« Doobie Brothers | トップページ | ころもがえ »

2009/09/30

賞味期限を気にするな

運動:通勤往復+舞洲+中山式
飲酒:淡麗350ml×2、雲海水割り×ちょっと

日の出が少し遅い、日の入りが滅法早い、朝晩涼しい、秋雨前線活発、もう夏の尻尾はどこにも見えない。じゃあ根菜でも使い倒して秋を満喫する献立にしようと冷蔵庫のぞいたら、”山芋の粉”・”とろけるチイズ”の両名の賞味期限がギリギリなのを知った。
002
それらを使って一応お好み焼き。で、食べるのは胃腸の強いローラー高娘のみ。外で食べるときのように事前にソースでドレスアップせず、我が家はちまちまと塗っては食べ/塗っては食べするシステム。

ローラー高娘が今のように屁理屈をこねくりまわしたりケータイの有料コンテンツ使用料でおいどんを奈落の底に突き落したりしてくれるずっとずっと前、お好み焼きのホットプレートとかたこ焼きの鉄板は我が家の団欒の中心にあったような気がする。家族を支える道具も少しずつ”賞味期限”がやってくるのか。寂しいがそおいうもんか。

以前のエントリーで書いた「カルピスの濃度は家々で異なる」のとおんなじで、友達の家とかでお好み焼きをよばれたら、ソースの沼に沈められてたとか、俺の目の錯覚か?どこにソース塗ってんねん!?いうぐらい薄い家もあったり、焼肉のタレかけて美味そうに食べる家あったり個性出てておもろいなと思った。

|

« Doobie Brothers | トップページ | ころもがえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Doobie Brothers | トップページ | ころもがえ »