« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/29

「男は泣くな!」

002
この犬のわき腹を押すとタイトルのセリフが出た。こんな小さな犬に叱られるとはな、ローラー男しっかりしろ。

運動:舞洲+公園でうんてい一往復
飲酒:淡麗350ml×1

昨日は朝起きたら二日酔いか?思うほど目が回ってびっくりした。自転車に乗ってトキには一回りも二回りも若いヒトと一緒になって遊び倒すが、恐らく疲れは彼らの二倍も三倍にもなっているのかな。ともかく職場に休むと連絡いれて布団に横になってみた。気がついたら正午、次は夕方。”泥のように眠る”のは高校生以来だぜ。

夕げの準備をする気力が少し戻ったから、かしわのササミで
004
「梅しそ巻き」。梅干を手でほぐして包丁でたたいてたら気持ちが晴れてきた。そうだ悩むな自分はもとから単純な生き物だ明るくいこう。

言い訳しない男の旅:
旅の出だしからいきなりつまずく。
今度の日曜日、京都府美山町で・でっかいサイクルロードレースがあって自分も申し込んでいたが、やはり出るのをよそうと。伊吹山/八ヶ岳の春先の二つのイベントで、思ったように走れないショックは甚大で、もがけばもがくほど後退してゆく日々。それと問題は仕事。仕事量が増えてないのに重さの質がちょっと変わってきた。開発部署と営業部署のアンマッチを解消するのがミッションの柱なのに、双方の歩み寄りをうまく促せななくて自分までもが火薬を背負ってその間に割って入ってしまい、最後にはお決まりの「サンドバッグ」。サイクリストである前に自分はまずサラリーマン、黄レンジャーである前ににまず自分はサラリーマン、その辺をもういっぺんよく考えると、今は「なにもかも忘れてともかく集団の中でちんこの付け根が痺れるまでもがき倒す」気分になれない。
長野県の王滝村でもでっかいMTBのレースあるらしいけど、それぞれで青春の炎を燃やし尽くそうとするアニキ&アネキ、思う存分楽しんでちょうだいね。


| | コメント (7)

2009/05/28

もやしとカニカマの甘酢和え

運動:通勤往復+家事労働
飲酒:雲海ロック×ほんの少し

仕事でちょっと悲しいことが連発して少し疲れた。新人を見て、言われたことだけをただただ寡黙にこなせばいい時はもう永遠にやってこない現実に、おもわずアゲそうになる。この夜だけは晩飯を作る意志はどこにも湧いてこなかった。すまんローラー娘、適当になにか食って生き延びてくれ。

悲しいおとこの料理1発目:
001
もやしに熱湯をかけてペーパータオルで拭く。適当にカニカマ千切って散らす。酢と砂糖と柚子胡椒とほんのちょっとだけの麺つゆで一気に混ぜる。

悲しい気持に酢が染みた。


| | コメント (5)

2009/05/27

ピンク

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、雲海水割り×少し

昨日到着したUKからの荷物の包装紙。綺麗だと思ったから撮ってみた。
003

十年以上前、イタリアにはピンク色のステキなスポーツ新聞があることを知り、旅行に行く知り合いに頼んで買ってきてもらったのが始まり。イタリア語だから当然ワケ分からん。けど、写真でその熱さは十分判った。外国にも”大スポ”と勝負できるような新聞はあるのか?

だいたい:
だいたい「はつもの」は弾圧される運命にある。ピンクのスポーツ新聞が嬉しいからいうて職場に持っていったら、やらしい洋ピン新聞読むなと叱られた。わかってない連中ほっといて写真眺めてたら、文章読まれへんのにオモロイんですかやと?ほっといてくれや。

何色の新聞読んでも自由な時代になったのはええことだ。

| | コメント (3)

大漁

デジカメの操作が嬉しいのかあるいは愚息に捕獲を自慢したいのか真意はわからんけど、実家のおかんからエグイ写真が来たので投稿してみる。
Photo
平均身長は6cm前後らしい。おかん、刺されて死ぬなよ、葬式面倒臭いからな。


| | コメント (3)

グレッグレモン選手のハンドル

押入れの上・天袋から発掘。
006
懐かしい。スキーやってたときはストックでお世話になり、モトクロスの時はハンドルに取り付けるグリップでお世話になったメーカー製。長い下り坂のときに、下の突き出た部分を握ると姿勢がより低くなって風圧を低減できるという凄いんか凄くないんかよくわからんパテント。しかし試作品の依頼を受けた鉄工所のおっさんもさぞ困ったやろな~この形。

そおそお、最近の中学生はドロップハンドルをさかさまに取り付けて仲間とつるむ姿を見た事ないけど、そおいいう一見あほ臭い行為から革新的なひらめきが出るかもしれんから、是非やってみるべき。っとドロップハンドルをさかさまに付けて走ったアホ体験ありのおっさんからの助言。


005
パテントの公知例(?)を検索したけど見つからず。

| | コメント (9)

2009/05/26

彼女の自転車

運動:通勤往復+なみはや大橋+鉄棒で逆上がり2回
飲酒:淡麗350ml×たったの1本

なみはや大橋はいつもと変わらず辛かった。辛かったが、ウォーキングの夫婦やご夫人たちがフレンドリーに挨拶を交わしてくれるのがとても嬉しい。どうかこの良好な関係がいつまでも続きますように。
でんでんカンケーないけど、退社後ママチャリをきこきこ漕いでたら、いい匂いの風がすぅと抜けていった。おもわず”ニオイを目でかいでみた”。彼女のマシンはまぎれもなくドロップハンドルそしてパールホワイトのフレーム。そこまではそう珍しくない。問題は彼女がコットンのふわふわしたワンピースを着ていたこと。
「白い大きな犬を連れて葉山の海岸を散歩するような女性」が、ドロップハンドルの自転車にサンダルで乗って、大阪・堂島の喧騒を走り抜けて行ったこと。

最近の”ヤレ行けソレ乗れシティライド!”派な雑誌とかフリーペーパーの類はどうも論調が好きじゃないわ。ともかくなんでもええからムーブメントを起してどっかの何かのビジネスと直結させるんジャー!という匂いがするから。ワンピースの彼女・乗っていたのはブームじゃなくて確かに自転車

これほどの痛快な事がどこにある。あえてママチャリをセレクトしなかった彼女、ナイス。

004
きのうの晩飯は、残ったカレーに蕎麦をあわせた「カレーつけ麺」でいく。市販の麺つゆを少し薄めたやつを混ぜて。
003
カレーの前に道は無し。カレーの跡に道が出来る。


| | コメント (4)

パヴェ!

Photo
ここを時速50kmで走るのか、、、。信じられん世界だな。

2
”本物の石畳は長年の使用で角は丸まっています。街でよく見かけるのは急こしらえで角があります。”という情報も含めて。
(Photo by 500km男さん 二年前に現地で撮影されたもの)

IF-Raphaアニキがコメントくださるまで「先週末に近所のシネマでパリ・ルーベの記録映画が上映されたこと」をすっかり忘れていた。インフラが貧弱なんで最近のヨーロッパ・ロードレース事情に疎い生活ですけども、歴代の優勝者~デュクロラザールやミュセウーヴ(断固、ムセウではない!)のことを忘れてはいないから。ファンの間で語り継がれる・タフィが泣きながら三位に甘んじたレースとか、もうともかくエース、アシスト関係なくイケるやつがイクしかない、エレガントな戦略とは随分かけ離れた・このがたがた道を使ったレースの荒っぽさというかともかく「運と馬力」以外に勝つ方法がないとこに魅力を感じます。

なにかの間違いで現場にいけたら、記念に石畳に頭突きをかましてみたいものです。

| | コメント (4)

2009/05/25

さえなかった週末

金曜日:
会議でサンドバッグになったほころびを修復し、さて帰ろうとすると上司から別件で呼び出し。偉い人ってなんで帰る間際ばかり狙うのさ!?小言の連発を浴びて憔悴しきって家路につく。このままではいかんと思って立ち飲み屋へ酔ったら店員が全員マスク姿で出迎えてくれたけど、そんなとこで飲んだって美味くもなんともない。生中1杯で退却。

土曜日:
物凄く久しぶりに二度寝してしまった。せっかく北摂方面のアニキたちとサイクリングに行こうと思っていたのにごめんなさい。こおいう日は何かと空回りすることがあるから注意して凄そうと考えた。ルーチンワークの掃除・家事を済ませ、「ダビンチコード」をダッシュで読んで、夕方からは「ダビンチコード」のDVDを見る。ヨーロッパの教会の荘厳な映像も、我が家のブラウン管18インチで見ると「火曜サスペンス」と大差なく見えるが仕方ない。それが済むと3分ほどウクレレを弾いて、2分ほどギターを弾いて、晩飯にカレーチャーハンを作ったら美味すぎて小学生のように食べ過ぎて気持ち悪くなって寝てしまった。

日曜日:
曇天。情報サイトで天気予報をみたら、どこもかしこも自信満々で「雨」だって言うし。ともあれ舞洲で少し自転車乗ったりしたけど一向に降雨の気配が無い。嗚呼、お山に行けばよかった。嘆いたってどーしょーも無いからグレることにした。

昼飯に中華屋で餃子をあてにして大瓶飲んで、店を出たあと自転車屋の倉庫を借りてワインを飲み、家に帰ると小池さんが淡麗を飲んでたのでつきあう。夕方ともだちと約束してたんで飲みに出かけ最後にはちゃーんとラーメンまで食べ、ウコンと大量の水を飲んで布団に轟沈。

| | コメント (4)

2009/05/22

言い訳してみる

運動:通勤往復+舞洲+鉄棒で逆上がり3回
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×1合

「風がつおくて脚が痛くてデラックスな練習が出来なかった」。
やはり人は言い訳無しで生きていけないものなのか。
今日はこれからひさしぶりの”サンドバッグ会議”だ、果たして陳腐な言い訳が通用するかどうか。

サンドバッグ:
15ラウンド耐え抜いた。4人がかりで殴りかかってきたから、もう最後のほうは何を言われてるのかわからん状態。大丈夫だ命に別状ないし。
自席にもどって製品カタログの修正。デザインが専門でもなんでもないのに、画像ツールをつかってがんばってる最中だぜ。で、今の気持ちをCDジャケットにしてみた。
Jp
全国のサンドバッグ野郎の悲哀を歌った・歌謡界のニューカマー、、、とかでデビューしても結局そっちの世界でまたサンドバッグになるのがオチか。

| | コメント (9)

2009/05/21

いいわけしない男の旅

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

舞洲いったら、自分と友達のTさんの二人きりだった貸切の水曜日。適当にぶらんぶらんして帰るつもりが、Tさんの熱さに感染してしまい、えぐいサイクリングに変更。走りきったあとの恍惚感だけを励みに。
腰痛が辛くなってきたが、気のせいだ気のせいだと自分に言い聞かせた。腹が減ってきた。そらそうだ。昼飯食ってから8時間近く水しか飲んでないが空腹に負けるなと弱い自分を蹴ってみた。それほどまでにしてペダルを踏む動機付けがどこにある?と前頭葉がささやくが、ナルシストに理由は無いの打!

つづく

いいわけしない男の料理1発目:
001
トマト適当に切る。皮むいてレンジでチンしたアスパラも適当に切る。オリイブオイルで鷹の爪とハムを炒める。そこにトマトとアスパラをジョイントしてみる。塩と黒胡椒も入れてみる。皿に盛ってコナチイズを投下しておしまい。
晩飯をつくるのは面倒くさいが酒のアテをつくるのは愉快であーる。

「酒のアテ」と言ってみたけど、実際はこれが自分の唯一の晩飯。サイクリングの最中はひたすら「空腹」という苦痛に襲われ辛かったのに、走り終わってみれば肉体の苦痛が空腹を凌駕してしまって。まぁいまさら寝ているあいだに成長ホルモンがズビズビ分泌するような歳でもないからこれでいいけど。

本音:
パスタとあわせたらよかった、、、。

| | コメント (2)

2009/05/20

同士よ!

運動:通勤往復+なみはや大橋+ポンポン船+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、黒白波×1合

なみはや大橋を登ったりおりたりしたあと、無料の渡船に乗って夜の海をたそがれながら舞洲へ渡り、いろいろ走り回って充実し倒した夜であった。

なみはや大橋で何本目かの登りで、前から一筋の光源が。顔が黒くてよく見えんが「歯」だけが白い。あっ、”500km男さんだ”久しぶり!この人に会うと、いろいろな意味で勇気と力をもらえるので嬉しい。仕事がら自転車の部品だけは氏の勤務するメーカー最新型であったりテスト中(?)のものだったりするけど、フレームとか車輪とか最近の自転車雑誌の”御祭り騒ぎぶり”から見たら、「平安時代のマシンかな!?」と(ごめん500km男さん)思えるようなシンプルさ。たまたま昨夜は平安マシンではなく、平成マシンだったのがちょっと意外。

「これから帰って家事育児ですわ~」と暗闇で白い歯でにこにこ笑う500km男さん。ご苦労様だぜ、なんせ過去には全日本選手権ロード種目・トラック種目でチャンピョンになってるし、国際レースでも勝負どころではエエ仕事しまくってどこまで凄いねんと思われた人がそおいうことに固執することなく、まず仕事家事育児に重点を置く。自分のおかれた環境に不平不満を持たず、乗れるときは乗る、乗れないときは乗らない。自転車における”晴耕雨読”をスマートに突き進むとこがスバラシイ。

そおして自転車レースは年に1,2度自宅の近所で開催されるやつだけに出る。すべてが中途半端な俺はいったいぜんたい何をしているのだ?

「また立ち飲み行きましょね」と行って別れた。「また走りにいきましょね」といえないのが情けない。言ったら言ったで500km男さんが厳選した往復300km前後のナイスなサイクリングにお連れされる恐れがあるから。

071222_2114001
宴会でごきげんの500km男さん。今でも毎晩大瓶2本欠かさず。その努力ならなんとか着いていけそう。

そうか、”いいわけをしない男”ってかっこええな。よし、おいどんもいいわけをしない男を目指すぜ。いまさら?そういまさら。

| | コメント (4)

2009/05/19

SF

「復活の日」とか「感染列島」とか思い出した。おとこまえは未知のウィルスに強かった。

そんなことはおいといて、問題は甲子園。
7回裏タイガースの攻撃、5万人分の唾液が空高く舞上がって真弓監督を応援してたのか。現実を認識するとエグイものがあるな。交流戦がんばれ。

| | コメント (4)

自転車のブレーキ

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、黒白波×2合

家事が済んだら”なみやは大橋”行ってもがき倒す予定が、小池さんから禁止命令出てへこむ。「ローラー娘が自宅軟禁で辛抱してるから大人も苦痛をともにするのだ」と。その論理、まったくわからん。

読む本も枯渇してるし、淡麗350mlもいまひとつ勢いつけて飲む気も湧かんしで。家では滅多に触ることのない「自転車」に触れてみた。コナあにきの日記で、カーボン製車輪に対応したブレーキゴムの扱いについていろいろ迷うトピックあったから。
002
自分の使い方としては、アルミ製の車輪の時は安物のブレーキゴムを付け、カーボン製車輪のときはそれ用の少し高価なゴム(実際はコルクっぽい)と取り替えて。手で抜き差しが出来る程度に台座を少し広げてあるけど、これこそ「事故責任」で。

この車輪にしてから「モーレツに速く走れた」ということは無いけど、かっちょええから不満ないし。それとは別に、アルミ製の車輪の方がそろそろ心配。概算で3万キロと少し走ってて、ブレーキゴムの当るとこがかなり薄めになってたり、地面の穴になんべんも突っ込んだり乗り上げたりして、ズルズルになってるから。ベアリングが絶好調なので、新品にリプレイスするのもどうかなぁ。お金のかかることだけにちょっと困る。

| | コメント (2)

2009/05/18

にんにくと生クリイムが無い日

運動:実家往復の車運転+家事労働+逆上がり×2回
飲酒:淡麗350ml×3、芋水割り×2

いろいろやって疲れてしまい、家事やる気が無くなった。それでも夕飯の時間は容赦なく迫るから簡単にスパゲィでもやるかってことで。”鷹のつめ”を刻みだしたらにんにくが無いことがわかった。あ~も~ペペロンチーノ出来へんやん、ならカルボナーラに変更かと思たら、今度は生クリイムが無い。相変わらずなんも無い家やのぉ、、、。

で、材料を上から撮影してみる。
004
卵の黄身と、鷹の爪と酒のアテに食べさしの生ハム。オリーブオイルとバターで適当に炒めて塩と黒胡椒振りまいて最後に黄身をブレンド。

005
全てが中途半端な作品「ペペロンカルボナーラ」完成。美味いが妙な味だ。

感染は拡大するのか:
職場に設置してある携帯メール宛ての「一斉同報システム」が作動。全ての社員についての感染を確認するメールが来た。「酩酊しているが感染してない」とかそおいうカンジで適当に返信しておいた。次はローラー高娘の学校から同様のメールが。「今のところ感染は確認できていませんが、ろくすっぽ家の手伝いもせず風呂も入らずに服を着たまま寝ております」と返信しようとしたら小池さんに叱られた。事実なのにナゼ叱る。それでやつは今日から一週間自宅待機。

おまけに職場から次に来た緊急メールには「全社員、マスク着用で通勤・出張を厳守する」って、なにをたるいこと言うてんねん。おっさんの鼻毛のろ過機能を甘く見るなと言いたい。

001
アルコホルで消毒したのち、卵飲んでガッと寝たら・たいがいの風邪は一発で治るちゅうねん。

| | コメント (7)

2009/05/16

蜂、蜂、蜂

実家を半月留守にしたらこのざま。
1

なんでこう、スズメ蜂って顔が怖いのだ?しかも体デカイ!中には10cmに迫るヤツもいたりするし。
2
田舎暮らしに憧れるアニキ、アネキ、これが現実だぜあうあう。裏山の倒木を海まで運び出し、雑草を刈りまくり、ドブにつまった枯葉を掃除し、庭に墜落していたトンビの死体を始末して日が暮れた。作業が沢山あって自転車に乗れなかったけどいつものことだドンマイ。
それでも海に落ちる夕日の凄さは圧巻だ、楽しくないことも沢山あるけど胸が熱くなることも沢山ある。日々の暮らしはプラマイゼロが一番いいのだ、それでいいのだ(C)バカボンのパパ。


| | コメント (11)

2009/05/15

ビイルが美味くない

世の中何が悲しい言うたら、表題の件につきる。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、黒白波お湯割り×2合

もう5月も中盤やいうのにこの寒さはなんじゃとて!?地球はしっかり公転してんのか?と問い詰めたい。いつになったらアホみたいに喉ならしてビイル呑める日がくるねん。お湯割りとか飲んでしまったではないか。夏はどこや!?

そんな折も折、自転車仲間が妙な物を飲んでたのを見た。
Beer
あとで調べたら、92年にいっぺん発売されて好評やった(好評やったら続けてくれや)やつを復刻して、しかもコンビニだけで売ってるらしい。アサヒとかキリンに押されまくってジリ貧のサッポロ、俺は待ってたよ。やってくれると思てたよ。早速一発行きたかったがあまりの寒さで中止。早く飲んでみたいから地球は引続き公転がんばれ。自転もお忘れなく。


| | コメント (5)

2009/05/14

普通の日

ぼんやりするつもりで舞洲行ったら、包丁のような形をした赤い自転車のヒトが居たんで、少し一緒に周回してみた。腰痛で出力があがらないので辛かった。ありがとうございました

運動:通勤往復+舞洲+鉄棒で逆上がり3回
飲酒:赤ワイン×フルボトルの半分ぐらい

GWとか忌引きとかで妙な日々をおくってきたけど、ようやくいつもの日常に戻った。普通に晩飯を作って(鯵フライだぜ美味かったぜ)普通に家事をすませて普通に本を読んで酒飲んで屁こいて風呂はいって寝た。

いつもと変わらない屁をフツーにかます感触、シミジミ平和を感じます。
平和の象徴は鶴ではなく、「屁」ですな。

好ましくない:
ノルウエイの森が映画になる、人間失格がドラマになる。映像を造る人の興味とか感情とか原作を読んだ感想とか、そおいうのがお茶の間の総意にならなければええなと思うけど、どうかな。”何書いてるかでんでんわからんかった”とか”モルヒネ中毒ってなんやねん!?”とか”へぇ~、ビートルズの曲におんなじタイトルのがあるんか~”とかだけの感想で終わると寂しいと思う。活字なら、読んでる最中に嫌な気分になったり、主人公といっしょに落ち込んだり、エッチな気持ちになったり、琴線に触れる一行があったらなんべんもソコ繰り返し読んでみたり、果たして映画化されたものとかドラマ化された物にそれが可能なのかな。

小説はメディアを通してとか人づてに知るより、自分で活字を追いかけてわからんならわからんなりに、共感できたらそれはそれで。そおいう付き合い方が好き。

| | コメント (6)

2009/05/13

初夏なのに、ああ初夏なのに初夏なのに

今月の残る週末を思って、ひっさしぶりに一句・謳ってしまったではないか。
今週末は実家に戻って、中断していたスズメ蜂の退治をするから、ツアーオブジャパン堺ステージを見にいけない。
まぁこれも人生か。
月曜日は大事な会議の音頭とりに任命された(なんで俺が!?)から、ツアーオブジャパン奈良ステージを見にいけない。
まぁこれも人生か。
月末にある京都府美山町での自転車レースは欠席。腰痛に回復のキザシが無いのと、サイクルロードレースの”負荷を楽しむ”準備が出来てないから。
まぁこれも人生か。
人生だらけの5月だ。

| | コメント (6)

2009/05/12

ゾンネ往復、帰りは地獄じゃ

運動:JR山陰本線・胡麻駅前のパン屋さん往復+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、赤ワイン×少し

役所めぐりを免除されて忌引きが余ったんで、自転車乗ってみた。京都方面は昼から曇るって予報だったから、こらぁちょうどええわ~と思って(実際はえげつない晴天)。
往路の80kmがノンストップ3時間を切ってしまった。すべての信号を厳守したのに、俺はいつのまにこんなにスーパーになったのか?自分が怖いぜ。ともかくお店着。ド平日の昼前、お客さんもほとんどおらずで、パンは選び放題状態。一発目はこれ。
090512_1159001
鶏肉とレタスと優しい味のマヨネイズの「ハンバーガー」。うますぎて秒殺。自分は悩殺。

Zon
あとは「ここでこれを食わずして何を食わんや!(by kiyoshiアニキ)」の”あんパン”。それとパイナップルの入ったデニッシュ(?)。
もうついでにイッてまえ!と思って、チキンのチャパタまで。パン屋さんで1,000円越えたの初めて。しかしその価値以上のものがあった。恐ろしいパン屋さんだぜ。お店の大女将(品のいいばあちゃん)とのんびり話しさせてもらったり、ベンチを借りて少し寝てみたり、その1,000円にはパンと田舎の空気とお店のもてなしとともかくいろいろなシアワセが詰まりまくっている。

辿ったコース:
野田阪神~猪名川沿い~一庫ダム~知明湖沿い~R477~日吉ダム横~JR山陰線沿い、
復路はR477~亀岡運動公園横~穴太寺~東掛~清阪峠~忍頂寺~泉原~移動動物園前~
粟生団地~白鳥~新御堂~豊中丘めぐり(これがきつい)~十三~家

シアワセはいつも「露のように消える」からシアワセというのだ、そして不幸はいきなりやってきた。「どこのドイツやこんな向かい風を吹かせるヤツは」。往路のゼッコチョーはこのせいか。おっさんは泣きたい。このまままっすぐ来た道を戻ると偉い目にあう、これは少し標高あがっても山の中を走って風をよける作戦がよかろうとセレクトしたコースには別の地獄が。どこをどうまわろうが、風は容赦なく真っ向勝負。それに東掛のほそい道路はダンプだらけ。しかも葬式でいろいろ酷使した腰が酷い腰痛になってくるし。自転車をゴミ袋につめて輪行しようという奥の手にも鉄道はおろかバスも無い。自分で自分の退路を絶ってしまった、こんなとこで男気出してどうすんねん->と自分に言いたい。

で、時速5キログラムで東掛の亀岡側から坂道を登ってたら道が一車線になるとこで湧き水発見。
しかし、「ほんまに地層にろ過されてんのか?」と疑いたくなるくらいやけに噴出量が多い。しかし、暑いし腰痛いしはよ帰って淡麗350ml呑みたいしという気持ちが、胃腸の弱さには自信ありの自分を抑えて「ガブのみ」決行。
Wat
どうやら、どっかのおっさんが勝手に名水と認定したらしい。そのおっさんが飲んで平気やから自分も平気やという保証は無いけどともかく飲む!

あとはひたすら腰痛との闘いでふらっふらになって十三の街まで。十三の街にあふれるあまたの韓国式とか台湾式とかのファッショナブルなマッサージで揉んでもらってから帰りたかったが、気力でスルー。パンは美味かったが次はもう少し体調のええときに行くぜ、まっとけよナゾの湧き水。

| | コメント (5)

2009/05/11

またいつか逢いましょう

日曜の朝、祖母が他界しました。医師の診断書には「95歳~老衰」の文字が。

思い出せないぐらい遥か昔、つまり幼児のころに親戚のに出たというか邪魔をしにいった以来、つまり人生で自分が認識する初めての「葬儀」でした。しかもなぜか「喪主」。
祖父は戦死ですし、親父だったひとはどこでどうなったのかよく知りませんし、実質、人間が”灰”になってちいさな入れ物に収まるまでの過程を見たのはよい経験になりました。

日曜の朝に死亡が確認され、それから親戚に知らせが回ったらしいけど、みんな遠くに住んでいたりそれぞれ事情があってすぐに出動できなかったりして、結局苗字を継いでてしかも男だという理由だけで喪主に選ばれてしまった。何をするのか全く知らんままに葬祭場へ行ったらまずお通夜スタート。次に言われたミッションは「朝まで仏さんの傍に居ること」。しかも「ソロ」で。サントリー山崎工場の近くに葬祭場があって、しかも新幹線と阪急電車のガード下というむちゃむちゃの場所。ま夜中まで電車の音ががんがんするわ線香は絶やしたらアカン言われるわ、テレビ見てたら後ろの棺桶気になるわも~誰でもええから助けれくれ状態の一夜。
090510_2107001
なんとか寝ようとおもって、近所のコンビニでガソリン仕入れる。この命令をうちのオカンは「大丈夫や、死体は動かんから・・・」これを聞いた叔母(おかんの妹)は「死体ちゃう!遺体や!」と横からちゃちゃ入れるし、、、。

結局一睡もできず翌日の葬儀スタート。

実はばあちゃんとは近所に住んでいながいつも自分のことを優先してしまい、あまり会いにいったことがないのと、深川生まれで変にプライドの高い人でもあり、とうとう亡くなるまで60年近く住んでいながら、大阪弁をしゃべらなかったり、「はぁ~東京はよかったわ~」が口癖なのもあって、あまり好きじゃなかった。戦時中のいろいろな事情で東京から大阪に越してきたことを生涯「都落ち」だと情けなく思っていたんだろうな。

けれども、認知症が始まったり、いろいろなことが自分の力でできなくなったりを見ていると、妙なプライドとか意志とかは邪魔なだけで、やっぱり「日々感謝」が結局は自分もそして介護する人も少しでも嫌な思いをせんでも済むなぁとばあちゃんを見て思った。ああ、反面教師か。

棺桶にふたをするときも出棺のときも焼き場で炉のスイツチを押すときもとうとう泣くことはなかった。最後まで介護した叔母だけが絶えず号泣してたけど、おかんはそれを見てちょっと困ったような顔してたし。

でも、自分にとって「あんまし好きちゃうなぁ」と言える人でも、そのひとがおったからこそ今の自分が存在しているのは紛れもない事実。亡くなった人のことをいろいろ言うのはよそう。おもちゃを買ってもらったり、デパートの屋上につれていってくれたり楽しい思い出もたくさんあるし、あの世はたぶん東京も大阪も無いから、こんどこそお高くとまらずいろいろな仏さんと仲良くしてな。

ばあちゃん、またいつか逢いましょう。

| | コメント (13)

2009/05/09

初夏ですわ

運動:猿山往復+市内うろうろ
飲酒:白ワインのハーフボトル×1本、あといろいろ

珍しく家事なしの土曜日で猿山へ行ってみたら、シルベストサイクルチームの白いジャージを着た方と競り合いになり、辛くも先着。懐かしい「ズノウ」のフレームのヒトでした。どうもありがとうございました。
ズノウの思い出はいろいろあって、一番はアラヤレーシングの「鉄沢選手」がズノウに乗ってらしたこと。

最近はお見かけしませんが、シマノ坂東選手、岡島選手、岸原選手、レベルは違いますけどだいたい似たような年齢なんで自分もがんばりたいなと思った次第です。おっさんにはおっさんの出力のダシ方があって、若もんには若もんの出力のダシ方があるってこと。いい例が「歌舞伎役者」のかた。体力的に圧倒的に劣るおっさん役者が滑らかに演じる秘密。

午後からは、小池さんと「ラーメンの旅なのだ」。今日はママチャリにのっていよいよ「心斎橋」まで遠征しました。

つづく

アールシー製作所:
夕方、近所のサイクルショップに用事でいったら、店内のFMはRCの追悼メドレーやってた。
正味の話、無我夢中でRCを聞いた世代では無いから、「あ~またか~」という感じ。どっちかいうとパンタとか頭脳警察とかアナーキーとかロッカーズとかが好きで、和製のややこしい音楽はRCではなかった(自分は)。

これはちょっと別のとこで。

| | コメント (5)

2009/05/08

社会復帰でもしてみる

運動:家事労働だけ+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×普通に

出張含めて8日ぶりに事務所へ出勤してみたら、膨大な電子メール(半分以上はごみ)と郵便物(殆どはDM)とディスプレイに張られた付箋紙(電話取次ぎが殆ど)が襲い掛かってきた。それを消化している最中にも他部署の人から「連休前の”アレ”どうなりましたか?」っていうのが何個か。ギリギリ半日しかもたないおっさんの記憶装置を舐めんなよと言いたい、、、。

仕事とか身内の出来事とか将来のこととかこのGW中にいろいろ湧いてきて、そおすると趣味のプライオリティはずんずん後ろ側へ回っていくわい。自身の健康のこともそろそろ本腰入れて考えてみてもいいかなと殊勝な事思ったり。なぜかこの歳になってちょっと勉強したい事も出てきたり、こおいうのを含めて”あのヒト”は「ブルース」と言ったんだろうか。

一応自転車の今後:
月末の美山サイクルどーしょー。伊吹山、八ヶ岳と続けてうまく走れなかったから、恐らくまぐれなんか起きるはずは無いしな(ここで言うまぐれは、普通に完走すること)。正直なところ、今はクラブチームや自転車ともだちとのサイクリングとか小競り合いが一番楽しい。プロの選手が5月18日に奈良県・山添村を走るレースは毎年見に行って楽しいので今年もいっちょ行くかな、まだわからんけど。

いろいろ悩んでるような気がするけど、よく考えると(考えなくても)さしせまった脅威は何も無い。人間だもの、心配事をしだしたらキリが無いわ。こおいう日記を書くというのは一応人並みな「五月病」かもしれんしなぁ。

| | コメント (4)

2009/05/07

GW最終日と、ヒトの終焉と

最終日にふさわしい”荒天”の木曜日。旅行にいって「さぁまた家事がんばって地味にいこや~」と宣言通り、朝から掃除、洗濯、ジャスコへ食品の買い出しでスタート。あと、平日にしかできない「金融機関めぐり」。これがいちばんつまらん。つまらんけどほおっておいても事態は進展しないし、だ~れも代わりに行ってくれない(当たり前)。

キッチンドランカー:
遅い昼飯、小池さん(嫁)は当然のようにラーメンを作って食べ、自分は台所で焼き肉した。
008
300グラム400円の特価肉と期限ギリギリの玉ねぎとこんにゃくを焼いておしまい。
007
こんなかんじで(Photo by 小池さん)

なぜかは知らんが、ワインを買うと必ず「飲み残す」悪いクセがあって、中途半端な瓶がジャカスカ溜まってしまので、GW最終日を利用して一掃作戦だぜ。「別に無理して一掃せんでもええと思う」by小池さん・・・
アホ言うな、「空けたら呑む」はじょーしきやジョーシキ。ビイルでも日本酒でもワインでも酢でもガッといけ!

こんなカンジで今日も平和に終わるんかとおもってたら、夕方におかんから電話。
祖母に”お迎え”がきはじめてるって。この週末でおそらくあっちの世界に行くっぽい。そうなったらなったで少し悲しいけれど、自分含めて身内はいろんなことから解放されるからこの日を待ってたというのが本心か。
関東大震災も体験したヒトで確か百歳近い。今から喪服、お数珠、あといろいろ箪笥から探すか。今までは友達の結婚式とか二次会とか子供生まれるとかお祝い事の連発の時代があって、ちょっと沈黙の期間があって、そんでこれからは慶弔でも「弔」のほうにバランスが傾いていくんかな。

つづくか


| | コメント (5)

2009/05/06

アイ・ウェア

043
10年以上ぶりに使ってみる気になった。自分の尊敬するサイクリストの数人とか、”500km男さん”が一切のアイ・ウェアを付けてなかったこと、そして他人より顔面が「暑がり」なことが、いままでこおいうのを装着しなかった理由。

けれど、最近の紫外線のつよさに脅え、それと健康診断で眼科のときに「外で遊ぶときにあまり裸眼でウロウロしたら緑内障になる確率が上がりますよ」と脅されたこともあって。たしかに地面の照り返しが楽やけども、まだ顔面になにかぶら下がってるうっとおしさに慣れるまで、時間かかりそう。

初めて買ったのは、グレッグ・レモンの”オークレイ”

| | コメント (8)

2009/05/05

回る寿司の旅なのだ

008
金沢市内で昼ごはん食べることになって、厚かましいけど、konaアニキにメールして教えていただいた”廻る”お店。「金沢の回転寿司の実力をご覧あれ!」って言われたけど、「参りました!!!」。

無機質に回ってくるヤツを、”あ~も~お前さっきも見たな~、ま~ええか~”と食べるこっち(大阪のチェーン店)のとは大違いで、シャリもぬくい!ネタもツヤ凄い! 車で行ってなかったら実力以上に食べて実力以上に呑んで、えげつない風体をさらすとこであった。さすが加賀百万石。

白山スーパー林道になかなかの「秘湯」があるって知ったんで、家族でイってみた。雪深い場所らしく、4月末~11月初旬しか営業してないとこ。きれいな室内、素朴な風呂、でも野趣溢れるというか、カメ虫とか便所虫が沢山いて、ローラー娘はあっちこっちで悲鳴あげててうるさい。最近の子は、かめ虫が臭いと聞いていても、どんだけ臭いかは知らない。近いうちに、ビギナー向けのかめ虫を触らせねばな。

二日目はその宿をあとに手取川ダムとかいう方へ行った。景色はいいけどさみしい場所なのに、ここでもたくさんのサイクリストを見た。どっから来たの?まさか岐阜?福井?いずれにしても、自分が走らないときは山の中でローディーを見るとびっくりするし。

058
JR九頭竜駅とかいう場所。鉄ちゃんではないからわからんけど、線路が終わってる場所っていいね。
051

(今、岐阜県の秘境におります)
秘湯を守る旅なのだ:
旅番組のTVのような、部屋に温泉がついてる宿に生まれて初めて泊まった。「ローラー男、どんなけ銭もってんねん!?」と思ったアニキ、アネキ。飲みにいくのを1ぺん辛抱したり、
151
普段業者が運んでくる480円弁当の代わりに自作弁当いってみたり、おやつも家からお菓子とかコーヒー持っていったり。立ち飲みも、あと一本ドテ焼き食べたいなぁと思っても500円以下に抑えてみたり。じみ目な節約したら、なんとかなった。

145
Photo by ローラー娘

030
年年歳歳”やりにくく”なってきてるローラー娘と混浴。雨がひどいので笠装備で風呂。こおいう時間、あとどれくらいあるかなぁ。

毎日の謳歌のしかたはヒトそれぞれいろいろあるけど、あしたまた家に帰ったら家事満載。でも、楽しいときを夢みてまたがんばろうと思う。


| | コメント (4)

2009/05/02

パンの旅なのだ

運動:サイクリング160kmちょっと
飲酒:これからがんばる


美味しかったパンの旅を思い出す料理1発目:
001
近所で売ってるバケット(たまたま焼きたて)に生ハム(ジャスコブランド)とクリイムチイズ(ジャスコブランド)とオリーブを乗せてみる。

003

「JR山陰本線・胡麻駅のちかくにスゴイパン屋さんがある!」ってずいぶん前からkiyoshiアニキのブログで見知ってたんで、これはぜひともご相伴にあずかりたいなと思って。普段お世話になってるクラブチームのツーリングというと、名所旧跡は巡るが「グルメ」というテーマになるとパワー不足。で、じゃあみんなで行きましょうと声をかけたら、なんと総勢16人がごっそりパンを目指すことに。
猪名川沿い~池田~一庫ダム~R477~日吉ダム~適当にパン屋さんまで。この往復。食べるのが忙しくて写真は無いけど、むちゃむちゃクォーリティが高いパンで腰抜かした。腹を空かせた仲間が調理パン関係を食い尽くしたんで少しがっかりしながら別のをオーダー。それが「怪我の功名」でともかく食べても食べてもおいしい。”甘い・ちっとり・そしてヤサシイ”。お店のまわりではカエルがゲコゲコ鳴いてるし、田植え始まった水田は風でヌラヌラ揺れてるし、こんなにシアワセにしてくれた初夏はひさしぶりじゃ!!!

もう少し近ければ、パン食ってチイズ舐めてワインを少し眺めて、そおいうサイクリングがしてみたい。いろいろなパン達、どうもありがとう。

| | コメント (3)

2009/05/01

パルナス、モスクワの味、ふ~ん

幕末もんばっかり読んでたらアゴが疲れるから、こんなちょっと寂しめの本もいってみた。

005_2
パルナスのCMソングが好きな小学生が主人公の昭和30年~40年・大阪・下町の話。軽く泣きたいアニキ、アネキは読むように。

でんでんカンケー無いけど、通信販売で買った自転車の水筒をささえる金具。
003
ツールド沖縄でくれた水筒いれたら、スコスコ。沖縄の水筒の規格は本州と違うのか?わからん。


| | コメント (7)

あげてみる

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:白いワイン×ボトルのほとんど

呑みすぎた末の顛末ではないぜ。

酔ってつくるアテシリーズ12発目:

冷蔵庫のスミで芽がでまくって恐ろしい姿に変わり果てているジャガイモと、たまねぎを、スライサーとかいう千切りにする道具でスパスパにする。で、小麦粉付けたおす。
002

油で揚げる。くれぐれも上半身はなにか衣装を着ること。憧れの「裸でエプロン」でもよし。ともかく、油のハネから腹を守れ。
004

「男に二言は無い」と言うではないか、とーぜん、酔った男に二度揚げは無い。”低温でじっくり・高温でサックリ”とかほんな悠長なことやってたら、家人に悪事がばれてしまうからさっさとやる。
005
これに適当に塩とか振って食べてみる。普通にうまい。

しかしたまねぎというやつはエエやつだ。食べても美味いが、むしゃくしゃしたとき一心不乱にみじん切りにしたりしてもスカッとする。自分の小ささが嫌になったら、玉ねぎを切ろう。


| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »