« 親子丼 | トップページ | 自転車・百花繚乱 »

2009/07/10

牛の日

7月9日は牛の日~勝手に決めました。

貧血気味なおっちゃんの晩飯3発目:
002
「牛のタタキ」。特価の牛肉を表面だけ焼いて包丁で切り刻んでネギとレモン汁とポン酢かけておしまい。

腰が痛い:
先月末にいろいろな用事で車に乗り倒して以来、調子がすこぶる悪い。股関節やら骨盤やら怪しむべきパーツは教則本にしたがってぐりぐりとこねくりまわしているが。目をそむけてきたけどこれが「老化」。舞洲で自分には不相応なスピードのサイクリングを繰り返している最中は、自転車を媒介にしてしまうと、同好の人たちとの年齢差をまったく意識しないですむが、一旦サドルからおりると十二支の半周とかほぼ一周とかの差を実感する。みんなケロっとしてるのに腰を押さえて内心でイテテテと唸る寅年の自分が。

見慣れない自転車のヒトがこっちを見てニコニコしておられる。あ、草太アニキ!西宮の方からわざわざお越しくださったんですね。とおいとこすんません。こんなむさくるしい場所ですけど(自分の土地ではないが)よかったらまた寄ってください。またひとつ、輪が繋がった。ありがとう。

コペルニクスの地動説:
あまりに辛いのでなんとか腰が痛くならない革新的乗車姿勢は無いものかといろいろ試した。そのうちの一つ、「ブレーキブラケットを握って前方に強く押し出すと、その反作用によって骨盤が立っていく。するとどうだ!それまでペダルを踏んでいた足からスゥ~と力が抜けて、まったく脱力しているのにペダルがぐんぐん回りだした。試しに骨盤だけ立ててみたがその兆候は無かった。再びブラケットを強く押し出すと、ふたたび脱力したままペダルが回り出した」。
新しい説を唱えると必ずどっかの教会から迫害を受けることになってるけど、大丈夫か?俺。

|

« 親子丼 | トップページ | 自転車・百花繚乱 »

コメント

自分で意識してはできませんが、腰が痛くなるときと
痛くならないときは乗車姿勢が違うんだと思われます。

まだまだそんな旅の途中です。

投稿: ハンセ | 2009/07/10 17:21

私もかなりの腰痛持ちです。

特に苦手な登りの際によく痛くなってきます。
あまりの苦しさで、姿勢がおかしくなるんでしょうかね?

サドル上で浅く座ってると痛みが若干マシになるような気がします。

投稿: man | 2009/07/12 08:00

●ハンセあにき、痛くない日の頻度が激減してきました。日々のストレッチも弱気になってます泣。
●manあにき、そんなワケで今年のGF吉野はDNSと決めました。腰がさすりながらの五番関はつらい!

投稿: ローラー男 | 2009/07/13 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親子丼 | トップページ | 自転車・百花繚乱 »