« 加茂勢山でラーメンの旅なのだ | トップページ | 定期演奏会 »

2009/06/08

鍋谷峠、三国山

運動:サイクリング140kmちょっと
飲酒:淡麗350ml×4

徒歩でぶらぶらすんのに慣れてないから、前日ハイキングの後遺症が辛い。辛いがええ天気やのに何もせんのがもっと辛い。それで自転車仲間に連絡を取り、大阪南部方面に電撃参戦。

自宅~大阪市内~泉北ニュータウン:
こんな書き方したら2,3回ペダル漕いだらついたみたいな感じがするけど、実際には先導してくれた自転車仲間のMTアニキが「物凄い精度の高いGPS」のような道案内で、知らんまに市内を脱出して、知らんまに仁徳天皇陵のワキをすり抜け、知らんまに葛城山の麓に着いた。なんていうか、地図の上に定規置いてそれにそって一直線に走るようなコースで大変驚いた。

で、多くを語らずともかく”大阪のサイクリストの聖地”と呼ばれる鍋谷峠を登る。5年ほど前に行ったキリでコースや斜度を覚えてないけど、前から前からおりてくるサイクリストが途切れることがないくらい。さすが聖地。ああ、前の日ハイキングによる脚のダメイジは甚大である、、、ということは口が裂けても言わんのだ。体は辛くともココロが満たされている時間に言い訳は無用だ税。

26分ほどかかって峠着。ああもう登りたないわ早よ帰って布団で寝たいわと思たら、MTアニキが脇道指して「まだ登る」と。望むところだ!望んでないけど、、、。

Miku
(六甲山頂より標高3m勝った)
行き着いた先がここ。航空路監視レーダーの塔だけがヒッソリとたたずむ山頂の気温は、半そでがギリギリセーフな感じ。下界は26度だというのになんじゃいな、、、。
そっから一旦大阪側というか岸和田側に下山してあ~あとは帰ってビイル浴びるほど飲んだろ思たらMTアニキが「牛滝も登っときましょ」と言うので、脳内麻薬を出して突き進むのみ。このあたりの地名って「父鬼」とか「牛滝」とか恐ろしい名前が多い。父が鬼というのはなんとなく想像つくけど、「滝」のような「牛」が理解できん、、、。
滝のような牛ってなんじゃい?あるいは牛のような滝とは?と疑問は残るがともかく登って登って登りまくって帰路は嫌味なぐらい丘が連発する泉北ニュータウンを越えて、途中に「春木」という道路標識に緊張する。

なんつっても「岸和田」「春木」ゆうたら関西でもいや西日本でも、もしかしたら国内でも屈指の別名「大阪府だんじり市気が荒い町どっからでもかかってこんかい一丁目・・・」つまり一年のほとんどを「だんじり祭り」にかけてる街であ~る、とーぜん歩いてるおっちゃんたちもだんじりの為なら死ね~るな人という印象あるから、自転車も蛇行して死ね~るなおっちゃんにぶつからんように慎重に走った。(あとでMTアニキに聞いたらもうちょっと海側の春木であるらしい。ビビらすなと言いたい->道路標識)

MTアニキや同行のアニキたち、楽しかったよどうもありがとう。それと、どんなちいさい信号でも厳守されたアニキたちの男気、しかと拝見しました!

~市内某所へゴール。
Saka
おっさんによる・おっさんのための・おっさん。ビイルケースとか酒のケースあったらIKEAの”ちょろこい椅子”とか要らんやろな。

|

« 加茂勢山でラーメンの旅なのだ | トップページ | 定期演奏会 »

コメント

昨日の日曜は皆さん、精力的に走ってはりますね。

投稿: AUeno | 2009/06/08 14:33

昨日はお疲れ様でした。楽しい一日を有難うございました。 次回南練は山岳周回コースとフランドルにお連れします!!

投稿: チャモ | 2009/06/08 18:02

おっさんはビイルケースが大好きなのだ!
みなさん楽しそうですね。

投稿: uechicchi | 2009/06/09 09:37

ゴール地の写真、ナイスです(笑)。
めっちゃめらめら美味そうですね!

投稿: kiyo_g | 2009/06/09 10:13

お疲れ様でした。
北方面にも参加したいとおもってますので
そのせつは宜しくお願いします。

投稿: ブチャラティ | 2009/06/09 11:31

●Auenoあにき、ここ最近の週末ごとに天気予報に騙されたり雨やったりでしたからね。走れてシアワセ。
●チャモあにき、どうもアテンドありがとう。フランドル周回やろやろ。
●uechicchiあにき、おっさん専用の椅子ですね笑。でも、走りまくったあとは以外にがっぽり飲めへんもんですね。歳か、、、。
●kiyo_gあにき、むっしゅむらむらでした。アテは駄菓子なソオセイジ。
●プチャにーさん、遠路お疲れ様でした。次は針中野で!

投稿: ローラーおとこ | 2009/06/09 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加茂勢山でラーメンの旅なのだ | トップページ | 定期演奏会 »