« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/28

ヒラメのポンプヘッド

002
二年使った空気入れの口金。みため全然問題ないけど、

003
ゴムパッキンが劣化して、空気がすーすー漏れる。このすーすー言う音がけっこうなストレスになるから交換。ちなみにこの口金って米式バルブと仏式バルブの両方対応の「ユニバーサル」な仕組みで確かによく考えられてるけど、使い勝手はよろしくない。バルブへの着脱にけっこう力要るから、手とか指とかちょいちょいぶつけることもあるし。

で、”とうとう”これ。
001
買うか否かで半年迷った。なんでか言うたら4,250円するから。でも手にもつとヒンヤリ冷たくてずっしり重たいとんでもなく重厚な質感最高。さっそく使ってみると「もうええもうええ」いうぐらいスムーズに空気入るわい。チューブからの着脱もストレスフリー。

004
字はちんまいし何書いてあるんか全然わからんし扱いに困る説明書。

Pumpheadtate2
部品点数が少ないちょとだけ廉価なモデルがこの縦型。両方使ってる人にそのレビューを聞いてみたら、「バルブが短いトキ、横型の方が断然使いやすい」って聞いて決断。
ともあれ、日本の工業技術は凄いわい。


| | コメント (15)

2009/02/27

おくりびと

仕事関係のカンファレンス参加を執拗に迫るメール来た。有料やし内容興味無いしでもなんか返信しないとまずい雰囲気だったので適当にアンケートだけ回答した。職業欄があったので「納棺士」と書いておいた。ついでに生年月日も1909年×月×日。

IT企業にお勤めの100歳の納棺士というのはちょっと異色だ至急取材せよ!とかになって記者がきたらど~しょ~。

| | コメント (4)

自転車のばか~ん

運動:家事労働のみ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×2合、黒白波×1合、冷酒×1合
節操の無い飲み方、引続き実施中。

小池さんが出張先から珍しく直帰。平日夜に家族三人が揃うなんてちょっとした珍事。我が家の上空にいつテポドンが飛んでくるかもわからんので、めったにない平日の団欒を満喫せなあかんやろと、サイクリングは中止。趣味は本当に楽しいが、日々の暮らしの中でのプライオリティは低くても全然かまわんと思う。乗りたいのに乗れないジレンマに揺れるアニキ・アネキがいたら「悩むな」と言いたい。


だれの日記か忘れたけど、「初心者マークでシニアマークの車を見た」というテクストがあって、”ばかな・・・”と思ってたが、
090225_1802001
大阪・野田阪神の交差点にその車は実在した。
しかし意志表示の謙虚さとはウラハラに、やや横暴な運転。もう少し回りへのデリカシーがあってもいいのに。
この二つのデバイスの持つ意味がちょっとよく判らん。免許を取得した当初はなんの迷いも無く、初心者マークをつけて慎重に運転したけど、確か法律で保護されるとか優遇されるとか無かったと思う。熟練のドライバーから見たら、「危うきに近寄らず」マークだとするとこの車は、、、。

| | コメント (2)

2009/02/26

Wiggle!

長い長い堂々巡りの末にたどり着いたのは、やっぱりUKの通販サイト「Wiggle」。

決済ボタンを押した直後に来たメール。
”~Thank you for your order. We hope you had an enjoyable time shopping at wiggle!”

一応翻訳サイトでも確認すっかなぁとやってみたら、
「あなたの命令をありがとう。我々は、あなたがくねくねさせることで楽しい時間ショッピングをしたことを望みます!」

画面の前で身をよじりながら買い物したことを、遠く離れたUKからでも見られていたのか!恐ろしい時代や。
それはええとして、当面このUKのくねくねサイトを見て体をくねくねさしてあーでもない、こーでもないと悩み、買い物カゴに商品を出したり入れたり出したり入れたりする日本人は、まだまだいるんだろうな。

002
処方してもらった目薬。
これで今のところ何とか目の痒みを押し殺している状態。あとは大臀筋に鈍痛があるから、風呂で揉んだ。なんで世間には「乳もみ」やってくれるとこあんのに「尻もみ」ないねん!?アスリート向けに尻せんもんに揉んでくれる特殊機関とかないのか。ないわな。

| | コメント (6)

非可逆性で生きている

運動:家事労働のみ+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×1合、黒白波×1合(もうすぐ春だから、節操の無い飲み方してみた)

常日頃、ヒトには(そして自分にも)「酒を飲んで買い物すな!」と言い放っているのに、このざま。
001

焦る要因は二つ。一つは滋賀県・伊吹山である自転車の大会が迫ってきていること。もう一つは円安が急ピッチで進行しつつあること。投資家でもないのに正月明けから為替ばっかり気にする暮らしもちょっと疲れてきたぜ。
「もうこだわるのはよそう」という自分と「趣味はイクとこまでイクから趣味って言うねん、折れるな!」という自分の力関係は最初拮抗してたのに、ある思いでイッキに形勢は後者へ。

”そうだ、俺は大人なのだ、ちんげボーボーの立派な大人なのだ、大人は迷うことなかれ”その思いで吹っ切れた。あとは画面に表示される英語を読み進めて分からんようになったら焼酎飲んで適当に自分を誤魔化してボタンを押忍!瞬時に俺の熱いというか暑苦しい想いははるか彼方の大英帝国へ。

大人の行動に後戻りは無いぜ~前進あるのみぃ~ラララ~。

| | コメント (0)

2009/02/25

ジョン ボーナム

昼飯にラーメン屋でつけ麺食べてたら、なんか地響きするからなんや?なんや?と思ったら、店長のCDラジカセからジョン ボーナムのドラムの音が。
醤油、味噌、塩、豚骨だけでなく、CD売ってるラーメン屋があってもいいと思う。

| | コメント (2)

空腹で走るな

”サイクリングしてから晩飯にしよう”と横着すると、力が出なかったり漠然と走ってみたり、地面に落ちてる産廃を踏んずけて思わぬアクシデントに見舞われたりする。昨夜は、ローラー中娘の晩飯をこしらえながら食パンとバナナを食べたら、脳にも糖分がゆき渡ったようで、集中できたし力もモリモリ出たし、闇夜のコースにも目を凝らすことが出来たし。しっかし、”ヤマザキ・ダブルソフト”は生で食べると本当に美味いわ。

| | コメント (2)

UKと恋愛する

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、680円の赤ワイン×普通ぐらい

”ポンド安”の今、サイクリストの間でUKの通販サイトがとても「熱く」、自分もその波に乗ってみようと思って、今年の正月明けに早速オーダー。でも、待てど暮らせど希望した部品の入荷見込み無し。で、2月初旬に「いったいぜんたいどうなってんねん!いつ・くんねん(入荷するねん)?おっさんやる気あるんか!?」と烈火のごとくメールを出したら、ステファニーという女性から(おっさんちゃうがな・・・)「2月下旬に入荷します、お楽しみに!」って甘いカホリの返事が。
約束の二月下旬になってシビレを切らせ再度催促したら、そのステファニーから「わたしが悪かったわ、ごめんなさい。商品が無いのよ・・・」って、なぁステファニー、君との恋愛に僕はもう疲れちゃったよ、さよなら、、、。

ってことで「totalcycling」は魅力的な部品を魅力的な価格で販売しているらしいけど、ここを利用するのはやめました。
日本円で価格表示するってことは、日本人をターゲットにしてるってことだろけど、日本人っておもてる以上に「せっかち」だからよく覚えておくように->UKのひと。

007
(写真と日記の内容は全然カンケー無いです)

顧客満足度:
業務の一環で、(コンシューマ向けでは無いが)自社製品をネット販売する仕掛けにも一枚噛んでいる。顧客の立場になって、常に”操作が簡単で在庫確認が一目瞭然で、届くまでのトレーサビリティもばっちりで”と、ユーザーライクを心がけるように。それでも時々落とし穴はあって、上司や顧客から叱責を浴びることも。

今回のようなUKサイトが簡単に淘汰されないのは「なんでやぁぁぁ!!!!」。


| | コメント (6)

2009/02/24

気合が足らんねん

日本人は気合が好きだ。

「腹痛い~~~~」
「気合足らんからや!」

「頭ズキズキする~」
「気合入れたら治るて」

「血ぃ出た~~~~」
「気合で止めろや~」

「わし昨日自転車で時速150キロ出たわ~」
「気合はっいっとんのぉぉぉ~~~~」


他人には散々気合注入して今まで生きてきたが、とうとう気合ではどうにも立ち行かなくなってきた。

「目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い目ぇ痒い」。
気合の上いく花粉があるとはな。

あっかん、、、、:
「あかん!」、仕事してるより目薬入れてる時間の方が長い。だれか知らんけど、居室の中に大量の花粉持ち込んだやつおるやろ!花粉シンジケート「杉杉団」とか。もう、頼むわ、ほんまに、、、。


| | コメント (5)

肉無しマーボー豆腐

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

舞洲の帰りにジャスコに寄ると豆腐が特価になってた。後先考えずに買ってしまった、目論みは勿論この前買った調味料を使いたいので。
004
ひき肉が無いけど、それは空想で補うとしてあとは豆板醤、甜面醤、ネギ、しょうが、醤油、酒、粉末の中華スープ他そこそこ調味料とか入れてという王道スタイル。で、食べてみる、、、、ひき肉がどれほど重要な意味を持っていたのかを知った。
男子は若い頃より空想や妄想+わずか数枚のグラビア写真だけでいろいろな事が出来る力を身に付けているが、空想や妄想でコクや味を出すのは無理だった。勉強になったわい。
妙な満腹感に悩みながら寝た。

空腹に負ける:
家事を済ませて舞洲へ出かけるころには、既に昼飯から約8時間経過。胃の中には一粒の残存物さえ無い。いつもはこのままでも小一時間程度なら走れるけど、昨晩はムリ!たどりついた途端にUターン開始。でもまぁ、細切れでも体を動かせられたからいいわ。

休日に長い時間サイクリングに出かけた挙句、その夜はちまちましたものを食べながら酒を飲むので、基礎代謝以外に必要としているエネルギーのための”供給”まで手が回っていない。これは月曜まで影響するので、本当はもっと食べないとあかんし。
ヨーロッパのステージレース経験者談によると、ともかくチームの監督やディレクターは口を開ければ「食え!食え!」とうるさいらしい。相撲の世界と似ている気がする。


| | コメント (3)

2009/02/23

Brass band

ローラー中娘のクラブ発表会観覧。
001

サキソフォンやクラリネットのような”リード楽器”は”マウスピース”だけで勝負する楽器よりも吹き易いの?トランペットやトロンボーンの音が妙にチープに感じたから。詳しいアニキいたらまた教えてくださいな。
演目は多種多様に及ぶが、コンクールの為にソレ専門の作曲家が書き下ろしたものは、聞いててつまらんかった。生徒達のいろいろな技巧を試す試練として作られていて、聴いているオーディエンスがワクワク心躍るようには出来てないのか?とおっさんは思った。
場内は勿論「飲食厳禁」であ~る。それを頑なに守るために、事前に小池さんと立ち飲み(一応スマートな店)に行っておいた。お陰でモーレツな尿意と戦った。

Benny Goodmanの「Sing Sing Sing」とか、聞いてて楽しい。おもわず体をゆさゆさしたくなる。けれど演ってる本人達は懸命に楽譜を追って指を動かしてて、”スウィング”する余裕が無いのがなんともカワイイわい。

杉:
北山も凶暴だが、吉野杉も負けてない。なんで俺は花粉症なんだ、、、。

| | コメント (8)

2009/02/22

ラーメンの旅・2月22日

運動:自転車5時間
飲酒:淡麗350ml×2、黒白波×普通に

南河内グリーンロード~水越峠(旧道)~竹ノ内峠(旧道)のあたりいろいろ走った。南方面は休むとこがなくて、コースきつい印象。いつも行く「北摂」の道と何が違うか考えた。南方面に行くと山あいのいたるところに「~行者」と書いたいわく付きの湧き水とか苔むした岩とかあるのに気が付く。それだけ修研者が多くて険しい道が多かったんだろう。それに比べて北はなんとなく牧歌的な景色、亀岡のあたりだと秋には小麦畑の金色に輝く海が広がるから。

それにしても自分の下りが下手なのはど~しょ~もないな~。上りで仲間を出し抜いても、下りでいとも容易く追い抜かれるのはどうしょうもない。動体視力の衰え->視覚から得た情報を脳みそで分析するスピイドの衰えは、進行するばかり。まぁ仕方ないけど。

長らく一緒に走っている練習仲間の一人が、「朝バナナ・ダイエット」で80ンキロの体重から約10キロ減量に成功され、その走りが劇的に変わったと聞いた。痩身による自転車のパフォーマンスにとても興味があり、ようやく今日その”真実”を目の当たりにしてびっくり。

「速い!」

意地になって登りでがんばったけど、このヒトまったく千切れない。実はこの時期予定外の「オールアウト付近」までエンヂン回してやっとのことで峠に先行する場面が何度もあった。劇的に走りが変わってて本当に驚いた。学生の頃・ラグビーをやっておられたと以前聞いたことがあるけど、体の奥底に爆発的にパワーを発生する方法があって、それが長いトキを経て再び蘇ったんだろうか。その点「卓球部」出身の自分は、、、。

北より南:
物騒な表題でごんす。諸兄のブログを拝見しますと、北方面はとても寒かったらしい。対する南(といっても奈良と大阪の県境周辺のこと)は、特別暖かくはないけど手袋無しでも辛抱できる程度。げんに、シューズカバーを終日着用しなかったし。あと、Raphaのソフトシェルジャケットは凄い!けっこうな雨の中、まったく水の浸水が無い。それでいて生地がとても薄いので風のばたつきも無い。オフセットした位置についてあるジッパーはComplete waterproof!さすが深い霧の国から来た衣装だわい。

週末の小池さんのターゲットは「尾道ラーメン」のお店。
090221_1118001
約2年近くのブランクがあって再訪。細くてストレイトで少し平べったい麺が特徴。そして濃厚な醤油スープ。普通に美味しい。しかし、なにか様子が違う。最近は味だけでなく小池さんと二人で”コンサルごっこ”みたいな会話が多い。店を出てから「あの店の家賃、坪いくらだろう?」「人件費からみた荒利は?」「潤沢な経営を続けるための改善点は?」とか。素人の身勝手な意見ばかりで楽しい。

で、以前はタクの運ちゃんが頻繁に利用していたのに、完全に客の”導線”が変わってしまっている。なんと、隣りの定食屋が500円で非常に豊富なメニューを供していた。不景気はラーメン屋の味をも飲み込んでしまうのか。もう、本当に暗黒の時代だ。

| | コメント (4)

2009/02/20

安藤 忠雄

のせいで、腰痛悪化。

打ちっ放しコンクリートの建物での作業は、体の芯まで冷えた。伊吹山ヒルクライムで足回らんかったら安藤 忠雄のせいだ。

| | コメント (3)

セキュリィは存在しないのか?

もう深く考えるのはよそう、ともかく目の前の作業を”粛々”と潰していこうとすると、次に通された部屋は無人の学部長室。ドラマだとたいていこの大きな空間で学部を巡る汚職事件が繰り広げられるので、その事件に巻き込まれないようにソ~ット作業開始。屁もこかずにしっこも行かずに。

その次の部屋は共同研究室みたいな部屋で、新旧とりまぜたPCが数十台無造作に置かれてあったり、高価そうな事務用品や研究機具があった。入室するとき「この部屋はちょいちょい物がなくなるので、作業おわったらドアを閉めて退室してくださいね~、じゃあ」って、「じゃあ」って何やねん!?「施錠してください」じゃないのか?自分の聞き間違いかとおもったけど、たしかに「じゃぁ」だった。

自分が学生の頃はPCなんか無かったから(ごくマレに持ってた教授も居たけど)、どの部屋にいっても金目のもんなんか無い。学生にはまったく興味のもてない本だらけ。けど、今はちゃうな、悪心を持って言えば、勝手に持ち出して現金に換えることのできる物が山ほどある。なんのためらいもなく、”その辺に”ポツねんと置いてある。

大麻:
手を出す学生が悪いのは疑う余地なし。けれども、今回の一連の作業を通して感じたのは、”大学ってこんなにぐだぐだなトコやったかな”ということ。学問に注力するとこであって、人の生き方とか成熟したモラルを問うべきフィールドとぢゃないのサと帰り道にキャンパスから吹く風が笑った。

ケッ。どうりで寒い筈じゃ。

南河内大学のほうがよっぽど男気あるかも「チョンワチョンワクエックエッ」。
膀胱の調子、今朝も悪かった。

001
なんのカンケーもない、そろそろウクレレのシーズン到来。

| | コメント (4)

ポリシーは無いのか?

運動:終日立ち仕事
飲酒:淡麗350ml×1、黒白波お湯割り×普通に

某大学の医療関係学部でIT関係の仕事でした。その学部で働く全ての教授/準教授/講師/事務-の居室を回って作業をするといういわば”ローラー作戦”のようなことを、朝の9時から晩の9時までしっこも我慢してやった。俺の膀胱どんなけ伸びんねんいうぐらい我慢した。

で、一発目から気が動転してしまった。指示された教授の部屋へノックして入ると、学生と面談中(どうも論文の添削してる様子)の教授がこちらに一瞥をくれただけで「てきとうにやってくれていいから(自由にPC触っていいよ)」と言われた。いちいちパスワードを打鍵してもらう必要ないから楽でええわと思ったけど、数秒後そのPCの前に座って驚愕した。ログインはおろか、

ありとあらゆるものにパスワード/セキュリティがかかっていない

作業上どうしてもメールソフトを立ち上げる必要があって、アイコンをクリックするとなんの躊躇もなく立ち上がる。
そして目の前のディスプレイから、教授宛てに届いたさまざまな内容であろうメールが一斉に自分めがけて飛び出してきた。喉の音が漏れたんちゃうか?と思うほど「ゴクリ」と生唾を飲む、、、。勿論メール本文の内容なんか読まない。読まないけど、今自分の目の前で繰り広げられている光景と、普段職場では「情報漏えい」「セキュリティ・ポリシー」という言葉の刷り込みに眩暈を覚えるほどなのに、この温度差はいったい何んじゃいな!!!

おもわず教授に向って「あの、、、メーラーのパスワードなんですが、、、」と切り出すと、それこそ”なにを今更ねむたいこと聞くねん”言う顔で「(設定なんか)いらんねん」と言われた。
おまけにディスプレイはアプリケーションや文章の”ショートカット”アイコンで覆い尽くされていて、わずかなスキマから壁紙が見える始末。そのアイコンのファイル名には「○○コンソーシアムについて」という軽微(?)なものから、「XX単位取得判定結果」というシリアスなものまで。

~以降、同様の現象が殆ど全ての居室/PCで繰り広げられ、たえず胸の中は”ポリシーって、もしかして固執する自分の方がおかしいんちゃうやろか、、、”と思い悩む時間が続く。屁もこかずに、しっこも行かずに。


| | コメント (0)

2009/02/18

たそがれるな

なみはや大橋は頂上のとこが緩いカーブになってて、水銀灯の数も多くないから夜はことさら見通しがよく無い。なのに昨夜は頂上すぐのとこに真っ黒なボディの軽自動車がハザードも点けずに停車してた。ドライバーは呑気にシートを少し倒してフロントウィンドウからUSJ方面の夜景を眺めておるではないか!

サイクリングしながら様子を伺っていると、まったく移動させる気配が無い。後方から来る車はみなイキナリの物体出現に戸惑い・躊躇しているのが判るし。お前あほんだら教の教祖かどこ停めとんねん100円(の通行料)払ろてるからたそがれてもエエと思っとったら大間違い。自分がやってることの愚かさを理解できんやつは大阪湾にでも浮いとけ。

001
弁当は顔が命です。


| | コメント (3)

ハムカツ

今日の弁当にハムカツ作成。トンカツよりもビフカツよりも郷愁を誘うサウンド、それが「ハムカツ!」。
002

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、黒白波お湯割り×普通に

月曜日に輪をかけて火曜日の晩は寒かった。橋を上りきってIKEA鶴浜店のイエローの電飾看板が見えたとき、自分に勝ったと思った。おもわず涙がだぼだぼ溢れた、、、のは風が強いから。
登り初めて直ぐに腰痛が酷くなってきて家に帰って熱燗飲んで布団にもぐりこみたくなったが、日本酒を自らの”鉄の意志”で封印してしまった以上、帰っても熱燗はもうそこには無いのだと自分に言い聞かせて、悲しい気持ちで橋の上を往復したぜ。

決めた回数だけやろうと懸命にがんばったが、腰は辛いわ風はきついわ気温低いわ、もうやせ我慢もたいがいにしとこと思ったら、そうだ熱燗は無いけれど焼酎のお湯割りに希望の光を見出したらええやんと考えてサイクング終了。
ねぇ、どうしたら君のことを忘れ去ることができるんだろう~日本酒マイ・ラバ~ ルルル~ラララ~。

| | コメント (8)

2009/02/17

おっさんの晩飯公開

一言でいうと「貧相」。
001
湯豆腐と白波のお湯割り。そう、これだけ。まず「酒ありき」っで次に「アテ」。
退社後、ローラー中娘の晩飯は”それなりの”体裁を整えて作るけど、自分用は所詮こんなかんじ。だっておっさんなんだだもん。

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:黒白波お湯割り普通に

よく「腹が減って寝らへれ~ん」と言う人いますけど、本当なのかな?満腹になったら確かに眠くなるけど、睡眠の深度は浅い気がする。ちょっと腹減っててしかも酩酊しない程度の酒を飲めば、翌朝は爽快。「酩酊しない程度って?」、それを聞くのは野暮だぜ。
003
とろろ昆布とネギ載せて、ポン酢かけるだけ。

会議終了:
実は毎週恒例化していた「サンドバッグ会議」が無くなってしまった。正しくは「恒久的な成果を求めて部下のアラをちまちま突いている状況では無くなった」。今や、経営層も新卒君も一丸となって取組まないと、会社そのものが無くなるというまずい状況。ボカスカ殴られっぱなしも嫌だったが、すっかりイジメられなくなるというのも寂しい。そうか、自分はやっぱりMなのか。

| | コメント (7)

2009/02/16

男子臭の日

運動:サイクリング6時間ぐらい
飲酒:淡麗350ml×2、白いワイン×少し

001
本当は白が好きなのかもしれない。漫才コンビ(最近は違うけど)「オセロ」も白いほうが好みやし。それと、ワインに注目してたら、日本酒の禁断症状も薄れてきた。この季節にしては異常ともいえる陽気にも助けられたから。

サイクリング:
真冬に近い衣装を着て、真冬なみのペースで水分補給してたら、4時間過ぎに体内の塩分濃度が急上昇。信号で止まっても心臓がどくどく鳴って落ち着かない。血が濃くなってしまっている証拠だ。心臓には気の毒なことをしてしまった。

アンバランス:
複数人で走ると、順番に先頭を入れ替わるシーンがある。そおすると、順番や風向きによって自分の直前を走る人がいろいろ入れ替わる時があって、その人たちを真後ろから眺めるのはけっこう楽しい。
左ひざが(右ひざに比較して)外に出っ張っている人や、
右側のお尻だけがサドルから極端に下がっている人や、
腕の位置がおかしかったり、
頭が傾いていたり。
その人がそうしたい、あるいは自然とそおいう体躯になっているかもしれないので、あえて指摘はしない。けれどそおいうほかの人の動きを見て、さて自分はどうなのかな?どうすれば効率がよくなのるかな?とか、考えるのは楽しい。

それにしても沢山のサイクリストに会った。西谷農協のとこでRaphaの自転車に乗ったダレンさんと。木器ではシルベストサイクルの集団にごっそり囲まれた。あとで仲間が一様に「あのときは男臭かった」と言っていた。同感。やはり大勢の男性に囲まれるのはエグイ。その後、白地に緑色が混入したヘルメットが豆粒のように見える。すぐにパチョ君だと判明。一瞬交差しただけだけど、とても嬉しい出会い。そして後川へのルートを川沿いに遡上していくと、tubiのジャージを着た方と、ほか女性や男性やどっちか分からん人、そして城東工業自転車部員の一団が前から。巻き上げる風はやはり男臭い。あとは西峠を下って坦々と、上げもせず下げもせずに帰ってきた。花粉で目が執拗に痒くなった以外はいい日だった。


| | コメント (5)

2009/02/14

2009年2月14日

008
自分で作った(ローラー中娘のアシストで)チョコを貰って自分で食べた。これとホボ同型のものが冷蔵庫に30近く安置してあってびっくり。いわゆる「友チョコ」ってやつ。クラブ活動の先輩/後輩とか、クラスの友達とか宛て。驚くことにどうも意中の男子約1名にも進呈するそうだ。なら特別ってことか。しかしローラー中娘よ、なにぬるい事やってんねん。そんな男子がいるなら中にアーモンドなんか入れずにハバネロでも入れとけ。それに屈するような男子なら、他をあたったほうがいいぞ。

運動:舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

終日、花粉症に苦しむ。
今日は、「マルコ・パンターニ(イタリアの自転車選手)」の命日。

午前中にルーティンの家事を済ませ、昼飯は最近恒例になった小池さんとの「ラーメンの旅」。自宅からママチャリをキコキコ漕いで天神橋筋5丁目を目指す。天神橋筋商店街はその長さ、店舗の質・量とも関西屈指。途中「激安」を謳う焼肉屋とか洋食屋とかすし屋の行列に「アホちゃうか~」と愛の一瞥をくれて(実はそーとー羨ましかったりする)、目指すラーメン屋の前に立てば「ありえへん位」の待ち行列が。

淡い期待の前に空腹でばったり倒れそうになったら、すかさず小池さんが”緊急避難措置”を用意してた。小池さん、手回し良すぎるって。で、代替案の店でラーメンとチャーシュー丼を食べた。ラーメンに満足し、チャーシュー丼に怒りを覚えた変な昼飯になってしまったが、まぁ人生そんなもんか。ワーカホリック気味の小池さんのストレス解消になるようだし、お店毎にある雰囲気やたたずまいとか勿論「味」の比較も楽しいから、今後も機会があれば市内津々浦々をキコキコ自転車漕いで回ってみたい。


| | コメント (0)

2009/02/13

グランフォンド福井2009

昨年、一昨年に続き、今年も出ようと思います。150kmに申し込みました。で、迷っているアニキ・アネキがいたらアドバイス。

「ブヨに気をつけろ!」

「コース途中に急峻な坂道あったらど~しょ~」とか「道に迷ったらど~しょ~」とか「完走できへんかったらど~ぢょ~」とかそんなもん”悩むな”と言いたい。悩むべき相手は、スタート地点付近の清流に凄む「ブヨ軍団」だ。前回、そんな脅威があるとはツユ知らず、「あ~なんかちっこい虫いっぱいおんな~、刺されてもでんでん痛ないし~、まぁええわ~」と相手にしなかったら、

その夜からむこう三ヶ月間(これ大げさでなく)、猛烈な痒みに苦しんだぜ。対策としては長いタイツ履くとか、スタート地点に行かず、駐車場のあるアスファルトでギリギリまで待機するとか。
おそろしいブヨのページがあったんで、無断リンクだ(作者のヒトごめん)。

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:赤いワイン×3合ほど

少し寒さが緩んだせいか、沢山の人が周回してた。品のない改造をした「日産180」という車が品の無い排気音を轟かせて周回していた。中から品のいい坊やが出てきてちょっと拍子抜けした。ワルに憧れてんのか?
ワルくなりたければ自転車に乗れ!六甲山・一軒茶屋まで30数分で登れたら、サイコーのワルと認めてやる。

ようやくスティールの自転車に馴れてきた。たちこぎするときにおかしな場所に重心をもってくると、ボヨンボヨンするだけで上手く推進しない。昔取引先の偉いヒトにセクシーな飲食店になかば無理やり連れて行かれたとき、支配人を名乗る男から「ボヨンボヨン」と「ぷりんぷりん」はどちらか好みか聞かれた。どちらも興味が無いとキッパリ断ると「どすこいどすこい」が出てきた。

来週からしばらく夜は「なみはや大橋」に通います。久しぶりに会う、ウォーキングのおばはん達、元気にしてるかなぁ。

| | コメント (8)

2009/02/12

病は木から

昨日より、花粉症2009シーズン本格突入。
痛風治療(投薬)も継続中。
シクロクロス、淡路島一周、ダートサイクリングと立て続けに負荷を掛け続けた結果、腰痛もレッドゾーンへ。
残る僅かな体力リソースは、家事へ回したいと思います。

ギブ!
コピー機のとこへ行くのと、しっこへ行く以外は椅子に座りっぱなしで、これでは腰に良い筈が無い。腰痛に苦しむヒトがわんさかいるのに、会社ももうちょっとどうにか考えてくれんかな。椅子の上で体ぐにゃぐにゃさせるから、骨の「symmetric」もばらんばらんになってるんちゃうかー。

| | コメント (8)

2009/02/11

フレンチの旅なのか?

運動:猿山往復+体操いろいろ
飲酒:ワインのボトル×2本、いまからいろいろ

8時起床。とりあえず自転車衣装に着替えて出発。えーっと、やる気無いのにサイクリング行くのは、本当は不本意やのぉ~とか思いながらとりあえずお山を目指すのだ。
”猿山”方面もずいぶん久しぶりになる。案の定、「前はあったはずの」コンビニが無くなってたり、「前は更地」やったとこにセルフのGSができてたり、景気が道中の景色を大幅に変えているではないか。
そんでふもとまで行くと、たくさんの自転車のヒト。あっ、サイクルショップtubiの店長がニコニコ笑いながら手をヒラヒラさせている、玉ちゃん(店長)久しぶり。お店のイベントの集まり具合を見て少し安心したよん。この先も商売うまくいくといいね。

自分の走りはというと、長い登り(※)は凄く久しぶり。サドルのどこに座ってハンドルのどこを持っていたのか、カンペキに忘れてた。あ~、また一からやり直しか~。

※ 自分の聖地(なみはや大橋)が頂上まで180secかかるから、これ以上かかるような場所は全国どこでも「長い登り」になってしまう。

そして本日は、ローラー中娘の誕生日を前倒しで開催。近所の商店街にあるフランス料理の”食堂”へ行く。
029
フランスには果てしなく縁遠い暮らししてるんで、どっちか言うたら回ってる寿司食べながら安もんの日本酒でも飲んで、ローラー中娘をおちょくったりするかという案を出したら、小池さんに叱られた。

ディナーではなくて、ランチってとこがセコイ。セコイけど、そのぶん(安い)ワインをじゃんすか飲んだらええわという作戦。
009
羊のバルサミコス煮。これが800円。フレンチだけがバイト経験無いんで、材料が何か、どうやってこしらえるのか、味付けは何を入れるのかサッパリ知らないのです。羊くんの部位は不明。知らんほうがいいのかな、、、。

003
前菜セットの一番手前のやつ、なんか聞きそびれたけど「蝦夷鹿のXXXX」。ワシントン条約に抵触せんのかな?知らんけど。で、食感と味はズバリ「コンビーフ」。コップに入ってんのがかたつむり。かたつむり、美味い!

006
ローラー中娘のチョイスしたメインが、かしわの焼いたやつ。かしわ自体は美味い美味いを連発して食べるのに、嵐の過ぎ去ったあとの皿の上は「豆だらけ」。この年代の偏食はよくわからん。美味いのになぁ。自分が横着して作るごはんに原因あるかもなぁ。早く作って早く食べてもらって早く夜の舞洲へサイクリングに行きたいという思いが、彼女の偏食を助長してるのなら、ちょっと考えんとあかんかも。反省しましたよ。

これらにコーヒーが付いてちょうど1,000円(?)。

004
問題はこれ。2700円×2本。小池さんと二人で二本行ってしまった。けっこうどころかバリバリにふらっふら。

今の子どもって、自分らの頃に比べると夢のようだす。外食なんて年に2,3回の神社やお寺にお参りいった帰り、参道にある食堂でうどん食べたりとかそおいう感じしかなかったなぁ。それに誕生日だからといって、特別家族で何かをするとか、何かプレゼントされるってのも無くて、まぁそれが当たり前だと思ってたし。
この物騒な世の中で、ひとまず無事に15歳を迎えられるというのは、そこそこ感慨深い。平和、最高。

つづく

| | コメント (8)

2009/02/10

腹が減る

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:赤いワイン×350cc、日本酒を絶って2日目。

体つこてないのに腹が減る。
頭つこてないのに腹が減る。

ついにシーズン開幕:
仕事、家事、空腹、疲労、睡魔、弱気、怠慢、これに「花粉」が加わる。敵が多すぎ。

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ

002
木綿豆腐に市販のパスタソース(ミートソース)を掛けた。これとワインで晩御飯。自分でパスタソースを作ると、とてもヘルシーとは言い難いものになるから、これはこれでいいのだ。


| | コメント (4)

2009/02/09

オフロードはとても楽しい

引続き快晴の日曜日。シクロクロス最終戦に行こうか迷ったけど、(レースとしての)制約の無いフィールドを少し走りたい気持ちだったので、奈良県の某丘陵へ。

走りの内容は、(自分にとっての)未踏ルートも走れたし、新型のタイヤを使ったお陰で、過去クリアできなかった場所を乗車できたり、すれ違うハイカーさんが皆そろって好意的に挨拶を返してくださったりして、それはそれは楽しかった。

”けれども”自宅に戻って楽しい思い出を反芻しながら、オフロード走行についていろいろネット検索してみると、
・不必要に後輪をロックさせて路面をホジクリ返さないとか
・同じ轍ばかり使わず路面を極力労わることとか
・地面が傷みそうだなと思ったら、自転車から降りて押すこととか
・大きなパーティを組まない(今回は9名~ちょっとマズかったかも)とか
ほかいろいろ。自分のように上手いヒトに漠然とくっついて行き、スッテンコロリとひっくり返って能天気にうははうははと笑って、いや~楽しかったですな~で終わらせてはだめなのかもしれにゃいと、ちょっと考え中です。


| | コメント (4)

ラーメンの旅なのか、、、

(過剰に)ええ気分やしそろそろ帰ろっかな~と思ってたら、小池さんの口から驚くべき提案が。
「ラーメン行こ」。
”ラーメン行こ”てアンタこっからラーメン屋までどんなけ(距離)あるか分からんし、二人で五合プラスアルファ飲んでるから歩行スピイドも4km/h出ないと思う、ちょっときついんちゃうかと言う暇もあたえず、ラーメンの旅に出る小池さん。

016
かまわず”ラーメン激戦区”国道2号線をゆく小池さん。腰の白い袋の中身は、日本酒の瓶。
菊正宗の工場からこの辺りまでシラフで歩いても15分近くかかる距離。辛いし目が回るし、しっこ行きたいし。

で、アテもなく国道をぐらんぐらんしながら歩いてゆくと、目の前に桃源郷あらわる。
019
中途半端な時間なんで店内はガラガラ。注文は相手の手の内をしるべく一番ベイシックな「醤油ラーメン」を食べてみる。おおかた食べ終わるころ、小池さんが「キミはよくこんな濃いダシを全部飲めるもんだね」と不思議そうに聞くではないか。言われてみれば確かに。菊正宗の過剰摂取で味覚が故障してしまったのか?
だけど間違いなく「薄い」のだ。試しに小池さんのスープを飲んでびっくり「濃い!」。同時に出てきた同じラーメンでどうしてここまで味にムラがあるのだ。さっきま菊正宗飲んでシアワセやったのに、このラーメンで全て台無し。

まぁ、こんなこともあるさ。

飲酒:菊正宗
運動:酔ってそーとー歩いた

017

| | コメント (2)

菊正宗の蔵開きの旅なのだ

阪神電車・魚崎駅で生まれて初めて下車してみた、そんな土曜日晴天。少し歩くと、天に向ってソビエル、おお、あれが聖地か。
012
少し前に知り合いからこんな催しがありますよという情報を貰ってて。それにTVのCMで耳にタコできるほど聞いてる「やっぱり俺は、菊正宗」というフレーズ。”やっぱり”の本質を見極めるため、そんで”俺”っていったい誰やねん?という・さまざまなナゾや疑問を徹底的に解明するためににイザ行かん!ついでに「あつかましいぐらいの」試飲も予定。

014
歓迎されているではないか。おまかせあれ。

015
なんかこおいうのを見るだけで、ヒトはめでたい気分になるぜ。

013
さすが神様にお供えするドリンクを造る現場だけのことはある。大きな縄が。な~んかすごく神妙な気分になるなぁこれはこっちも気合を入れて酔わねばなぁ。

で早速試飲現場へ。「お一人様1杯でお願いします」って書いてある。ごもっとも。「お一人様気の済むまで」って、淡い期待したけどね。
004
で、お一人様のぶんは、これだけ。50ccぐらい。あ~やっぱり原付のエンヂン一台ぶんじゃぁダメだわ。胃に到達する前に食道の側壁に吸収されてしまったではないか、、、。で、そんなお方のために、当然格安(?)で、蔵開きしたばっかりのを売ってました。当然イク。750mm瓶に入って800円。
006
地元自治会の皆さんの出展もあり、おおいに盛り上がる現場。
007
こんなカンジとか、
011
こんなカンジとか。こおいうイベントの常連だろうか、自宅からアテ持参で来てるおっさんグループも居たし。合間合間にはステージで落語やってたり、音楽の演奏あったり、それでいて周りは酒だらけなんだから、こりゃ楽しい。はっきり言っておっさんにはUSJより楽しいしTDLより百万倍楽しいと断言する。

ちょうどテーブルを挟んで対面に座ってた若いお嬢さん二人組み。試飲コップを手にちまちま飲んでる姿がかわいい。いやぁここはひとつおっさんの風格見せ付けてグバッと飲むとこ見せるべきかなぁぐはははは~とか思ったら、なんとお嬢さん、机の下から一升瓶を取り出してめいめいのコップにナミナミと注ぎ、またコソコソっと鞄に仕舞うではないか、おっさん負けました。

009
会場のアテで一番だと思ったのは、この「粕汁200円」。搾りたての酒を飲みながら搾りたての酒粕の汁、まずいはずが無い!なんか知らんけど猛烈に嬉しくて嬉しくて走り回りたくなる。普段、淡麗350mlしか好まない同行の小池さんもうまいうまい言いながら、買ったばかりの瓶がモウレツな勢いで空いていくけどいいのサ、酒は美味しく飲むもんだ。

現実を直視してみる:
しかしここ数日、実は体の異変に気がついておったのだ。「体がおもたい」。そして先日の楽しい楽しい淡路島サイクリングでそれをハッキリ自覚した->「物凄く肥えてしまっている」。
思い当たる原因はずばり”日本酒”。いくら糖質をカットしてあるやつだからと思って毎日毎日ばかすか飲んでたら、ほら肥えるに決まってる。残念だが熱燗としばらくお別れする日が来たようだ。

| | コメント (9)

2009/02/06

弱い

通勤途中にある立ち飲み屋の誘惑を振り切って家にたどり着いたのに、サイクリングには行かずじまい。足腰の筋肉痛よりも、鏡に映った自分の顔みてびっくり。腎臓がイカレてしまったんか!?って思うぐいらい、腫れぼったい。急遽安静にして酒を飲んだ。

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:糖質をカットしてある熱燗×2合


メモ:
・会社組織のsynergyについて
・上司と自分の持つ、仕事のpriorityの差について
・会議に参加するのに手ぶらで来るな
・トヨタ生産方式

はぁ~大人になっても宿題満載かつらいなぁ。

つづく

090122_1139001
仕事の合間に読んでる本。最近ちょっと自分の”アンテナ”が錆付いてる気がしてるんで。

| | コメント (3)

2009/02/05

高速料金千円の件

明石往復への道中、このことでM君と話題になった。政府の2次補正予算は先月末に成立してるんで、残る法案の成立は三月半ばとすると、4月ごろには「千円生活」がスタートするかなってもくろみ。
毎年8月のおわりに乗鞍で開かれる自転車のイベントに参加する毎に「沢山の時間と費用を捻出して90分ほどかけて山頂まで走ってオシマイじゃ、なんか勿体ないかな」と思ってたから、これとは別に一泊で”合宿”して飽きるほど登ったりすんのもいいなと思う。
制約が無いから、たとえ原因不明の頭痛と吐き気に襲われて、宿から一歩も出られなくても悲しまなくてもいいし、そうなったらなったでぼんやり高原の風にふかれてぶらぶらしてもいいしとか。

遠距離恋愛してるヒトとか、単身赴任中の家族とか、用はないけどともかく高速道路を心行くまで走りまくりたい人には朗報になればいい。


| | コメント (4)

ローラからロラへ

”UK"へ自転車部品をオーダーしてひと月経過。「品切れ中」の連絡を受けて以来なしのつぶてで、別の方法(他の通販とかイーベイを当たるか、、、)を模索しているとこへ、件のサイトから手紙が来た。

「I am sorry, we still only have the rear derailleur. (中略)~Regards,Laura」

Lauraん!? 恐らく女性だろうな、ローラさん。どうか「(007)ボンドガール」のようなジャンプスーツ着たブロンドでぷりぷりな人であって欲しいと願うばかり。で、肝心の欠品中ブレーキレーバの入荷予定は2月の18~20日ごろとか。
全然全く縁もゆかりもなかった国が急速に近づいた予感。おおローラ!

| | コメント (2)

立春のサイクリングなのだ

同行させていただいた自転車のアニキたちの日記には既に公開済みですが、実は水曜日に淡路島を回ってきました。

でもおっさんの遊びのスタートはそれなりに結構大変ざんす。
前日は日本中節分。退社後猛烈なスピイドで太巻きを作ってローラー中娘と恵方むいてかぶりつき、狭い家の中とベランダを豆だらけにして(フイに踏み潰したりなんかして粉々。台所のフローリングはハトやスズメに荒らされたんではないかという惨状。まぁ、それに目をつむってくれる小池さんには感謝してます)、同行のM君が運転してくれた車で(どうもありがとう!)前泊のため明石へ。

”魚の棚”とか”街で唯一のエッチ映画館”しか明石の印象なかったけど、少し筋を違えると、おびただしいほどの飲み屋があるってことを知り、興奮しました。また機会を改めて行きたい街ですわい。

上陸後さっそく反時計回りにスタアト。さすが立春の海の色は優しい。夏の紺碧もスバラシイけど憂鬱な冬枯れた色とは明らかに違うし。そしていつも変わらない「車の優しさ」。関西では定番になってる一周コースに「琵琶湖一周」と「淡路島一周」があるけど、もう琵琶湖・湖畔を往来している殺戮のトラックの群れを思い出すと、淡路島は天国に思える。イイ島だわ。

楽しい楽しい自転車の旅に、稽古としてのことを思い描くのは無粋だがと自分で前置きして:
70kmほど乗ったとこで明らかに”電池切れ”の兆候が出た。脚がうまく回らん、先頭を引き続ける気概のようなものが湧き上がってこない。登りで集中力が簡単に途切れる。信号待ちで止まっても、心臓が早鐘のように動いたまま落ち着かない。ハンドルが遠く感じ出す。でもそれでいいのだ。今はこれでいいのだ、だって、、、。

洲本から北上するとき、沖にそれはそれは美しい大きなマストの帆船が見えた。おもわず”テキサスロングホーン”を叫びたくなった。一緒に走ってくださったアニキたちどうもありがとう。

001
疲労回復のため、王将で生餃子を買ってきて家で焼く。楽しかった一日をウフフと思い出しながら餃子を食べてビイルを飲んだ。とても贅沢で幸せな立春in2009.

| | コメント (4)

2009/02/03

明日はあるさ

実家から戻るときにバスの中で読んだ本ふたつ。
Kakine
普段ミステリーをあまり読まないんで、「垣根 涼介」という作者のことをちっとも知らなかった。だから偶然手に取る本(それと作者と)との出合いは本当に奇遇だわ。つまらん出会いも多いけど。
なんでこの本かというと、著者紹介のとこに「サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。~大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の三冠受賞を成し遂げる~そして山本周五郎賞を受賞した」。
なんじゃいこのおっさん!文学賞総なめぺろぺろか!?で、これは押さえとくかと。

内容はいわゆる”企業のリストラ勧告役を請け負う面接官(アウトソーシング)”の話。なんか今の時代にあまりにタイムリーすぎんぞこの本、、、。まんざら他人事でも無い話の展開にのめりこんでしまったではないか。
で、ちょっと疲れてきたなとおもたら、お色気シーンもあったりして緩急のつけかたウマイだすなぁ。
「シンクタンクのレポートを読みながらガールズトークをしつつ実話系の週刊誌のハサミで切って読むページをちらちら見ている」気分になった、爽快な小説であった!

で二発目はこれを買ってしまった。
Gp
表紙のマシンが俺様のハートを掴んで話さないので、本屋から連れて来てしまった。本とか雑誌の装丁・デザインに弱いおいどんでごわす。出版社のおもうつぼでごわす。ごっちゃんです。

特集記事の「グリップを増やせる」については、かいつまんで言うと「アクセルを開けながらカーブまがったら、タイヤがより多く変形するんでグリップが増えますよ」という話。自転車でこれを実現すんのってどうしたらええねん?わからん。

カンケーないけどサイクリングでもがいている時の暴言:
「最大心拍数は心拍計が決めるんちゃう、俺が決めるんじゃ~」

| | コメント (6)

昨日と今日の違い

実家の窓から見る冬の海。演歌を歌いたくなる。
Photo
今回の帰省中、おかんがちょっと怪我してあせった。入院とかにはならずに安堵したが、老いて行く人を見ていると「昨日できたことが今日できなくなっている」のをほんまに実感します。これは自分自身にも言えること。そおいうのを少しでも先延ばしにしたいと願って、人はささやかな抵抗をするのかな。

で、昨日もささやかな抵抗で、
運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:糖質カットしてない日本酒×3合

日々のサイクリングの内容について、去年、一昨年の日記を読み返して、ときどきは分析/評価してみる。そしてたどり着く思いは次の3つ。
1.あまり伸びてないけど、我慢して繰り返そう
2.あまり伸びてないから、ここらでやり方を少し変えてみよう
3.あまり伸びないから、もういいだろう

1と2に共通するのは「ともかく乗ろう」ってこ。3という選択肢は邪魔だ、要らん。
とか書いておきながら、別に伸びシロがゼロになっても自分はこの先自転車に乗り続けるつもり。仕事、家事、育児、自転車、そのほかの楽しい事、これらを繋ぐと一つの輪になる。その輪の一部分がでこぼこと不自然にでっぱってるとこはダメ。そんでひっこんでるとこがあってもやっぱりダメ。
どこかがぶさいくに引っ込んだときは、ほかもそれにあわせてつねに均一の円になるように。
自分にとって「かっこよく行く!」ってのはそんなとこ。無理をしてある日突然その円がポキリと破綻しないように。


| | コメント (5)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »