« 明日はあるさ | トップページ | ローラからロラへ »

2009/02/05

立春のサイクリングなのだ

同行させていただいた自転車のアニキたちの日記には既に公開済みですが、実は水曜日に淡路島を回ってきました。

でもおっさんの遊びのスタートはそれなりに結構大変ざんす。
前日は日本中節分。退社後猛烈なスピイドで太巻きを作ってローラー中娘と恵方むいてかぶりつき、狭い家の中とベランダを豆だらけにして(フイに踏み潰したりなんかして粉々。台所のフローリングはハトやスズメに荒らされたんではないかという惨状。まぁ、それに目をつむってくれる小池さんには感謝してます)、同行のM君が運転してくれた車で(どうもありがとう!)前泊のため明石へ。

”魚の棚”とか”街で唯一のエッチ映画館”しか明石の印象なかったけど、少し筋を違えると、おびただしいほどの飲み屋があるってことを知り、興奮しました。また機会を改めて行きたい街ですわい。

上陸後さっそく反時計回りにスタアト。さすが立春の海の色は優しい。夏の紺碧もスバラシイけど憂鬱な冬枯れた色とは明らかに違うし。そしていつも変わらない「車の優しさ」。関西では定番になってる一周コースに「琵琶湖一周」と「淡路島一周」があるけど、もう琵琶湖・湖畔を往来している殺戮のトラックの群れを思い出すと、淡路島は天国に思える。イイ島だわ。

楽しい楽しい自転車の旅に、稽古としてのことを思い描くのは無粋だがと自分で前置きして:
70kmほど乗ったとこで明らかに”電池切れ”の兆候が出た。脚がうまく回らん、先頭を引き続ける気概のようなものが湧き上がってこない。登りで集中力が簡単に途切れる。信号待ちで止まっても、心臓が早鐘のように動いたまま落ち着かない。ハンドルが遠く感じ出す。でもそれでいいのだ。今はこれでいいのだ、だって、、、。

洲本から北上するとき、沖にそれはそれは美しい大きなマストの帆船が見えた。おもわず”テキサスロングホーン”を叫びたくなった。一緒に走ってくださったアニキたちどうもありがとう。

001
疲労回復のため、王将で生餃子を買ってきて家で焼く。楽しかった一日をウフフと思い出しながら餃子を食べてビイルを飲んだ。とても贅沢で幸せな立春in2009.

|

« 明日はあるさ | トップページ | ローラからロラへ »

コメント

水曜日は朝7時半頃、前日夜は0時頃、ジェノバラインの前の交差点、魚の棚、明石駅辺りにいました。
お見送りしたかったけどちょっと時間が合わなかったですねー。
ワタシも今年こそ淡路一周したいなー。
頑張るっす!

投稿: 目と鼻の先のぱぱろぐです。 | 2009/02/05 20:56

お疲れ様でした。
楽しい1日をありがとうございました。
餃子が美味そうですね。ウチは「ゴハン無いで」と言われたので結局家族で居酒屋で散財しました(泣)。
でもそれもまた幸せなのかもしれませんね。
またぜひよろしくお願いします。

投稿: なかじん。 | 2009/02/06 02:18

同行させて頂いた自転車のアニキたちの日記をクリックした途端、コドモがパソコンの後ろにきて、ちょっと困りました・・・。(゚ー゚;

投稿: Bちゃん | 2009/02/06 06:32

●目と鼻の先の、、、アニキ(長!)、残業お疲れ様です。高速艇をつかうととても身近に感じますね。釣りもしたくなりました、海見ながら走ると。
●なかじんあにき、どうもありがとう。この企画永遠に続けたい!
●Bちゃんさん、我が家ではそろそろR15指定解除の時期が迫ってます。家のなかの妙な雑誌・新聞の置き場所に困ってます(笑。

投稿: ロラロラ | 2009/02/06 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はあるさ | トップページ | ローラからロラへ »