« 自転車・百花繚乱 | トップページ | べっぷ »

2009/07/13

うどんの旅なのだ・ひさしぶり

なんか食ってばっかり。

日曜日の朝早くに車で。よくある”うどん巡礼”ではなくて、テキトーに走ってて目についてなにか感じるモノがあれば、そこで食べてみるというルール。

そのうちの一件:
004
瀬戸内海に面した・時代を感じさせるカウンターに座って、コシの強いうどんを静かに食べる。自分たちのほかに客は2,3人。まわりすべてが東洋人でメニューが漢字で売ってるものが”うどん”、ソバカスだらけの西洋人にせかされてシェイブを注文して掘立小屋のガラスのない窓からノースの海を見ながら食べるのと、海が違うだけで、ほかは同じかなぁと思った。軽い錯覚楽しい。


つづく

012
栗林公園で鯉にえさをやる。香川と徳島で学生生活を送ったのにタダの一度たりとも行ったことがなかった。30年後、こうして家族で行くなんてあの頃の自分が知ったらどう思うかな。
このあと、高松高裁の横で気になる店があって飛び込んでみた。ひととおり注文して(セルフ式)お金を払おうとすると、レジのおばはんが口をパクパクさして座席の方をアゴで指し示す。意味わからずポケーっとしてたら、さらにもういちど「こうだ・こうだ」と小声で言う。この店独自のなにか店と客との暗黙のやり取りでもあるのか?するとおばはんが「こうだしん」と言って指をさす方見ると、

細身でしゃれたデザインのパナマ帽をかぶり、濃い色のグラサンをかけたヒトが、ぶっかけうどんを食ってる。
そこで初めておばはんの真意「演歌歌手の香田 晋」がそこで飯を食ってるという事実を理解した。

興奮気味に伝えるおばはん vs 香田 晋さんに興味のない自分。微妙な空気を挟んでお釣りをもらう。うどんはうまかったが気まずかった。

つづく


|

« 自転車・百花繚乱 | トップページ | べっぷ »

コメント

アニキ、おばはんとのやり取り、激しく分かります。
ぜんぜん興味のないもんやと、その時のリアクションをどう反映させればいいのか困ります(笑)

投稿: さかじい | 2009/07/13 15:58

普段はネジリ鉢巻じゃないんすね.ほんまに普段から,あんな格好なんだと信じてましたが(笑).

投稿: sumi | 2009/07/13 22:49

●さかじいあにき、女優さんならちょっと反応も違ったんですけどねぇ。演歌のヒトはキツイ、、、。
●sumiあにき、完全にオーラ消してうどん食っておられました。小さいヒトでした。

投稿: ローラー男 | 2009/07/14 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車・百花繚乱 | トップページ | べっぷ »