« ツールドフランスに日本人が出場する | トップページ | 熱い »

2009/06/26

舞洲->松江->広島->大阪

たまには自転車の事でも:
自分ひとりでは出せない速度域で走れるので、この環境(夜の舞洲)とそこに集う同志に感謝しています。坂道ほど個人の能力差が顕著に出ないぶん、勇気があればいつまでも苦しむ事ができます。ハンドルにしがみついて集団にぶら下がり、水銀灯に映る影がジワジワ並走して追い抜かれることに怯え、息を吸っているのか吐いているのかどっちか区別できなくなっているのにギアを大きな方に切替えてもうひと踏み。で、辛抱できなくなってバックリ切れ、うなだれてカーブを曲がると10mほど前方には、さっきまで競ってたヒトがそこに。やっぱり相手も苦しんでいたのだ、なのにナゼあと数秒我慢できなかったんだろう、やっぱり最後は我慢と意地の張り合いなんだなぁと思うころには次の列車が後方から。懲りずに乗車、、、。

運動:通勤往復+舞洲+中山式
飲酒:淡麗350ml×3

今日は午後から実家へ移動して蜂退治と山仕事。日曜日は実家から中国山地を越えて広島へ。いろんな想いを持ってスタートを見送ったあとコースサイドで小池さんとラーメン食べる予定。そのあとのスケジュールがタイトなんでレースの中盤あたりで帰りますけど、現場で会えたら皆さんよろしくお願いします。

つづく

|

« ツールドフランスに日本人が出場する | トップページ | 熱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツールドフランスに日本人が出場する | トップページ | 熱い »