« 電気 | トップページ | 土曜日は普通に »

2009/06/21

うどんの旅なのだ

高速代金の割引とか下道とかせこく使って。雨だしin日曜日。

兵庫県加西市の「がいな製麺所」。
008
”がいな”ってたしか香川県の方言であったような記憶が。学生のころ、香川県にも住んでいたことあるけど、当時は香川の人は今でいわれるような四六時中うどんで暮らしているような印象はなかったけどなぁ。
10:30開店ちょうどに到着。あとからあとからお客さんが車で乗り付けてうどん三昧。
007
コシがあってつやつやしてて、「ふつうにおいしい讃岐うどん」ってかんじ。うどんに特別もくそもないだろう、庶民の美味しい日常食という印象もってるから、これ以上賛辞することもないかなって思うし。接客はとても良好。

二発目:
こっから下道で西明石までいって、一見スパゲティ屋のようなたたずまいの店に到着。
011
「とくおか」といううどん屋さん。カフェで働くような若い男女四人で切り盛りしてて、内装とか調度類、照明にいたるまでソレ風。なのに店の片隅には手打ちうどんをこねる場所もちゃんとあって、不思議な店。

009
うどん・だし共に冷たい「ひやひや」とかいうメニューを食べてみる450円。みためちゃらちゃらしてんのに、たいそう美味しいうどんではないか。しかも店で出してる瓶ビイルがいまや幻に近い「サッポロラガー(通称”赤い星”)。大阪からは少し遠くて次いついけるかわからんけど、応援したい。

変化:
たとえば家族や・自転車とは全然カンケー無い友人と車に乗っていたとする。見える景色の中にすごく登りたくなるような坂道があるとする。そこで彼らに「あの坂行ってみたいわ~」と発言したところでこのMな気持は到底理解されないばかりか、家族なら”あんたの大脳と小脳と申し訳程度の海馬は自転車でみちみちているのか?”と思われ、普段の監視体制がさらにきつくなる

最近、見上げる山の中腹とかに白いガードレールが見えたりすると、素直に「あそこに自転車で登ってみたい」と言えるようになった。自転車バカがようやく理解されたとともに、もうその先に突き進んでいく若さが無いってことを見透かされているからか。

以前のような熱さ・バカバカしさが他人の反感を買わない・こいつはほおっておいたら何をしでかすかわからないという危険なカホリが伝わらないのがちょっと寂しい。

ふたたび目覚めよ、バカ・パワー~~~~~!

|

« 電気 | トップページ | 土曜日は普通に »

コメント

十分、馬鹿ですよ。

投稿: シマウ魔 | 2009/06/21 19:37

●シマウマちゃん、バカ全壊の全開でいくぜ~~~~!

投稿: ローラーおとこ | 2009/06/21 20:22

「○○バカ」って,最高の褒め言葉だと思いますね.熱くなれない(なりたくない)人には理解できないでしょうが(笑).

投稿: sumi | 2009/06/22 00:20

「そこに山があるから。」by 山男←男っぽい。
「そこに坂があるから。」by 自転車男
、、、なんかバカっぽい、かもかも。

投稿: uechicchi | 2009/06/22 10:29

その不思議な壁画のお店有名ですよね^^
なかなか遠くて足が伸びませぬ。
そして土曜日偶然にも野間峠を上り下りした私です(笑)
ヘロヘロヘロ~ん( ̄ロ ̄ノ)ノ

投稿: ゆっち | 2009/06/22 12:45

●sumiあにき、まだまだ自転車乗って暴れたおすバカでいたいです!若さよみがえれ!
●uechicchiアニキ、そこにビイルが待っているから、急いでサイクリングから帰るんざます笑。早く登って早く呑む!
●ゆっちねーさん、そのモティベイションちょうだい泣。

投稿: ローラー男 | 2009/06/22 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気 | トップページ | 土曜日は普通に »