« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

ドピュ!と行こうぜ

自己計測でCP1まで21分、CP2まで42分。

今まで何回も出場していて口では記録を伸ばしたいなんて言うわりには、コースプロフィールや途中の通過タイムを考察したことがまったく無い。「男はなぁ、行ったらええねん!行ったら!」的、なんの根拠も無く走るだけ。なのでなんとなくCP2が「42分」だったのに気をよくして、これは1時間20分以内に(つまりチャンピョンクラス参加基準)ゴールできるような気になってしまったおっちゃんです。

でも、夢が覚めたのはこの辺まで。
斜度がきつくなると、とうとう腰が自己主張を始めた。「万事休す」と思ってペダルから力を抜く。やっぱり今年もあかんのかいや、、、と一瞬思ったけど、迷惑かけ倒してる家族の顔が浮かぶぜ。
・早く食わして早く舞洲へ練習に行きたいがために、毎晩手抜きの飯を作って食わされてるローラー高娘よ、親父を許せ。
・練習の帰りにちゃんと端麗350ml×1ケース買ってくるわと約束してんのに大概忘れてしまいます、すまん!小池さん。

よし、じゃあ、いっちょうやるか。
なにをやるかと言うと、過去に出場したときの反省を振り返る。「あのとき、あそこで、ああしてればよかったわ~」を思い出してみる作戦。斜度が緩むと加速するかわりにペダルの上にたって腰を伸ばして次の試練(斜面)に備えるとか、以前はタレルのが怖くてがんばらなかったトコロをがんばってみるとかあといろいろ細々したことで。

011
ゴール近くにある畳平の乗鞍山荘はガスの中。

絶望、これが現実:
ゴールまでもうちょい手前のとこで、パブリックに写真を撮りまくってそれを販売している撮影会社が見えた。
後日、その場所の通過時間をネットで検索したら、該当する選手の力走する姿の写真がヒットする仕組みになってるんでじゃぁ時間を覚えとこかなと思って。ここで初めてサイクルコンピュータに視線を落とした瞬間「ウェゲッ!?」と声出た。

”いちじかん、じゅう、はっぷん、、、”

簡単な引き算すると、あと1キロで二分。たしか千メートルの世界記録が1分ちょうどかそれぐらいやった筈。
しかしそれは長野県の山の上ではなくてどっかの室内競輪場で、イタリアかドイツかフランスのごっつい兄ちゃんの記録やし、、、。

出る前は「頂上までいけたら本望ですわ~」とか言うてたのに、人の欲の深さにゴールはあるのか!?今は20分切ったろウシシのシという自分がソコに。

タイムは平凡。けれど、体調を考えると持てるリソースはほとんど搾り出せることが出来たから、まぁいいわ。

009
ミルクのようなガスの中をゴールしてくる人たち。

006
レース前日の「ドヤ」の風景。
残念ながら仲間同士で電気あんまする機会に恵まれず。レース後のクールダウンに使えると思うのだが、検証は次回へ持ち越し。
高原で飲むサケはうまい。飲まなければタイムが15分以上縮まりますよと言われても、「アホなことを言うな」と一蹴するのだ。そんな節制しないぜ、どんなに弾圧されようと、おっちゃんは死ぬまでおっちゃんを貫き通せ!

おっちゃんから一言:
荷物運搬バスから、自分の物意外の他人のリユック類を運び出してくださった見知らぬ方々(参加選手)。どうもありがとうございました。自分の荷物を探すために、他人のリュックを手当たり次第にホジクリ出してはポンポン手荒に投げ散らかしてた年配のおっさん(参加選手)。お前は山賊か?ちんこ洗って出直してこい!


| | コメント (9)

2009/08/30

よく耐えた!俺の腰

022
宿にいた乗鞍の”まさよ”さん。推定年齢1歳、性別女子、においレベル”3”

自己計測タイム:1時間21分5X秒あたり。

中間地点ぐらいまで登れたらいいなぐらいの気持だったので、スタートダッシュもせずに始まった今年の乗鞍。
10分ほど走ってようやく心臓が回りだすと回りを見る余裕もできて、さて今日はどの人をペースメーカーにしたらいいのかと思っていたら、ものすごい荒い息使いの人が並走してきた。まずこの人を使おうと後ろについてギョッとする。
右足にカーボン製品の見慣れないパーツがついてて、それが規則正しく上下動してペダルに推進力を与えてて、最初は何かよくわからなかったが、
左足はよく陽に焼けてとても鍛え抜かれたヒラメ筋、対照的な右足はひざから下が艶のあるカーボンのシャフトでサイクリングシューズまで伸びている。ピンクのアーガイル模様の自転車衣装を着たその人にまずぶら下がる。CP1までこの他力本願なランデブーが続いたが、並走したときに前側のギアをみるとものすごい楕円。やっぱり左右の踏力が不均等になるのかな?それをいろいろな工夫で補っているのかな?自分はどうだろう?腰痛を嘆くばかりでなにも手立てを打ってないんじゃないのか?ええのかそれで?

登り最中は速度が遅い(平地に比べて)のでいろいろなことを考えてしまう傾向にあるわい。”哲学”は家に帰ってから考えるとして先へイク。

斜度がゆるくなったところで後方から少し速目の人が来たので機関車を乗り換える。そおいうトキにも、時間差で自分たちよりあとからスタートしたグループの中でも”ものすごく速い人”に抜かれるが、その速度差は本当に絶望的なほど。自分が回りを追い抜くのが「ジリジリ」というカンジならその人たちは「ドピュ!」(擬音はエロイが走りは凄い)。記録を狙うとか金字塔を打ち立てるとなると、この「ドピュ!」という爆発力が無いと絶対ダメだな。。。

002
飲みたい日本酒を辛抱して買ったタイヤ。空気は7気圧ちょうどで。

あとで分かったこと:
優勝とか入賞する人と自分との平均速度はその差約「6km/h」。人間が早足したら簡単に出るけど、標高2,000メートル越える場所で、しかも小一時間継続するとなるとまさにゼツボーの速度差。
いったい何を食ってまんねん?どんな練習してまんねん?好きな政党はどこだんねん?好みのAV女優はだれだんねん?
あ~知りたい知りたい。

| | コメント (5)

2009/08/28

電気あんまで揉みたおす

運動:通勤往復+舞洲大周回+中山式
飲酒:淡麗350ml×1、雲海ロック×2合

鈴鹿/乗鞍を週末に控えたメンズで溢れかえった夜の舞洲であった。自分もその中に混じって若さをちょっとわけてもらいながら軽めにもがく。

マクドには”ハッピィセット”というお子様むけのちゃらこいメニューがあると聞くが、おっちゃんにはおっちゃんの”おっちゃんセット”がありまんねん。
001
「ダイエットでもしてるんですか?」とか聞くな若者よ。四十を越えたら必ずや皆こうなるのよ、覚えておくがいい!

今日は午後に出先から直帰できるんでこんな行動予定:
・期日前投票に行く
・近所のスーパー銭湯にいってのぼせる
・観念して整骨院に行く
・気持ちに余裕があったら自転車のチェーンを洗う
・財布に余裕があったら自転車のタイヤを交換する

特に三項目がポイント。”いまさら”という気がせんでもないが、鍼、灸、マッサージ、もしメニューに「電気あんま」とかあればそれも強めに。
「せ、せんせ!私の股間に足あてがって何する気ですか!?」「電気あんまですけど、何か不都合でも?」「腰痛に効くんですか!?」「効きますとも!」「絶大ですか!?」「絶大ですとも!」「自信たっぷりなんですね、、、」「自信がないと東洋医学なんかやっとれませんから」

腰がもてば、頂上で会いましょう。多くのアニキたち、どうぞよろしくおねがいします。

| | コメント (5)

2009/08/27

Michael Jackson Loves Guitars

立ち読みだけ。

表紙を見て切なくなって手に取った。
Gut
殺害された“KING OF POP”/喉頭癌と戦う稀代のギタリストのコラボ。
これは多分「beat it」を歌ってるとこかな。

あと気になった記事は”ジョニー・ウィンター”に関するコラム。
サンボマスターの山口 隆さんがだいぶまえのなんかの対談番組でジョニー・ウィンター風味なギターを弾いてたのがステキだった奈~。


| | コメント (3)

キンチョーしたで

ひさびさの自転車ネタを書いてみる。

昨日の晩にこれに乗ったので。(tokiアニキ、そして試乗させてくれたお友達ありがとね)
P

こおいうのは雑誌やネット上でチラリと見るものであって触れてはいけない禁断の固体。なのに”皇室アルバム”をTVで見るのではなくて皇太子と近所に立ち飲みに行ってしまったような違和感とキンチョー感全開。
跨ってペダルを一回転させるまでのわずか3秒で、乗った者すべてが「あへぇ~」とか「むひょ~」とか「あは~ん」とか変な声を出してしまったのが興味深い。

この手のものは「自転車」と言ってはいけない。”マシーン”と呼ぼう。
自分の考える使い道としては、まずETCをつける。手近なICから阪神高速に乗って西へ。神戸・若宮の急カーブをDHハンドルを持ったまま突っ込んでみる。もしくは、大阪・池田から阪神高速空港線に乗り、堂島のあたりからDHハンドル持ったまま一気に車線変更して環状線にズバッと切り込んでみる。

このまえはんこう(阪神高速のことをこう言います)乗って気ぃよう走ってたら後ろからあおりまくる車があって、車線変更とかヨタってて、おまえはマッハ号にでも乗っとる気分か?像でも飛び越す気か?と前を譲ったら、むっさいおっさんが跳ねた馬のマークの赤くてえげつなく高価な車やって、それ乗ってたら何やっても許されるという空気に満ち溢れているのが気にさわった。助手席に装備したロケットランチャーでぶち抜きたくなったが辛抱した。
おんなじイタリアの外車やったら写真のマシ~ンではんこう暴走してこいや、どんなけ男前か。

とおっちゃんは思ったよん。

| | コメント (8)

無いなら無いで

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×ちょっと

”地味でいいのよだっておっちゃんが作るんだもの”な晩飯21発目:
003
ちょっと前に近所からもらった丸ごとの鯖、パーツの一部に塩して冷凍しといたやつを焼く。サンマも美味いが鯖もうまい。気持ち的には「夏よ待って!行かないで!」なのに、胃腸は早くも秋にむけて準備万態ってこと。
これだけだと寂しいからスミの方にぼんやり見える”偽アスパラベーコン”もついでに。

なんで「偽」かというと、
001
ハムだから。も~、だれや~、ベーコン買うの忘れてんのは~!
と自分に言って落ち込んでみる水曜日。

以前冷蔵庫開けて何気なく小池さんに「あ~玉子あれへんわ~」と言ったら「ええな~、あれへんわ~って言うたら魔法のように誰かが買ってきれくれるもんな~」とえぐい目のミサイル飛んで来て被弾。
それ以来、洗濯の柔軟材とか掃除機の紙パックとか(うちはダイソンじゃないので)トイレの芳香剤とか調味料全般にわたって、気がついたほうが買うっていう掟が成立。

つづく


| | コメント (2)

2009/08/26

おつかい親父

運動:通勤往復+舞洲+腰を氷で冷やしてみる
飲酒:淡麗350ml×2

今週は仕事と家事以外で疲れることをなるべくしないように夜の舞洲も”スゥ~”と走るだけに。まぁ腰痛があまりにも酷くなって頂上にたどり着けなくなっても道中楽しい旅になればそれでいいわ。気楽に。
熱燗と鍋のことを考えながら周回してたらケータイ鳴った。画面を見るとローラー高娘から。サイクリング中に彼女からやってくる電波にロクなもんが無い(過去多数実績あり)。

「(夏休みの課題関係で)印刷したいものがあるけど、(プリンタの)インクが無い。帰りに”マゼンタ”買ってきてくれへん?」。

走りながら時計を見ると21時回ってる。コンビニ世代(?)っていつ何時でも物が買えるとでも思ってんのかな?買うとも買わんともいわない曖昧な返事で電話切った。やれやれ。どうしていつも断崖絶壁にならないと大事なことを言わんのだ。体格と屁理屈度は恐ろしいほど進化してんのに、小学生のトキに朝起きるなり「今日使う体操服にゼッケンつけて」といわれたあの時と変わらん。小池さんは出かけた後、そして出張行く新幹線の時間が刻一刻と迫るなか必死で針仕事した親父のキンチョー感、いっぺん味わってみ~さ!(注:み~さは関西弁です)

Bci_2

結局今日も退社途中にジャスコとかに寄って、そのマゼンタとかいうインクを買って帰る予定。ナゼ本人に買わすことをしないかというと、「どうせ行っても型番を間違える可能性がものすごく高いしOEMで格安な同等品があるなんてことも興味無いだろうし、あ~あ」とかいろいろ考え出すと、何事に関しても無計画な”ヤツのスキーム”まだまだ使えんのぉというところ。おつかい親父の戦いは続くの出酢。

| | コメント (9)

2009/08/25

角打ちの旅なのだ

月曜から飲み歩く私ですベイベ~!

運動:通勤往復+ちどり足
飲酒:覚えてない

大阪市西淀川区・JR東海道線「塚本」駅周辺に、おっちゃんが充満してる角打ち(つまり片隅に立ち飲みコーナーが常設してある酒屋)が多いという情報をもとに早速調査開始。
(自分への注意事項:日記に紹介したからといって大勢の人がそれ行けやれ行けと押しかけて大混乱!になるとはとーてー思えないのが 立ち飲み屋。なので地図のリンクをはりました)

一発目:平松酒店
内装新しい。生まれて初めてアサヒスーパードライの小瓶見た。ガラスケースの近くに立たないとアテが見えないが、適当に頼めばそれなりのモンを出してくれそうな感じ。焼きたてのめざしが美味しかった。滞在時間約0.5h

二発目:石川酒店
平松酒店のおかみさんに紹介してもらったので。乾物屋と中で繋がってるタイプ。狭い。お客さんの特徴は小柄なおっちゃん多い。メニュー無いからぼんやりしてたらおばちゃんが勝手に冷奴出してくれた。”からし”はチューブからではなくてちゃんと練ったからしで感激した。酒頼んだらワンカップのいれもんに、白鶴(?)入れてくれた。店の中の蛍光灯が一本少ないからちょっと暗め。滞在時間約0.4h

三発目:上田酒店
事前情報で一番期待してた場所。アテが凄いらしい。普通はたいがい”凄いらしい”というのでイソイソ行ってみたら、アテを作ってるおっさんが凄いとか、店のおばはんのトークが凄いとかそおいう路線で凄いんだが、噂どおり凄かった。鯛の荒煮は丁寧にコトコト煮てあったし揚げ物は注文したら揚げなおしてたし、立ち飲みなのにお客さんは各種ボトルをキープできるシステムやしで満足。軟骨カラ揚げ歯ごたえサイコー。滞在時間約0.5h

↑上田酒店と思い込んでましたが、ただしくは「えびすや」でした(Uアニキご指摘さんくす)。
 ほんものの上田酒店は乗鞍後再調査予定


どこの角打ちにも共通してるけど、暖簾をくぐるまで中の様子がよく見えんので突入すんのに随分勇気がいる。そんで入った瞬間に常連のおっちゃんたちが一斉に「あ、一見さんや、どっから来はったんかな?」という視線がずばずば。それも一瞬だけで詰めて詰めて・立つスキマを空けてくださる。みんな優しい。酔っ払いの気持ちを判り倒している店を探すたびはつづくのだ。ザイロリック飲みながら。

それで、情報源は実はこちら
厳選して飲み歩いているワケでもないのにリンクを張ってくださってあるのを知ってびっくりこいてます。
そして同行のUアニキ、酔っ払いの酔狂な旅につきあってくださり、どうもありがとう!

| | コメント (6)

2009/08/24

目黒のさんま

001
これはジャスコのさんま。

運動:猪名川沿い~呉服橋~石道~猪名川台~猪渕~切畑~十万辻~宝塚~家
飲酒:淡麗350ml×3、黒白波×ちょっとだけ

”炎天下に屋外でスポーツはやばいやろな~”と心配するフリをしながら片方ではギラギラなサンシャインに照らされることをちょっと期待しつつ自転車をスタート。なのに「猪渕」の川沿いにそった茂みを走ると空気は完全に”秋”どころか”晩秋”でびっくりした。おっちゃんになってもやっぱり「夏はなつらしく」「秋はあきらしく」してほしいのだ、それなのにこの冷気はいったい、、、。
”半透明の夏”に文句言うても始まらんから帰ってサンマを買って焼いた。「空気が秋だと主張する」ならこっちにも考えがある。夏のことはいさぎよく忘れることにして秋にどっぷり浸かろう・だからサンマ。

つづく

京都のhikaruあにきが自転車雑誌にグラビア写真付きで載ってるらしいというのを思い出して夕方本屋へ。男前だ。さらに実話系雑誌も一通り押さえてあいかわらずの下品さに夏の衰えを感じて帰宅。

| | コメント (5)

2009/08/22

あぶなかった

運動:R25~葡萄坂~のどか村折り返し~大和川~眼鏡橋~なみはや
飲酒:淡麗350ml×2、よく知らない焼酎×がぼがぼ

予兆は朝から。今に始まったことではないけど、もう何年も前から朝・布団から「むくっ」と起きられない。まず左右どちらかに半回転。ゆっくりとエビのように体を曲げる。そのままの姿勢でもう半回転して四つんばいになる。正座する。そ~っと立ち上がる。

この四つんばい状態でモーレツに腰が固くなっててああ昨晩体操してから寝るのを忘れたことを後悔したので。
体になにか疾患とういか心配事があると自転車の操縦がおろそかになって危ないが。ともあれ葡萄坂を登り始めたけど頂上で「ギブ!」。とても十三峠を回る気合がなくて撤収。途中の信号待ちとかでも片足を地面に付く際に冷や汗が出るようになってきた。まずいな、、、。

自宅の近所まで戻り、自販機に小銭を入れようとしたその時、腰から足の先まで電撃が走り動けなくなった。まずゴクリと唾をのんで冷静に冷静にと自分に言い聞かせ、小銭を握りしめたまま直立できるかソロリソロリと上体を起こす。次に考えたのは自宅に電話してSOSし車で回収に来てもらうかどうか?
ダメだ、、、家を出るとき既に小池さんは淡麗350ml×○本飲んでマグロだった筈。

こうなったら人の目なんか気にしてる場合ちゃう!自転車を自販機に立てかけて自分はその場にゆっくりとしゃがむ。そして寝転ぶ。ああ空が青いぜ、みちゆく人の視線が痛いぜ、こらおばはん・きちゃないモン見るような目でこっち見んなや!ママチャリの後ろに乗ってる子どもよ、指を刺すなって!

かくして、純白のレーサーパンツを履いたかっちょええロードサイクルに乗ったかっちょええおっちゃん、歩道を占拠して大胆な野外ストレッチ開始。みよ俺様の股関節を!そして呆れろ!俺様の柔軟性の無さを!さらに今宵の団欒は「歩道で体をくねらすおっちゃん」の話題で湧きあがれ!どうだ、うっとおしいか!?うっとおしいやろ!ざまあみろ!

※屁をこいてはいけない場所で屁をこいたり、おっちゃんは、うっとおしがられてこそ「おっちゃん」です。

002
はぁあぁいいながら自宅に戻ってやっと落ち着いて寝転んでウクレレ弾いてたらマグロがぼそっと「うっとし人やな、、、」と言う。ひどい。

追伸:
金曜日の立ち飲み「大阪駅前第二ビル 山長」で角打ち。サッポロ黒生の大瓶飲みながら食べる”おから”の甘さ加減がハートに染みた。

追伸2発目:
これは正直に書きとめておく。腰痛もたいがい危なかったが、土曜日はすぐに戻るだろうと思って小銭しか持たなくて多いに困った。普段行くコースなら湧き水の場所も知っているが、この日はそんな場所は無い。喉乾いた・腹減った、そんな苦痛のさなか目の前には大量のジュースやらお菓子が山済みになってる。「地蔵盆」だ。ホコリまみれの男が地蔵盆の飾りのしたでお菓子をジッと眺める。平和な地蔵盆に突如として怪しい男あらわる!しかし相手は”地蔵”だ。どんな天罰が下るか。地蔵のジュースを無断で拝借したらパンクしたとかこけたとかならいいが、今のローンが多重債務に陥ったとかマルチ商法に騙されてタイヤを2,000本買わされてしまったとか、そおいう天罰もありうる。思いとどまって本当によかった。


| | コメント (6)

2009/08/21

単車のタイヤ

水色あにきが”バトラックス”ってコメントくださってちょっと思い出した事。
Bat

「走らん・曲がらん・止まらん」の三拍子揃ったダンロップのTT100というタイヤしか乗ったことなかったので、友達のバトラックス付き単車(カワサキのKR250)に乗らしてもらったときの衝撃は凄かった。タイヤ表面触ったら、これは黒い納豆か!?オクラか!?いうぐらねばついてビックラこいた。

さっそく自分のにも付けてはりきって神奈川の西湘バイパスでもいっちょうぶっ飛ばすか~と思って法定速度を守りながらアクセル全開(このあたりの記憶は曖昧)。あまりの走行フィーリングのよさに酔いしれていたらしっこしたくなり、途中にある西湘パーキングエリアへそのままアクセル全開(このあたりの記憶も曖昧)でなだれ込んだら入り口のとこに予想を遥かに超えた”カーブのR”が。ガッツで単車を寝かす、まだ寝かす、もっと寝かす、すげぇぜバトラックス!どこまで寝るねん!しかしカーブのRは容赦ない。とうとうカッチョよく寝かしたままの形で道路とガードレールの間に単車がスッポリ、、、。

友達と二人でいっしょうけんめいガードレールから単車を引き釣りだそうとしてたらパーキングで一部始終を見てた「ややこしい連中」がバ~!と駆け寄ってきて、「さっきから見てたっすよぉ!!!気合バリバリっすね~!」とかややこしい日本語で喋りながら単車を引き釣り出すのを手伝ってくれて、、、迷惑した。

今でもあるのかバトラックス?


| | コメント (10)

パラドックス

アキレスは亀に勝てなかったけど世界新記録を樹立したボルトでもやっぱり亀に勝てないんだろうか?
ってなことをTV見ながら思ったが、ローラー高娘いわく「手を伸ばして亀どけたら一発やん」。”一発やん”て、それ大昔の論客にいっぺん言うてこいや、、、。

運動:通勤往復+夢洲+舞洲大周回+舞洲小周回+中山式
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×2合

もしかしたら毎晩毎晩・舞洲をぐるんぐるん周回してんのも、”永久に追い抜けない亀”と戦っているのかもしくわ”永久にマトに当ることのない矢”を放っているのか。自転車はパラドックスなのか?そんなんもん、、、わからんわ。わからんけど腰痛はあいかわらず。もうこのまま来週の乗鞍サイクルに腰痛丸抱えで参戦するぜ。昔お世話になった自転車のアニキだって以前は60分を切るタイムをたたき出したが、最近は1時間半ぐらいかかる~けれどそれでも十分楽しかったそうだ。タイムと戦わず、自分とも戦わず、もちろん他人とも戦わず、今年のマウンテンサイクル乗鞍は「マハトマ・ガンジー走法」をどかんとお見舞いするぜ。

山いったときの宿に冷蔵庫が無いのを見て小池さん激怒。宿の自販機でビイルを買うことをためらったのではなくて「飲みたいときに手を伸ばせば飲める距離にビイルが無いこと」が断じて許せんことに怒りを覚えたとか。
138
で、洗面台でこうしてみた。歯磨くときどーすんねんと聞いたらがんばって飲んだらええやんと言い、顔洗いたいときどーすんねんと聞いたらがんばって飲んだらええやんと言い、しっこしたあとどうやって手を洗ったらええねん?と睨むとしっこ行くまえにがんばって飲んだらええやんと睨み返された。生活のためにがんばってビイル飲んだのはこれが生まれて初めて。

夢洲注意事項:
大阪南港と直結しているので平日は昼夜を問わずフルサイズのトレーラーの往来があり、悪意は無いんだろうが横を抜けるときの風圧は脅威です。物凄い緊張します。緊張してしっこちびるかあるいは巻き込まれて人車もろともペロペロにされるか、そのあたり注意がひつようです。

| | コメント (3)

2009/08/20

はずかちぃ

横浜の事業所から見知ったボスが出張で来てた。それがさっき便所で隣り合わせになって唐突にあっちから「ワシ単車やめてな、自転車始めたんや~!どや、自転車!ええぞ~!」。
この”どや”には「お前も自転車始めろ」という含みが明らか。

「はぁ、自転車ですか、、、え~と、そ~ですね~」と答えたとこでタイムアップ(しっこ終了)。もう少し膀胱がでかければ話しが続いたのに。でもなんで自分はそこですかさず「毎晩毎晩アホみたいに舞洲を壱円の徳にもならんのにグルグル回ってます、休みの日は野を越え山越えコンビニ巡りに励んでおります」と言えなかったんだろう。まだまだ自分の中では「自転車が趣味です」言うのに抵抗があって、それはつまり

「限界ギリギリのえっぐいサービスするキャバクラ行ってます」言うのに近いわい。
「像に乗ってます」「トラ飼ってます」とは胸を張っていえるのに、どうして「俺は自転車!」と言えないんだろう。


| | コメント (4)

日常に戻ってみる

あと4,5日は山の想い出・頭に描いてぼんやりしたろおもたのに現実はそれを許さん、はやくも仕事全開家事全開!の水曜日。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×2合

休み前と同じように仕事で悩んでボスに叱られてお客さんに頭下げてあ~今日もでんでんええこと無かったわ~と毎度毎度同じため息をついて家についたらついたで息つく暇もなくローラー高娘の晩飯を適当につくって気がついたら自転車乗って舞洲で呼吸を荒げておりました。ほらぁそうや、ポピュラーな山一個登った途端に三浦雄一郎になるはずないわ。「部長すんません!明日からわしエベレスト行ってきますわ!」とか言うたら「ああ、、、仕事の山超えたらどこなといっといで」とか言われるのがオチ。


独標から見た”マウンテンサイクリング乗鞍”のゴール地点。
雄大やのぉ。
Nori

酷い筋肉痛で歩行もおぼつかんので果たして自転車乗ったらどうなってしまうんじゃい!?と思ったら、それも杞憂に終わった。全然フツーに乗れた。同じ人間の同じ「足」でペダルを漕ぐのと地面を蹴るのとこうも違うのか???俺の足よ、お前はいったい何者だ!?そしてついでに真ん中の足、最近目立った活躍していないが大丈夫か!?

水曜日の舞洲:
これしきアニキがJr.君と周回してた。男の子はこおいうことが一緒にやりやすそうで羨ましい税。そのほか、銀色の自転車に乗った人が一人。バス停のとこでサドルを調整しておられた傍らで少し談笑。するとヤグラのネジを切ってしまわれ「赤川の鉄橋方面の自宅までたちこぎで帰還します(約15km)」と言うことでしたが、何も手を差し伸べることができずに申し訳ありませんでした。また会いましょう。あとは黒い大きな自転車の人が、荒い息遣いで周回しておられたぐらい。みなさんこれからも御安全に。


| | コメント (2)

2009/08/19

休みが終わった

”かすかな希望の光は、次また来るであろうささやかな連休のことを想って”
というのがいつもの盆明け(あるいは正月休み明け)の絶望感をささえる弱〃しいつっかい棒みたいな気持ちなのに、今回はソレが無い。心身ともに健康で妙な達成感があり、その思い出だけで暫くは生きていける。ちょっと大げさ・でもそれは本心。

休み明け出勤一発目は膨大な電子メールの整理に明け暮れるので、今朝は6時過ぎに出勤してみた。案の定。でもなぁ、薄いパーティション一枚隔てた隣りの部からの伝言ぐらい、付箋紙に手書きで書いてデスクにでも貼っておいてくれればええのになんで電子メールにするねん!?俺とお前は「エレキ」でしか繋がってないんか?

ざっくりと連休の振り返り:
15日~自転車乗って猿山にハイキングに行って家事して酒飲んでウクレレ弾いて、寝た。

16日~早朝に車で京都の祇園にある大谷粗廟祖廟へ墓参り。「車で京都へ」なんて奇跡に近いと思った。そっから小池さんの実家へ行って墓参りニ連発してまさよおちょくって、ローラー高娘は小池さん実家に放置。そのまま高山市内突っ切って平湯着。近所の雑貨屋で温泉玉子を買い占める(自分は4個、小池さん8個)。

ラーメン以外に興味を示す小池さんに驚く。
L12

素泊まりなんで晩飯はこんなカンジ。
L13
細長い瓶は現場で買った「地酒」。同じタイプのものが8種類ほどあって、普段あまり付き合いのない「大吟醸」を選んだ。瓶が小さいので大切にちびちび飲んだら開眼した。そうか!家でもちびちび飲めばいいのか!なるほどな。あてもなく彷徨い歩くようにいつまでもダラダラ・ダラダラ呑むから具合が悪くなるわ、酒は早く消えてなくなるわロクなことが無い。日本酒と淡麗350mlというハイブリッドな飲み方も改めようかなとちょっと思う。

17日~お山へ ふらっふらになって宿に戻り夢遊病者のように風呂に入って飯を食って18:30過ぎに就寝。そのまま一生目が覚めないかと思ったぐらい寝た。

18日~下道で名古屋まで走った(車)。「疲労困憊した肉体」と「満たされた魂」がまだ、当面ばらばらのまま。

今まで大きな(?)休みというと、子どもを連れてあそこに行ってこれをやってそれを食べてというプランを立ててきたけれど、いつのまにかローラー高娘はそおいう列車から自分の意志で下車していき、自分と小池さんは相変わらず乗り続けることになった。子どもが小さいときはいろいろな制約があって行動に制限がかかったが、こうして大人だけで自由に振舞えるようになったらなったで、列車のドアにスキマが空いた気分になるから不思議だよん。
でもまぁ家族だから寄り添わなくてはならないというキマリも無い、列車に乗りたければ乗ればいいし、おりるのも自由。

今日からまた健康でいよう、いろいろなものに感謝してみよう、最後は笑って
L10
スマ~イル!

| | コメント (5)

2009/08/18

まさよを裏返す

山へ行く前に小池さんの実家方面に寄って墓参り。そして忘れないように”まさよ参り”も。

暑くて暑くてそーとーへばってるかな?と思ったら、ヘチマのツルでカムフラージュされたまさよの「家」。
間取りは若干狭くなったけどけっこう涼しゲ。
L1

お手を指示するとなぜか両手を出してきたんですかさずシェイクハンド!
L2

右に軽く捻るとそのままの体制で回転しだした。
L3

裏返してもやっぱり臭い。
子どものころに近所の大きな犬に手を噛まれてから、すっかり犬に近寄れなくなった。それがまさよのお陰でこうしてお腹を見せ合うまでの仲になれたので、彼には本当に感謝してるからね。次に会うのは冬か、おみやげになにか骨でも持ってくるからそれまで元気でおってね。


| | コメント (2)

ラーメンの旅なのだ・足痛い

6:00時起床。すぐに宿の飯を食べる。「頂上にはローソンもファミマも無いから死ぬ気で食え」と小池さんをうながして、自分も米を限界ギリギリまで食べる。新穂高ロープウェイに乗って山頂駅着。朝飯食いすぎて胃がもたれてくるしいまま登頂開始したが、はたして。

最寄りの駅舎(新穂高ロープウェイ山頂駅)
089
戻るときの憂鬱なこと。登り×1.8=下りの辛さ、、、。

もより駅からラーメン屋(西穂山荘)まで1.5時間、ラーメン屋からさらに1.5時間でここまで↓
1
行く前はこの場所までまぁ楽勝やろなと思っていたけどどっこい大作、、、
12
標高2,700mのとこから両手両足フル稼働でこの白線のルートを行くハメに。”初級者でもいけます”言うわりには滑落しました言う新聞記事がけっこうあって怖かった。一応岩にはルートを示す「○」や行ってはいけない「×」がペイントしてあるんだが、それでも手をかける場所がわからずもたもたしていたら、ベテランのおばちゃんとかおっちゃんが足を置くとこ、手を支えるとこを教えてくれたりした。

普段街中で見るおっさん・おばはんはロクな事言わん連中でかなんわ~とため息つくのに、山で会うおっちゃん・おばちゃんの頼もしいこと。後光が差すぜ。独標で風に吹かれて安堵してたら腹が減ってきた。やばい!小池さん、ダッシュで下山だ!急峻なガレ場を補給食をモグモグしながらよたよた下る。空腹が原因なのか下りだからなのか膝がヨレヨレになってきてソートー参った。


それで、これがラーメン。”高山ラーメン”に少しアレンジした具材入りで800円。
2
3年程前に新穂高温泉という場所に安い民宿を見つけて泊まってみたとこからスタート。翌朝宿の窓から白くて大きなロープウェイが山の向こうにチラチラ見えて、それにいっぺん乗ってみたいなと思ったとこから。次の年は念願かなってそれに乗って終点に行くと、こんどはそっから山一つ向こうに小屋が見えて、うわぁすごいとこに山小屋あるわ~、けど自分がそんなトコに行くなんてことは絶対ないやろな~と思ったこと
構想三年。ついにその日が。最初はソロでの行動を考えていたら、なにをどう検索したのか「ラーメンが有名な山小屋がある」ってことを小池さんが嗅ぎつけて同行することになる。まず専用の登山靴と登山用のストックを買って、普段自転車で走り回ってる近所の山へ何度か通ったりして。

ラーメン屋から上高地の帝国ホテルを見る。
3
河童橋とか明神池がはるか下に見えるこの不思議感覚。ここから右側には乗鞍の雪渓もクッキリ。

後ろが焼岳。下山途中ラーメン屋まであと1.0hという場所で小池さんの電池切れかかる。
5

・・・下山して駐車場に停めてある車にたどり着いて登山靴を脱いだときの開放感というか脱力感というか、それはかつて経験したことのないようなもの。おまけについさっきまで自分達が立った場所が針の先のように小さく空と同化した場所に見えてるのが、はたして現実なのか夢なのか、、、そんな感じ。

違う目線:
いままで「山」なんか”サイクリスト目線”でしか見たことなかった。登坂にかかるタイムを縮めることに執着してただ目の前の地面を睨んでとか。”山登り目線”で初めて見えたものは、頂上にたどり着くまでの些細なプロセス・例えば目の前の地形をどうやったら一番楽にクリアして次に進めるだろうかとか、森林限界超えたとこに咲いてる花の色とか形とか自分にうるさくまとわりついてくる羽虫よお前はいった何者なんだ?と考えたり。淡麗350ml何も考えずにカポカポ飲むのと、大吟醸をソロリソロリ味わって飲むのと以上に違いあるかな。

世の中にはまだまだ「辛くて楽しい事」が本当に沢山あるわ~。


| | コメント (13)

2009/08/15

Wヘッダー

運動:朝自転車で猿山、昼徒歩で猿山

自転車の友達に「行くわ」と宣言した手前、6時前起床。こんなに涼しい朝なのに?こんなにタオルケットが気持いいのに?それでも走り始めると気持が一変、車は少ない、日差しは優しい、ひんやりした風が体をなでる。ときたまもがいてみたりしたけどおおむね仲間と喋りながら走ってみた。久しぶりに青空のしたで走ったけれど、見上げれば雲とヒコーキ。そのヒコーキには当然物騒なものなんかぶら下げて無いし、それをみて逃げ惑うこともない。自分でペダルをぐるぐる回して自分で苦しんで自分で楽しんでいるだけで、絶望することなんか何もない。
自分の意志とはまったく無関係に犠牲になった多くの英霊、どうか未来永劫・こんな日がこれからも続きますように。
001
おひるごはんは、おっちゃん謹製のチャーハン。冷蔵庫の残り掃除に最適な品。

つづく

いったん帰宅後家事を済ませて、小池さんとラーメンの旅前最後の練習に再び猿山へ行ってみた。

つづく

| | コメント (3)

2009/08/14

宿題

これ、練習したいと思う。


帽子の兄ちゃんが”カホン”担当。
しかし歌の兄ちゃん、うまいな~。オリジナルより切なさばりばりに出てるし。

自転車乗ってギター練習してカホン作って登山行ってあいまあいまに家事があって墓参りも3件行くし勿論日々の飲酒は欠かさず。これで砲丸投げやろうなとか誘われたりカバディのメンツ足らんから入ってや~とか言われたらパニックになるわ~。ああ大人には遊ぶ時間がまったく足らん!会社行ってる場合ちゃうわ~、はよ定年にならんかな~。

| | コメント (2)

平気さ

痩せたいあなたにベジマイト
Beg_2

「ドブのような味」と揶揄するヒトもいるけれど、自分は案外平気。

運動:通勤往復+舞洲大周回+股関節外れるすんでのところまでストレッチ
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×少し

とうとう舞洲からサイクリストが消えた。でも、昔はこれが当たり前。埋め立てがやっと終わってまだ舞洲が舞洲だと認知されていなかったころ、仲間数人あるいは生き物の気配がするのは自分たった一人だけという日が幾日も続いたんだからこれはこれで平気。
何周かしてたら軽く雨が降ってきたんで撤収。途中の道で湿った砂を巻き上げたのか折角実家で洗ってきた自転車が元の木阿弥。「洗車すると雨が降る」のは車に限った話しではなさそう。まぁいいわ、気にしない。

今朝:
障子を閉め忘れて日差しで目覚めた。足元にころがってるウクレレを足の指を起用に使ってたぐりよせてそのまま布団の上で弾いた。ポロンポロンしてるうちになんか知らんけどもう仕事休んでこのまま昼までだらだらして昼から盆も正月もカンケーないわうちは年中無休で酔っ払いの相手やってまっせ言う立ち飲み屋を捜し求めて彷徨い歩きたいわと思いながら、魂の抜けた肉体は着々と出勤準備へ。いくじなし。

つづく

今日もPhotoshopで自己研鑽
1234_2
邦題:”も~帰らして~”


| | コメント (8)

2009/08/13

京橋は

ええとこだっせ・・・さあ、どうかな?

昼飯食いに駅前いったらこれは嫌味か?それとも嫌がらせか?俺になんか恨みあるんか?というぐらい立ち飲み屋が並んでて盆やというのに当然のように昼も営業しててわしら年金もろてる連中に盆休みなんかあらへんわ~いう風味のおっさんで店内は満員。原価割れしてる大瓶飲んで揚げてからだいぶ時間経ってる串カツを美味そうに食うおっさんよく聞け、さえない労働者は昼からも職場に軟禁されるのよ。
と愚痴ってみる。

仕事も暇なんで、自己研鑽をかねてPhotoshopでCDジャケットでも作ってみる
123

邦題”難儀なことやのぉ~”


| | コメント (5)

がらがらや~

街からヒトと車が忽然と消えたような今朝の通勤であった。このまま世間が永遠に盆休みやったら大阪ももうちょっとこう垢抜けするやろなと思ったが。おかげで(?)仕事中も厄介な電話とか電子メールとか少ないから仕事がはかどるかというと案外そーでもない。祭りのようにワッショワッショイやってるほうが燃えるのか?自分がわからん。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:無し

盆休みでみんなどっか遠いところへ行っているのか、舞洲も寂しかった。十三アニキとあとチラホラ数えるほどのサイクリストだけ。自分は昔から、だ~れも居ない海水浴場が嫌いでなるべく芋の子を洗うような場所を好む傾向があって、ようは”ちょいちょいな”寂しがり。

つづく

自転車のこと:
001_2
ねずみ色のクリートを付けてみた。自分のペダリングを深く考察した結果こうなったワケでは全くなく、ただ何となくそうしてみたかっただけ。しかしここまで”メソッド”にこだわりがなくなってええのか?
ええわ、何でも。乗って楽しかったらそれでええわ。暑いしな。夏やしな。それに盆やし。

ちょこざいな:
小池さんも普通に出勤、自分も出勤、本日のローラー高娘は「図書館行って宿題やるわ」やと。な~に~!?図書館行くやと~!?甘い。甘すぎる。図書館行って勉強する言うて勉強したやつなんか知らんわ(自分も含めて)。エアコンの効き具合はばつぐんやし絶望するほど静かやし本の匂いはきもちええしでここで寝ずしてどこで寝る?いう環境で筋金入りの意志の弱さの女子コーセーがそんなトコ行ったらどうなるか。ま、家の電気代たすかるから行っとけ行っとけ、開店から閉店まで行っとけ。

| | コメント (2)

2009/08/12

エンジョイしまくり嶋倉千代子

女子コーセーの鳶職になることを諦めたローラー高娘、一昨日は友達とプールいって昨日は友達とカラオケいって今日は今日でユニバ(俗称USJ)行くねんと朝からハイテンションでうるさい。夏休みの宿題とやらもあるという噂だがそんなことでええのか?工作とか無いのか?やらんでええのか?

運動:通勤往復+二日酔い
飲酒:すなわち二日酔い

ブルテリア:
うちのアパートの14階のベランダから見下ろすとこに空き地があって、朝とか夕方になると犬と散歩しているヒトが沢山いたりするのだが、ここひと月ほど前からやたら気になる犬が二匹。白いのと黒いのと二匹セットでやってきては、走り回るでもなし尻尾を振るでもなし、ただひたすらに立ったりしゃがんだりをめんどくさそうに繰り返すだけ。それがきのう帰り道でたまたま会ったkiyo_gアニキに聞いたら、きゃつらの名前が判った。

白いほうが「ひろし」
黒いほうが「うし(牛)」

ひろしはなんとなく判らんでもないが、なぜ牛?

こんな具合
Bul
(写真はイメージです)

今週末はひさしぶりに”まさよ”特集の予定。ジャイアントスイングしてやってから少し萎縮するようになってしまって気の毒なことをした。コブラツイスト程度にしておこう。

| | コメント (3)

2009/08/11

かしこの飯

片道300km近い距離を運転すると腰痛最悪。きのうはひさしぶりに氷で腰を冷やしてみた。月末の乗鞍サイクリングははたして頂上までたどり着けるのか!?

運動:通勤往復+舞洲大周回+中山式
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×2合

サマーソニック09が終わって舞洲はまさに”祭りのあと”。荒涼とした丘には中途半端に解体された巨大なステージが不気味だわ。ホールでは考えられない程の大量のスタッフと物量を動員して興行し、オーディエンスの中には「あ~も~俺の夏も終わったょぉ~」と思ってる連中多いと思うが、おっちゃんの夏はまだまだこれから。

昭和のおかず4発目:
001
「鯖の味噌煮」。地味である。どっから撮っても地味である。
湯引きするだとか二枚に卸すだとか随分と必須工程を省いてしまった。真夏にメンドー臭い料理さすなよ。しかしなぁ隣りのばあちゃんよ、できれば魚はおろしてからおすそわけしてくれんかね?丸ごと一本どかんとくれたりなんかしたら、一応礼は言うが内心は「あちゃ~、おろすんか~、難儀やのぉ~」とうなだれてしまうぢゃないか。

残業から帰った小池さん、一口たべるなり「魚食べたらカシコなるかな?」って今更同意求めんなやもうあとは脳みそ縮んで行くだけやろ鯖を100匹食べたってアホはアホのままやろ見本が目の前におるやろというと
「あ、ほんまや」。

小池さん、一言多い。

バイト募集:
部屋のすみに散らかしてあったスポーツ新聞を見ていたローラー高娘の目が光る。なんやエロい記事でも見つけたのか?なに、バイトがしたいやと?日給1マン2千円でまかない付きのバイトがしたいやと?どうせろくでもないバイトやろなと思って覗き込んだ。

「おまえどこの世界に女子高生の型枠大工と女子高生の鉄筋工がおるねん!」

こいつは永久に鯖をくわす必要がある。そんな今朝。


| | コメント (7)

2009/08/10

盆やすみ

が無いんですうちの職場。みんなで手分けして適当にパラパラと休暇を取りましょうという仕組みなので、まとめて一週間とか10日間とか休みというのを聞くと、たいそう羨ましいが仕方ないな。

山に登る靴と自転車を漕ぐための靴。
002
同じ人間の足とは思えんなこの差はいったいなんや?機能や用途が違うとこうも違うのか。ちゃんとした登山用の靴を生まれて始めて履いたが自分が”四駆”になった気がした。人間がいけない場所なんて多分どこにも無いな。

モロゾフのプリン:
モロゾフというメーカーのプリンはまず百貨店でこうてくる。あるいはお客さんが家に来たとき手に提げてきはる。
「まぁそんな気をつかってもらわんでもよろしのに~」とか言いながらオカンは丁寧に礼を言うて、それを子どもは物陰から見て狂喜する。キンキンに冷えるまで待てずに若干なまぬるいプリンを添付のすぷうんを使って大事に大事に食べてみる。底にへばりついてるカラメルのとこは、剥がし忘れがないか何度も何度も点検してソッコーで食べつくしてしまった自分を呪って落ち込んでみる。
食べ終わったモロゾフのプリンの容器はガラスなので、翌日から洗って食器棚にしまわれて、そーめん食べるときの麺つゆのいれもんにしたり、洗面所のとこでハブラシ立てて時々うがい用に使われたりする。モロゾフの無い家は無い。

吉本新喜劇の小藪が歌う「プリン」言う曲をラヂオで聞いて、これはたぶんモロゾフやろなと思ったので。
実家遠いしなぁとか、おとんやおかんと会うといっつもうっとしい事ばっかり言いよるからかなんわと思ってるアニキ・アネキがおったら、モロゾフのプリン食べながらこの「プリン」を絶対聞くように。

そおしたら、ええ盆休みになるから。生きているヒト、あの世に行ってしまったヒト、盆はそおいう節目を教えてくれる大事な時間。

| | コメント (7)

2009/08/09

クライマーズ・はい

ビイルをバカ飲みしながら家のベランダから淀川の花火を見て昨夜は轟沈。キョーレツな雨音で朝は二度寝決まりやなぁと思ってたら、なんかがちゃがちゃ音がする。小池さん、朝からなにをややこしいことやってるのだ?と思ってきいたら、来週の「標高2700mのラーメンの旅」のために練習してくる、、、って、雨やで?

「雨の中を歩く練習しておかないと、知らんよ」だと。”知らんよ”ってつまり山の中で進退きわまったらそこで放置ってことかな?多分ね。”完全個人主義”な夫婦はクールであ~る。しぶしぶ用意して、行き先は自転車で1,000回ぐらい行ってる猿山へ。

006
雨の森の中の階段登りまくる小池さん。わし喉乾いてビイル飲みたい、無心で登る小池さん、ちょっと怖い。
ゴアテックスかラテックスかなんか知らんけど、汗でむれむれな雨具。

010
わざと足場のよくない場所選んでススム小池さん、目が怖い。
普段のサイクリングも、が~っといったら相当しんどいが、自分の足でが~っと行くのも、おんなじぐらいしんどいし。


011
地味。

このまま自転車から段々と登山やハイキングにシフトしていくのも悪くないかなと用品を買いに行った時にぼんやり考えた。けれど、自転車には自転車のハイキングにはハイキングの楽しいところが沢山ある筈。だから線引きはせずに行きたい方へ行こうと思う。あえて特化したマイノリティになるのもつまらん、人生はまだまだ長い、楽しいマジョリティで行こうか。


| | コメント (7)

2009/08/07

実家です

おかんの退院手続きとかあといろいろ手伝いに帰省、、、という名目でやっぱりサイクリング。

金曜に有給をとって車で移動。しかし、平日なのに高速道路は他府県ナンバーの車多いな、なんで?みんなどこいくの?と思ったけど、「盆の1,000円均一セール」始まってた。知らんのは自分だけやったみたい。移動にかかる家計は助かるが、そのぶん公共交通機関がスカスカでとか、CO2排出最悪とか言うが、ほんなもん全部が全部ハッピーにいく施策なんかこの世にないわい、笑うやつがおったら必ずどっかで泣くやつはおるやろ。それはまぁ仕方のないこと。

雑用を済ませてさぁ立ち飲みでも、、、と思っても一番近い店(村のスナック)まで徒歩30分、、、、。仕方ないから「半島の先の灯台まで岬めぐりに」行ってみる。好むと好まざるとにかかわらず、フォークソングの歌詞のような暮らししかすることないわ、おっちゃん健全なのは苦手です。
004
隠岐の島、見えず。

途中、傷をおった「トンビ」を自転車で踏んづけてしまうというあまりにもショッキングな出来事あり。
トラックの荷台からポロリとこぼれおちたボロ毛布だと思って踏んだ瞬間のあの何ともいえない「生き物を踏んだ感触」は当面消えないぜ、ネイチャーすぎるぜ、ここ!

009
”鬼太郎ロード”行かず。今年の暮れからまた、この大きな橋をくぐって沢山の「蟹漁船」が出たり入ったりするが、我が家の食卓に並ぶんであろうか?

土曜日:
朝からスズメ蜂撲滅運動と、雑木林手入れとかいろいろ。9月からいよいよスズメ蜂の活動が「凶暴化」するので一気に根絶しておきたい。あいかわらず田舎暮らしの雑用には溜息が出るが、それでも人は憧れをもってUターンしたり、Iターンしたりするけど、どうかなぁ。自分も将来この土地で、、、、今はは未来の自分がここで何をしているのか想像できんわ、まだ当面欲望渦巻く街・大阪でいろいろ考えてみようか。

明日は明日の風が吹くから。

| | コメント (3)

2009/08/06

スプリントに酔ってみる

酔いしれるほどのパワーも野望も無いが。
十三峠マニアさんというそのスジでは大層有名な方が首謀する大阪城での練習会にお邪魔。コースの要領を得ていなかったので一発目はインスペクションでぞろぞろ付いて行き、二発目は少し早めに飛び出してみる。ここで他のヒトの脚を見るのと自分はゴールまでどこから発射すれば持続できるのか出来無いのかを見極めて。で、いよいよ三本目。
前のヒトがぐんぐん速度を上げるのに合わせ、その人の電池が切れたとこを見計らってさらに前へ。

坂道が得意な”クライマー”でもないし、豪快にゴールラインを越える”スプリンター”でもないし、延々単独で逃げ続ける”ルーラー”でもないが、あえて言うなら自分の走りのスタイルは「普通のおっちゃん」。おっちゃんは普遍です。


| | コメント (3)

大阪ジョー デビュー!

そおいう名前の歌手が居たら是非見てみたい。自転車で・もがきながらも「逢坂じゅん(レツゴー三匹・立ち位置右?)が居るんだから大阪ジョーが居たって別におかしいこと無いわ・・・」とそればかり考えてしまった。
トリオといえば、ダチョウ倶楽部よりつかみは絶対レツゴー三匹がレベル高いと思う。

運動:通勤往復+舞洲+大阪城周回+中山式
飲酒:淡麗350ml×2、ありきたりの冷酒×2合

舞洲行ったらもう島全体がサマーソニックに揚げ足取られているではないか。搬入のトラック、大勢の警備員、沢山のバリケイド柵、すでに徹夜態勢に入ってるオーディエンスたち。とても周回できる空気ではないので、ああそういえば水曜日は大阪城を取り巻く道路でサイクリングの集いがあったなと思い出して移動。
途中、北新地や堂島とかをサイクルジャージを着てスポーツ自転車に乗っている自分に違和感を感じる。酒に用が無いのになんで俺は今ここに居るのだ?とか思って。歓楽街のアーバンライドにサイクルジャージは有りなのか?無しなのか?

注意事項:
舞洲にたどり着く道路で”ねずみ取り”やってた。あたりは闇夜そして草むらに隠れるようにレーダー装置をかまえるので、自分なら120%捕獲される自信あり。少し立ち止まってみていると「入れ食い」状態。ぶっとばしたいヒトは悔い改めよ。


ジャスコブランドの充電池:
001
大手メーカーの充電池に比べると放電時間が短い。値段安いからそれなりかと思って買ったら見事にそれなり。
期待を裏切らない企業の姿勢にがっかりしてみる。しかしこんなもんで車が動く時代がすぐソコまで来ておるではないか。ecoかなんか知らんけど音も無く走る車に興味無いわ。いつか大金持ちになって血のように紅いフェラリにのって近所のおばはんが腰抜かすほどのエグゾーストノート出してたこ焼き買いに行というおっちゃんのささやかな夢もろくも崩れ去る。

※夢の前に大金持ちになるという前提条件をクリアせんとな。高さ50mぐらいあるハードルを越えるような感じか。

Cocolog_oekaki_2009_08_06_15_40

| | コメント (3)

2009/08/05

「おじさんはなにをつまみに飲んでいるのでしょう」

ブログのネタ用に提供されたお題にあった。

なにを今更ぬるいこと聞くねんと言いたい。”空気以外やったら何でも”と答えるべきか。そもそも、おじさんとおっちゃんとおっさんは違うからな。
「おじさん!」と呼ばれるとなんかええことでもあるんかなと期待させるし、
「おっちゃん!」と呼ばれると「誰がおっちゃんや!兄ちゃんと言え!」とかるく頭をしばきたくなるし、
「おっさん!」と呼ばれると黙って屁をこきたくなるしで、

今夜はサイッコー級のハモでもつつきながらサイッコー級の日本酒でも飲もかな。ほなほな。
Cocolog_oekaki_2009_08_05_16_03

| | コメント (5)

島めぐり

運動:通勤往復+舞洲+夢洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×2合

舞洲大周回に夢洲を加えて新たなバリエイションを模索。結構な登りと根性試しのような直線。自分達の払った血税で出来た人口島。果たして何周回ったらモトが取れるんじゃ?なぁ市長、なぁなぁなぁ。

週に何度か「T御大」が舞洲に練習にこられる。T御大は御歳60歳だが、油断ならない走りを披露される。なまけたい心を鬼にして舞洲へ来た日は「今日も自分に勝ちました」と静かに語るその姿に後光がさす。アーメン・ソーメン・冷やソーメン!おもわず手を合わせてしまった。次は賽銭箱でも用意しよう。
走り終わったあとは若い連中のように自転車や女の話し一辺倒ではない。サプリメントの話しは言うに及ばず持病の話しや年金の話し、近所であった葬儀の話しまで多種多様である。T御大を見ていると、給料天引きの厚生年金と介護保険の支払いも納得いかんでいつも”どたま(頭)かち割ったろか”という気持ちが和らぐ。

蝉よ、ナゼ鳴く:
朝からうるさい。蝉には音量を調節してなるべくまわりのヒトに迷惑がかからんようにしよとかそおいう気遣いできんもんか。長年土の中で辛抱してやっと出てきていっちょうやったろかという気持ちもわからんワケではないが、そっちはそっちの都合があるように、こっちはこっちの都合があって朝は決めた時間まで寝たいねん。

蝉の天敵ってなんやろ?「子ども」しか思いつかんが、、、。
うちの近所の子ども、もっとがんばれ。口あけてぽや~んと木の上眺めてないで、手当たり次第にローラー作戦展開してくれ。おっちゃんのお願い。


| | コメント (2)

2009/08/04

夏短いな

自転車のハンドルを取り替えたんで、工具を握って舞洲で調整。

運動:通勤往復+舞洲+逆上がり×2回
飲酒:淡麗350ml×3

腰痛い:
姿勢をあまり替えないデスクワークに従事するヒトの宿命だろうか。お茶を汲みに行くのとしっこ行くのと会議室へ移動する以外は椅子に座ってるから相当のストレスが腰に。終日立ち仕事のヒトもそれはそれで辛いと聞く。じゃぁ、立ったり座ったりを交互に繰り返す仕事ならいいのか?

希望職種->ヒンズースクワット

オキナワ用エンヂンと男気:
春先からちょっと心配事があって、宴会でもMAXまで弾ける気になれずとかツールドオキナワも視野から少し外れていたのがここへ来てようやく好転。よく「気分転換に自転車乗ろうゼ」とか言うヒトいるけど、自分は違うと思う。「バランスを必要とする乗り物とか遊びゴトは、日々の暮らしのバランスが取れていないとバランス取れない」。ちょっと変な日本語ですけどまぁ言いたい事はそおいうこと。

あとは自分の健康面を固めておけばいいかな。来月初旬に職場の検診があって、今年はいっちょ胃カメラに挑戦しようと思う。検査係りのヒトが驚嘆の声を上げるほど見事な飲みっぷりでファイバースコープ(?)のホースを一気飲みして、自慢のホルモン一式をとくとご覧あれ。

おっちゃんまだまだやりますよ。
今日はこんなトコ。

| | コメント (8)

2009/08/03

ハンドル変えた、意識も変えよう

気にし出すとこまごました不都合が出てきたので、日曜夕方自転車のハンドル変えてみた。天井には自転車ロードレースのステキなグラフィック・ポスターが張ってあって、壁面のパネルには工具類が整然と並べてあって、衣装ケースには出番を待つパーツのストックがどんぶらこと入れてあって、部屋の入り口ドア裏にはエッチなカレンダーの金髪美女がこっち見てうふふと笑ってて、、、
005
そおいう夢のような自転車部屋があったらいいなと妄想しつつ、蚊に刺されながらアパートの廊下でハンドル変えるのだ。みんな自転車整備どこでやってるのかね?以前も、大切なチタン製の小さなネジを締める手元が狂って、そのままコロコロと廊下の排水溝へという事件があったばかり。

坊主で勝てたらケーサツ要らんわ:

高校の時の卓球部の顧問のセンセが残した至言。やってもやっても試合に勝てなかったので、同級生と相談して坊主にしよか、気合いれよか、いうことになった。中学にときに校則でしぶしぶ坊主やった伊藤が「俺、やったことあんねん!」と得意げに先陣を切る。それを見た顧問のセンセが一言「坊主にして勝てるんなら、オリンピックは坊主の祭典になるよ」と。
伊藤を残して、ほかの部員は長髪を維持した。伊藤くん(※)、夏休みの間クラブを休む、、、。
けれどセンセ、どうして坊主とケーサツ関係あるんですか?と聞いたら、「ごめんで済んだらケーサツ要らん言うやろ。あれや」と。アホ一同納得。

インターハイに出てる選手が大阪の舞洲にわんさか居て、ひじょ~に高い坊主率を見て懐かしかったので。

★深い深いワケがあって、ツールドオキナワ2009は「シニア50km」に申し込みました。今年は坊主頭ではないので、いよいよ自転車用最新式ヘルメットの真価が問われるな。なんせ、坊主頭はヘルメットかぶろうがザルかぶろうが一緒や一緒。

※記憶に残る、伊藤イズム:
「気合で作ったら食べられるって!」->下宿の湯沸かし器が壊れてて水でカップラーメン作った伊藤君

「気合で読んだら読めたわ~」->隣りならまだしも間に一人座ってんのに、その向こうのヒトが読んでた少年ジャンプを常識を超えた横目で読む伊藤君

「あかん、気合入れすぎた、、、」->平凡パンチの綴じ込みカレンダー(たしか岩崎弘美)の分離に失敗してボロボロにしてしまった伊藤君

「お前、気合足らんねん!」->社会のテストが欠点のツレに説教する数学が欠点だった伊藤君


| | コメント (8)

2009/08/02

八朔の土曜日と豪雨の日曜日

去年のちょうど1日、用事があって明るい時間の祇園を歩いてたら、カメラを提げた一団がたくさんいて、レンズの先には舞妓さんが。一年は早いわ。

運動:猿山往復とあといろいろ自転車で走る
飲酒:淡麗350ml×3、赤ワイン×普通に

泥除けをつけたロードレーサーもけっこうイカスぜとか思ったが、まぁ汗も雨も濡れたら一緒か。
M君呼びかけの"西田橋から勝尾寺めがけて自転車で激しく走りましょう”という主旨のサイクリングに途中合流。日々の暮らしは少しでも楽な方がよいが、自転車は”晴れ(快楽)ときどき雨(苦痛)”が楽しい。イベント呼びかけどうもありがとうM君。途中土砂降りにあったりしながら帰宅。

雨でどろどろの自転車を洗車して、、、という環境が当面の夢。集合住宅に住んでるヒトはどこでどうしているんだろうか?ともかくどろどろ号に目をつむって普段どおりの家事をして、またパンを買いに。
001
なんかしらんけど、いつ行っても「焼きたて」。なので、ママチャリの前篭に入れて、走りながらその中に手を突っ込んでむしゃむしゃしながら、ペダルはくるくる。また、むしゃむしゃしながらペダルはくるくる。家がもう少し遠かったら、玄関ついたらパンがゼロってことになるわい。
004

お盆休みのお知らせくれた。
002

日曜は朝から豪雨。いつまで梅雨なのだ?

運動:舞洲+夢洲
飲酒:淡麗350ml×3

TVのニュースで「夢洲トンネル開通~舞洲から南港へトンネル一本で・・・」というのを見たので、早速パトロール。
確かに以前は橋のたもとに「一般車侵入禁止」の看板あったのに、それも撤去されてスルー。大阪市が運用を破綻したあとの人口島は何もない大地にアスファルトが一本。その先にトンネルが口をあけてるだけ。原付・自転車・歩行者”通行禁止”にガックシ。道綺麗+照明完備+車少ない、、、じゃぁ自転車の練習にうってつけかというと、自販機が無かったり、、まぁ行けばわかる。メッカになりえない理由がそこにあるから。

つづく


| | コメント (3)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »