« 地酒の旅なのだ、、、 | トップページ | 一足お先に »

2008/12/29

朝から熱燗の旅なのだ

12月28日(日)

034
現場近くの酒屋で買った酒。川尻酒造(創業天保十年)の熟成古酒「てんおん」1,172円。飛騨の地酒っていうと「鬼ごろし」しか知らないので、まぁ見たことないのを飲んでみようかと思って。これをだ、囲炉裏とか七輪とかで使うと便利な専用のトックリを家から持っていったやつで「熱燗」にしてみると、
036
酒樽のニホイがぷ~んと沸き立ってきてモウレツに美味い。ひやで呑んだときのスガスガしさが豹変して、大変濃厚になり喉から胃にかけてドロリというかダラリというか独特の甘さを伴って流れていくよん。
時間は朝の7時半だ。

自分への覚書、朝ごはんで印象に残ったおかず二品、
102
ふろふき大根の上に乗っているのは「牛すじ肉」。この組み合わせは新鮮!喉が少し痛くなるほどの甘さが大根とマッチ!朝から何してくれんねんいうぐらい酒がかっぽんかっぽん進むし。

もう一発は、
106
なめこの上にニジマスの造りを乗せて、芽ネギのシャキシャキした食感と、赤かぶの酸っぱいのがベロの奥をキュッと締めあげるような、そんなたべもの。おもわず理性を失って、白ごはんと熱燗とこれを同時にいただいてしまったではないか。料理長、おたくなかなかやりますな。

つづく

082
泥酔してないから風呂に入る。これはヤラセではなくて、セルフタイマーにして石の上に登ろうとしたら間に合わなかった。でも、温泉の熱さと相反する石の冷たさが気持ち良いぜ。

つづく

066

部屋の窓から身をのりだすと、「焼岳」が見えた。こおいう景色をみると高価で大きなカメラが欲しくなるのかな。でも自分はやっぱりときどき思い出してウフフと思うだけでいいかな。どおしても見たくなったら、またがんばって仕事して同じ場所にこようかなって、今はそう思います。


|

« 地酒の旅なのだ、、、 | トップページ | 一足お先に »

コメント

すんばらしい景色ですね!!!!
ソレと幸せな朝をお迎えのようで。。
その古酒も美味そう・・・・。

投稿: man | 2008/12/29 09:22

もうその景色の場所すごく行きたいです!
山のてっぺんに登って銀嶺の覇者になりたいです。

投稿: DANGER | 2008/12/29 09:30

「ππ国ハヒ」という名前かと思いました。

投稿: 泥山田 | 2008/12/29 12:32

温泉に身の引き締まるような寒さ。そんでもって温まる熱燗。
ほんま最高ですやん。おいらも行きたい。
西穂高のへんですか?白いお山が綺麗ですね。
おいらは31日からお山に上がってきます。

投稿: さかじい | 2008/12/29 17:57

PC・プリンター・専用徳利・・・.準備良すぎますよぉ~!!(笑)
写真で拝見すると日本酒がフランベしてるように見えますが・・・!?

投稿: sumi | 2008/12/29 22:10

アニキ…女子湯を覗こうとして落下した図では…(汗)
雪の露天風呂、最高ですな♪

投稿: bfz | 2008/12/29 22:47

アニキ……露天風呂サスペンスの変死体みたいです。
すいません。

投稿: タカオ | 2008/12/30 01:28

痛々しい姿になぜか「ありがとう」と思いました。
プレゼントもらった気分です!感謝!
家族に自慢します。

投稿: ぱぱろぐ | 2008/12/30 04:03

見るの半分、撮るの半分、ですかね。

でも感動すると無性に撮りたくなるんです。

投稿: taka | 2008/12/31 23:58

コメントくださったアニキたち、あけましておめでとうございます。
●manあにき、夢のような年末年始のツケが始まってます。えらいことになってます->体重!
●DANGERさん、比叡山方面の雪景色もすごそうですね。スノボー調子いかがですか?
●山田キャプテン、ま、そんな味の酒です。11日のクロスはやるぜ!
●さかじいあにき、平湯温泉の少し下ですわ。今年は歩いて西穂山荘行きたいと思ってます。
●sumiあにき、まさよもなんとかこの寒さの中、耐えておりました。彼を見習って今年も踏ん張りたいです。
●bfzあにき、腰の前あたりが貧弱なんで、岩にしがみついてもOK(泣。
●タカオあにき、ダイイングメッセージは「熱っ!!!!」
●ぱぱろぐあにき、この写真は家族に秘密です。秘密万歳!家族に感謝!
●takaあにき、今年もわくわくの写真期待しておりますぜ。自分に撮れない景色はtakaあにきのブログに期待!

投稿: ローラーまん | 2009/01/02 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地酒の旅なのだ、、、 | トップページ | 一足お先に »