« クライマーズ・はい | トップページ | かしこの飯 »

2009/08/10

盆やすみ

が無いんですうちの職場。みんなで手分けして適当にパラパラと休暇を取りましょうという仕組みなので、まとめて一週間とか10日間とか休みというのを聞くと、たいそう羨ましいが仕方ないな。

山に登る靴と自転車を漕ぐための靴。
002
同じ人間の足とは思えんなこの差はいったいなんや?機能や用途が違うとこうも違うのか。ちゃんとした登山用の靴を生まれて始めて履いたが自分が”四駆”になった気がした。人間がいけない場所なんて多分どこにも無いな。

モロゾフのプリン:
モロゾフというメーカーのプリンはまず百貨店でこうてくる。あるいはお客さんが家に来たとき手に提げてきはる。
「まぁそんな気をつかってもらわんでもよろしのに~」とか言いながらオカンは丁寧に礼を言うて、それを子どもは物陰から見て狂喜する。キンキンに冷えるまで待てずに若干なまぬるいプリンを添付のすぷうんを使って大事に大事に食べてみる。底にへばりついてるカラメルのとこは、剥がし忘れがないか何度も何度も点検してソッコーで食べつくしてしまった自分を呪って落ち込んでみる。
食べ終わったモロゾフのプリンの容器はガラスなので、翌日から洗って食器棚にしまわれて、そーめん食べるときの麺つゆのいれもんにしたり、洗面所のとこでハブラシ立てて時々うがい用に使われたりする。モロゾフの無い家は無い。

吉本新喜劇の小藪が歌う「プリン」言う曲をラヂオで聞いて、これはたぶんモロゾフやろなと思ったので。
実家遠いしなぁとか、おとんやおかんと会うといっつもうっとしい事ばっかり言いよるからかなんわと思ってるアニキ・アネキがおったら、モロゾフのプリン食べながらこの「プリン」を絶対聞くように。

そおしたら、ええ盆休みになるから。生きているヒト、あの世に行ってしまったヒト、盆はそおいう節目を教えてくれる大事な時間。

|

« クライマーズ・はい | トップページ | かしこの飯 »

コメント

北アルプスの標高が高いところにはガレ場(岩がゴロゴロしているところ)がありますので、ザン靴(登山靴)を履いて、気にせずにガシガシ進むべしです。

革のザン靴なら、つま先に岩が当たっても痛みが軽減されますよ。(岩を完璧に避けて歩くことは不可能なので)

投稿: おおみ | 2009/08/10 10:07

最近あんまりやらへんけど、モロゾフのプリンは小籔の持ちネタの一つですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%B1%94%E5%8D%83%E8%B1%8A#.E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96

投稿: 泥山田 | 2009/08/10 12:36

自分が四駆になった気分、分かります。
どこでも歩いて行けそうな気になりますよね(笑)

投稿: PEANA2 | 2009/08/10 13:49

いよいよですなぁ、アニキ。
空気薄いですよって、倍ほどしんどいですぜ(笑)
でも、一歩ずつでも足が前に出さえすれば、間違いなく頂上に着きますもんね
楽しみましょ。

投稿: さかじい | 2009/08/10 14:29

●おおみさん、紐の締め具合が難しく、試走(?)でもいろいろ不安なトコが露見しまたロケンロール!
●山田キャプテン、どこも同じような暮らしだったのですね。
●PEANA2あにき、それに杖「2本」が強力でした。道具の進歩は凄い!
●さかじいあにき、天気悪かったらソッコー撤収して宿で反省会なのだ。反省しないけど、、、。

投稿: ロラおとこ | 2009/08/10 17:09

分厚いガラスなんで,ちょっとやそっとでは割れないところがミソですねっ.

投稿: sumi | 2009/08/10 21:47

●sumiあにき、捨てるに捨てられないユーザーの心理を見事に貫いておりますな笑。

投稿: ロラおとこ | 2009/08/11 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマーズ・はい | トップページ | かしこの飯 »