« Wヘッダー | トップページ | まさよを裏返す »

2009/08/18

ラーメンの旅なのだ・足痛い

6:00時起床。すぐに宿の飯を食べる。「頂上にはローソンもファミマも無いから死ぬ気で食え」と小池さんをうながして、自分も米を限界ギリギリまで食べる。新穂高ロープウェイに乗って山頂駅着。朝飯食いすぎて胃がもたれてくるしいまま登頂開始したが、はたして。

最寄りの駅舎(新穂高ロープウェイ山頂駅)
089
戻るときの憂鬱なこと。登り×1.8=下りの辛さ、、、。

もより駅からラーメン屋(西穂山荘)まで1.5時間、ラーメン屋からさらに1.5時間でここまで↓
1
行く前はこの場所までまぁ楽勝やろなと思っていたけどどっこい大作、、、
12
標高2,700mのとこから両手両足フル稼働でこの白線のルートを行くハメに。”初級者でもいけます”言うわりには滑落しました言う新聞記事がけっこうあって怖かった。一応岩にはルートを示す「○」や行ってはいけない「×」がペイントしてあるんだが、それでも手をかける場所がわからずもたもたしていたら、ベテランのおばちゃんとかおっちゃんが足を置くとこ、手を支えるとこを教えてくれたりした。

普段街中で見るおっさん・おばはんはロクな事言わん連中でかなんわ~とため息つくのに、山で会うおっちゃん・おばちゃんの頼もしいこと。後光が差すぜ。独標で風に吹かれて安堵してたら腹が減ってきた。やばい!小池さん、ダッシュで下山だ!急峻なガレ場を補給食をモグモグしながらよたよた下る。空腹が原因なのか下りだからなのか膝がヨレヨレになってきてソートー参った。


それで、これがラーメン。”高山ラーメン”に少しアレンジした具材入りで800円。
2
3年程前に新穂高温泉という場所に安い民宿を見つけて泊まってみたとこからスタート。翌朝宿の窓から白くて大きなロープウェイが山の向こうにチラチラ見えて、それにいっぺん乗ってみたいなと思ったとこから。次の年は念願かなってそれに乗って終点に行くと、こんどはそっから山一つ向こうに小屋が見えて、うわぁすごいとこに山小屋あるわ~、けど自分がそんなトコに行くなんてことは絶対ないやろな~と思ったこと
構想三年。ついにその日が。最初はソロでの行動を考えていたら、なにをどう検索したのか「ラーメンが有名な山小屋がある」ってことを小池さんが嗅ぎつけて同行することになる。まず専用の登山靴と登山用のストックを買って、普段自転車で走り回ってる近所の山へ何度か通ったりして。

ラーメン屋から上高地の帝国ホテルを見る。
3
河童橋とか明神池がはるか下に見えるこの不思議感覚。ここから右側には乗鞍の雪渓もクッキリ。

後ろが焼岳。下山途中ラーメン屋まであと1.0hという場所で小池さんの電池切れかかる。
5

・・・下山して駐車場に停めてある車にたどり着いて登山靴を脱いだときの開放感というか脱力感というか、それはかつて経験したことのないようなもの。おまけについさっきまで自分達が立った場所が針の先のように小さく空と同化した場所に見えてるのが、はたして現実なのか夢なのか、、、そんな感じ。

違う目線:
いままで「山」なんか”サイクリスト目線”でしか見たことなかった。登坂にかかるタイムを縮めることに執着してただ目の前の地面を睨んでとか。”山登り目線”で初めて見えたものは、頂上にたどり着くまでの些細なプロセス・例えば目の前の地形をどうやったら一番楽にクリアして次に進めるだろうかとか、森林限界超えたとこに咲いてる花の色とか形とか自分にうるさくまとわりついてくる羽虫よお前はいった何者なんだ?と考えたり。淡麗350ml何も考えずにカポカポ飲むのと、大吟醸をソロリソロリ味わって飲むのと以上に違いあるかな。

世の中にはまだまだ「辛くて楽しい事」が本当に沢山あるわ~。


|

« Wヘッダー | トップページ | まさよを裏返す »

コメント

アニキ、サイコーの天気ですやん!

羨ましい!!

投稿: PEANA2 | 2009/08/18 18:09

こんにちは。
髪の毛があると、ずい分とイメージが違いますね。(失礼!)
高知東生(高島礼子の旦那さん)かと思いました。(゚▽゚*)

投稿: Bちゃん | 2009/08/18 18:28

お見事です!
僕もソコ行きたかった・・。
落ちないでくださいね(笑。

投稿: DANGER | 2009/08/18 18:54

アニキ、しばらく見ないうちに毛ボーボーで、細っそりしてますやん!
また京都お越しやす。

投稿: ぶらいあん | 2009/08/18 20:43

やはり此処のラーメン屋さんでしたか。
天気もよくて、ご無事の様子、なによりです!
あ~、羨ましい。私も何処か登りたくなりました。

投稿: 草太 | 2009/08/18 21:16

快晴の岩稜、スバラシイですね。
ラーメンはもとより、ビールの味も格別だったと思います。

投稿: kondou | 2009/08/19 01:16

おめでとうございます。ひょっとして私がテントの中で寝転びながらぼーっと山頂を眺めていたとき登頂されていたのでしょうか。
独標の柱がペイントし直されて、きれいになってますね。

投稿: か | 2009/08/19 07:24

●PEANA2あにき、先週までは現地のライブカメラの荒天を見てどうなることか!?と心配でしたが、おかげさまで晴天でした。小池さんの「晴れ女」に感謝。
●Bちゃんさん、久しぶりに伸ばしたら「坊主の方が直射日光に弱い!」という事実を知りました笑。うちのヨメが高島礼子やったらもっとテンション急上昇、、、かも。
●DANGERさん、技術や体力がまだまだまるっきりダメでした。でもほんの少しですが、山に登るヒトの気持ちが判ったような気がしますね。
●ぶらいあんアニキ、ぼーぼーへの賛辞サンクス!でも伸びるスピードが明らかに鈍いです。シクロまでには肩まで伸びるようにがんばります、、、多分。

投稿: ローラー男 | 2009/08/19 09:19

●草太あにき、おはようございます。大きな声ではいえませんが、自転車のホビーレース参戦という活動がちょっとストレスになっていたのかもしれません->私。決め事の無い自由な活動をして気持ちが解放されました。また自転車がんばれますわ笑。
●kondouあにき、ビギナーにはあの岩稜でさえ手足が震えました。山小屋で飲んだ「生中」は、緊張で味を覚えてません笑。けれども空気はサイコーでした!
●かさん、上から見てましたよ、かさんの寝姿笑。ともあれ上高地からのアプローチにも期待が膨らみました。

投稿: ローラー男 | 2009/08/19 09:24

おはようございます。
登頂おめでとうございます!
すばらしい天候と眺望、ホントよかったですね。
塚本で祝賀会で立ちましょうか。笑)

投稿: uechicchi | 2009/08/19 09:48

いやーん、ローラー男さん
なかなか男前ですやん♡

ハゲた、腹の出たオッサンを想像していたのに、
ギャップに苦しんでおります。

ラーメン、美味しかったですか?
夫婦で行く旅も楽しそう♪

お疲れ様でした(^_-)-☆

投稿: エリザベス | 2009/08/19 17:03

遅ればせながら、登頂おめでとうございます!!

これで、また、「オトナの楽しみ」が一つ増えましたね!?

投稿: おおみ | 2009/08/19 17:54

●uechicchiあにきありがとうございます。なんか自転車からお山へシフトしそうな勢いですが、酒は継続します永遠に笑。
●エリザベスアネキこんにちは。昨年までは坊主一辺倒だったんですが、今年はちょっと原点回帰(?)。でも実物はやっぱり疲労困憊のおっちゃんです、、、。
●おおみさんありがとうございます。大人はいろいろ楽しい事を沢山知っててずるいですね笑。めざせ槍!

投稿: ローラー男 | 2009/08/20 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wヘッダー | トップページ | まさよを裏返す »