« 危なかったこと | トップページ | ラーメンの旅だったのだ »

2008/12/15

陽はまたノボル

004
早朝6:00、我が家から見た欲望渦巻く大阪。暗躍した悪が眠りにつき、何事も無かったように善が動き出すのだ~ってとこ。

運動:舞洲+なみはや+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、大瓶×1、糖質を一切カットしてない日本酒×4合、芋ロック×覚えてない

早くも酒の摂取方法が正月並みになっている。量を沢山飲むときは、早い時間からズビズビ呑みだして、遅くならないうちにお開きにすると翌朝爽やかだ。そして寝る直前に大量の水を飲むのもお忘れなく。

ついに篤姫最終回。これだけは見逃すまいと思い、外出先からダッシュで帰宅しテレビの前で正座。坂本竜馬が志し半ばであの世へ行ったのとは対照的に、盟友・小松帯刀が死に際に「いろいろなヒトと出会えたし、いろいろな事をなし得たし、サイコーの人生だったぜ!」と言ったのが印象的。ドラマの演出かもしれんけど、この前読んだ帯刀本人を扱った図書の内容からも、薩摩藩家老として最後までクイの無い仕事をしたヒトは、こおいう最期を迎えられるんだろう。凄いな。

ドラマの見せ所というのは自分なにりに「いかに精巧に時代考証を盛り込むか」という点に注目。とくに幕末モノは一晩でヒトの暮らしの洋式がガラリと変わるワケだから。大久保利通が突然スーツ着て妙な髭生やしてた。似合う似合わんとか二の次三の次で、ともかく濁流のように押し寄せた西洋文化に身を任せたんだろうか。篤姫ちゃんも昨日まで「篭」に乗ってたおもたら、「人力車」に乗ってたし。彼女ならその好奇心と行動力でもってスグニ「自転車」にも乗れただろうな。あと少し長生きしていればサイクリングが趣味になっていたかもしれない。とか思ったりしました。

篤姫ちゃん、享年49歳か。何事もなければ自分もあと数年でその歳になる予定。大奥をたばね、徳川家のために日々奔走していた彼女に比べ、自分はというと朝から自転車乗ってフラフラして、ビイル呑みながらM-1見てへらへらして、大河ドラマみながら屁をこいたりなんかして、そんなことでええのか!ええのよ~んと思ったりしました。


|

« 危なかったこと | トップページ | ラーメンの旅だったのだ »

コメント

小松帯刀は史実でも正室と側室に看取られたのだろうか。もしそうだとしたらこれは男冥利に尽きますな。
いっぺんでいいから私もそういう死に方をしてみたいものだ。

投稿: がりお | 2008/12/15 12:15

写真が、影絵のようでキレイです。

投稿: おおみ | 2008/12/15 14:50

●がりおあにき、あのシーンはちょっと世の奥さんがたが見てどおいう感想持つかドキドキしました。帯刀うらやましいぞ!
●おおみさん、その影には不景気な空気が充満してるんですよね。景気よくなってくれ~!

投稿: ロラおとこ | 2008/12/15 16:23

うちの相方、夏忙しかったので録り溜めの6話目辺りをばく進中。「月曜日に師範のブログみたら結末わかるから見るな」と言っておきました 笑)

投稿: 松村 | 2008/12/15 17:39

>>ALL
ネタバレのフライングひらにひらに御免
<(_ _)>

投稿: がりお | 2008/12/15 23:52

●松村あにき、おおかたの視聴者の皆様が「思ったとおり」の最終話だったと思います(笑。歴史の影に隠れていても、やっぱり女性はすごい!
●がりおアニキ、ぜひアニキの日記のアドレス教えてくださいな!

投稿: ロラおとこ | 2008/12/16 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危なかったこと | トップページ | ラーメンの旅だったのだ »