« プツリとね | トップページ | だって「趣味」だもの »

2008/10/22

みぞれ

運動:通勤往復+舞洲やや地獄+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

家で呑んでるときにPC開いたら、たまたま円高になってて、それを見た途端まるで為替相場師のように"よし買いだ!”とか思ってしまって買ってしまった自転車の衣装。やれやれ、またUKからの請求書に怯える日々だぜまぁいいぜがんばって働くだけだぜ。

(参考情報)このメーカーの自転車衣装、身長176センチメートルのわしにベストフィットはジャージならLサイズ、写真のようなウィンドブレィカーならMサイズ。それでも袖の余剰は驚異的だな。中指まですっぽりと覆い隠せるよん。でもいいさステキだから。それと、これはあくまで国内で言うところの”ウィンドブレィカー”です。販売サイトの表記では「・・・JACKET」になってますけども、洋式文化の薄いわたくしは、ほほ~ジャケットか~こりゃ~冠婚葬祭にも行けるんぢぁないのかな~と勘違いしていたではないか。

早速昨晩の舞洲で着てインプレッションしてみるかとおもたけど、気温高すぎでわからん。もっとこうベルギーのフラマン地方とかで雲が低く垂れ込めててみぞれとかヒョウとかバチコンバチコン降り注ぐような劣悪な気象状況で着ないと本質がわからん。あー悪天候楽しみ楽しみ。乗らんけど。

001


で、ついでにみぞれを買って読む。

いつもかわらぬ「重松清の世界」でした。なんていうか”どこにでもあるようなお話をソッと書いた”ような短編の11連発。どの話も非日常はなくて、日常の街角を普通に曲がれば普通に落ちていて、風にコロコロ吹かれているようなお話。どれもほろ苦くて切なくて哀しくてでも読み終えたあとは決して暗い気持ちにならない。はっぴぃえんどや大団円にはならならけれど、ほんの10センチほどでも”前に足を踏み出す”生き方のような結末が、どの話にもあって救われる。

ついでに自転車のことも:
思った以上に日曜日のダメイジが脚と背中に残留。とくに関節のとこ、軟骨っていうのかその部分なんか潤滑油が切れてなんか音までする。関節用の、何か食べないとな。

|

« プツリとね | トップページ | だって「趣味」だもの »

コメント

うぉ~~~、チャレンジャー!

投稿: ぶらいあん | 2008/10/22 09:46

おお、重松清ですか
「卒業」で号泣して以来なかなか手に取ることができないのです。
おっしゃるように人間の弱さに対してとてもやさしいメッセージをくれる
作家さんなのですが、それが逆においら自身の情けなさを
浮き彫りにされてるようで・・でもそれが変に心地よかったりも。
久々に読んでみるかなー

投稿: よし | 2008/10/22 12:52

●ぶらいあんアニキ、デザインを気にしだしたらモー危険!
●よしアニキ、自分を振り返ってしまって余計号泣は同感です。日々の暮らしを押入れの中から重松さんに覗き見されてるカンジです。これからの季節、ますます泣ける本読みたくなるなぁ。傍らには熱燗置いて。

投稿: ローラーおとこ | 2008/10/22 15:40

いよいよ日本酒と泣ける本の季節ですね。しかし、確かに
このヒトの話の結末って「さ、またコツコツ生きていこ」
と、思わせてくれますよね。

投稿: kiyo_g | 2008/10/22 21:42

関節用には、ナンコツとか豚足とかがよさそうと、根拠無く思ってしまいました。

投稿: みーこ | 2008/10/23 08:14

●kiyo_gあにき、一発目にビイルには手が伸びませんでしたが、さりとて鍋を出すのも、、、ってな妙な気温でしたよ大阪。生牡蠣の美味しい季節が待ち遠しいです。
●みーこあにき、日々の加齢が止まりません(泣)。

投稿: ローラーおとこ | 2008/10/23 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プツリとね | トップページ | だって「趣味」だもの »