« ペペロンチーノ | トップページ | 舞洲の桜 »

2009/04/09

風まで桜色だった

運動:午前中猿山往復+夕方は舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、赤ワイン×2合

保育園の送迎と仕事と家事とに日々黙殺されて、ほんのちょっとのスキマに自転車というめまぐるしい生活送ってたのが、遥か昔のように思えた。そんなことをぼんやり回想してるうにち学校長やPTAの人の祝辞が続き、入学式はなんの波乱もなく終わってしまってちょっと拍子抜け。いろいろ事情があって近所の公立には行かずに、中高一貫の学校だから特別環境が新たになることは何一つないから、当人も保護者も新鮮なものが無いけれど、それでも「区切り」みたいなのは少し感じたかな。

30数年前の自分も彼ら・彼女らのように可能性の塊のような生き物だったんだろうか?いやちょっと違うな。回りの大人はそういうふうに見ていただろうが、当人は、ともかくその時は適当にどっか部活はいってみよかとか、あ~大量の教科書とか副読本持ってかえんのうっとしわ~とか、直近の事しか考えていなかったような。そおして自分なんかは強い意志をもたずにやってきたら、どんどん選択肢や枝道が少なくなってしまっていて、”可能性”という上着を脱いだら脱ぎっぱなしであっちこっちに置き忘れてきてしまったよん。今じゃもう裸同然やし。

今の子たちってどうなんかな?
式場の外へでると、青空が見えないほどの桜が見事だった。

それで、今朝から早速新学期一発目。せめて今日ぐらいはスカッと起きてこいよと思ったけど、ギリギリガールズはギリギリまで寝ててギリギリまで飯を食いギリギリまで髪の毛をいじってギリギリに出て行った。やれやれ。

|

« ペペロンチーノ | トップページ | 舞洲の桜 »

コメント

中学生の頃から木馬にアルバイトに来てたコがいてるんですけど、この春に大学に入学しまして、そんな彼を見てるとその可能性の多さに思わず「ええな~」を連発してしまいました。
でも70とか80とかになったときに今のジブンを振り返ったら、やっぱり「アノ頃は可能性がたくさんあったなあ」と思うのではないでしょうか。80になって「浴衣の乱~!」言うてたらアホですもんね(笑)。

投稿: M | 2009/04/09 12:22

未だに「可能性」で着ぶくれしているオッサンより害はないと思いますよ。洗練されたってことですよね。全裸は困りますが。。。
あ、ご入学、おめでとうございました!

投稿: ぱぱろぐ | 2009/04/09 12:45

●Mあにき、そんときは「おくりびとの乱」だな、、、。
●ぱぱろぐアニキ、どうもありがとうございます。洗練だといいのですが、不要なものと同時に、捨ててはいけないものまで脱ぎ捨ててしまったような気がしないでも無いですが、後戻りできないのが人生。ラララ~。

投稿: ローラーおとこ | 2009/04/09 13:04

入学おめでとうございます。
あるかどうかも判らない「自分に一番に合う服」を探して、ふらふらしてる「自分探し野郎」よりはずっといいですよ。

投稿: KAZZ | 2009/04/09 21:53

●KAZZあにき、サイズの合わない背広や色あせたシャツでも貪欲に着る勇気と男気が必要な時代ですが、まぁがんばろうかなと思う、春のわたくしです(笑。

投稿: ロラおとこ | 2009/04/10 09:16

今でも、まだまだ可能性があると、信じたい年頃です。
て言うか、会社辞めた後、どんな人生が待ってるか、真剣に考えないとアカン時期なのかもしれませんが、ギリギリまでキチンと考えることが出来そうにないです。

投稿: みーこ | 2009/04/10 09:24

●みーこアニキ、会社辞めたあとは遊ぶことしか今は考えられないです。一生キリギリスのように生きてゆければと理想ばかり先行しますが、今はそれが活力になるならそれでいいのだと思うことにしてますよん。

投稿: 39×18 | 2009/04/13 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペペロンチーノ | トップページ | 舞洲の桜 »