そろそろここらで普通のラーメンを普通に食べるトキが来たかもしれないと。やたらめったらうるさい接客とか妙に威勢が良いとか内装がステキとか、おっちゃんはそんなことではビクともしなくなったのよ。小池さんも同感。

美味しかった。”名代 やぶ”。また行く。


| | コメント (4)

レーサーパンツを解剖してみる

運動:通勤往復+家事労働+中山式
飲酒:淡麗350ml×3

丸々約2年強はき倒した自転車用のショーツが寿命なので。
001
生身の臀部があたるぶぶん。一見すると不具合無し。なのにはいてみるとものすごい違和感が。具体的に言うと、左右の高さが極端に違っているので、これはなにかあるなと思って。

002
迷った挙句、おもいきって切開。さすがそれなりの値段だけあって、生地が二重だ凄いな。

そして中から出てきたしろものがこれ。
003
左右のお尻の骨(ちゃんとした名称は知らない)が当たる部分に、それぞれ独立したエアバックみたいなのが入ってるが、酷使しているとこれが内部ではがれてしまって、縦横無尽に動き回っていた模様。これでは本来の機能を果たしてない。生地の劣化が少ないのでもったいないけど御苦労さまということで廃棄。

004
パーツメーカーが片手間に作った衣装かとあなどりながら履いてきたけど、ぜんぜんそんなことはなくて、むしろ凄い品質だったなぁ。いままで尻をささえてくれてどうもありがとうね。

| | コメント (3)

2009/10/30

甘いな

「筋トレ」と「禁トレ」は似ているなと、悩む時点で自分の甘さが嫌になる。俺の根性は砂糖で溢れかえったコーヒーのようだ。ブラックコーヒーでもまだまだ手ぬるい。正露丸をかじりながらコーヒーを飲める男になるか。しかもスタバで。

※夕方、職場で下痢になる。メンタル弱い。


| | コメント (0)

熱かった

ツールドオキナワ前に出し尽くすサイクリングの夜。舞洲の地獄列車に飛び乗り、もがき、苦しむ。
心拍は最大の180%近くを記録したはずだ、恐らく。寒いだろうと思って厚着していったら予想に反して熱い。途中で上着のファスナーをあけたくなったが、ハンドルから手をはなしたら一発で地獄列車から切れそう。水筒の水も飲むスキ無し。我慢。ひたすらに我慢。
昼間は先輩と後輩の間に挟まれて辛抱、夜は夜で自転車乗って辛抱、調子にのって晩酌の域を超えそうになって酒を辛抱、おれは「おしん」か?

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×2、日本盛×1合

地獄のカーボローディング開始:
昨夜の晩飯は、酒と麦茶と焼き海苔一枚のフルコース。日中食べて夜は食べないという本家ラマダンの逆を行く荒行やし。自分に勝つし!ついでにイスラム教徒に勝つし!

003
チューインガム踏んだ。”ガムは紙に包んでくずかごへ”という注意書きが読めんやつはイスラム過激派の標的にでもされてこい、、、やし。

網戸のむこうにひっそりとたたずむのは扇風機。11月が目の前にあるというのに扇風機。持ち主は自称「あつ症」(冷え性の逆)の小池さん。ラーメンとビイルだけで3年生きられるをモットーにする彼女の必需品。しかも「強・中・弱」の選択肢があるにもかかわらず、必ず「強」。彼女が扇風機にする仕打ちというか酷使は容赦無い。

どうでもいいけど俺に向けるな。風邪ひく。

| | コメント (6)

2009/10/29

カーボ・ローディング

本日の夕食より、いよいよ秘伝のカーボ・ローディングをはじめる。通称地獄のラマダン。地獄以上な地獄。
これができるのは、恐らくダイバー・ダッタのもとで修行を積んだほんの一握りの人と、そして自分だけだと思う。

| | コメント (4)

朝から

ローラー高娘の登校解禁。さっそく今朝からその有り余る元気で”減らず口”復活。呼応するようにこっちも言わんでええことまで言ってしまうハメになったやんかいさ~。病気になったらなったで、治ったら治ったで、まー色々あるわー。

運動:通勤往復+鉄棒で逆上がり×3
飲酒:端麗350ml×1、日本盛×2合

朝食の用意を免除されたので
003
劣化しかけているタマネギを干したり、

001
オキナワで一発ボバンとぶちかますためのギアに交換したり。
(前は50-36、後ろは12-23)

”へらず口”に関する詳細:
インフルエンザ休暇明けからいきなり中間考査に巻き込まれる(天罰じゃ)ローラー高娘の質問「交差点って英語でintersectionというのは正しいのか?」と聞かれたので、まぁあながち間違いではないがここはやっぱり交差点言うたらcrossroads意外にありえへんやろほんなもんニッポンの常識どころか世界中の常識やジョーシキ、ついでにほんまもんのcrossroadsを一発おみまいしたるからな・しかもこのスガスガシイ朝の六時半からと言い残して押入れの中からギターと乾電池式のアンプを引っ張り出してcrossroadsの用意をしてたら、ギターからアンプに信号を流すシールドケーブルが、、、無い。音の無いギターを肩からさげて狭い家の中をゴンゴン当りながらうろうろしてたら高娘が一言

「ややこしいことせんといて」と。

おまえぜんぜん判ってないな、どこの家もお父ちゃんいうのはややこしいことをするために存在してんねん、それが判らんからインフルエンザとかの妙なやつにつけ入る隙を与えるねん、なぁ小池さん!

同意を求めた小池さんも無視してくれてありがとう。

今にみとれよ、、、、。

Cross

| | コメント (2)

2009/10/28

耐えてます

5日ぶりぐらいに”真面目に”サイクリングしたら脚は躍動するのに心臓がおかしくなりそうになった。絶えず心臓をドキドキさせても寿命が縮まるだけのような気がするが。恋愛でドキドキするのはカラダによさそう。そんな予定はもう無いけど。

運動:通勤往復+舞洲+中山式
飲酒:端麗350ml×1、日本盛り×3合

ローラー高娘の症状もいよいよ平滑に。くだらんバラエティ番組を見てヘラヘラ笑えるまでに回復。入れ替わってこっちがちょっと喉と鼻のつなぎ目のとこが微妙に痛いが、ここはひとつ気合で耐えるか。

耐える犬:
数年前、炎天下のスーパーの駐車場でひとり飼い主の戻りを待つヒト
070630_1219002_2

もう少し近づいてみる
070630_1219001_2
真夏にその衣装は過酷だ。

おっちゃんは新型カンケー無い説:
”5秒ルール”で育ってきた世代はそもそも気合がちゃうな。小学校のときも毎年毎年なにかしらの予防注射をブスブス・ブスブス受けてた記憶があるし、しかも注射針はクラスメイトで使いまわし(だったと思う)。保険所のおよそ手の届かなさそうな菓子屋で妙な駄菓子の洗練を浴びまくって、手洗いというと汚れて真っ黒けになった「レモン石鹸」で適当にとか。ウィルスがたじろぐようなむちゃくちゃな日々が懐かしいわい。

カンケー無いけど駄菓子屋でよく友達同士の会話で「おもって~や~(大変コアな大阪弁)」と言い合った。今ではこの言葉を使う子どもを見なくなったな。世の中裕福なのか。


| | コメント (5)

2009/10/27

もう忘れたもう忘れよう

昨日のエントリで書いた”驚愕の事実”というのは、「実は陰性・ただの風邪だった」と書く予定だった。
それが昨夜またローラー高娘が少し高温になり、朝方耳鼻科に同伴した小池さんからの連絡で「陽性反応」だと。

まぁこれに懲りて今後はケータイのパケ放題に甘んじることなく使用をつつしんで夜は早く寝ること、そして風呂もちゃんと毎日入ること。入ったあとは湯を抜くこと。それと狭い玄関にアホほどちゃらちゃらした靴を並べて放っておかないこと。たまには弁当の米ぐらい研いでおきましょかとか殊勝なことを言ってみること。親父の海外通販をいちいち小池さんに告げ口しないこと。最低限このあたりをを守ればインフルエンザなんかに感染することは無いと思う、、、ともかくだ、

早くよくなれ。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×2

”楽しい週末・早くも遠くなりにけりとようやく諦めた”おっちゃんの晩飯31発目:
001
ポトフ。
キャベツの芯が堂々としているのが若干不愉快であ~る。

フランダースの犬アルプスの少女”でおじいさんとハイジが暗いろうそくの下で晩飯に食べてたのが、今思えば「ポトフ」だったような気がする。当時はその姿が不憫で不憫で大人になったら絶対毎日中トロ食べる暮らしをするぞと誓ったのに。
今ではおっちゃんも実は中トロよりポトフが好きです。すんません。

疑問:
ハイジって爺さんと牧場経営してたはずだが、当然牛や羊があふれるほど飼ってて、それで「なぁ爺さんよぉ、今夜あたりそこらへんの一頭絞めて今晩ペーター呼んでジンギスカンでもやろうや」とかいう話しがどこにも史実としてないのが不思議だ。
おいどんと同じで、上級者向けのホルモン苦手やったとか。ロッテンマイヤーさん、動物嫌いや言うくせに焼肉は好きなの!という女性だったりとか。

「とか」多い。


| | コメント (4)

2009/10/26

そんなことやろなと思ったわ

「感染者本人は無論、濃厚感染者接触者も外部とのふれ合いを極力控える」というガイドラインにシブシブ従う週末スタート。

とりあえず余った体力と全然余ってない気力で窓拭きとか床磨きとかして気を紛らわしてみる。
一回窓をこするたんびにため息が。そして小池さんの怖い視線。またため息。また視線。息をするとため息が出るのであとは息を止めて掃除。けっこう苦しい。やる気のなさが屁にも出る。普段これみよがしにぶちかますおっちゃんの屁の100分の1のパワー。ああ、淡路島のソラの下でおもいっきり屁をこきたかったなぁ。

景気付けに(なんの景気かぜんぜん判らん)端麗350ml飲んでみる。そして畳に寝転んでみる。足でTVのリモコンをたぐりよせて点けてみる。「ミナミの帝王」始まった。竹内力の取立てシーンも胸に響かない。

ぼんやり見る。普段は萬田金融の”利息はといち”に深く共感すんのに、けっきょくエンドロールまでなぜか感情移入薄め。まったく大人気ない、諦めのわるい自分にカツを入れようと真剣に飲み始める。眠くなると適当に寝て目覚めるとまた飲む、時々本読む、たまにTV眺める、また飲む、こうして土曜日終了。

日曜スタート。ローラー高娘の熱を測ってみる。36度の事実に腰を抜かす。


驚愕の顛末についてはつづく


二週間後にツールドオキナワを控えて、この週末に少し距離乗っておいて自分自身に安心の暗示を掛けたかったが結局叶わず。来週の飛び石連休も自転車とは関係ない(勿論山登りでもない)用件があるし。レースイベントと少し距離を置いたほうがいいなと思い始めた理由はここら辺にあって、計画通りにサイクリングを積み重ねていっても、ある日突然不意な事情で立ち行かなくなることがある。年々この「不意な事情」の頻度は目に見えて多い。
そおいう事情にちゃんと折り合いをつけられないでいる自分が嫌い。「俺は自由きままな風来坊ではないのだ、前後左右どっからみてもおっちゃんなのだ」その自覚がまだちょっと足りないだけさ。だけか?知らんがな。

| | コメント (8)

2009/10/24

リレンザ

明日は遊ぶ時間あるだろか?

週末の顛末を一言で言うと-------世間一般よりひとあし先に”正月三が日”を過ごした。

金曜夜にママチャリきこきこ漕いで福島のエスキナにビイルを飲みにいって早くも週末遊び倒す気まんまんで帰宅。そして土曜日。小規模の二日酔いで爽やかに目覚めたら、学年閉鎖解除になったのにローラー高娘の姿がない。こいつオリジナルの学年閉鎖を続けるつもりか?冗談もたいがいにしとけよと起こしにいったら眼がうつろ。
デコ触ってみる。なにを食ったらこんなに高温になるねん!?いうぐいら熱い。ともかくかかりつけの耳鼻科に護送するとセンセいわく「ああ新型ですな」ってさすがその筋のプロ。検査もせずに(新型はすぐに検査しても反応無いらしい)見切ってしまわれ、特効薬を貰って帰宅。小池さんの指示で自宅のドアノブとか電気のスイッチとか彼女が手に触れた疑いのある部位をアルコールで拭けと言われた。

556
そんな急にアルコールなんか無いぞと思って探したらCRC556見つけた。ゴキブリでも一発で殺傷する能力があるので同じだと主張したら消毒と潤滑をいっしょにすなと真剣に叱られた。仕方が無いのでコーナン行って買ってくるわと言うと、こんどは10分以内に帰ってこいと釘を刺される。知恵を絞れば叱られお使いに行くといえば怪しまれ、住みにくい世の中だ。

当初の計画では午前中に家事を済ませて午後から自転車・自走で明石港まで移動。有名な「魚棚」に海鮮の美味い立ち飲み屋があることも事前に検索済みでそのあたりを押さえてあとはビジネス旅館に投宿して自転車仲間と電気あんま大会でもやって盛り上がろうぜ~翌日はショップ主催のイベントで淡路島を軽く一周して、ふたたびJR明石駅から輪行でビイル飲みながら帰宅という壮大な計画があった。

ああそれが、俺のタコ、俺の明石、俺の淡路、、、、ガラガラと音をたてて目の前で崩壊していくのをただ見ているだけの土曜日スタート。

| | コメント (4)

2009/10/23

空き地

ベランダから見る景色。コーナンプロが近所にある幸せ噛み締める。
それともう一つ。
004
大阪市の中心部なのに「空き地」。朝とか夕方には犬の散歩の人で賑わったり、飛馬&一徹親子のようなコンビがいたり、それを電柱の影から見守る明子のような女性が居たり、大人も子どもも男も女も犬も猫も無尽蔵に走り回れる「空き地」。

未来永劫空き地のままだったらいいのにと思ったが、行政が引いた線をどうにかする消しゴムを、自分達は誰も持ってない。
もうすぐ、下水道処理施設の着工が始まる。


| | コメント (4)

秋刀魚をマイナーチェンジしてみる

料理のせんせの日記に胸を打たれてさしみ用に卸した秋刀魚を買ってみた。このまま食べてもいいがちょっと路線変更。

塩ふって->サイクリングに出かける用意のあと->これを水洗い->
001
酢でしめる。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、清酒「奥の松」残りを飲み干す

年中強い風が吹きつけるオランダのような人口島・舞洲にも本格的に冬が来た。寒くてつらい。帰って速攻で熱燗飲みたいのを辛抱して酢飯を作る。そして秋刀魚と酢飯をラップで梱包。

”酒のアテには労を惜しまないおっちゃんの妙な食べ物”11発目:
003
秋刀魚の押し寿司。
今晩食べるのが楽しみじゃ~。

自転車の車輪:
舞洲周回後のuenoアニキとの会話で、「やっぱり行き着くトコは、アルミリムのチューブラー車輪ですなぁ」で一致。チューブレスタイヤに(私、未体験なのに生意気にも)懐疑的なとこも一致。理由は、、、


| | コメント (4)

2009/10/22

真夏に出あった仲間たち

サイクルスポーツという自転車雑誌がまだ野趣溢れるまともな雑誌だったころ、荷物を満載して国内のあちこちに出没していたサイクリストを直撃取材して、装備やら行程やら・そして彼らの生の声を写真入りで紹介~その一時代を築いた金字塔のようなコーナーのタイトルがこれ。
そんなことを思い出して本屋できょうびの同誌を立ち読み。読んでないから正確には「立ち眺め」。

Yama
買ってしまった。”山チェリーボーイ”は目を皿のようにして記事を読む。
そして妙なことを考えた。「名護市にも山があるではないか」「自分のレースは午前中で終わるではないか」と。
ウクレレ、カホン、登山靴、俺はいったいオキナワに何しにいくのだ!?

| | コメント (5)

"

| | コメント (2)

歯が欠けた

しかも二本同時に。今夜は歯科医にすがりつく予定。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×1、清酒「奥の松」×3合

八ヶ月ぶりにシクロクロス自転車に乗った。さすがにぎこちない。スキー場で知り合った女の子と結局は雪解けと同時に疎遠になってまたもうすぐシーズンやなぁと思って板をチューニングショップに出しにいったら偶然その子がそこに居たので何から話しかけたらいいのかとまどう。そしてあれれ?なんかゲレンデにいたときと随分印象が違うわ~、こんな子やったかな~というぎこちなさ。そしてまた彼女と一緒に止めた時計を動かしてみる、、、でも二月になったら再び彼女との仲は自然消滅なんだろうなぁ~とかそんなカンジ。ちなみに人間に飛び乗ったり飛び降りたりしたことはありません。担いだことはあるけど。

”酒のアテは作るのが楽チンでええわ~”と常日頃思うおっちゃんの晩飯31発目:
001
エリンギとピーマンの醤油バター炒め。「醤油バター」を考案したどこのどなたかは存じませんが、脳をゆさぶる美味さ。牛と大豆に感謝。

そして主食はこれ
002
吟醸「奥の松」(福島県)
のどごしがよくて冷でかぽかぽ飲める。危険度★★★☆☆

つづく

| | コメント (4)

2009/10/21

現実を知って愕然となってみた

昼休みに散髪いこうと思ってたのに会議が長引いて散髪はおろかランチもスルー。で、気を取り直してハラリと抜けた一本の毛髪を見てこの世のものとは思えない細さに、さっき取り直した気が再び遠くへ、、、。

毎年オキナワ前には「5mm丸刈り」で不退転の決意を兼ね備えつつ石鹸で全身洗える横着なシステムで武装していたが、今年は色気出してちょっと伸ばしてみたらこのザマ。毛細血管の伸張に普請するための運動は、毛髪には全く無関係であることが判った。

結論:自転車は禿る。別にいいけど。

| | コメント (2)

願いが無い

昨日のエントリで「舞洲も貸切状態」と書いたが訂正。シーズン中と遜色ない数のサイクリストで大繁昌。楽しいわ。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:端麗350ml×2、雲海ストレート×1合

舞洲での周回を終わってソラを見上げた時にオリオン座流星群がこの2,3日盛況だったことを思い出した。流れ星でも見えたなら何かとびきり厚かましい事でもお願いしよかなと思った。そしてしばし黙考。
「願いが何も無い」。

普段よこしまなことばかり考えてそれが成就するよう渇望しているはずなのに、イザ天を見上げたら「え~と、あ~、う~、は~」としか出てこず。

先週末、実家の近所の大きな岸壁に係留された豪華客船「飛鳥」とやら。
Asuka
検索するまでもない、当局の固いガードに守られてるような乗り物がやすい筈ないやろな~護送車以外は。このトキも”乗りたいな”という願いはゼロ。

軟禁:
学年閉鎖二日目、新型に感染してないので早くもよからぬ計画をくわだてるローラー高娘。キャツが行動を起す前に先手を打つ。家族間の連絡用メモ帳に洗濯干しとか掃除(ビギナー向け)とかややこしい家事労働を書いてきた。要領が悪いのでこれで半日潰れるはず。明日以降も過酷な労働が彼女の自由と権利を奪う予定がはははは。


つづく


| | コメント (5)

2009/10/20

再び会う

世間一般のおもだった自転車イベントも一通り終わったので舞洲も貸切状態。一人で地味に周回してたら目の前を一台の自転車がシャーっと軽快に横ぎったので追尾。あ、先月猿山でプチバトルになったヒトやんかいさ。関西では非常に珍しい車体に乗っておられたのでこっちの印象にも残ってたのでもしやと思って声を掛けたら、ビンゴ。シルベストサイクルチームで適度に楽しんでますと言われたが、昨日今日乗り始めたヒトではないのがその乗車姿勢やらペダリングやら見てたらおっちゃんには一発で判りましたよ。競技はしてないけど”上手に乗る・速く走れる”というヒトはけっこう多いな。

夜の舞洲で列車をつくってそこそこ豪快に周回するのは、知らない者同志(顔とか名前は知ってるけど)とは言え、お互いのモーレツな信頼関係あってこそ。これが薄かったり意思統一を乱すとなると、安全な集団走行はたちまち破綻して大惨事に。みんなこれからもよろしくお願いします。

003
カンケー内けど昨夜の消毒薬。


| | コメント (2)

学年閉鎖

運動:通勤往復+舞洲+中山式
飲酒:淡麗350ml×3、日本酒×普通ぐらい

ローラー高娘、本日より二学期中間考査スタート!で登校しようとしたその矢先、学校から表題の一報が。
「うちは(我が家は)インフルエンザなんかぜんぜんカンケーないしな」という根拠の無い自信で毎日暮らしてきたが、どうも魔の手は着々と忍び寄りつつあるのか。帰宅したらまず石鹸でしっかり手を洗って水でうがいして端麗350mlで体内を消毒。これを欠かさずにやること。バランスよく食べる。あとは「気合」。

”王将で生餃子を買ってきて家で焼いた”横着なおっちゃんの晩飯8発目:
002
「病は気から」というではないか、それと同じで餃子を食べれば全てが好転するような気がするので昨夜のローラー高娘用に焼いてみた。新型なんかに負けんなよ。餃子でウィルス駆逐じゃ!


Akama
「インフルなんかに負けんじゃね~ぜ!!!」byカマキリ先生

考察:
ケータイばっかりいじって夜更かししまくって睡眠不足で学校行ったらいったでクラスの友達と濃厚接触。屁のつっぱりにもならんようなスナック菓子を食べてファッション雑誌を熟読しつつ風呂は毎日入らん。そんな暮らしを続けているとインフルエンザの格好のマトになるぞ。いっぺんカマキリの卵を部屋にこっそり置いておくという重厚なお仕置きでもやるか。新型インフルエンザも怖いがカマリキの卵が部屋で孵化するのも怖いやろ~。ローラー親父、不言実行、やる気まんまん。


| | コメント (4)

2009/10/19

旅の用意

実家から大阪に戻って次にしたことは、鉄道で自転車を運ぶための袋(輪行袋)を買いに行ったこと。
005
モンベル社製のポケット輪行袋という製品。税込5,800円。淡麗350mlと遜色ない大きさと重量。
今週末ちょっと行きたい場所があって、その道中に自分の思い描く理想の”旅”の風景に出会ったら駅前の広場でこれを広げて自転車を包み、、、というのがたてまえで、実際はちょっとしたチャレンジ企画->「イケるとこまで行って駅弁くいつつ酒飲みながら鉄道で戻ってくる旅」をやってみたいなと。

ほんの何年か前まで”輪行”は世間に認知されてなかった。されてないどころか、鉄道会社の人間にさえ規約違反の汚名を随分かぶせられた。改札通るときなんかほらぁもう「関所破り」同然の心境ですっかり「下手人(げしゅにん)」扱い。今はいい時代になった。

輪行袋の代金をレジで支払って、ついでにひととおり店内をパトロールして登山用品の最近のトレンドでも押さえておくかと思ったがギョギョギョのギョ!店の中がエエ匂いで溢れているではないか。なんじゃこれ!?女子率たっか~!登山・ハイキングが流行ってるという噂はかねがね聞いてたけど、まさかここまでとは。そのうち「俺の趣味は山」と言い切ったら「うっわっ!エロ~~~~!」と言われる日も近い。

ついでにサイクルショップもパトロール。ここも女子率高い!「あけてもくれてもあんたの行くとこ自転車屋しかないのぉ???」と言われてさげすまれてきたが、こんどはそれこっちのセリフじゃ~!

最後はジャスコ野田阪神店リカーコーナーで息抜き:
ついでに買った酒。”雪中”と”寒梅”と”大吟醸”という恐ろしいほどに酒飲みのハートをわかり倒した商品名。同義語として”ニッサン” ”スカイライン” ”GT-R”が。
かわずに死ねるか!の一品。
001
表面張力の実験材料としてもオススメ。


| | コメント (5)

2009/10/18

越前くらげ

こんなやつのために、休みの日を棒に振ってみる。
Ku
勝手に流れてきて勝手に家の前の浜に上陸して勝手に腐敗。そしてあたりには異臭が、、、。
田舎暮らしに憧れるとか田舎暮らし大好きとかいうヒトは、自分が思う”面倒くさいなぁ~も~”という作業の一つ一つを楽しむ気持ちを持ったヒトなんだろうなと思う。クラゲやスズメ蜂の退治は楽しい!雑木林の手入れももっと楽しい!村中総出で朝一から日が暮れるまでやるどぶ掃除と雑草刈りは至福の時だ!そして寝ているときにムカデが顔の上を這いまわるのはサイコーにきもちエエ!とか。

けれども、折り曲げていた腰を伸ばすとこの景色が。
Umi2
釣り糸をたれると、石鯛の子どもぐらいはすぐ釣れる環境。「もういらん」いうぐらい鯵も釣れます。

裏山から枯れ木を切り出し、顔を真っ赤にして道路まで運び出したら、木材の住人がこっち見てた。
Kama1
青いソラと蟷螂拳の名人。

エエ天気や、自転車乗りたい、山登りたい。
男は我慢!!!

自分の自由きままにならんことをぶつぶつ言うな。自分も家族も今のところ健康だ、職場には机もある、帰るべき家もある。これ以上何を望むのか?寝言は寝て言え->わし。

| | コメント (6)

2009/10/16

790円のジーンズ?

「とうとう時代が追いついてきた」、、、小池さん新聞みて妙な事を言う。あっ、

068
山へ行く時も、近所のジャスコに行くときも、我が家では「紙ずぼん」と揶揄されてもまったく平気でがんがん歩く特価480円のずぼんとバザーで買った200円のカットソー。
ラーメンとビイル意外は無頓着だと思っていた小池さん、時代のエッヂを行ってたのか。なるほどな。

週末:
実家へ移動。もうそろそろスズメ蜂のシーズンも終焉だろう。調べてもキャツラの天敵なんて居やしない食物連鎖からはみ出る嫌われ者。

| | コメント (3)

股関節

Cocolog_oekaki_2009_10_16_11_50


朝一から”偉いヒト会議”に兵隊の一人として参加。社内で運用するSNS構築に手を貸せと言われて。嫌な予感的中~トップダウンの仕事はロクな事がないわい、でも仕事なので目をつむってやるか。経営層のおもわくは「事業部に係わるすべて人たちよ、忌憚の無い意見・要望をどうぞわれわれにぶつけてください、活発な意見交換をしようではありませんか」というところ。

もしこれを鵜呑みにして”他社に追従してわが社でも電気アンマをゼヒ商品化しましょう!”と投稿したらどうなるか、、、。

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×昨日の残りすべて

ちょいちょい書く「体操いろいろ」は腰痛によろしいと聞く股関節の柔軟体操も組み込まれてて、ここ最近はヒジョーに固い。こんな状態で電気あんまをまともにくらったら全く勝ち目なし。

| | コメント (4)

2009/10/15

青春夜明け前

夜明け前どころかすっかり日没後のおいどんが最近モーレツに共感した本なので日記に。
091015_1233001

本の帯のコピーは「妻よ、娘たちよ、そしてあの頃好きだったカノジョたちよ。これが男子だ!
楽しいことがあると勃起し悲しくて泣きながらナゼカ勃起し腹がへって死にそうや~と思って勃起してとにかく意味もなく、そよ風が吹いただけで勃起してたアノ頃を鮮明に思い出して同感できる小説だった。

もう下半身に当時の面影は微塵も無いしGOROも平凡パンチも映画の友も売ってないしフランス書院を表情ひとつ変えずに読めてしまうけれど、あのころの無駄とも思える元気と熱さはおっちゃんにどっぷり浸かってしまった今でもそしてこの先も忘れないでがんばっていこうと思える珠玉の7編。


| | コメント (3)

雷雨

運動:通勤往復+なみはや大橋(のたもとで引き返す)+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×フルボティの半分くらい

”なみはや大橋登るべからず”という何かの啓示か?ひと月以上前にもなみはや大橋登りに行ったら直前に雨降ってきて撤収したのに。昨夜もバックトゥザフューチャーでマーティが雷の電力をアテにして未来へ戻るときの嵐の夜そっくりの情景~空にはびっかんびっかん光る稲妻が大量に。炭素でできた車体に金属製部品満載の自転車、落雷にはこれ以上ないぐらい好条件が揃ってる姿でさえぎるものが何も無いなみはや大橋に登っていったらそのまま天まで昇ってしまう予感がしたので猛スピードで撤収!

ほしたら途端に豪雨。せっかく元気に飛び出してきたのにチェッ!とか思って光速で帰ろうとしたけどちょっと待て。「夜&雨」。これはなんかあると思っていい。”リスクは最小限に”おっちゃんライダーの鉄則。

パレンティーニ・レーサーパンツ・セカンドインプレッション:
・雨にぬれてサドルとの摩擦が強大になった。このあたりは他社製品と同様
・雨にぬれて繊維がびろびろに伸びる気配はまだ無い。
以降は、何回ぐらいの洗濯に耐えられるかとか縫製がほつれてくるのはいつごろだろうかとかのロングタームへ。個人的に一番興味あるのは、生地に圧着(?)してある反射素材が簡単に剥がれてほしくない点とか。

ずぶ濡れで戻ったらアマゾンから荷物来てた:
001
あまりうれしくない。熱燗と鍋だったらうれしかった。

つづく

| | コメント (2)

2009/10/14

パレンティーニ

縁あってイタリア製のハイエンドなレーサーパンツを昨夜から履く。
002

ファーストインプレッション:
・生地が新しいのでサドルの上で、まだ少しつるつる滑る。時間が経過したら落ち着く予感。
・皮膚に触れるパッドが前後に長い(国産比)。邪魔にはならずむしろ安心感大きい。
・それを意図しているかのように白いステッチが足にうまくまとわり付いて、生地全体が平均して足を圧迫。足の付け根から膝上まで何も履いてないような不思議な感覚。
・肩紐の長さは短め(国産比)。胴体より足の方が長いイタリア人の体型に合わせてあるのかな?

今はこんなかんじ。

ナゼ山に登るのか:
あまり独白を連発してもみっともないしそれで治癒する見込みもない->腰痛はあいかわらず。昨日の夜の舞洲も少し強めに負荷をかけてみると腰から骨盤の内側にかけての肉がモーレツな鈍痛(モーレツなら激痛か)。思いつきで始めた登山(まだ駆け出しですけど)、自転車みたいに痛くなったら最悪やのぉ~と思ってやったら不思議なことに日常生活で痛いレベルで推移。ということは「体重プラスα(背中の荷物)」を運ぶぐらいの負荷が今の自分の体には適正であって、馬力を出してペダルを踏むとか回すとかするのは過剰という考察。

そんなこと思うわりには、今宵も夜景を見になみはや大橋でも行ったろかと たくらむ。

| | コメント (4)

カレーチャーハン

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

”Gカップってこのぐらいやったかな~”と妄想するおっちゃんの作る晩飯23発目:
001
TVの料理番組では”玉子かけご飯を炒める”という手法がはやっているが、チャーハンはやっぱり最初に玉子をいためるこだわりを持つのだ!意味はないけど。
高速で炒めるとそんなにダマダマにならない。基本はやっぱり上半身裸で。
横の濁ってる液体は、粉末のコンソメとキャベツとベーコンと塩・コショウで作ったコンソメスープ。

Gカップチャーハンを食べながら「どうやったらおっぱいはでかくなるのか?」と聞くローラー高娘。「彼氏できたらでかなる」と真剣に答えるローラーおやじ。「つまりエロですか?」と聞くローラー高娘。「エロですな」とうなずくローラーおやじ。晩秋にふさわしい親子の会話であった。

つづく


| | コメント (7)

2009/10/13

迷う楽しさがそこにある

阪急電車・芦屋川からスタートしてロックガーデン入り口にある”高座の滝”という茶屋。ここにある手書きのルート図がこれ。
052_2
市販の1/25,000地図にはとうてい現れない道もあるし、地震で偶発的に開けた未踏のルートもまだまだ沢山ある模様(赤線は、この連休に辿った道)。

こんなとこをいくつも抜けると、
042

忽然とこんな池が現れたり。
044

全身をつかって息をはぁはぁさせながら夢中で岩を登ったり藪をこいだりイノシシの突然の遭遇にキモを冷やしたりしながら、気がつけば4時間でも5時間でも歩き回っているなんてザラで。
”三次元をフルに使う遊び”に夢中。

つづく


メモ~
金曜日の新梅田食堂街(ソロで)
一軒目:北斗(サッポロのハーフ&ハーフが美味かった)
二軒目:北海(常連らしきおじいちゃんのお相手でちょっと疲れた)
三軒目:金杯(うるさい客が何度も店長さんに怒られてた)
立ち飲み屋で迷ってみるのも楽しい。


| | コメント (4)

2009/10/12

うどんを自作する旅なのだ

前日の山登りの影響、自転車とはまったく別物のような全身の倦怠感と上半身の酷い筋肉痛。なのにこの”遊び倒したな~”という充実感はなんじゃらほい?しかし遊びに手加減無用だ行くぜ四国。金は無い!あるのは僅かに残る体力そして渇望する”うどん魂”。

008
香川県のそーとー西の方まで行くと無人駅がある。この駅舎の一角にうどん屋があるというか、うどん屋が駅舎をやってるというかともかくまぁそんな店。
009

雑誌に取り上げられていたわりには、行列ナシ、客は我が家のみ。列車も当面来ない(時刻表、真っ白け)。
ときどき鳥がぴよぴよ鳴く意外は物音のない店で食べる、静かなうどん。
006

このあとも、もう一軒まわってうどん食って、苦しい苦しいいいながら”うどん教室”へ突撃。あ~も~うどんイヤヤわ~マクド行きたいわ~ミスドでもええからちゃうもん食べたいわ~とゴネまわすローラー高娘。ま、気持ち判らんでもないけどここはうどんの国だ、諦めろ。

今回の旅の目的地は淡路島にある宿泊施設
ロッジとかオートキャンプ場とか一般宿泊棟とか、そして温泉施設とかもあって、ちいさい子どもの居る家族やらペットをわんさか連れてきれてる家族やら、うちのように”うどん打ち体験”目的で来てる家族やら、テニス合宿のグループやらでわんかさか。それでいて窮屈間もないし、宿泊客同士うまく住み分けられるように区画を別けてあるので快適。それにお値段もそこそこ安い。

実技事体は約2時間。もちろん手ぶら参加で。
026_2
全国津々浦々どこへいっても戦力にならんローラー高娘を無視してもくもくと小麦をこねるあたくち。

041
足で踏む姿。となりのグループは大学のサークルの集まりの匂いがする男女6人組。若さ溢れておるではないか。こっちはエプロンして包丁握って、、、なんか普段の生活と代わり映えしないおっちゃん。

066
最後は釜揚げにして完食。なるほどな、打ちたて・湯がきたては美味いと聞いていたが、いつわりナシ。
「淡路島」というとどうしても”自転車で一周~”という行動を思いがちではあるが、こおいうイベントと抱き合わせて夜はロッジで飲み倒すというプランも悪くないな。

| | コメント (0)

2009/10/10

神戸・芦屋ロックガーデン・ピラーロックに行く・道わからん

先週に引き続き、神戸の阪急電車芦屋側川駅から山へ登ってみる。ガイドブックには「上級者向け、必ずルート経験者同行のこと」とか書いてあって、ビビル。正規のハイキング道ではない「未公認」の道なのでそおいう表現らしい。緊張するわ~。

セコムのシールついてる住宅街からこの橋を右へ行く。
001

ALSOCのシールついてる住宅街からここを左に行く。
002

”高座の滝”って名前のついてるとこがロックガーデンの入り口。ここに地元の山岳会の手書きの看板があって、普通は一般向けと書いてあるコースをなぞるが、今日はちょっと気合い入れて「地獄谷」と書いてある方へ。
003
いきなり妙な場所へ出る。後ろのほうに土石流検知用ロープがあって「触るとサイレン鳴ります」という物騒な看板あったし。触りたい衝動を抑えて赤いルートで行く。

005
いきなり一個目の滝、あらわる。このあとこんな感じの滝が連発するので登って登って登りまくるハメに。

008
ルートは無限。濡れるのが嫌やなと思ったら山の斜面に取り付いていくもよし、男気放出したければ直登。滝を目の前にしてルートを探したりチョイスしたりする時間、なんかのゲームしてるみたいでゾックゾクするわい。

009
前を行く、どっかのおっちゃんのルートをなぞってみる。防水加工の登山靴の真価を発揮。水たまりもじゃばじゃばいく。

010
後続の小池さん。個人主義の我が家は登るルートも”各自”で。自分とはずいぶん違うのでおもしろい。自分が優しいと感じるルートがヒトには無謀に見えたり、その逆もあったりで。

012
見た目以上に落差があって足が上がらんシーン。「取っ手」の無い岩にしがみついてみる。ファイト一発!リボビタンを俺にくれ状態!!!

016
ここは直登あきらめて、左の山の斜面をいったんのぼって滝の上へ行く。

017
ここで「トラップ」発見。事前にネットで見た情報で「アルミ梯子に惑わされるな」を思い出してみる。ここは素直に右へ。

018
ここも「浮石(ぐらんぐらんした石)」が多くて山の斜面に迂回。

019
有名な「小便滝」到着。このまえの、多分台風の雨のせいで、生中×6杯ぐらい飲んで便所いったとかいうぐらいの勢い。

滝が連発する谷を歩き倒して茂みを抜けたら
021
大阪と神戸が一望。滝を登るのに必死で、気が付いたらソートー高度上げてた模様。この「突然」が登山のだいご味なのだろうかと思うおっちゃん。

この小池さんがへたりこんでる場所が「A懸垂練習岩」通称”A懸”とよばれるとこのすぐ上。じっさい、ザイルで懸垂下降の練習してる人がいた。三次元を自由に操るスポーツは凄い!と思ったわい。

026
いったん谷に下りて、このルートへ登り返す。と、書くのは一発で、谷に下りるルートが崩れた花崗岩でずべずべに滑るし登りの土は土でずべずべに滑るしやっかい、MAX厄介!

029
一番下から登り始めて1.5h、自分も小池さんもルートの不安さ(ぜんぜん分からんので)とシンドさで無口。だけどもある場所で振り返ってパッと辿ってきたトコが開けると、それまでのしんどさがけし飛ぶ!

034
そおして迷いに迷った挙句とつぜん景色が開けたとおもったら、ここは月面か?と思うような場所へ。

この景色を見るために・・・
037
先客をこっそり撮ってみる。通称「万物相」で、ただしくはピラーロックというらしい。まさかおっちゃんがこの場所に辿りつけるとはな。やるときはやる。

039
このあと雑木林を潜り抜けると見知った「風吹岩」とかいう六甲登山で超メジャーな分岐点に到着。あいかわらず特別な道具をもってない我がチームは普段使いの鍋とラーメンで昼飯。うちのようなド素人にも、それなりのアドベンチャー風味をくれる六甲・ロックガーデンサイッコ~!!!!

050
阪急・芦屋川への戻りルートの一場面。繰り返し「自転車はこの世で一番楽しいと思っていたけど同じぐらい楽しいことは沢山ある」、健康でいるかぎりこれからもしんどくて楽しいことをやるぜ、自転車も登山もエンヂンと男気と感謝、そして健康第一。

かかった費用:電車賃、家で作っていったおにぎり、カップラーメン、家から持って行った水とお茶。

おまけ:
049
風吹岩のとこに定住しているヌシ。登山者から食べ物をもらっているようで、肥満ぎみ。

| | コメント (5)

2009/10/09

台風で掃除する

もしくは、台風”が”掃除する、、、の方が正しいのか?
台風が過ぎ去った後、助詞の扱いに苦労するおっちゃんです。
002
ベランダにぶら下げてある自転車が、モーレツな風雨で自動的に洗われてしまった。シクロクロスマシンにふさわしい洗礼(洗車方法)に満足だ。

運動:通勤往復+舞洲で豪快に周回する+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、ついに焼酎お湯割り×2合

なにわ突撃隊:
ロードサイクルを愛好する芸能人ってちょいちょい居るが、シクロクロスを溺愛する芸能人は居ないのか?

と思ったが、彼らならそこそこヤルんじゃないか。脈ありそう。

正しくまっとうなお笑いの世界に身を投じているのなら、泥沼で笑うぐらいイケるやろなと思うが。

| | コメント (0)

2009/10/08

俺の台風18号

運動:通勤往復+家事+中山式
飲酒:淡麗350ml×3

先日の検診の結果が来た。
555
注目すべきファクターはやっぱりこの二つ。
一応素人目にはスタンダードなとこに落ち着いているのではないのかな。

関西シクロクロスリシーズ2009-2010:
あっちこっちの自転車関連の日記みたらどこもかしこもこの話題で持ちきり。まだなにも準備してないけど、「ドキドキする準備」だけはバッチリ。オキナワ終わったら即刻フラマン人のような暮らしをせねばな。
ほかの自転車イベントに比べると、圧倒的に安いし(参加費)現場近いし無条件に楽しいし、それにゼニカネ関係ない創意と工夫の機材改造を見るのも楽しみ。もう完全に関西の冬のサイクルスポーツとしての基盤は磐石だと感じるわい。

今シーズンの高望みしない目標としては、去年の自分に勝つこと、愛と悪意に満ちたコースに負けないこと、あとこまごました野心と野望はまたおいおいで。できればシーズン通して悪天候であればなおよし!

つづく

| | コメント (8)

2009/10/07

硬派な予定

水溶き片栗粉と恋愛ばっかりしててこいつ大丈夫なんか?と思われると心外なので自転車含めて今後の予定とかトピックスを記録。

週末に公共の宿で蕎麦打ち体験をする予定が、先方から「うどん打ちに路線変更してくれ」だの連絡が来た。なにか不都合あるのかと聞いたら蕎麦打ちの先生がマジックショー出演とかぶってしまったので、うどんの先生でなんとかお願いしますだと。まぁハトやら万国旗やら出す手つきでの蕎麦打ちを見たかったが残念だ。
しかしその日の午前中に四国へ脚を伸ばしてうどん食べようとしてる目論見に暗雲たちこめたのも事実。「もう、うどんの”う”の字も見たないわ~」いう極限状態でのうどん打ち。
精神に異常をきたさなければいいが。

そろそろツールドオキナワの用意も佳境。腰痛をギリギリ我慢しながら最大馬力が出せる姿勢もようやく開発完了。今年はシニア50kmにエントリーしたおかげで随分気が楽だ。コースにテクニカルな登りや下りが無いので、平素行うサイクリングでも”登り倒さなければ”とかそおいう強迫観念に悩むことがない。悩みといえばレースが終わったあとどこでソーキを食べるかとか、今年も泡盛は俺を懐深く迎えてくれるのかとか、名護にもけっこういい山があるので登山靴まで持っていくべきなのかとか、ほんならウクレレどうすんねんとか、カホンまでさげていくのは到底無理かいなとか、そんなとこ。

そろそろ家の前の原っぱでシクロクロスの稽古始めるか。台風上陸間近の夜の公園にずぶ濡れのおっちゃんが一人・一心不乱に自転車担いでうごめいていた。見たら食われるという都市伝説でも作るか。

| | コメント (4)

カニタマ

深いわけがあって9時過ぎに舞洲へ。おっちゃんの悩みはいつも蒼くて深い、、、。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:サッポロ黒生大瓶×1、秋鹿(日本酒)×1合、淡麗350ml×1

”長らくカニなんか口にしてないおっちゃんの晩飯”21発目:
001
ぱちもんの「カニタマ」。
まず上半身裸になって賞味期限の怪しい玉子を3個ボウルに割る。カニの身なんかないからカニカマをほぐして投入。”きくらげ”も無いから雰囲気出すためにふじっ子の塩コンブ入れる。その代わり塩は入れない。中華スウプの粉末も適当に混ぜてみる。フライパンに大量の油入れて材料入れて”ぐりんぐりん”かき混ぜる。「こんなどろどろのゆるゆるでええんかな?」ぐらいの固さのときにひっくり返す。中華鍋ならツルッと簡単にひっくり返るが酒を飲んで酔ってるのと油が裸の腹に跳ねて熱いがそんな困難に負けないように返す。

ひとまず皿に移して呼吸を整える。

鍋に湯沸かしてチューブのショウガを入れる。塩と醤油もちょっと入れる。紹興酒も入れたいが飲んでしまったので無いから変わりに日本酒をちょっと入れる。砂糖は入れんほうが好きなのでスルー。水溶き片栗粉でとろみをつける。さっき皿に移した玉子にかけて、あとはTシャツを着てビイル飲みながら食べる。ご飯の上からかけてもうまい。これを食べる「ローラー高娘の様子をあてにして」漬物を食べながらビイルを飲むのです。おっちゃんは、作ってる過程ですでに満腹中枢がシゲキされてお腹がいっぱいになるのです。おっちゃんの食欲は悲しい。

| | コメント (0)

2009/10/06

雨や~

「練習できんわ~!」という叫びよりも「また洗濯、部屋干しやな~」の方が一大事なおっちゃんです。

運動:通勤往復+家事+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

このまえ山で出会ったイノシシくん
019
こっちは遊びでウロウロしてあっちは生活の糧を得るために(多分ね)ウロウロして。同じフィールドでも目的が違えば見える景色も違うとか?

きのうはクラブ活動が終わって恐らくそのあと友達としゃべくり倒して遅くなって帰ってきたローラー高娘の晩飯を作って・食べ終わりを見届けるや否や表に出ると無情の雨だぜ悲しいぜこのやり場のない怒りをどこにぶつけよかなと思ったけどちょっと待て。俺は誰に?何に?腹・立ててるねん!?仕事・家事・育児のスキマに趣味がんばってるアニキやアネキや組長やおじきや代貸や若頭やその下の舎弟たちも みんな目をつむって耐えているのにこの俺は、、、。
危ない、”男気と感謝”を危うく失うとこだったぜ。

今夜も雨なら部屋の片スミでローラー台でも回すかというのは冗談で、部屋の片スミに山のように積み上げられたままのメンバー全員の洗濯物を畳むという過酷な作業でもやるか。おっちゃん今夜もはよ寝ます(目標22時30分)。


つづく


| | コメント (3)

2009/10/05

丹波黒枝豆解禁

そおいう日曜日にもかかわらず、道道に点在する枝豆の販売露天を横目で見ながら自転車に乗るのであった。

運動:猪名川沿い~呉服橋~一庫ダム~大槌峠~R372(デカンショ街道)~福住~R173(天王)~篭坊温泉~杉生新田~猪名川道の駅~多田~呉服橋~自宅
飲酒:淡麗350ml×3

R372の途中、住所で言うと園部町埴生のあたりの裏道を走ったら、造り酒屋があって「瑠璃誉」という日本酒の看板あった。今は営業してなさそう。どんな味だったのかいな?おっちゃん気になります。

久しぶりに福住のローソンまで行った。あいかわらずこの辺をツーリングする自転車、オートバイ、車の重要なランドマーク的なコンビニ。店の外も中も、こんなに混雑しているコンビニも珍しいし。この日初めて口にした食べ物「カップラーメン」。ちょっと足を伸ばしたら篠山城のあたりで枝豆の解禁祭り(?)とかいうのをやってるのにもかかわらずカップラーメンを食う!自分の硬派に酔ってみるとか負け惜しみ言ってみる、、、。

そもそも「枝豆」は「ビイル」を連想させる、スポーツメンにとって非常によろしくないフーズなのだ。そんなよろしくないフーズ満載の街道はさっさと通過するに限る!とかさらに負け惜しみを言ってみる、、、。

そして枝豆に未練を残しながら(残すんかい!)天王を登った。あいかわらず登りは苦しいが意外なほどあっけなく峠に着いた。いいペースを作ってくださった同行のチャモロティさん(源氏名)のお陰。しかしここの旧道で乳児死体遺棄とかバラバラ殺人とか物騒な現場になったとこがあるのでちょっと気味悪い。

峠からはここも久しぶりの篭坊温泉。「さびれ具合がいいわ~」という甘いレベルじゃなくて、一応営業やってる雰囲気あるけどどっちかいうと廃墟に近い。温泉街もどこが「街」なのか?そんな行く予定のない温泉街の心配をしながら大阪市内へ戻る。途中、交通安全週間が終わって油断して飛ばしまくってる車がネズミ捕りにかかる現場を見たりして楽しい日曜であった。

| | コメント (5)

2009/10/03

山、登る

自転車もモーレツに楽しいが、山もまた格別!という土曜日の出来事。

運動:阪急芦屋川駅前~高座の滝~風吹岩~魚屋道(ととやみち)~カエル岩~会下山古墳~芦屋のお屋敷街~阪急芦屋川駅(休憩含めて約4h)
飲酒:帰ってから淡麗350ml×3、雲海水割り×普通ぐらい

006
自重を持ち上げる小池さん。ファイト一発。

午前中に手早く家事を済ませる予定が、世界中の新婚家庭の朝食を紹介する”世界の朝ごはん”というTV番組がそれを許さない。くだらないバラエティの100倍おもろいので見入ってしまって、結局自宅出発は11:30。この日はソロでお山へ行くつもりで用意してたら小池さんが同行希望の手を挙げた。小池さん、徹夜続きなのにイケるんかいや?まぁダメならダメで途中で放置したらええわと思って出発。

阪急電車・芦屋川駅スタートがこのコースの始点。このルートが六甲登山の表銀座と言うらしい。しかしさすが芦屋、どこの家もセコムのシールが玄関に。そしてセコムの家はかならずデカイ。ありえんぐらいデカイ。駐車場デカイ、門デカイ、庭デカイ、表札デカイ、車デカイ、犬デカイ。
037
おいどんの身長よりキョーレツにでかい扉の家。
彼らの支払う固定資産税を気にしながらいよいよ登山道へ突入する。

で、さすが「芦屋・ロックガーデン」言うだけあって上の写真のようなトコをばんばん登っていく。巨大なジャングルジムが続くようなかんじ。後ろ振り返ると、
017
神戸の街と海。

”風吹岩”という有名なポイント目指してまだまだ行く。雨とか風とかイノシシとかそれらによって意図せず造られたオーガニックな地形はほんとうにスバラチイ!若いころは足でテクテク歩くなんて何がいったいぜんたいおもろいねん!?と見向きもしなかったこの遊び。手足のフル稼働を繰り返して登ってたら、全身のバランスが自然に良い方向にいってる気がする。腹筋とか背筋も躍動するのがちょっと判って嬉しい。しかしよく屁が出る。腸にもいいのか。
016
途中目の前に野生のイノシシが出現してあわてる。むこうは慣れているのかフツーに冷静。一瞥をくれただけで茂みの中へ行ってしまった。こっちはカメラを取り出す余裕もないのに。

歩いているととんでもない山奥に居る感覚がぞくぞくするけど、すぐ近くには毎度毎度自転車で走り倒してる道路があるのが不思議な感じ。

028
下山途中にあった「カエル岩」。時間が遅いこともあるし、もしかしたらあまりポピュラーなコースではないのか、人の気配ゼロ。なのに道のいたるところにイノシシが使ったと思われる”鮮度の高い”ぬた場だらけ。怖いので獣とか爬虫類に強い小池さんを先に歩かせて自分はあとに続くのだ。だっておっちゃん苦手なの。

今回はロックガーデン一発目ということでメインルートをちょっと偵察して終わったが、いたるところ無数に枝道があった。好奇心を押さえるのに苦労したほど。100個以上ルートがあると知って納得した。自転車のGPSは自分には必要ないかなと思ってたけど、これはもしかしたら山には要るかもGPS!
妙な事を考えるなローラー男!まず基本を押さえてからやぞ!投資は後で!道具に走るな!とぶつぶつ言いながら歩いてたら小池さんに"男の計画を"感づかれてしまった。地図でも買うか。


| | コメント (6)

2009/10/02

ダートランス

ツールドフランス走ったりシクロクロス走ったり、器用なおっちゃんやなぁ->ランス

| | コメント (6)

マニュファクチュア

養殖場のおっちゃんが稚魚から飼育し、卸のおっちゃんがそれを買い付け、ジャスコのおっちゃんがそれを仕入れて販売し、普通のおっちゃんが特価の500円で買う。

”マニュファクチュア”な晩飯16発目:
001
「うなぎどんぶり」。電子レンヂの力を借りて。

※正確にはちょっと意味ちゃうけどまぁそれはそれで。

ナイタークロス!

夜の舞洲なら似た様なことが出来ると思うが、、、。

| | コメント (0)

ショック!

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ+中山式
飲酒:淡麗350ml×3

ショック一発目:
「今日な!万引きするとこ見てん!」
~帰宅するなり興奮ギミに機関銃のように喋りだすローラー高娘。
下校途中にお菓子を買おうと駅構内にあるコンビニに寄ったら、左手にチョコレイト・右手にチューインガムを持った男性が。そのチョコレイトがスローモーションのように上着のポケットに消えていったと。固唾を飲んで見守った。どうかお願いだからレジでお金を払ってください・犯罪の現場なんか一番見たくないわ。だけど祈りはむなしく男性は雑踏の中へ消えてしまった。声を掛けてやめさせる勇気は勿論ない、じゃぁ店員に通報するとか、、、それも出来なかった。カラダが石のように動かなくなってしまって結局自分は何もできかなった。涙がこぼれるような悲しさじゃないけどそれでも無闇に悲しかった。

彼女の話しをまとめるとこんな様子。

「モノをパクんのは絶対あかんわ・・・」とポツンと言うローラー高娘。
ケータイの無料通話分を一瞬で超えてしまってとうとう家の固定電話を使い始めたりして横着の限りを尽くして”かなん(困った)やつやのぉ”と思っているけど道徳と倫理は放さずちゃんと持っていることに、おとんは感激した蔵。現場で行動を起せなかったこと恥じんででもええよ。


ショックニ発目:
お父さんが来た。
002
飲んでる最中ヤフオク見てて無意識に入札した「らしい」ひっさりぶりの蛮行の挙句これが我が家に。自転車のタイヤとか劣化著しいヘルメットとか喉から手が出るほど欲しいものがぎょうさんあるのに、それがナゼ「お父さん」なのだ!?

「あほ炸裂ですな」の小池さんの一言がブスリと刺さった。痛い。

つづく


| | コメント (10)

2009/10/01

感謝の日

毎月20日と30日はジャスコお客様感謝Day。
002
職場から戻る途中に米を担いで帰るトレーニング。

米を担いだおっちゃんはそのまま本屋へ行く。自転車雑誌はハナから目もくれず、実話系雑誌コーナーにちょっとだけ未練を残して、
Yamak
これを立ち読み。「やっぱり焼岳は上高地ルートを押さえておきたいのぉ」とか「芦屋川からロックガーデン登りたおして年内には徒歩で六甲・一軒茶屋でカツ丼食うか~」と楽しい妄想をする。しかしこんなときに限って米が邪魔。

シーズン間近:
開幕戦までいよいよ秒読み。モーレツに楽しいシクロクロスの季節、はよ来い!
ロードサイクルシーズンに雨降ったら天を呪い、クロスシーズンに晴れたら天を呪う。作物の出来・不出来でブーブー文句言われたり天もいろいろ大変。

| | コメント (3)

ぶたにく

9月の振り返り:
ロードサイクル->1100km
ママチャリ通勤->しらん
逆上がり->わからん
電気あんま->機会なし
淡麗350ml->70本前後
焼酎->雲海2本、黒霧島1~2本、日本酒×五合未満
ワイン->赤2~3本
二日酔い->小規模(2回)、中規模(1回)
自転車パーツ類->ウィンドベスト一着
ギター関係->何も買ってない
無駄遣い->恐らくゼロ

雨なので家事労働の比重を少し上げてみる
001
ローラー高娘用に「ひとくちカツ」という名の豚カツと市販のもずく酢にきゅうりとちりめんじゃこを和えたもの。

余った豚肉で”サプリメントに疑問を感じるおっちゃんの晩飯”21発目:
003
中華風豚・野菜炒め。豚肉に軽めに塩コショウして片栗粉まぶしてニンニクの薄切りと一緒に焼く。別のフライパンでキャベツとニラをいためる。ポイントは”呆れるほど沢山の”ニラを入れることと上半身は裸ではなくて必ずTシャツを着ること。味付けは塩コショウ豆板醤と酒と醤油と砂糖、それに中華スウプの顆粒も。食べる直前にさっきの豚と合体。
ニラと豚とニンニクとキャベツという抗酸化ビタミン満載軍団が、わたしのただれたココロと体を癒すのだ!
しかしビイルに合う!合いすぎる!癒されたカラダと心は酒によって再び元の木阿弥へ。

つづく

| | コメント (4)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »