« 完成度アップ | トップページ | フジヤマ登るのか? »

2009/03/26

なんのヒネリも無い日記のタイトルで恥ずかしい。
006
インタフェースが他の部品メーカーと少し違うんで、どうかな?と思ったけど使い始めて20分で馴れた。
ともかく”軽い(単体を手に持っての話し)”。非金属ってどんだけ軽いねん!?いうぐらい軽い。
”手元変速装置”としては後発メーカーだけに、先輩格メーカーの同等品で「あったらええな」という機構がいろいろついてるという事前レビューは正しかった。

ただし、自分が長らくやってきた「手くせ」というか、変速のやり方がそっくりそのまま継承して使えるかというと「ノー」でした。坂道を登り終えてさぁ下るぞというときに、4つぐらい後ろ側のギアをバキバキバキ!とイッキに重くしたいという要望には応えてくれなかった。せわしなく一つずつ重くするしかなさそう。けれども「珍しくて妙な部品を使ってる」という趣味の世界独特の想いというのはけっこう大事かも。真夏の立ち飲み屋で自分ひとりだけ熱燗飲む行為か。


つづく


|

« 完成度アップ | トップページ | フジヤマ登るのか? »

コメント

赤フンしかり、赤いトラクターしかり、赤は男心をくすぐりますね。

投稿: みーこ | 2009/03/27 10:23

●みーこあにき、赤いヒラヒラをみて猛々しくなるのは猛牛だけではなさそうですね。

投稿: ローラーおとこ | 2009/03/30 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完成度アップ | トップページ | フジヤマ登るのか? »