« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/31

2008年を総括してみよう

舞洲:132回
なみはや大橋:88回
通勤ママチャリ:3360km
ロードサイクル:7830km
落車:0回
骨折:0本
縫合:0針

来年もそこそこいい年にする!するったらする!するするする!

よいおとしをお迎えください。

| | コメント (9)

2008/12/30

一足お先に

194

「水飲み用のタライに、鶯ボールを浮かべられて、それを夢中で食べてしまった」まさよ!

この精悍なかおつきl。


| | コメント (2)

2008/12/29

朝から熱燗の旅なのだ

12月28日(日)

034
現場近くの酒屋で買った酒。川尻酒造(創業天保十年)の熟成古酒「てんおん」1,172円。飛騨の地酒っていうと「鬼ごろし」しか知らないので、まぁ見たことないのを飲んでみようかと思って。これをだ、囲炉裏とか七輪とかで使うと便利な専用のトックリを家から持っていったやつで「熱燗」にしてみると、
036
酒樽のニホイがぷ~んと沸き立ってきてモウレツに美味い。ひやで呑んだときのスガスガしさが豹変して、大変濃厚になり喉から胃にかけてドロリというかダラリというか独特の甘さを伴って流れていくよん。
時間は朝の7時半だ。

自分への覚書、朝ごはんで印象に残ったおかず二品、
102
ふろふき大根の上に乗っているのは「牛すじ肉」。この組み合わせは新鮮!喉が少し痛くなるほどの甘さが大根とマッチ!朝から何してくれんねんいうぐらい酒がかっぽんかっぽん進むし。

もう一発は、
106
なめこの上にニジマスの造りを乗せて、芽ネギのシャキシャキした食感と、赤かぶの酸っぱいのがベロの奥をキュッと締めあげるような、そんなたべもの。おもわず理性を失って、白ごはんと熱燗とこれを同時にいただいてしまったではないか。料理長、おたくなかなかやりますな。

つづく

082
泥酔してないから風呂に入る。これはヤラセではなくて、セルフタイマーにして石の上に登ろうとしたら間に合わなかった。でも、温泉の熱さと相反する石の冷たさが気持ち良いぜ。

つづく

066

部屋の窓から身をのりだすと、「焼岳」が見えた。こおいう景色をみると高価で大きなカメラが欲しくなるのかな。でも自分はやっぱりときどき思い出してウフフと思うだけでいいかな。どおしても見たくなったら、またがんばって仕事して同じ場所にこようかなって、今はそう思います。


| | コメント (10)

2008/12/27

地酒の旅なのだ、、、

「この冬一番の寒気が」というTVニュースは嘘やろ~と思うほど快晴の大阪を金曜日出発。名神高速~東海北陸自動車道をゆくローラー男一家の行く手に待ち受ける景色。
013

岐阜県にある平湯峠手前でホワイトアウト寸前。景色を楽しむ心の余裕ゼロ!スタッドレスタイヤのたよりない挙動に神経を集中させて、アクセルも絹豆腐を扱うようにチョ~慎重に。こわいし!

099
とりあえず宿の部屋でも淡麗350ml飲む。雪道の運転はズバズバに疲れる。そのあとの熱燗の染み込みようは例えるスベが無いほどの美味さだよん。
秘湯を守りにいくのに何でパソコンなんだ?と。実は我が家のメンバーはずぼらかましまくってて、誰ひとり年賀状を用意してない。そんでパソコンとプリンタを一緒に担いできた。温泉でふやけて酒をカッポンカッポン飲みながら、傍らではプリンタがジャーコジャーコ!と年賀状を刷る。こおいうのを一度やってみたかったよ。
042
どこへ行っても、日常を担いで行く日々。

で、何気なくパソコンたちあげたら、宿に無線LANが飛んでたという寸法。こんな山間にも世界とつながるインフラがあるなんて凄いわ。

昨夜の飲酒:家から持っていった淡麗350ml×8(小池さんと二人分)+地酒×4合
昨夜の運動:温泉で泳いだ


| | コメント (5)

2008/12/25

ペンディング事項とか、いろいろ

天皇誕生日に山の中を走り回った(転げまわった)ためか、酷い腰痛。柔軟とはほどとおい柔軟体操をしながらTVドラマを見た。

運動:通勤往復+体操いろいろ+家事労働
飲酒:淡麗350ml×1、糖質をまったくカットしていない日本酒×3合

タイトルは「日米開戦と東條 英機」。しかもビートたけしが出てるし。この季節にたけしが出るドラマ・映画で思い出すのは「Merry Christmas, Mr.Lawrence」。ハラ軍曹役を見ていらい、このヒト(たけし)は武士道とか皇道をもった軍人役のなんと似合うヒトなんだと思ったので、この東條英機役もモーレツに期待~、こりゃ舞洲で自転車こいでる場合ちゃうな!と思いまして。ドラマの内容に関してはまぁまぁ満足、もう少しちょっと知りたくなった。どっかの小さなシネマで「東京裁判」とかやってないかな。探してみます。

先日サイクルショップへ行くと、自転車仲間のOさんが手招きする。なんだろう?と近づくと足元にある古びたケースをパカッと開けた。中に美少女が、、、
D1
ではなくて、マーチンのD-1がそこにコロンと。新しい自転車を調達するため資金が必要で、これの売却先を探しているらしい。ん~、欲しいか欲しくないかという問題ではなくて、ギターを弾ける環境に無いのです。集合住宅に住んでいると、近所の小学生がパープーパープー吹くリコーダーでさえ「ギルの笛」になるんです。それがアコーステックギターを全開バリバリで弾くとなると、ただでさえ人目を忍ぶような自転車生活送って「エキセントリックなおっさん」と言われて(るかどうか知らんけど)悲しい日々なのに。
考えときます。

約6年ぶりにロードレーサーのフレームを刷新することにしました。今までは昔乗っていたのを実家の納屋から持ってきたり、友達が乗っていたのを格安で譲ってもらったり。特にそれでも何の問題も無かったけどいろいろ考えた挙句です。しかし、どんなにハイエンドなフレームがやってこようと、我が家に用意してあげられる置き場所は、雨ざらしのベランダの一角という環境。すまん、
持ち主を恨め。

仕事の方は枯れた井戸をほじくり返して、そおしてやっと湧き出た1滴1滴を何とかカタチにしてきた2008年。口を開けて待っているダケでは仕事は降ってこない。2009年もひたすら掘り続けるしかない。
アイディアの泉よ、どうかどうか、枯れないでおくれ~。

| | コメント (6)

2008/12/24

クリスマススタイル

熱燗を飲みながら、頂き物のシュトレンを食べ、夕飯は鍋をつつき、二日遅れで買った柚子を浮かべた湯船に浸かって、寝た。これが今年の我が家の(昨晩の)クリスマス。
ローラー中娘には先月末に近眼用のめがねを買ってあるし、小池さんはラーメンと淡麗350ml以外欲しいモノが無いし、自分も適当な酒があればそれでしあわせなのだ。記念日とかイベント事にあまり関心の無いメンバーで我が家は構成されてます。

003
とかいいながら自分には靴下を買ったりなんかしました。

001_2
余った豚肉とレタスを茹でてみた。レタスのシャキシャキ感最高!フードプロセッサーがあればゴマペースト作ってかけてみたかったな。調理道具は「買うとなぜか使わなくなる」という我が家のジンクスはいまだに健在。
で、実はこれとは別に近所にあるパン屋で買ったフランスパンを小池さんと1/2づつ完食してしまった。「してしまった」と書いても別に罪悪感があるわけではない。むしろ健康な胃腸に感謝したい。フランスパンにオリーブオイルを少しつけて食べ、ジャスコで買った名も無きワイン(800円相当)を呑んだ。
今年はどんなアルコホルをどれだけの量呑んだんだろう。量や味は都度忘れてしまったけど、悲しい気持ちで酒を呑んだことはただの一度もなかった。「楽しく飲む」->酒はこれに尽きる。

年末の予定とか:
25日まで普通に出勤、
26日から28日まで家族で少し出かけて、
29日と30日は大掃除。
31日から小池さんの実家へ行って「まさよ」と今年一年を振り返ってみる。

| | コメント (7)

2008/12/23

ダート!ダート!だあと!

ご近所の自転車仲間に誘われて奈良県生駒市のY田丘陵(?)へ行く。5年ほど前に初めて参加したときは、「そんな(シクロクロス用の)ほっそいタイヤで大丈夫なの?」ってMTBのヒト全員に心配されたが、今では”まぁ押したり引いたり担いだりしながらでもなんとかついてくるだろう”ってカンジでダート熟練者からは市民権(?)を得た。
そして今冬も「ダート、発進!」。

季節がら、たくさんのハイカーとすれ違うシーンもあったけれど、お互いフィールドをシェアしているのを熟知していて、ごく自然に挨拶をかわしてすれ違える、その挨拶ひとつひとつはとてもスガスガシイねぇ。普段使わせてもらっている「なみはや大橋」のごとく、速度の速いものはけっして脅威を与えてはいけないんだ。

何度も行ったはずなのに、迷走し、コースをロストし、そのたびに下った道をあえぎながら徒歩で登る、さっきまで軽快に下ったマシンはただのお荷物となる。アキレス筋が伸びきってしまうんじゃないかと思うほどの斜面をひたすら登る。汗がだっぽんだっぽんしたたりおちる。風が吹き抜ける。落ち葉が舞い上がる。木々がぶんぶん揺れる。そおしてココロがうきうきする。

未熟なテクニック、思い通りにいかない地面、聞きわけのないブレーキ、突然現れる「地球のでっぱり」に足元をスクワレ、軽く宙を舞って気がつくと寝ころんで青空を見上げている、そして体は落ち葉の中。だ~れもいない山の中で一人で笑らける。シアワセ!チョーシアワセ!

グリップも頼りなく、トラクションも思い通りにかからないけど、その心細さ、頼りなさ、でもごくたまに見せる微笑みの走り、なんとなくそおいう女性にひかれたりするよなあ。する!する!
それが「The シクロクロス!」

002

ところどころ「むごい」程の坂を登る。しかも「ダート」。体感時速2km/hなのに、これまた体感「心拍190オーバー」。これこれ!全身全霊で自然に立ち向かって筋肉とか心臓がグラグラ沸騰するこのかんじ。
オンロードをバフバフ苦しみながら高速で走るのとはまた違った苦痛、、、苦痛じゃないな、美味くて冷たい空気をたくさん吸えるんだもの。「幸せ」だす。


| | コメント (4)

2008/12/22

関西シクロクロス・野洲川

全然面識の無いヒトの自転車を盗撮。(盗撮されたご本人、もしこれを見て掲載を遺憾に思われたらごめんなさい。)
今会場で一番クロス熱に侵されてしまっている重症なヒトのマシン!に勝手に認定。

012
なんっともメカメカしいディテールのMTB用変速機ではないか。

014
自作か?カーボン製のチェーン脱落防止板。冬休みの工作にしては手が込みすぎているではないか!

016
チューブレス構造のタイヤではないか!

019
10段変速レヴァー!しかも最高グレード(?)のレバーを惜しげもなく使い、変速ワイヤーが無いということから、ブレーキ制動だけにつかうという贅沢さ。

自分のレースは、マスターズカテゴリ:
タイヤは前後2.2気圧、とくに後輪は路面抵抗軽減を狙って「杉目」。このチョイスは結果として正解。でも、松林の中を縫うように設定されたコース、自分はどうしてこうも曲がるのが下手なんだ。同走の選手に比べるとなんだか自分の自転車だけが「直線専用」に思えるほど。ことごとくカーブで抜かれてくやしいから直線で抜き返して無駄な力をそこで使い果たし、また林の中で抜かれて直線で抜き返してより一層力を放出して、もうこれ以上無いと思われるほど「資源の無駄遣い」のレースであった。ひさしぶりに味わう「血の味」は旨い!、、、。

最後は後ろ側の変速機までオカシクなり始めた。こおいう過酷なシーンだと、変速機の互換性をもたせる複雑なパーツはあかんわ~。シクロマシンの変速・駆動関連はシンプルにつくるべし。

それにしてもでこぼこ道は腰に堪える。女子一位の選手に葦の茂みの中で抜かれたとき、痛さレベルはMAXになってて「あっふう~」とか淫靡な声が出てしまった。変態扱いされるのはなれているので心配ゴム用だぜ。応援してくださったアニキたち、どうもありがとう。でも、優勝したおっさん速過ぎて、われわれしもじもの者は40分強-5周回も走れてしまってお徳感ばりばりだぜ、、、、。

前回のように”担ぎ”の多いコースはまったく歯がたたず、ライバル泥山田キャプテンに完敗であったが、今回は長い直線もコースにあったりなんかして一矢報いるぜと思ったら、キャプテンは重篤な膝の病に倒れDNS。直接対決は1月だ~!

追伸:
D687
土手から上る白いわたくし。食いしばっている歯から、おもわず音が漏れそうではないか(photo by泥尾レスラー)。そうそう、シケイン(高さ数十センチの板を地面に垂直に立ててあって、自転車を担ぎながらジャンプして超える障害物)が妙に難しくおもえた。おかしい?なにか自分の足が短くなったような錯覚を覚えた。
例年のものより少し(12センチも!)高くなっていたと、のちに某ブログで発見。足が短くなっていなくてほんまによかった!
、、、、ってそんな問題ちゃうし~。

| | コメント (10)

疑心暗鬼な土曜日

今乗っている国産1500cc乗用車は燃費もよく(高速道路を人間4人+荷物満載でリッター15は確実にイク)デザインもまぁまぁ好きで、満足してます。それなのになぜかリコールの葉書がやってきた。後方のブレーキランプの部品に不具合があるらしい。隠匿せずに正直な行動に出るってとこはこのメーカーの姿勢を評価したい。

で、早速ディーラーに行った。ついでに毎年重労働な”冬タイヤへの交換”を勿論実費覚悟でお願いした。担当営業さんにその件を告げると、車の書類を確認するや否や「ああ、あとひと月で”法定点検”ですわ。この際やから”法定点検”うけておかれたらどうですのん?点検費用お支払いいただくと、タイヤ交換もその中に含まれるんでお徳ですわ」って言うし。

無知な自分は”法定”という言葉に弱いのと、あとの用事があったので早く帰りたかった。「ほなそれで」というと営業さん畳み掛けるように「プラス4,000円追加で○○コースになり、二回分のオイル交換さしてもらいます」。
ここで今年二月のバッテリー事件が頭をよぎる。「法定というからには義務なのか?」と聞くと「はい義務です」と彼は応えるし、確かにオイル交換にまた時間を取るのも嫌だなと思い作業開始を承諾。

結果、費用合計は17,000円かかってしまった。あとで調べると、「法定点検は義務であるが罰則は無い」って出てきた。やれやれ。”騙された”とは思わないけど、少しだけ悲しい気持ちになった。車業界の未曾有の低迷はメディアで見て知ってるし同情もする。しかし数時間後に営業氏からかかってきた電話でイッキに同情すんのやめた。

「ワイパーゴムの劣化が見られます。4,000で交換しますが?」

運行に致命的な支障が出る可能性がある場合以外は、余計な出費を惜しみたいのがユーザーなんだ。顧客への提案活動が一瞬にして「お節介・押し売り」に変わることだってあるのだ。
ましてや以前バッテリー交換の件で悶着があったんだから、それを覚えておいて慎重になってしかるべしなんだ。今は新車が売れずとも、企業と顧客が長期的に円滑な関係を構築し続けていけば、景気が回復したときに、また
ビジネスに繋がることもある。

この営業氏はこの一言で我が家との信頼関係を、プツリと、切りよった。

| | コメント (12)

2008/12/19

冷えました

この時間で気温は6度。大阪はやっぱり温暖なのね~。
001

運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:ギネス350ml×1、正体不明の芋水割り×1

舞洲の大周回を回っていたら背後に気配が。あっ、見慣れないサイクリストだ・ダレだろう・そのうち追い抜いてくるかなと思ったけど、つかず離れず。こちらががんばるとあちらもがんばる。こちらが垂れるとあちらも緩める。寒くて暗い舞洲をサイクリングする奇特な者同士なんだから、遠慮せずに接触してくれればいいのに。

何周目かにおなかのあたりが痛くなってきた。うわぁ、これはバリバリに腹筋使えてる証拠かぁ、俺ってすげぇわと思ったらスゲェのはお腹の「冷え」だった。その周期、つまり打ち寄せる「大波/小波」で事の重大さを察知し、ダッシュで帰宅!めざせ便所!耐えろ大腸!守れレーパン(レーサーパンツ)!

真夏でも、お腹を触るとヒンヤリするほど冷えるが、これは体質なのか?
お腹を守るなにかをつけたほうがいいのか。
Dou
5万8,000円するそうだ。でも、これをつけてロードレースに出るの、なんかちょっと恥ずかしいけど、どうせわたしはマイノリティ-少数派の人間なのさ。

| | コメント (5)

2008/12/18

風邪ひかないようにね

運動:通勤往復
飲酒:サッポロ黒生350ml×1、素性のわからない麦ロック×1

”熱が凄く高い”と申告するのでローラー中娘を車に積んで近所の医院へ。少なくとも自分は潔癖症ではない(と思う)が、この時期の医院はなんだか各種ウィルスの温床のような気がして入店すんのが気後れしてしまうぜ。待合室では鼻水たらして咳をしまくってる子どもがワンサカ暴れておるではないか!うぉ~!健康な俺様に近寄るなっちゅうの!

インフルエンザの検査キットを鼻に突っ込まれる中娘、、、似合うぜ。ともあれ、陽性でなくてよかったよ。せっまい我が家で隔離政策すんのは大騒ぎになるからな。で、鍋焼きうどんなんかを作って食べさせる。現状健康な自分には、ニラとかニンニク、ネギとかともかくそおいった滋養強壮関連の野菜を大量に摂取。長年きつメの風邪をひいたことがないけど、その自己流ポイントは

1.ひつこいぐいらに石鹸で手洗い
2.温野菜、炒め野菜の大量摂取
3.客が多い日のウエムラパーツへ行かない
4.日々の長湯
5.パンツ一丁でうろうろしない
6.いつもアホでいること

こんなかんじ。

それとできれば:
(残業とか明日の弁当の用意とか)用がなければ「早く寝る」べし。”サンドウィッチマン”と違うほうの伊達ちゃんの日記を愛読してます。レベルは違いますけど「好きでない種類の練習」を続けていることや、筋肉痛に日々苦しむ姿が共感できます。そして日記を書いている時間から推測できる就寝時間。地味な練習・地味な暮らしはスバラシイのだな。ナルホドね。

| | コメント (6)

2008/12/17

おじゃ~~~~~

日記の表題は、右側のヒトの普段のセリフ。
001
我が家のファイヤーウォール倒壊!ローラー中娘が朝から熱を出してついに登校断念。セキュリティホールを拡大させないためにも、早速今夕・インフルエンザワクチン投入予定(自分に)。

そおいうワケで、綿密な計画では今夜は舞洲いく日であったが、注射したら家で大人しくしておくつもり。注射してサイクリングなんかいったら、注射跡から液が噴出してきても困るし。お尻の筋肉もそろそろ痛いからちょうどいいか。

運動:忘年会で適当に暴れた
飲酒:忘年会で適当に飲んだ

宴会の話題はやはり”不景気”、これに終始した。鍋をつつきながらメンバー全員がトーンダウンしていくのが辛いわ。モータースポーツから4輪メーカーが続々撤退表明、次は2輪もか!?とか。不景気の余波で年末年始と物騒な事件が増えなければいいけど。そんな想像、どうか杞憂に終わりますように!とか。

産地偽装:
あほだ。あほすぎる。生産者の顔写真まで嘘かましてどないすんねん。まぁね、そお遠くない将来、ローラー興業社でも野菜の生産と販売をやってみたいものだ。
「産地:地球 生産者:人間」この表示でイク。嘘はついてない。

その飾りつけはちょっとまて:
近所の戸建も来るべきクリスマスに向って全力で「電飾」に取組んでいる模様。年々ヒートアップしている。結構なことだがその家々を指して「あ~、あの○丁目のラブホやろ~知ってる知ってる~!」という呼ばれ方をしているとは電飾の家人も知るまい。ということは、たいがいの日本人にはラブホの装飾が出来るという才能があるってことか、へ~なるほどな~。


| | コメント (7)

2008/12/16

物欲

随分前から欲しかったClarksの靴。しかし立ちはだかる壁はボントレガーのbrand-new!ロードシューズ。
ああ理性よ!邪悪なココロをいさめたまえ~アーメンソーメン冷や素麺。

| | コメント (7)

インフルエンザ

ローラー中娘のクラスで数人がインフルエンザ発症。国宝級のあほだが元気は保証付き。がんばれ、我が家のファイヤーウォール!

| | コメント (0)

それはそれ、これはこれ

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、糖質をカットした日本酒×2合~不覚だ!

退社後の通勤路にヒトが溢れておる。しかも日を追うごとにその数は増大の一途。で検索したらコレ。ホームレスのおっちゃんたちが寝起きしたり、空き缶の集積場所だったトコがよくもまぁこんなにと思うほど様変わりして、夜になると色とりどりのLEDが光り輝く場所になった。「大阪文化発祥の地としてその光を広く世界にアピール!」するカゲには、いろいろな事情があるってことで。連日報道されるような・問題山積の市なのに、、、というか山積の市”だからこそ”こうやって希望の光をともしたいのか。ともす場所は別にあるんじゃないのか?

で、問題はこっから。この界隈、京阪電鉄の新線の工事も継続中で、それに沿うようにして臨時の歩道が頼りない鉄パイプの造作で施設してある。夜だし、車に接触しては大変だと、その歩道をシズシズとママチャリで進むと、出口のとこにいたガードマンが眉間にシワを寄せて「ここは歩行者専用です!」と語気を荒げる。

通常だと「おまえダレに言うてんねん・だいいち歩道の入り口にはひとこともそんなこと書いてないやんけ・だれが決めてん何時決めてん・おまえじゃワカラン責任者呼んでこい」と言うシーン。そもそも利用している歩行者は皆無で明らかに設定が矛盾している。ローラー男のカルシウムが不足していなくて命拾いしたな、おっさん。まぁガードマンのおっさんは職務に忠実なだけで、エンドユーザーの気持ちを検討項目に入れていないどっかの偉くてアホなヤツが悪いのは、よく判ってますし。

決まりは決まりとしてその場は「すんません」と誤り、けれどちゃんとその旨わかりやすいように明示してくれるよう”お願い”はした。今週半ばまでに改善されてなかったら、お願いの方法を”アップグレード”するからおぼえとけ。

たまたまコナあにきのArticleをみたら、少し似たような体験が。どこも矛盾がはびこってますね。


| | コメント (0)

2008/12/15

ラーメンの旅だったのだ

我が家の小池さんに誘われてJR環状線・西九条駅近くのラーメン屋。濃い口醤油でつくったスープが自慢らしいが、醤油が単調なジャーマンスープレックス並みに目立ちすぎて、イリコだしや野菜・鶏がらといったチョップ、エルボー、ローキックのような小さな技が完全に隠れてしまっているではないか。これでは客をKOすることは出来無いな。小池さん的「次は無い」店に認定。ちなみに、ラーメン屋なのにやたらメニューが分厚い。全6ページでその7割近くがラーメンとでんでん関係ない「洋食」オンパレード。ラーメン激戦区で生き残りを掛けた施策か?気持ちは判るが「やめたほうがよい」と素人は断言する。

002
先日作った晩飯「トマトグラタン風トマトグラタン」。ペンネを茹でて市販のスパゲティ用ソース(レトルト)をかけて、この上にチーズ載せてパン粉載せて焼くだけ。手抜きでごめん->家族の皆様へ。

今宵は舞洲かあるいはなみはや大橋か。昨日の舞洲も風が凄かった。いよいよ舞洲がオランダになる季節がやってきた。向かい風は足だけでなく根性も鍛えられる。向かい風の噴出し口はどこにあるんか知らんけど、そんなもんに負けてどうすんねん。
2
ダークな夜はこんなカンジ!左下の蒼く怪しく光る建物は、、、、コーナン。わたくしたちのエルドラド。

| | コメント (2)

陽はまたノボル

004
早朝6:00、我が家から見た欲望渦巻く大阪。暗躍した悪が眠りにつき、何事も無かったように善が動き出すのだ~ってとこ。

運動:舞洲+なみはや+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、大瓶×1、糖質を一切カットしてない日本酒×4合、芋ロック×覚えてない

早くも酒の摂取方法が正月並みになっている。量を沢山飲むときは、早い時間からズビズビ呑みだして、遅くならないうちにお開きにすると翌朝爽やかだ。そして寝る直前に大量の水を飲むのもお忘れなく。

ついに篤姫最終回。これだけは見逃すまいと思い、外出先からダッシュで帰宅しテレビの前で正座。坂本竜馬が志し半ばであの世へ行ったのとは対照的に、盟友・小松帯刀が死に際に「いろいろなヒトと出会えたし、いろいろな事をなし得たし、サイコーの人生だったぜ!」と言ったのが印象的。ドラマの演出かもしれんけど、この前読んだ帯刀本人を扱った図書の内容からも、薩摩藩家老として最後までクイの無い仕事をしたヒトは、こおいう最期を迎えられるんだろう。凄いな。

ドラマの見せ所というのは自分なにりに「いかに精巧に時代考証を盛り込むか」という点に注目。とくに幕末モノは一晩でヒトの暮らしの洋式がガラリと変わるワケだから。大久保利通が突然スーツ着て妙な髭生やしてた。似合う似合わんとか二の次三の次で、ともかく濁流のように押し寄せた西洋文化に身を任せたんだろうか。篤姫ちゃんも昨日まで「篭」に乗ってたおもたら、「人力車」に乗ってたし。彼女ならその好奇心と行動力でもってスグニ「自転車」にも乗れただろうな。あと少し長生きしていればサイクリングが趣味になっていたかもしれない。とか思ったりしました。

篤姫ちゃん、享年49歳か。何事もなければ自分もあと数年でその歳になる予定。大奥をたばね、徳川家のために日々奔走していた彼女に比べ、自分はというと朝から自転車乗ってフラフラして、ビイル呑みながらM-1見てへらへらして、大河ドラマみながら屁をこいたりなんかして、そんなことでええのか!ええのよ~んと思ったりしました。


| | コメント (6)

2008/12/13

危なかったこと

朝の空気は美味いし空は青くて綺麗だし猿はウロウロうっとしいしいやぁ楽しいサイクリングだったなぁという気分を台無しにする出来事がついさっきありました。

通称「ロマンチック街道」とよばれるなめた名前の道を走って往復してますが、その復路、コンビニから一台のガンンメタ色デミオが鼻を道路に出し始めている。野生のカンが「やばいぞ!」と知らせたその刹那、まったくこちらの存在に気が付くこともなく、デミオはずんずん道路に出ようとしてくる。ありったけの声で叫んでもまったく聞こえてない様子で、もうこっちとしては後方を確認するわずかな時間さえなく、どうか後ろから車こんといてくれ!と祈りながらセンターラインギリギリまで膨らんで回避しました。車との隙間わずか数センチ、、、。

ひさしぶりにあったまきて道路の真ん中に自転車止めて仁王立ち。するとデミオの中で手をあわせて拝むおばはん。これがわたくしの逆鱗に触れます。ヒーターきかした車内で謝罪のポーズというなめたまねはアカンでしょ。

※このときの自分の怒りメーターの針は、まさに振り切って折れてました。怒りと安堵となにかわけのわからん感情とがないまぜになって、口がわなわな震えてまともな第一声が出ませんでしたもの、、、。

このぜんぜんロマンチックでもなんでもない街道沿いにはなめた店がたくさんあってなめた客のなめた車が頻繁に出入りしたり路注したりすんので、かなり慎重に走ることにしてます。

ああそうそう、猿山の滝駐車場のとこで反対車線にはみ出しながらかなりの速度で対向してきたスズキ・カプチーノのええ歳こいたおっさんもなめてましたけど。

自爆以外、長らく事故をしてませんけど、ひとえに「誰も(何も)信じない」という行動が功を奏しているのかなと思ったり。「止まっている車のドアは、開くもの」「おっさん、おばはんは指示器を出さずに曲がるもの」「タクシーは急停止するもの」etc こんなカンジで生きてきました。これからもそのつもり。

003
スピイドメイターをつけようと思ったけど、時計にしました。速く走らなくてもいいやって思って。かわいいね、時計。


| | コメント (16)

2008/12/12

忘年会

かしこ大学からきた新卒くんに忘年会の幹事を任命。「ちなみにローラー男さんは好きな食べ物なんですか?」と聞かれたから正直に「カレーや」と答えた。「そしたら忘年会はカレー屋とかで探してきましょか?」って真顔で言われた。

”インド料理”の聞き間違いかと思ったが確かに彼は”カレー屋”と言った。何飲むねん?何食うねん?突き出しはビーフカレーでメインはカツカレーで最後はカレーうどんで締めてデザートは福神漬けか。

胸焼けるっちゅうねん。


| | コメント (5)

じょじょに年末

社内は何となく早くも年末モードが支配しているカンジ。懸案を来年に持ち越そうとしているグループ、なんとしてでも除夜の鐘を聞くまでに完結させようとしているグループ、この時期・部署毎にある温度差の違いを少し離れたところから客観視してみる。ちなみにうちは中立国。
豊富な資源を持たないわが国、モノ造り大国なわが国、しかしエンドユーザーの幸せそうな顔を想いながらモノを創造することの出来るヒトは、どのくらいいるんだろう?自分は職場内での保身のためにモノを造っていたなぁ。

3918
ん~と、なんかイメージとちゃうな。


運動:通勤往復+舞洲大周回+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、糖質をカットしてない日本酒×1合、白ワイン少し

節操の無い呑み方だな、こんなことしてていいのかな。いいに決まってる!悩むくらいならハナから呑むな->わし。
001
キャベツ1/2、モヤシ300gの野菜炒めドカ盛り。

年末商戦:
例年この時期、全国各地のサイクルショップのおやじどもが展開するプロパガンダに負けないようにしないとな。
とか考えてたら、さっき横浜事業所から経営層が出張でやってきた。接待に連行されないようにひらすら姿勢を低く低く、、、。

| | コメント (2)

2008/12/11

スティールのこととかいろいろ

荒地は外的要因が多いからよく判りずらいけど、ロード用の車輪をつけて滑らかな路面を走ってみると、なんとなくスティール自転車の材料の弾性変形がもたらす独特の乗り味があるような気がします。ペダルを踏み込んだときの変形は当然上下には皆無ですが、ほんの僅か左右に「しなり&反発」するのが目視できます。小さなフレームだと変形がすくなく、弾力の恩恵をうけにくいような気がします。自転車雑誌のライターは、酩酊しているときのわたしのような意味不明の言葉を紙面に羅列しないで、もっと定量的なモノを冷静に記述してくれたら立ち読みなどせずに、対価に見合ったお金を出して購読したいと思います。

ローラー興業社 制服 Ver.3:
Ver.2をリリースしてから20ケ月も経ったのか、なんだか遠い昔のような気がするなぁ。まだもう少し、世の中平和であってほしいので、Ver.3を作ろうと思います。現在業者に見積依頼中。レディースサイズも。

| | コメント (4)

妄想で飯を食うのだ

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:写真参考

002
白ワインと熱燗というハイブリッドな晩酌実施。

そのワケは、
001
晩飯が鍋だったから。
当初のもくろみとしては、チーズリゾット作って余ったワインのんでイタリア気分満喫しよっかな~と思ってたら、小池さんがめずらしく早く帰ってきて問答無用で”石狩鍋”になってしまったから。行き場を失った白ワインは、熱燗とともに胃袋へ。

”なんで石狩鍋って言うのか?”とローラー中娘が疑問を投げかける。”シャケが入ってるから”と小池さんがこともなげに回答する。”でも鱈も入ってますけど”と私が突っ込んでみる。”シャケと鱈は友達なの”と小池理論炸裂。

それぞれテリトリや行動様式が違うので、シャケと鱈は友人関係の構築は困難ではないのか?と聞こうとしたら話題はすでにノーベル賞へ。おいおい親父の話を置き去りにすなよ、、、、。

TVで拝見しましたけど、授賞式は華やかやのぉ~、そんで映画のような晩餐会。あれは本人と家族それと友人知人もこみこみで「呑み放題食い放題」と見た。だ~れも生中とか飲んでないし、テーブルの上には「つき出し」らしき枝豆も無い。カンパイの音頭はだれやねん?多分スウェーデン国王か。益川さん、やっぱり晩餐会でも日本語一本で行ったんかね。「まま王妃、ここはひとつグッ!といきましょうやグッと!」とか「うは~殿下も白波お湯割りいけますのん?気ぃ合いますやん!」とかいう映像が印象的であった今朝のNHK。

つづく

舞洲を周回しているヒトへ大事なお知らせ
昨夜、周回コース上のしかも街灯が暗くなる場所に、トラックが牽引する巨大なトレーラー部分がポツンというか「ズドン!」と路駐してありました。下をむいてもがいたりしてたら気づかずに突っ込む恐れがあります。気をつけてください。


| | コメント (8)

2008/12/10

串カツの王様

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:立ち飲み屋で熱燗×1合、淡麗350ml×2、自宅で熱燗×1

小雨だったのでふらふら~っと立ち飲み屋に吸い込まれてしまった。串カツ3本と熱燗一本で680円。串カツのマイフェイバリット!は
3位~玉葱
2位~れんこん
そして栄えある1位は~「紅生姜」。しかも下品に赤いのがイイ。串も赤く染まっているのがマスト。回りの客は”トン(豚)ヘレ”とか”牛串”をよく注文するが、もっと紅しょうがに栄光を!と言いたい。

※好きなモノを好きように串に刺して揚げて食べるという串カツは、とてもリベラルな食事なのだ~!と今気づいた。寿司もリベラルだが、「時価」とか書いてあったら漢字読めないフリしてそれは注文しないのよん。

| | コメント (4)

2008/12/09

アホにつける薬こうてこい!

夕方、ローラー中娘から一本の電話あり。「家の鍵、落とした、、、、」。あ~も~その一言でグッタリ。小学校の時含めたら今度で4回目ぐらい。家の鍵を紛失するというのはどんだけ重大な過失であるかいまだにでんでんわかっとらんようだな。まぁ、特別ステキなファニチャーも液晶TVも、もちろん金の延べ棒も無い我が家だから鍵なんか無くてもええんだけど、自転車取られたら困るからしぶしぶ合鍵作った。

待ち合わせて帰宅すると、いやに落ち込んだ様子。ま、見せ掛けだけでも反省しとけよと思ったら、「期末テストの順位がババ下がり、、、」と告白してきます。はぁ、、、鍵の次は学習まで。どうも彼女の魂胆としては、期末テストの結果次第(よい方向に)では、この冬休みに安もんのネイルサロン(片手1,000円とか)行ったろ~と思ってたらしい。それがガラガラと音をたてて崩れてしまったのだろう。
あ~、そおいうのを「国宝級のアホ」って言うねん。だいたい中3で爪に色つけようとか思うのは100万光年早い。罰として油性マヂックで10本全部真っ黒の刑執行予定。それともおでこに「肉」って書いたろか~~~~?


運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、糖質を一切カットしてない日本酒×2合

もうすぐ冬至やいうのに暖かい夜だ。なみはやの人出も盛況だ、事故だけにはくれぐれも注意したい。

結果が全てのこの世界じゃ~:
「でもむっちゃガンバッてんで!」と涙目で訴えるローラー中娘であるが、ほんなもんワシが上司におんなじセリフ言うたら「あっそ、、、」でチーン。すべからく大人は皆シリアスな世界で生きているけど、子どもにそれはまだまだ酷か。でも早く気がついてくれ自分のやってるがんばりが「空回りしてるガンバリ」だったり「方向が違うガンバリ」だったりしてはいないか?ってことを。

自転車でも仕事でも、「やってんのになんで伸びひんねん」と悲しくなるのはよくあることだ、自分で気がつかないと仕方ないんだよん。応援してるぜ。


| | コメント (12)

2008/12/08

そこに階段の在るカギリ

定説~自転車は乗るモノであって担ぐものではない~

平等院以外で宇治市に行ったのは初めて。いやぁ~こんなとこで関西シクロクロスやるねんなぁ~と思いながら車を走らせてたら陸上部の有名な「立命館宇治高校」が見えた。ちょっと感激。で、現場はさらにその上の丘というか小高い山の中の公園。こりゃぁ高低差を利用したコースやろなぁと思ったら、案の定。

コースはともかくありとあらゆる苦難が設定してあってサイコー!と叫ばずにはおられません。
とくに長い長い「いったいぜんたいなんぼ程あんねん」いうぐらい長い丸太の階段がエグイ。エグイけど自分だけゴネて登らんわけにもいかんので、お荷物をよっこいしょと担いでフラッフラしながら登るのみ。日常生活に支障のない程度の二足歩行しかしてないので、お荷物を背負って高速で丸太の階段を登るのは大変苦労しました。でも、自分の前のヒトも後ろのヒトも同じような苦労をしているのが、その荒い呼吸から伝わるのが楽しい。同走の”チーム泥んこプロレス”泥山田選手を標的にするも、押し・担ぎ区間で圧倒的に引き離されてしまう。なぜだ?どうしてだ?彼と自分は日々の飲酒量にもそう差が無いはずだ(と思う)。

そおいうところで乏しい体力を無駄に撒き散らしてしまうから、も~あとの区間・お荷物に乗って走る場所なんて、うまくコントロールできずに悪循環は続くのだ、どこまでも~。

上手なヒトをみていると、ものすごくデリケイトなブレーキと前後・左右のバランス、瞬間的に加重を抜いたりあるいはトラクションをかけたり、もう見ているだけで興奮して鼻血ブーだぜ。

今回は腰に厳しいコース設定で大暴れどころか小暴れも出来ずジマイであったが、次回滋賀県・野洲川河川敷ステージではふたたび「ローラー男・大暴れ暴風波浪警報」発令予定!

012
この”自転車のクロスカントリー”は後片付けが大変!幸いエエ天気やったからこれぐらいで済んだけど、荒天やったら寝るまで大騒ぎ。以前、布団に横になったら耳の中から砂が出てきて困ったことあるし。

013
マンションのせっまいメーターBOXが自分に与えられた唯一無二の自称「ぼくの部屋」。いつみても混沌。この混沌の中がシーズン終盤には泥だらけになるのだがははは、、、、。

追伸:次は21日冬至で仏滅の日に滋賀県・野洲川河川敷ステージだ。レースが終わった駐車場でプロ選手二人を前にして「肉体改造」を宣言した。しかし肉体改造ってどうやんねん?ショッカーでもなんでもええから早く俺をスカウトして秘密基地でメス入れてくれよ。ただし、へんな昆虫との混合にはしないでね、エントリーのとき顔がトンボやったり蜘蛛みたいに手足が10本あったら受付で係のヒトが混乱するからね。

| | コメント (8)

ギネス!

010
成功!見事に二層にわかれた。コツは”景気よく注ぐ”かな。世間はなにかと暗い、だからせめてここだは景気よくいこう。

011
しかし、新たな問題発生。飲めども飲めども下段のエビスビイルにたどり着かんではないか。仕方ないからギネスを追加。ますますギネス軍優勢・エビス軍劣勢。

しっかしアレだ、ヒトはどうしてこういうオマケに弱いんだろう。ついつい買ってしまうではないか、普段淡麗350mlでつつましく暮らしているのにこんな贅沢していては堕落してゆくばかりだ。自分を厳しく律するために今夜からまたがんばって淡麗生活。そおいえばきのう自転車のイベント会場でトップレベルの選手は”ビイルは一週間に1リットル!”という話を聞いてしまった。よおおおし、今夜からいっちょうやってみっかなぁ、足らんかったら日本酒飲んだらええんかな?焼酎のことは別段なにも触れてなかったからなんぼ飲んでもええんかなぁ、、、。今度会ったら聞いてみようそうしよう。

| | コメント (0)

2008/12/06

さっむ~

明日の準備。トライ&エラーの結果、後輪はミゾの浅いタイプでいく。
004
そんで空気を入れても入れても、入れても入れても、抜ける。何事がおこったんじゃい。ああパンクか。そんなこともあろうかと以前に小銭を無駄遣いして買ってみたパンク修理液をインストールだ。
001
チェコ製。俺はこの先の人生もおそらくチェコなんて遠い国の世話になることはないだろうと思ってたけど、甘かった。効果はてきめん。いやぁチェコはええぞ~、行くならチェコや~、飯は美味いし景色はエエし、おまけに女性は美人揃い。

002
行ったことは無いけどたぶんそおいう国。


| | コメント (6)

2008/12/05

週末のよていとか

金曜日:おとなしくしておく
土曜日:家事、少しサイクリング、夕方から飲み会
日曜日:シクロクロス大会参加

| | コメント (3)

大発見!

運動:通勤往復
飲酒:なにやら沢山飲んだもよう

自分はワインが苦手だ。口当たりがいいし、料理が美味しいとビイルと同等のスピイドで飲んでしまうから。そして気づかぬうちに肝臓はフル稼働を強いられていて翌朝酷い頭痛。で、表題の件。たまたま昼飯にラーメンをしかもややあって大盛りを食べた。するとどうだろう、飲んだ後にラーメンを食べたいという欲望がわきあがってこないではないか!なぜこんな簡単なことを今まで気がつかなかったんだろう。ローラー男のバカバカァ~ン。

そんで、食べたくないものを無理に食べる必要も無いから、食べたつもりになるものはナニか無いかなと深夜のコンビニを彷徨い歩き手にした本。
002
視覚を充実させてみるのだ。

今朝起きたら、小池さんがめざとくこれを見つけて一心不乱に読んでるし。自分には”大・大・大好物!”と自負するものが無いわ。カレーは勿論好きだけど、「ラーメンとビイルだけで3年生きられる」という固い信念を持つ小池さんには負けるわ~。自分の中に「食通」の血はあるのか?開高建でも読むか。

二つ目の大発見:
いっしょに酒を飲んだヒトに「イカ墨料理はあるのにタコ墨料理はなぜないんでしょうね?」と聞かれた。「そらぁタコのようにその場に留まる生き物の墨は代謝が悪くて臭いからちゃいますかね」とその場しのぎで応えてしまった。改めて思い当たる理由~イカをおろすとき墨袋は簡単に摂取できるが、タコの墨袋はそれが出来無いのでは?という結論。検索したらぼほビンゴ。ああまたかしこに一歩近づいたわ~ってこんな小ネタでかしこなってもしゃ~ないけど。


| | コメント (2)

2008/12/04

督促状

昨夜ポストに一枚のハガキがあった。差出人は水道局。水道局に知合いなんかおらんわ何の用かねと思って裏面みたら”水道を止めますよ”って書いてある。あ。文面から推測するとタダの脅しではなさそう。
公共料金を別の銀行引落しにしたらもれなく百貨店の商品券くれるキャンペーンに乗ったはええけど、たんびたんびに入金しんとあかん口座で、もう三ヶ月近くわすれてた~。

水道止められたら淡麗350mlで歯を磨いて顔あろて米炊いて味噌汁つくって風呂沸かしてなんか生活スベテが淡麗350ml一色やのぉ~と小池さんに言うたら「はよ入金しろ」と静かに言われた。

「はい」。

001


| | コメント (3)

いーのだ

朝ギャグ発射、
001
「イノダはいーのだ!」。毎朝飲んでます美味しいです、現場にいってお店の方がたててくださるコーシーを、いつか必ず飲むのが夢です。ささやかであ~る。

日本茶LOVEの家族だったので、生まれて始めてコーシーに触れたのは16歳。「なんじゃこの不味さは!」と当時激しい憤りをカンジて以来口にすることはなかったけれど、就職して必要に迫られる機会があり23歳にして”コーシー・チェリーボーイ”を脱しました。タバコは無論チューイングガムもあまり口にしないし、ともかく嗜好品類を持たない寂しい暮らしをしてますが、日に1,2杯のコーシーは染みます。

大麻を嗜好する大学生が増えてるとニュースで言うてたけど、「たわけめが!」と怒りたい。そんならぶらぶらしてないでお金貯めて合法な国行って丁寧に大麻を栽培するなりしてばっすんばっすん吸えよ。そんなものに救いを求めるな、葉っぱが好きななら・うるしの葉っぱでも舐めとけよ!とおっちゃんは思ったりなんかするのだ。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、糖質を全くカットしてない日本酒×3合

お知らせその1:
最近舞洲をサイクリングするとき、通称「大周回」を走ってますが、真っ暗闇の部分が何箇所かあって、考えられないような大きさの産廃がおちてたりします。注意しましょう。

お知らせその2:
晩飯はカレイを焼いた。昼飯にランチ屋のショーウィドゥで見かけた「西京味噌カレイ」の文字が脳裏に焼きついて困りつつもどうすることもできないこのもどかしさ。飢餓にあえぐヒトビトが今も地球のいたるところに居るというのに、西京味噌のことをで頭が一杯な自分はヒドイ人。今夜はラマダンでもするか。

読んだ:
Naog
篤姫ものこすところ放送あと2回! いやぁ今回の大河ドラマはひっさしブリにのめり込んだぜ。この熱が冷めないうちに彼女ゆかりの人物をもう少し違った角度から知りたくなって。テレビでは、討幕に反対するコンサバティブなお兄ちゃんという目で見てましたけど、この本の印象によると「勤勉で実直で優しくて正義にあふれて民・百姓を大切にする」今の日本の舵をぐだぐだにとっているおっさんにはまったく居ないタイプ。しかし許せんとこもあります。「京都の奥さん」なんと16歳。岡崎友紀は18歳で奥様だったのにキ~~~くやしい~~~~というか羨ましい。


| | コメント (4)

2008/12/03

許しておくれよ!(作詞ローラー男爵、作曲小室徹夜)

調子に乗ってバスバス買ったUKの自転車衣装、どおいうわけか怒涛のごとく請求がくる。収支のバランスが完全に崩壊。あぁゴメンよエリザベス~円高を鼻にかけた僕をどうか許しておくれ~♪と謳ったところで状況は変わらないのだ地味に返済するしかないのだ~♪

ここのところ毎夜のサイクリングは先日完成したシクロクロス車で行ってますけど、そうなるとオキナワまで喜怒哀楽をトモにした自転車は、スタッドレスタイヤと同じく冷遇され、もはやベランダの”お荷物”という扱い。雨に打たれ風に吹かれ昼間の紫外線は容赦なく襲い掛かり洗濯を干すたびにじゃまだじゃまだと家族に嫌われ、まったく気の毒だ~♪と謳ったところで状況は変わらないのだこのまま見えないフリをするしかないのだ~♪

| | コメント (3)

来年の予定

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、糖質を一切カットしてない日本酒×2合

舞洲をほぼ海沿いに回る通称「大周回」を走ってみた。がら~んとしたコンテナヤードが不気味だぞ~。がら~んとしてるおもたら大きな10トントラックがジャンスカジャンスカ空き地に乗り入れているではないか。こんな夜更けになんだ?どうした?トラックには「EXILE」と書いてある。はは~ん、これが噂にきくエグザイルか。歌歌いにくるだけでトラック何台仕立てなあかんねんCO2削減にもうちょっとこう協力しなさいエグザイル。せめてメンバー全員自転車でちゅ~ちゅ~トレイン・全国津々浦々回るとか。

003
来年のカレンダーをじっくり見る。昔といってもほんの数年前の欧州レースシーンを扱った写真満載のやつ。全員スティールの自転車やしノーヘルやしけれど車輪はフタツでハンドルもサドルもペダルも今となにも代わり映えしてない。カストラマチームの選手のサドルはターボマッチク2だ(多分)。PDMチームの自転車はコンコルド社のだ。皆、シマノ社製の初代手元変速機を使ってる。今ではどこを見渡しても当たり前のように使われている装置に、当時は広告写真を見て度肝抜かれたよん。当時身内ではこの変速装置をSTIとは呼ばず「ぱしぱし」と呼んだ。ぱしぱし変速できるのが語源。なつかしいわぁ。このころの選手に将来電気で変速するトキがクルと言えば、どんな顔をしただろうか。

妙な夢:
”ヤンタンステッカー”をもらった夢を見た。自分の深層心理の解釈に苦しむ。

表題に関する肝心なメモ:
年末年始は事情が許せばシクロクロス大会に出る。
来年も第二回となる伊吹山を登る大会に出ようかな。それと長らくご無沙汰していた京都・美山町のサイクルロードレース大会も。仕事のほうは、相変わらず「降りかかる火の粉は進んでかぶる」と見せかけて実はうまく立ち回るとか、そんなかんじでいけたらと。

| | コメント (4)

2008/12/02

一日二回走ってみた

運動:最寄駅まで通勤往復+朝の舞洲+夜のなみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、糖質を全くカットしてない日本酒×2合

朝ライドではいた自転車の衣装(通称:レーサーパンツ)を12時間後のなみはやサイクリングで、なんのためらもなく履いてみた。特に感動は無かった。
朝ライドで”アッキーナ”がはいたレーサーパンツを昼に”ユッキーナ”がはいて、夜に自分がはいてみたりなんかしたらどうなるだろうと考えるだけで今日も一日しあわせだ。

今月号の自転車雑誌(通称:通勤専門誌)に、常識を覆すような記事を見つけてほんまかいや?と思ったので身をもって確かめてみたぜ。「極端に後ろに乗って、土踏まず近くでペダルを踏む」という。でもまてよ、荷台に座って脚伸ばしてペダル漕ぐゆうスタイル、子どものころフツーにやってましたがな・なにを今更ねむたいこと言うて万年。

でも否定ばかりしてはダメだと思ったので、しばらくこれで行く予定。
そうそう、新しい自転車用の靴はなかなか良い。とくに最初からもれなく付いてきた中敷が秀逸。そしてスティールの自転車。だれも人影が無いのを見計らってなみはや大橋の下りで自由落下させたらマッハ3.6出た。この手の自転車だと今まではマッハ2.9が最高だったことを考えると、この安定感にびつくりした。前輪を支えるフロントフォークも頼りがいがあって、ブレーキがよく効くではないか。スティールが持つ独特のバネバネ感も思惑通り。

週末のレースでは、常識の範囲内で暴れまくるぞぉ~。

使えんのぉ:
マシン、靴ともサイコーなのに、肌着がサイテー。やっぱり自転車の運動量で発生する大量の汗を想定して開発されていないから仕方ないけど->ユニクロ。


| | コメント (6)

2008/12/01

朝、ライド!!!

このタイトルで日記書くのが夢でした~。
001
冬の晴れ間、今日もいい天気の予感だぞぉ~。
仕事は昼からかしこ大学に行ってシステムの監視が一見。ぐししし、ひさびさに悪事でもやっかな~。で、クロスマシンで舞洲へ行ったのですけど、いつもいつも陽がとっぷりと暮れてからしか行ったことないから、妙な気分。

002
こおいうことろを押してみたり、
004
こおいうところを何度も担いで走ってみたり。

街の中でも探せば楽しいフィールドはいくらでもあるさ、楽しくいこうぜ月曜日。

さぁ一見ビジネスマンに見えるような服装に着替えて出かけるかとおもったら、ネットに訃報が。
ハードロック/ヘヴィメタルの打楽器担当が癌でお亡くなりになった。ショックだ。メタルの音楽を演奏するヒトビトて、いつも苦い苦い胃薬飲んだ直後のような怖い顔をしていて、ちょっとやせてて背が高くて鎖とかたくさん付属しているレザーの服を着てて、インフルエンザとか花粉症とか全然関係ないような、そんなタイプだと思ってたのに。まったくなんてことだ。もうバスドラム一個で地面を地球の奥深くから突き動かすような演奏を見られることは永遠にない。


樋口さんのご冥福をいのります。

少し前に「葉っぱのフレディ」が流行ってた時期があって、自分も目を通してみた。ああそうだ、葉っぱはいつか枯れ落ちて地面にヒラヒラ落下するんだそして土になって次の木々を支えてまた新しい葉っぱの礎(いしずえ)になるんだ。だからヒトも動物もそうだ。なるほどな。
実家にいるとき、田舎で地上波の不感地域でチャンネルが3つしか来ない。それなのに偶然見たプログラムはボブ・ディランの「Knockin' On Your Heaven's Door(天国への扉)」を取り扱ったやつ。死ぬのは決して怖いことではない、扉の向こうは次の世界とかいう曲かいなふ~ん。梅田の街をぶらぶら歩いていてポール・スミスかなんかのショーウィンドウを見ていたら突然刺されたとかは痛くて嫌だ。けれどなにかの拍子に「あれ?ここどこや?痛くも痒くも眠くもない。ああ、、、Hevenか」という死に方なら甘受するだろうな。

”今のところ”やり残していることはないと思う。残された家族はなんとかやっていくだろう。家族の成長は空の上からでもときどき見える筈。ほしたら何が悲しいかと申せば、家族がションボリしている姿をあの世から見るのが嫌だ。友人・知人と、もう会えなくなってしまうことが嫌だ。ああ、これは確実に明日の朝は二日酔いになるなぁと思いながらもグラスに入ったアルコホルを飲まずにはいられない楽しい夜とか、自転車仲間と峠ひとつ、ふたつ越えるたびに勝った負けたと相手の車輪に対する憎悪、ときには優越感、そのあとの充実感。それらを自分の身を削ってやらずして、遠い空の上から指をくわえて見ているダケなんて絶対の絶対に嫌じゃ~。

師走のあわただしさを「コトッ」と小さな音で止める喪中葉書が、今年も一つ、二つ、届いた。

| | コメント (10)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »