« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

チューブ

ローラー中娘の通学用自転車、またまたパンク。やれやれ、前輪なのがせめてもの救い。
相当のアルコホルが体内に充満しながらの修理は、前輪でも十二分に難航した。しかし、あれだ、ママチャリのチューブゆうたら、その職責の重さのわりには冷遇されてる。雨の日も雪の日も灼熱の大阪の炎天下の日も、暗く寂しいタイヤ君の内側で、文句ひとついわずに黙々とご主人とヘヴィウェイトの通学鞄一式を、つんで駅まで走らねばならない。空気もめったに入れてもらえない。けなげだ。こんなけなげな生き方をするとは、ゴムの木が知ったらさぞや悲しむだろう。

趣味で乗る自転車のタイヤチューブとなると、より軽く、より薄くとつねにサイコーを求められるし、目の中に入れても痛くない(痛いけど)のに。

もうすこし丁寧にあつかってやろっかな~とおもたけど、なんか、、、
うんこ臭い。

| | コメント (9)

ヘミングウェイの酒~

運動:通勤往復+舞洲グルグル+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、糖質少な目の日本酒×2合

きのう読んだ本。
Sake
ヘミングウェイの小説の随所・大事な部分に、さまざまな酒を呑むシーンが出てくるけど、それにスポットを当てた短編集。” マティーニ” ”モヒート” ”ダイキリ” そんで本人考案の”ヘミングェイ・カクテル” ほかイロイロ。本を読みながら生唾湧くぜ。うわ~のみたいのみたい今すぐのみた~い!と足を一人でバタバタさせても、我が家にはそんなモン無いし。こおいう本はBarで読むべきであった。薄暗いBarで本の字を追えなくて「あ~すんません、少し灯りが欲しいんですけど」と言うと、初老のバーテンダーがソッと小さなランプをカウンターの上に置いてくれたりなんかして、、、。ありえへんな。

なんでこんな本読んだかというと、自宅で痛飲したい気持ちを呼び覚ますため。水曜木曜と舞洲でサイクリングしたけど、本心は”もう、走りたくなかった”。テレビ見ながらアホみたいにひっくり返って酒飲んでウシャシャウシャシャヤと笑いたかった。入賞とかぜんぜん自分にはカンケー無いけど、少しでも余裕をもってオキナワを楽しみたい気持ちが、呑みたい気持ちを上回っているから、これはこれで仕方ない。はぁ~、こんな人間ではなかったのに。


疑問:
「海流の中の島々」で沢山沢山カクテル出てくるけれど、ヘミングウェイ自ら作って呑んでたんかな?「あ~きょうはちっとも筆が進まんなぁ~、サッポロ黒生でも飲んで屁こいてはよ寝よっかな~」とか思わなかったんかな?そしてアテは?「あ~!誰や~!おれの大事な大事な”よっちゃんイカ”を食ったヤツは~!」って、巨匠アーネスト・ヘミングウェイに乾きモノは似合わない。ごめん、アーネスト。


誰だ?こんなもの落札したのは?   「恐らく」わしでごわす。
001
ヘミングウェイだって、酒で過ちを犯したことはあるはずだから、ギア板の一枚、二枚、三枚、、、、数えると卑屈になるからやめた。死ぬまでには全部使おう。

追伸:このギア板、1,000円だった。出品記事に「送料は着払いになります」て書いてあったけど、800円もした!こうなると、着払いも博打やな~長野県某市某町のおっさん、やってくれよったのぉ~ほんまに。

| | コメント (4)

2008/10/29

円高

スパイクリー監督のサイクリングキャップ見つけちゃたよん。
Cap
”マルコムX”しか見たことないし、Old House(音楽のほう)はあんまり聞かないしで、スパイクリーと自転車のつながりはわからずじまい。でもいいなぁ、「ブルックリン」って響きがいい。いつの時代もエッヂを行く音楽とか映像とかアパレルで、地区は充満してるのかな。

お世話になってるサイクルショップで、ティームウェア作るからどう?って店長に言われた。どう?って言われて困った。もうそおいう衣装はいらないわ。衣装の統一を規定されいる”競技連盟”の大会に、もう参加することはないので。あとはやっぱりデザインが自分の気持ちとちょっとあわないかな。仲間とはこれからも楽しくサイクリングしたいけれど、同じ時間に同じ空気と景色を共有するだけでシアワセ。で、結局はそのお金でまたまたUKに自転車衣装を注文しようと企むのさ(ただし仕事のがんばり次第)、うしゃしゃしゃ。

| | コメント (2)

地獄列車だよ~ん

おとといは、Blue Monday
そして昨夜は、Hell Tuesday!!!

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、糖質オフの日本酒×1合

舞洲につくと、いきなり目の前をトレイン通過、もがくつもりは全く無かったのに、、、。それがいくら馬力を上げても全然追いつかない。誰だ?機関車は?あ~K本かぁ~。イキのよい機関車が次々に前に出る、客車は何度も連結が切れそうになる。だけど意地で前に出る。また切れそうになる。意地になる(以下繰り返し)。これ以上やると腰痛で寝られなくなるヨンという手前で降車。カラダにはよくないわ~。

出力を測ること:
Pow
熱心なサイクリストの一部で静かなブームになっている「出力トレーニング」について、舞洲フレンドのシマウ魔くんと熱く(熱くないけど)議論してみた。車輪軸に内蔵された電子部品には、さぞや複雑怪奇なギミックが?と思ったけど、まてよ、回転数をパルス計測して無線でメーター表示部に送信するだけではないのか?面倒くさいから公知例検索(特許・意匠の)してないけど、特別なことはしてなさそう。ほんだらこの諭吉20人近くする値段は?混信を防ぐデジタル無線のチップはそーとー安くなってるから(弊社・ハードウェア部に確認済み)おそらく購買する「mass」がむちゃむちゃちっさいんだろうな。

過去にも心拍数計でケツ割ってるから、もうこれいじょう割れる尻は無い。
サイクリングから帰って電子計算機にダウンロードして解析ソフトウェア立ち上げてふむふむなるほど~、よ~し明日はこのあたりの練習を強化すっかな~、、、とか想像するだけで頭痛くなる。
風呂入って洗濯して翌日の弁当作りながら朝飯の支度して・そのスキに酒呑んで本読んでしてたら、解析についやす時間あれへんし。飲酒は外せないし。「結局横着でヨコシマな人間には無理ですなぁ」という結論が出ました->私&シマウ魔くん。

| | コメント (4)

2008/10/28

よくわからん酒を呑んでみよう

今日は朝から地味な仕事に黙殺された。サンドバック会議も地味な打たれ方に終始。そおいう日もあるさ。

運動:通勤往復+なみはや大橋(ひさしぶり~)+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1+アルコホル高目の妙な発泡酒×1+糖質カットとかいう日本酒×3合

糖質カットの日本酒に手を出した段階で人間失格ですが、今は猛毒をがばがば入れる勇気出ませんわ~早くオキナワの大会終わってくれ~と贅沢なお願いしてみたりして。

で、ちょっとは派手にいくかと思って:
Kirin
これを呑んでみた。感想「製作者の意図がわからん」。
商品名がピンとこんな。ストロングセブンか。ストロング言うたら小林しか無いやろ。メーカーサイト見たらこの商品のコンセプトが”グッとくるのに、キリッとクリア”って、意味判らんし、、、。

独身のとき会社提供の寮ずまいで、隣りの部屋の同期が「ビイル作成キットで作ったやつできたからみんなで飲もうぜ~」って言うから恐る恐る口に運んだ。飲んだ途端、えもいわぬなんかよくわからんけどキョーレツな腐敗臭!(さ、さすが自作!一発目からモーレツ・パワフル・過剰にキョーレツ、、、)とココロの中で思って、次に喉へ。この世に酸味の世界チャンピョンがあるとしたら、まさにこれ!と思うほどのエグさ。今思い出してみると「不味い酢を飲みながら、もっと不味い酢を飲んでいる」というそんな状態。
彦麻呂ふうにいうと「味の自爆テロ」。試飲した全員、しばらくポカ~んと口あいてトランス状態になりました。

”グッとくる”ってこんなカンジではないのかね。

※煮沸消毒しないでビイルつくると、このようになるそうです。

| | コメント (5)

2008/10/27

Jtec!!!

003
冬の自転車遊び”シクロクロス”用自転車の部品集めも大詰め。これなくして自分には「大胆なシケイン越え(通称:欽ちゃんジャンプ)」はありえないのだ!

Xt
後ろ側の変速機はこれの予定。出っ張りが少ないのがウリらしく、ポテポテと不必要にコケる自分にはちょうどいいかなって。

御堂筋:
いちょうが色づくにはまだ早いなぁと思っているのに、今朝の通勤路では早くも!おびただしい銀杏が地面に。信号待ちのときに、安全な地面を探して足をつかないと酷い目にあうからなぁ。茶碗蒸しにいれると凄く美味しいのに、どうして素の状態だとああなんだ?臭さと美味さを併せ持つということは、ドリアンに追従するか。

きのうの篤姫:
堀北 真希の旦那(松田翔太)が亡くなる。お父さんのように弾丸で撃たれて「なんじゃこりゃ~!!!」と名ゼリフを残していかなかったのが残念。まぁ、病死で・なんじゃこりゃ~も無いわな。カンパツ入れずにお兄さん(孝明天皇)も崩御。宮尾登美子さんの時代考証が緻密であるにしても、この時代のヒトは本当に短命だな。ココロザシ半ばというか、まだな~んも手をつけてないうちにおしまいになる。家臣たちは跡目決定に追われてばっかりで、全然本来の仕事に打ち込めなかったんと思う。

さしずめ、キャンプに行くと、まず朝飯を作って食べる。終わった途端に昼飯の心配して、昼飯終わったら晩飯の心配してな~んもせんうちに一日が暮れてゆく、、、そんな感じ。

いよいよ来週は竜馬が死ぬ。長らく「竜馬がゆく」を復習してないからモー忘れたけど、脱藩した下級武士がなんで、幕末の中心としてよく据えられるのかちょっと思いだせんわい。そもそも竜馬の仕事は?フリーターでも無さそうやし。今でいうと、朝一からCRかスロットの前に座って、夕方ごろからツレのアパート行ってぶらぶら漫画とか読んでたら、たまたま鹿児島出身のツレと、山口県出身のツレがいざこざおこしかけたときに居合わせて「まぁあぁ、二人ともそんな怒んなや~~~」とか言うて、三人打ちでもやろと言い出して近所の雀荘いって、明け方には丸く収まったとか。多分そなんとこ。

| | コメント (8)

2008/10/26

自転車世界選手権ロードレース

010

「いまさら、何言うてまんねん」と言われそうですけど、一切の録画・記録装置を持たない我が家にとって、再放送は本当に嬉しいのよん in 10月25日。

解説はおなじみ「日本人で唯一ツールド仏に出場を果たした今中大介さん」。死ぬまでこのフレーズ使うのかな。まぁいいけど。そして、大介さんの解説のおはこ「空気抵抗の軽減」「セミオートマテック式の変速レヴァ」「波状攻撃が」。そっとTVの音量を小さく小さくして楽しむダケ。

011
観戦グッズ。

宇都宮で開催される、2008年ジャパンカップ男子ロードレース、スタートまであと5分。今年はどんなドラマになるのか?いろいろな意味で、見に行きたかったなぁ。

宇都宮・ジャパンカップサイルクルロードレース2008:
自転車仲間の日記や掲示板で、リアル展開をウォッチ。数年前(?)では考えられなかったこと、通信インフラの整備と通信キャリアのサァヴィスが充実したおかげで、刻々と動く展開が、インターネットを通して宇都宮の山の中から配信されてくる。情報送ってくれたアニキ、アネキ、どうもありがとう。とても楽しめました。

時間と予算が許せば、本当に行きたかったあぁ。音楽も演劇も映画も、そしてスポーツイベントも、やっぱり「ライブ」につきる。高速で走りぬける選手の息遣い、そして選手の体臭までもが見ている人を熱くするから。プロのサイクルスポーツには近年・暗い影が忍び寄る(薬物とかね)報道ばかりで悲しくなるけれど、それでもなお、世界一過酷で世界一美しいスポーツから見るひと・やるひとが・離れられないのは、なぜなの?

運動:一時間ほど傘さして近所散歩
飲酒:淡麗350ml×3、日本酒×2合、ワイン×少し、まだ飲む。


| | コメント (2)

2008/10/25

ビストロ・アジアーゴ

ふともも痛いの辛抱して、家事いろいろと掃除。かねてから計画していた、近所の商店街のイタリア・ビストロでお昼ごはん食べたいという計画の実行。大阪の繁華街までいってイタ飯とか食べる歳でもないから(?)、こんなカンジで近所の飯屋感覚でイタリアのごはんが食べられるのはうれしい。ほんでも、ちょっと「こそばい(照れくさい)」。

002
ありがちな国旗。まてよ、なんで和食の店先に「日の丸」ないねん?そおいえば、海外の日本料理って屋号は「富士」とか「サムライ」とか「御所」とかなかには「金閣寺」いうのもあったけど、無理やり和のテイストを屋号に使うのはちょっと痛いぜ。
で、入店。野田阪神とは思えない客層。なんとなく”スノッブ”そうなおねいちゃんとかおばさんがピンでパスタをツルツルと口に運んでいるではないか。得意の「おっさんテイスト」ゼロ。

ご注文:
Aランチ~小さなサラダ、パン二切れ、きのこのパスタ、コーヒー。これで800万円。あと、追加で500万円のグラスワインを二連発と、モッツァレラチイズを一発。しめて2180万円の豪華昼飯。パスタはアルデンテの二段階上ぐらいの「固麺」。これはこれでアリ。おしかったけど、パキパキするモッツァレラをアテにワインをレロレロ飲むのが最高でした。場所柄、ステテコおやじでもキッチり同化できる商店街なんで、気楽に食べられるお店ってことでお勧め。

そもそもビストロ言うたら、大衆食堂なんやから、ィケルとこまでィける店でなくてはアカンのだ。幸い、ただれたカップルとか居てなかったから快適じゃわい。ビストロで愛を語るな、サッカーとか自転車の行方を語れと言いたい。

004

さいごにいただいたコーシーのうまさ格別。酸味が軽くて、そのくせ苦くて、まさに自分ごのみ。でも2000万円の昼ごはんは毎週行けないわ~。


| | コメント (3)

東別院から西別院

自転車ネタ。さいきん金曜日に夜更かしできなくなってきた。ま、いいけど。

運動:自宅~R176~豊中~箕面駅前~猿山~高山~R423~秘密の裏道(西別院町神地)~西別院~東別院~清阪峠~泉原~動物園~勝尾寺~箕面駅前~あと適当に。燃料は、朝御飯に食パン1枚+いちごジャム塗り+自転車の水筒一本だけ。中身はCCD少し。

7時過ぎ、ローラー中娘の通学と同時にスタアト。お昼前帰宅。休みの日を計画通りに動くと、凄いお得感が増します。R423はものすごい数のダンプ。行けども行けどもダンプ。ダンプは生活がかかっているから「豪快に」追い抜いてくれるけど、タチの悪いのは白ナンバーの妙なトラック。自分が働いているのに、フラフラ自転車乗って遊んでいるのが気にいらんのだろう。不必要な幅寄せすんなよ~も~。
001
きのう、退社後に買いに行った自転車のギアはどんぴしゃ。自転車のエンヂンは生身の人間だから、こおいう地味な部品はとても大事と思う。たった一個の「歯」の多い少ないで、足にかかる負荷は豹変するから自転車って本当に面白いよん。

| | コメント (5)

2008/10/24

土曜日は猿山

予定通りに事が運べばの話。ちょっと試したいことがあるから、猿山(通称・箕面ドライブウェイ)に行く予定。
時間未定。先週もそうだったが、日当たりのよい場所に、猿どもがうようよ居た。襲い掛かってこないかヒヤヒヤした。猿ども、46歳の人間なめんなよ!年功序列を思い知らせてやる。

50歳の猿がいたらど~しょ~~~~。


| | コメント (0)

本屋に寄る

夜半に自宅を出発し、15mで雨に降られて折り返す。まぁいいさの木曜日。

運動:通勤往復+30m自転車乗る+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、よくわらかない日本酒×2合

買いたい雑誌があって本屋に行った。kiyoshiあにきの日記を拝見してのこと。
007
大阪市内とその周辺を”そこそこ網羅した”パン屋さん特集がきになる。マイフェイバリット「ベーコンエピ」を探す旅に出ようかなと思って。パンは好きだけど、今までそおいう”ステキな店舗”には無頓着なほう。ほかにもパンを強力にプッシュした雑誌が数冊おいてあって、ああちょっとしたブームなんかね。

パン特集記事はまぁええとして、うしろのほうをパラパラめくったら、いまどきの女子が着るべき衣装を推奨するコーナー見つけた。へぇ~、まだまだくそ暑い今日この頃やのに、モハモハした毛皮みたいなやつを首に巻いたり、ルーズな服でだらしなくおしゃれして、見出しには「ジプシーふう」て書いたあるし。ジプシーというより、なんか生活に疲れて覇気をなくした吟遊詩人に見えなくも無いよん。ああめんどうくさいわ男子でよかった。

そんでついでに村上春樹の「パン屋再襲撃」を読み返してみた。夜中にモーレツに腹へってパン屋を襲いに行く話し。なんでパン屋やねんラーメン屋やったらアカンのか?と突っ込みながら読んで。最後にはマクドを襲ってビックマック×30強奪。高校生みたいな胃袋やぞ村上くん。最近ちょっとこういった奇妙でフシギな話から離れていたから結構新鮮。ツールドオキナワ終わったら、またどっぷり村上さんに浸かってみよっかな~ほいほい。

雑誌買ったついでのついでに自転車雑誌パトロオル。あいかわらずパッとせんのぉ。そうそう革新的な技術や部品は無いもんですなぁ。ま、うちの業界も苦戦しておりますしね。パッとせんくせに中古の車買えるくらいの値段する自転車を買え買えと煽るのはやめてくれやとくそみそに思ったあとは、発刊して数日たってしまったギターマガジンのパトロオル。

Ac
AC/DCが新譜出すんかへぇ~とか思いながら立ち読み。ビジュアルとかテクニックに媚びない無骨なロックはいまでも支持されてんのかふーん。ギターはやっぱりいまでもSGとグレッチのようだ。グレッチのギター欲しかったあんぁ若かりしころ。ブライアンステッザの持ってた「ホワイトファルコン」って白いギター憧れたな。土井まさるの白いギターでは無い。

立ち飲みの次に立ち読みだスキだ。立ち読みしながら立ち飲みできる本屋作ってくれよ、おっさんの切なるお願いはこんなとこ。

追伸:
ようやくこの数年、「本屋でうんこしたくなる病」が治った。ああよかったよかった。


| | コメント (8)

2008/10/23

だって「趣味」だもの

東京出張から戻ってきた小池さんに、UKから届いた自転車衣装見つかる。波乱の幕開けか!?と身構えたそんな水曜雨の夜。

運動:通勤往復+家事労働+体操いろいろ
飲酒:よくわからない日本酒×3合

しかし、一瞥をくれたダケであとは無関心。どうせまたロクでもないものをロクでもないところからロクでもない手を使って買ったのね、そして最後は使われずに押し入れの肥しになるんじゃないの?と無言の圧力ありがとう小池さん。
「なんや、チャリンコカンケーか、興味ないわ・・・」という”小池さんのパーセプション”は助かる。これが、どこどこで美味いラーメンをこっそり食べたとか、自分専用の淡麗が冷えてなかったから、小池さんの淡麗を拝借(あとで返すつもりで)したとかバレたら果たしてその結末は。

放浪記:
といっても沢木耕太郎が香港からバスでふらつくやつではなくて、森さんのほう。上演についての情報を新聞広告で読みながら「生きてるうちにいっぺん見ておきたいな」と言うから、何やどっか具合でも悪いんか?と聞いたら「森さんが」と言う。
小池さん、ヒドイ、、、。

展示会準備:
展示する製品のパンフデザイン作成チュウ。しかし、スペックや特徴を書いた元原稿が開発側からなかなか出てこん。痺れをきらせて電話掛けるも、肝心のキーマン不在。なんやそれ?こっちが提示した締めきりに間に合わせられないのでおおかた雲隠れか。余裕こくなよ・こくのは屁だけにしとけ。あ、ごめんごめん、屁は「かます」か。

このやる~せな~いもやもやを~だれ~かに~つげよぉ~かぁ~

070811_1701002
やるせない”まさよ”


| | コメント (4)

2008/10/22

みぞれ

運動:通勤往復+舞洲やや地獄+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

家で呑んでるときにPC開いたら、たまたま円高になってて、それを見た途端まるで為替相場師のように"よし買いだ!”とか思ってしまって買ってしまった自転車の衣装。やれやれ、またUKからの請求書に怯える日々だぜまぁいいぜがんばって働くだけだぜ。

(参考情報)このメーカーの自転車衣装、身長176センチメートルのわしにベストフィットはジャージならLサイズ、写真のようなウィンドブレィカーならMサイズ。それでも袖の余剰は驚異的だな。中指まですっぽりと覆い隠せるよん。でもいいさステキだから。それと、これはあくまで国内で言うところの”ウィンドブレィカー”です。販売サイトの表記では「・・・JACKET」になってますけども、洋式文化の薄いわたくしは、ほほ~ジャケットか~こりゃ~冠婚葬祭にも行けるんぢぁないのかな~と勘違いしていたではないか。

早速昨晩の舞洲で着てインプレッションしてみるかとおもたけど、気温高すぎでわからん。もっとこうベルギーのフラマン地方とかで雲が低く垂れ込めててみぞれとかヒョウとかバチコンバチコン降り注ぐような劣悪な気象状況で着ないと本質がわからん。あー悪天候楽しみ楽しみ。乗らんけど。

001


で、ついでにみぞれを買って読む。

いつもかわらぬ「重松清の世界」でした。なんていうか”どこにでもあるようなお話をソッと書いた”ような短編の11連発。どの話も非日常はなくて、日常の街角を普通に曲がれば普通に落ちていて、風にコロコロ吹かれているようなお話。どれもほろ苦くて切なくて哀しくてでも読み終えたあとは決して暗い気持ちにならない。はっぴぃえんどや大団円にはならならけれど、ほんの10センチほどでも”前に足を踏み出す”生き方のような結末が、どの話にもあって救われる。

ついでに自転車のことも:
思った以上に日曜日のダメイジが脚と背中に残留。とくに関節のとこ、軟骨っていうのかその部分なんか潤滑油が切れてなんか音までする。関節用の、何か食べないとな。

| | コメント (6)

2008/10/21

プツリとね

運動:通勤往復+家事労働だけ+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

シーズン中と変わらない藤川球児の剛速球がうなりを上げてウッズに襲い掛かり、それを渾身のフルスイングで打ち返して、白球はドラゴンズをCS・次のステージへ連れていった。最後の瞬間を見ることができて、よかった。もう明日からタイガースの試合が無いってのはとても寂しいけれど、最後に球児の直球勝負を見ることができ、本当によかった。外野スタンドにむかってほんの数秒間~弧を描く球を、球児はどんな想いで見つめていたんだろう。

岡田監督が苦笑いしながら5年間ともに戦った選手に胴上げされるのをTVで見ていて、少しだけ泣いた。この5年間、ほとんどの勝率は6割近くあったし、「JFK」なんて”なんじゃりゃ???”いうような投手リレーを編み出したり、ヒト・モノ・カネすべてに苦しい台所事情でやりくりしてみたり、大変な5年間だったんだろう。そう思うと、負けたことよりも、チームの労を労いたい気持ちでいっぱい。

いやあ、アホみたいに勝ちまくって、アホみたいに負けまくった今シーズンも最高やったのぉ!

002
弦までプツリと切れました。なぜか3弦。


| | コメント (8)

2008/10/20

親不孝

昨日マンションのエレベータで、男3人組と乗り合わせた。

おとこA「俺、すぐにツメの根元の皮がめくれんねん(いわゆるサカムケ)」
おとこB「うわ、ほんまや!」
おとこC「なんでそんなむけんねん?」

おとこA「親不幸したらむけると言われた」
おとこB「親不幸てなんや?」
おとこA「俺いっつも親に逆らってばっかりやねん・・・」

うちのマンションの小2はみな渋い。

| | コメント (4)

前に出ろ

さらに自転車ネタ連発。熱でもあるのか?わし。。。

日曜日のクラブランにこの春高校生になったF君(16歳)がちょいちょい参加してくれる。特別強い学校ってワケではなさそうだけど、自転車競技部に所属してる少年。で、ついこの前まで中3やってましたというべき貧弱な体躯で、それでいて若者特有の”どこまでも回る心臓”で、登りが物凄く速い!こんな少年の肝臓って、さぞや鮮やかなピンク色なんだろうな。

きになることがあって、自分の得意なシーンとか急峻な登りでないと、殆どといってええぐらい「前を引かない」。遠慮している部分もあるって言うけど、30も歳が離れてるおっさんの後ろに連結してたって、学ぶべきものなんかこれっぽっちも無いからね。おっさんスピイドに合わせていたら、一生それ以上出せなくなるからね。道を間違ってもいいではないか、おっさん連中がついていけないぐらいどんどこ突き進んで行きなさい。それとも年齢とその若さ、取り替えてくれるのか?

おっさんを激しく追い越せ若者よ
石川涼を見ろ!青木のおっさんをかるがる飛び越えていたではないか!
081019_1114001
猪名川天文台から見る六甲。一番奥の白い稜線がそれ。そのむこうにある海は、どんな色。


| | コメント (2)

2008/10/19

出がらし

自転車ネタ。

土曜日:
朝寝したいのに「休みだ、晴天だ」と思うとジッとしていられなくなる。自分の貧乏性が恨めしいよん。
で、猿山へ。ヒトが気持ちいい季節は猿も同じなんだろう。道路脇といわず、道路のど真ん中でさえ、ダイノジに寝転んで蚤取りに没頭する連中がジャンスカ居るし。体調がはかばかしくないので、攻撃されでもしたら、とても逃げ切る脚が無い。目を合わせないように、慎重に彼ら(彼女ら)のスキマを抜けて走るのは、とても疲れた。午後は火事全般。

ちょいちょい見かける「100万円の自転車に乗って60万円の車輪をつけている」おっさんと、豊中ですれ違う。いつもはノーヘルだが、なんとヘルメットを被っている。ついに改心したか。でも、信号無視は相変わらず。ちなみにいつものチームジャージは着ていなかった。

明けて日曜日:
081019_1124002


池田市・呉服橋~多田~裏万辻~切畑~西谷~上佐曽利~杉生~写真のトコ。
テーマは「出し切ろうぜ」。

予定では、PEANA2アニキの朽木村ツアーに行きたかったけれど、いろいろあって断念。じゃあってとこで、”裏万辻”でも一生懸命登ってみようかなと思って。その後も手を抜くことなく杉生まで。途中で腹筋攣る!これが痛い!グラビアアイドルに、みぞおちの辺りを渾身の力でもってハイヒールでけられたような痛み。
ひさしぶりに登った「大野山」は、快晴のおかげで360度のパノラマを満喫できたよん。こおいう達成感があるから、ヒルクライムは楽しいな。いつ腰がモーレツに痛くなるのかと怯えてばかりいたけど。

レースになれば、それこそ数え切れないぐらいの選手に負けるから、せめてたった一人の自分には勝ちたい、そう思ってサイクリングした日曜日。地面に落ちてたイガ栗が、あけびが、そしてユラユラ揺れてるコスモスが、がんばれがんばれ、脚を止めるなと応援してくれた。秋は大好きだ。

エリーゼ:
エリーゼのためにを聞きながらロータスエリーゼ購入を励みにお金を貯めるというのが夢。
往路の猪名川沿いで、めずらしいべっこう飴色のエリーゼに追い抜かれた。本当にぺろぺろ嘗め回したくなるようなボディライン。いつまでも聞いていたいような排気音。乗っているヒトは当然おっさん。ああよかった。若者だったらどうしょ~とか思ったし。

あと、この期に及んで一か八かでブレーキレバーの位置を修正。だめならだめでとおもたら、大あたり。コース山場の天文台へのアプローチは、わざと異常な負荷かけて足を攣ってみる。自分にもMの要素あったのか、、、。
さ、問題はこれから。飲めるだけ飲む、、、ではなくて、リカバリーとかいろいろ。こおいう品行方正な自分は、あまり似合わんし好きじゃないけれど、何となくカラダが「呑みたく無いな」って信号を出すもんだから。

飲酒:淡麗350ml×1(自分でもにわかに信じられない)

※夕方、マンション大規模修繕の説明会参加したけど、脳に酸素がいきわたってなくて、何を言ってるのかサッパリわからなかった。ま、いいけど。

| | コメント (7)

2008/10/17

中之島線開業間近

”地獄列車”の運行と微妙に時間がずれてしまって、あまり乗車できなかった。まぁ、それでも1時間近くあーでも無いこーでも無いといろいろ考え、負荷を加減しながらサイクリングできたのでおおむね満足。

運動:通勤往復+舞洲で星が飛ぶ+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、よく判らない日本酒×2合

「京阪乗る人おけいはん」、新線開業まであと二日らしい。いやぁ、でもドえらい長い時間の工期やったなぁ。ここを通勤で使ってるから、日々というか朝通った歩道が夜にはもう姿を消してたり、幅とか形が変わってたり、けっこうイライラした。新線もええけど、もうちょっとこう何ていうか、自転車に優しい道路とかそっちの方もお願いします。でも、京都で飲んだ帰りは、少し便利になったかもってことで、ありがとう、おけいはん。

束縛されたくないのだ:
近所なんで”シマウ魔”くんをよく舞洲に誘う。面白いことを彼から聞いた。「心拍数を計測するための胸部センサーベルト(通称:乳バンド)を巻いて、適度な締め付けが無いと、力が出ないんですよ」だと。できれば、体を拘束する全てのものを取り去って走りたい自分にしたら、これはにわかに信じがたい。”ノーパン・トップレス”がすきなのは、趣味趣向ではなくて健康のためですとあえて断言しておきたい。

そこで彼に進言、心拍数ベルトじゃなくてもいいじゃないのか?たとえば「荒縄」とか巻いてレースに出ると、めちゃくちゃ走れたりして。あるいは上半身に”むしろ”を巻きつけた「どざえもん」状態で走るとか。そおして先人たちは非常識を常識に変えていったのだ(多分な)。まてよ?スポーツ用のタイトな下着って、売ってるやん!そんならスポーツ用の荒縄も行けるぜ。もちろん、アディダスなら3本。たとえば、”青梅国際女子マラソンに荒縄”って、なんかキーワード危な過ぎ。気のせいであってくれ。

つづく

| | コメント (6)

2008/10/16

いけてないモノ

仕事で神戸・六甲のふもとにある某かしこ大学に行った小池さん、たいそうご立腹。事情を聞いたら、昼に食べた学食のラーメンが”関西屈指の不味さ”だったということ。かしこ学生の多い少ないは、味の美味い・美味くないにまったく相関関係がありはしないのか。あるいは、その逆境をバネにして研究に邁進さそうという大学側の思惑なのか。ま、どっちゃでもええけど。

しかし仕事先でもラーメンの旅に手を染めるのか、あんたやっぱり「小池さん」だよ。で、今朝もその某かしこ大学に行くらしく、わざわざちがう学部の食堂でラーメンの旅を誓うあんたやっぱり「小池さん」だよ。よくまぁ、ラーメンと淡麗350ml×4で日々の生命を維持していると感心するぜ。ま、どっちゃでもええけど。

いけてないもの二発目:
Giroro
フトした出会いでこのタイヤを使ってます。”コンチネンタル”は名ばかりで、「どんなけ正直やねん」いうぐらい、地面のでこぼこをライダーに伝えてくれます。もうええって!ええって!言うぐらいアグレッシブな乗り心地。やっぱり自転車みたいな馬力の少ない乗り物こそ、ハイエンドなタイヤを使うべきか。すると一番高いポルシェとか一番高いメルセデスはオートバックスのヘコヘコタイヤを付けても、それなりに重厚な走りを約束してくれるのか。ま、どっちゃでもええけど。


運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、白鶴山田錦×1合、白ワイン×1合

昔のいけてないタイヤ:
川崎重工がリリースしていたオートバイの迷車・”KH250”についてたタイヤ、たしかダンロップ社の「TT100」というやつ。これが”曲がらない、止まらない、走らない”の三拍子。もう雨の日なんか、オートバイ自らに意思が宿ったかのように、ライダーの操縦を無視して突っ走っていくカンジが、サイコーでした(死ぬかとおもった)。


| | コメント (11)

2008/10/15

飛び込むな

運動:通勤+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、白鶴山田錦×3合

電車で帰宅しようと駅に向って歩いていたら、消防車をバンバン見かけた。火事かな?と思ったら、駅の改札口が数台の緊急車両によって包囲されてるし。レスキュー隊員のヒトとか、担架をもった救急隊員がドシドシ改札を突破していく。あ~いわるゆ「人身事故」かとピンときた。

こちらも改札を入って”ただならぬ雰囲気”のするホームを遠巻きみ見ると、そこにいる乗客たちは、一斉に同じ方向を凝視している。これは安易に近づかないほうがいい、見るべきシーンでは無いなと思って、代替輸送の別ホームへ急いだ。

なにがあったか知らんけれど、当人は、もうそうするしか他に道が無かったんか。そうなるまで、相談できるヒトが誰も居なくて、違う世界でやり直すとか思ったのか?甘いな。この世でうまくいかないものが、あの世でうまく行くワケが無い(と思う)。ほんなしょうもないヤツは、舌でも抜かれて針の山でいつまでも寝てろ。自分で物語つくって自分で幕を引いて、大勢の縁もゆかりもないオーディエンスに多大なご迷惑をおかけするなと言いたい。言いたいったら言いたい。あ~気ぃわるい気ぃわるい。

こおいうのも原因のひとつ:
今朝もサワヤカなママチャリ通勤途中にサワヤカを台無しにする景色。電柱に無尽蔵に張ってあるヤミ金のチラシ。「秘密厳守・ブラックOK・サラリーマン超大歓迎」の三行に誘われて、その”アリ地獄”に自ら身を投じるヒトが今日もいるだろう(多分)。ドラッグと一緒で恐らく”今日のこの一瞬だけでも楽になりたい”と追い込まれてしまうと、これから自分がやろうとしている行動は悪ではないと思ってしまうんだろう。ヒトは本当に弱い。

以前も日記に書いた記憶あるけど、職場の近くの喫茶店でランチ食ってる後ろの席で、人相の悪いというか悪すぎる3人のおにいさんに囲まれて、小さくなりながら書面のようなものに判子を押しているおっさんを見た。ああ、これって「人間がお仕舞いになる瞬間」かと思いながらランチを食った。

今日はええ天気だ、元気だしていこう。


| | コメント (9)

2008/10/14

過充電だ三連休

体育の日は満足いく朝寝に成功した。これには深いワケがあって、前日の運動会でそーとー疲れていたことに加えて、たまにはボンヤリ過ごす日があってもよかろうと思って。
お昼前に小池さんとママチャリに乗って”ラーメンの旅”ニ連発。一件目と二件目の間が30分ぐらいしか開けてないないからけっこう胃がきつかった。
一発目は数年前に「貧乏から脱出する番組”で取り上げられた店。その名残として、女性店主とみのもんたが一緒に写った大きな写真が額に飾られてあった。休日の大安ということがあってか、客はうちら二人と、近所の常連らしきおっさん一人。おっさんはなぜかカウンター席で酒を飲みながらぼんやりTV見てるし。番組放送直後は来客の多さで混迷を極めただろう店が、いやにダダっ広く感じる。今はどっちかいうとスカスカして寂しい。
女性店主の接客は悪くない、むしろ好感が持てる。でもこの閑散とした空気はなんだ?覇気が無い。同じく出されたラーメンもなにか寂しげ。あの番組はやはり一過性のものだったのか。やはりTVの中は架空の世界だと思わざるを得ない。

満腹中枢が刺激される前に二発目。大阪・海遊館(水族館)に併設してある食のテーマパークみたいなとこに常設してる人気店。さすがに二発目になると、塩分で舌が麻痺して弱った。小池さんも苦戦。やはり30分間隔で二杯はダメだな。

帰宅してビイル飲んで、マグロになる。マンションの外壁大規模改修で窓は締め切り、ガラスにはマスキングシートがびっしり。もうこの閉塞感から逃げたい。さわやかな秋の空気とステキなうろこ雲のソラ、返せと言いたい in 2008 秋。

P1050837
晩飯は昼の反動でヘルシー・ロールキャベツ。ふつうのロールキャベツではないぜ、中身はかしわのミンチに豆腐を混ぜてみたぜ。コンソメを味わったあと、豆腐の風味が鼻に抜けてジツに爽やか。こおしてスポーツサイクルにはまったく乗らずに連休最終日を終えた。

ま、これはこれでしあわせ。


| | コメント (2)

2008/10/13

運動会がおわったよ

021
なんだ?なんだ?「浴衣の乱か?」という風景。
この中学の運動会・伝統の演技「民謡踊り」というやつ。女子は持参の浴衣、男子は浴衣とかハッピとか。しかし今年に限って、タイガースの応援ハッピ着てる男子、悲しみがつのるぜ。
でもあくまで保護者の立場としての意見ですけど、中三の男子はまだまだ子供でへろへろなのにたいして、中三の女子・その数約120人強のゆかたの大群は壮観です。おっさんはメロメロです。

自分の同年齢のころはあまり楽しい運動会ではなかった気がする。しかし、みなそれぞれ真剣にうちこんで楽しんでる姿をみてると、まだまだ日本の今の若造も捨てたもんではないな。なにより、彼らのこれからの奮闘にわたくしの老後の明暗がかかっているのだ、がんばってもらわないと困るのだ。

昼ごはんは学校近所の王将:
028
”学割定食”->大盛りの焼き飯ととりのから揚げで500円か。すごいな。王将って店舗毎に特色ある定食メニューを用意してあって、ここらへんはさすがに学生相手の町。いまのとこ、京都衣笠の立命近くにある王将の定食メニューが凄いらしい噂。要調査。
ともあれ、小池さんと頼んだのは、天津飯定食とビイルと、フラッグシップメニューの「餃子」数人前。

030

最後の運動会:
自分らの頃は中学になると、もう、身内には誰一人見に来て欲しいと思わなかったな。ともかく見られるのが恥ずかしかったから。そおいう面では、今の子どもは素直なのか?
数えてみれば、保育園入園~今回まで都合13回あまりの運動会を観戦した。未就学のときは、狭い園庭をただ駆け回るダケの姿にドキドキしてしまった。小学校で初めての運動会の時、六年生との体格のギャップに腰を抜かしそうになった。巨人に囲まれた豆粒のようだ。そのギャップが少しづつ埋まっていって、いつのまにか中学の運動会になり、演目の内容も難度が高くなり、見て楽しめるようになって行った。同時に、仲間同士での結束や競技で勝利したときの喜びを分かち合う姿を見て、なかなか大人の世界には無い、損得抜きの繋がりを眩しく眺めてきた。

恐らく最後になったであろう運動会・観戦に、特別な感慨は沸かない。けれど当事者のカレラ、カノジョラの思い出に、薄くでもいいから刷られて残っていればいいねぇ。

| | コメント (8)

2008/10/11

それは天罰じゃ

運動:新なにわ筋~R25~柏原~葡萄坂~広域農道~裏十三峠~東大阪迷走~R25~自宅

四天王寺を過ぎたあたりから、豪快に信号をスルーし続けるおにいちゃんがいた。”ブレーキが前に一個しかついてない、固定ギアのマシン”って、もう信号無視するおにいちゃんの定番アイコン。いったいぜんたいどこのどんな雑誌・メディアが煽っているんざんしょ。

ほおっておいてしばらく走ると、前方の信号でおにいちゃんが止まっているではないか。急に改心したのかな?と思ったら、前輪が見事にペチャンコ。こんなドラマチックな結末があるのか神様ありがとうと言いたい!
そのタイヤ、チューブラー形式だから、現場周辺の量販店に在庫している筈もないし、専門店もかなり遠い。わたくしのスペアタイヤを物欲しそうに見つめるおにいちゃん。同じ形式のタイヤだからね、無理もない。

いらぬ好奇心が湧いてしまっておもわず訪ねた「その自転車、どうやって急ブレーキかけるの?」
「前ブレーキかけて、足でペダルを逆回転させて急ブレーキかけます」って、このおっさん何をいまさらな事聞くねんいう顔で回答するではないか。そうか、最近のこの手の青年たちは、普通の運動靴に普通のペダル(あしを固定する仕組みの無いやつ)で”バックを踏む”能力にたけているのか、おっさんは全然知らんかったよ。

「バンクに行けばなんぼでもスピイド出せるのに」と言うと、「バンクってなんですか?」って質問返しされた。
「銀行のことだ。わかるだろ?」と教えてその場を離れた。やれやれ。

自殺志願のおにいちゃんのアホがうつらないか気にしながら、ひさしぶりに葡萄坂のタイムを測る。
15分34秒。もうここらが限界か。けれどしっこしたいのを我慢しながらもがいたのは、自分を褒めたい。そしてこのあと十三峠を下り東大阪をスパッと走り抜ける予定が、


こんなカンジ。自分にとっては東大阪の近鉄電車周辺は未知のエリアで、勘と太陽の位置をたよりに(これホンマ)見知った場所に出るしかない。しかしあいにく曇天で陽の位置がわからん。東大阪の住宅街の恐ろしさは、普通にばんばん走ってる道が突如として突き当たりになったり、みるみる狭くなっていくこと。もう、いけどもいけども知らない町並みに翻弄されてしまって、まいった。現場付近に詳しい、デブレーサーあにき、水色あにきに電話で助けをお願いして、無事脱出できたけど、あ~も~スパッと十三峠から最短で帰る道ないのか、迷ったのこれで10回目ぐらいやブヒブヒ。

迷走のおかげで、いえにたどり着いたときにスピイドメーターみたら、平均速度「19km/h」と出た。がっくり。

081011_1133001
十三峠頂上で、ケータイについてる30万画素の限界に挑戦してみる。大阪平野が真っ白け。


| | コメント (6)

2008/10/10

終わった・・・

だれも負けたくてやっていたワケではない。ほんなもん、ファンはみ~んなわかってる。
あれだけの戦力をそろえたチームが優勝してあたりまえで、むしろぶさいく集団が快進撃を続けたことに、今シーズンの意味があったのだ。夢をたくせるプロ野球、また来シーズンも応援するからね。

001

| | コメント (8)

豚カツときし麺の旅なのだ

運動:通勤往復+舞洲で星が飛ぶ+体操少し
飲酒:淡麗350ml×2、白鶴山田錦×4合

平地部分で千切れそうになって、丘の部分で追いついたり、そんな繰り返し。先頭責任を少し果たしたあとは、豪快に千切れて、また蘇ってみたり、ともかくひさしぶりの”地獄の門”を味わった舞洲の夜でしたよブヒブヒ。

今から名古屋に出張。おひるに「やば豚」でトンカツたべて、あちらの事務所ではサンドバッグになって、帰りは新幹線のホームできし麺たべての計画。はぁ、久しぶりに”世界の山ちゃん”行きたかったなブヒブヒ。

マナー:
すごい行列で、とてもはいれたもんではない「やば豚」。気を取り直して近くの店で「味噌かつ定食」を食べた。普通に美味しいけれど、何べん食べても途中で飽きる。八丁味噌で育っていないこの体。仕方ないや。

アホみたいにでかい音でヘッドフォン音楽聴く「おっさん」。ケータイの操作音を消さない「おっさん」。座席で声だかに通話する「おっさん」。情報漏洩にまったく危機感を持っていない、座席でPCあけて仕事してる「おっさん」。
新幹線車内は「おっさん天国」ではないのだ。おまえひとりの車両とちゃう。

| | コメント (0)

2008/10/09

ロケ

昼飯に商店街の中でラーメン食べ終わって店の外でたら、なんか騒々しいやつが。あっ、「矢野・兵頭」の大きい方がロケしてる。道行くヒトにインタビューで「大阪・京橋のオモロイとこ探してますねん!」って、”京橋”そのものがオモロイのだからその質問はオカシイ。

少しまえに、「メッセンジャー・黒田」がテレビ局の従業員らしきヒトと京橋を素で歩いてたけど、それを発見したそこらのおばはんが、ひつこくまとわり付く姿のほうが100倍おもろかった。おばはん曰く「あんた漫才のヒトやろ!年に2,3回見てんで!」って、それを言うなら「いつも見てます」やろ!と黒田に成り代わって突っ込みたかった。

ああそうそう、11月末にはお笑いの殿堂?「花月」が京橋に出来るし。ぱっとみたらビルはほぼ出来てて、今頃内装屋ががんばってる様子。心配なのは、お笑い目当ての若い子がジャンスカジャンスカ京橋に連日連夜押しかけてきて、おっさん濃度が薄められてしまわないかということ。新世界のようにスッカリ観光地になってしまって、「うわ~ヤバイって!ヤバイって!朝からよっぱら~い!写メ獲って~、ブログに載せよ~!」「うちは、あの串カツ食べてるきちゃならしいおっさん、待ちうけにしょ~かな~」とか言われたらヘコム。

酔っ払いのレベルが違う:
朝からあいてる立ち飲み屋多くて、しかも激戦区だから当然各店特色あるサービスを展開している。ちょっとでも隙を見せたらたちまち閉店の危機にに追いやられることを、店主は皆わかっているのだ。今日も昼間に偵察いったら、「大瓶340円鼻血サービス!」の紙張ってあるとこ見つけた。安い!しかし鼻血でどこをどうサービスしてくれるのだ?ふつうに出血大サービスではダメなのか?

「ほろ酔いセット」、よく見るやつ。しかし京橋のほろ酔いセットを甘く見るな。”大瓶、お好きな串カツ×3本、小鉢×1、どて焼きまたは日本酒一合”、どて焼きと日本酒一合が対等に評価さているではないか。どこのパーツか判らん肉のどて焼きと、素性のわからん日本酒はええ勝負してますと言うことか。覆面レスラーの対決のようなメニューではないか。それにしても大瓶と日本酒でやっと”ほろ酔い”レベルか。この店で「泥酔セット」とかあったらえぐい。

| | コメント (4)

ジェット風船飛ばすのか飛ばさんのか

悲しいタイトルにしてみた。

運動:通勤往復+舞洲+体操少し
飲酒:淡麗350ml×3

市販のめんつゆを薄めて”ダシ”の代わりにして、カレーうどん作ってみた。なかなか美味いではないか。そして夜の九時過ぎにドッキンドッキンしながらTVつけたら、アレ?アレ?プロ野球やってない。どこ行ってん阪神と巨人。チャンネルひととおり変えまくっても映らんし。嫌な予感がしてパソコン見たら、、、「終わってる」。たった二時間そこらで終わってる。ここまで堕ちたか。逆転サヨナラの阪神どこ行ってん?頼りのアニキはどこ行ってん?藤川の剛速球どこ行ってん!?

そんなヒトの気持ちを逆撫でするように一通の黄色いハガキがやってきた。差出人はジャスコの母体「イオングループ」。裏面にはおおきく”ご声援感謝セールやります”の文字。優勝が決まった日には、ジャスコ野田阪神店1Fのホールで、ジェット風船飛ばしてクス球割って六甲おろし歌う大大大イベントやりますって書いてある。へ~、そうなんや。さすがイオングループ。腹くくっとんのぉ~と感心しつつ、なんか知らんけど半分以下のサイズの字で注意書きが。

「優勝を逃した場合は中止します」。

やるかやらんかわからんイベントのために、案内ハガキを一億枚も出すのはやめろイオングループ。
どっちの味方やねん、イオングループ。 もういまさらどっちの味方でもいいですけどね。
(嫌味満載なハガキの写真は今夜にでも)

| | コメント (2)

2008/10/08

この曲を聴くと、動悸、息切れ、眩暈が

”ギルの笛”と言ったアニキが居たが。関西の自転車イベントのスタート前にかなりの高確率で流れる曲。だから、これを聞くと否が応でもドキドキしちゃうのよん。

フォーム改造:
9月初旬より、舞洲をぐるぐるするときに丘へのアプローチの部分だけ、前のギアを一番大きく×後ろのギアを一番小さくしてサドルの後ろのほうにシッカリと座り、重い回転数でブィンブィン回し続けてきました。それになんの意味があってどんな効果があるのか何の根拠も無いけれど、自分の主観だけですが、もんの凄い勢いで登れていきます。自転車は、ほんとうに奥が深くて間口が広い。うちの狭いアパートと大違い。


| | コメント (11)

飛び道具

自転車つながりの友人から、以前に譲っていただいた車輪。大切に使ってます。
003
といっても、本当に飛べるわけでは無い。「飛ぶように走れるから」、、、いやちょっと違うな。

運動:通勤往復+舞洲ゴーカイに周回+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、よく判らない日本酒×2合

緒方 拳さん:
初めて作品を見たのは「楢山節考」。ちょっと”初めて”にしてはセレクトがキョーレツ過ぎた思い出がある。当時は”姥捨て”という習慣が山奥の寒村に存在することにただ・ただ驚いた。考えてみたら、「楢山」へ捨てに(実際には自ら進んで)いく年齢が70歳。「液晶で篤姫見ずに死ねるか!」の我が家のオカンと同年齢か・・・。今は、本当にいい時代だよん。どうか天国でも男前の演技を。

ノーベル賞:
人類の平和に多大な貢献をしたヒトに贈られるスバラシイ賞だと認識はしてますけどね、今回の物理学部門のテーマとか、実際おいどんのヒビの暮らしとか子どもの未来とかにどこでどう係わってくるのか全然サッパリわからん。朝の国営放送でサワリの部分を説明してたけど、「宇宙の成り立ちのときに3個あるもんが、いや実際には6個無いとアカンやろとかいうのを見事に証明したものです」とかアナウンサーが言うではないか。

へぇ~、そ~か~、そうやったんか~。「余計わからん」
証明した3人もゲコゲコに凄いけど、その論文(?)読んで中身理解して、「ほしたら今回はこれ行っときましょか」て決めたノーベル賞の選考委員てどんなけカシコやねん。きになる賞金調べたら約1億3000万円と出た。使い道の相談受けてみたい。何がいいたいかというと「おめでとうございます」。

追伸:
ステレオタイプな考えで恐縮ですけど、研究者って呼ばれる職業のヒトは、その生涯というか一日の殆ど全てをそれに費やしている、、、と思う私です。この賞金で美味しいものを沢山食べて、さらにスバラシイ研究を進めていかれますのね。


| | コメント (3)

2008/10/07

シクロクロスの部品集め

もうそろそろ本体(フレーム)が「出来上がりましたよ」と連絡ありそうな予感。それにあわせて、変速機とかギアとかブレーキとか、自転車を躍動させるための部品集めも大詰め。でも、新しく買い揃えたのはあまり無くて、手持ちの古いのを雑巾で磨いたりしてます。もう使わんしなぁと押入れの隅に追いやってたのを、再び陽の光を当ててやると、なんとなくこっちも嬉しい。季節は確実に冬に向ってまっしぐら。隠遁生活を送っていた部品たちには、春か。

冬場はどろどろにして乗り倒して、それが終わったら、ちょっとインテリジェンス漂うおっさんの足として。ただし、これに乗ってバールに行くのはもうやめる。こんど盗られたら立ち直れないと思うから。


| | コメント (4)

オカン、値切る

ちょっと用事があったんで、日・月と休みをとって実家に行ってきた。用事というのは、10数年来使っていたブラウン管式のTVがダメになったので、量販店に買い替えに行くこと。ともかく店の開店と同時に入店。最近は田舎の地方都市でも大型家電量販店が沢山あって、値段もけっこうがんばってる様子。

まず斥候として自分が差し障りのない攻撃をしかけた。世の中を席巻している「ポイント制度」による値引きにはあえて耳を貸さず、ねばりづよくジリジリせめて行くスタイル。相手は家電フロア長らしきポストのヒト。何度も小さな電卓をたたきながら首を捻ったり、唸ってみせたりと膠着状態が続く。まだまだ自分は甘いな、仕方ない。目配せでおかんに「ミサイル発射」を指示。

秒読みわずか2秒で「おかんミサイル発射」。

「なぁ兄ちゃん、唸っててもテレビは一個も売れへんねんで。昔から朝一の客には安くしろ!って言うやろ(そんな話は聞いたことが無いが、、、)。
こんなけガソリン代あがってる中、わざわざ車に乗ってわたしら買いに来てねんねん(鉄道ないから車しかダメな場所なんだが、、、)。
兄ちゃんがまけてくれなんだら、在庫は出さんでええから、この展示品もろていくわ。(といいながら、勝手にTVの配線を外しかけるオカンにフロア長ビビリ出す)」。

フロア長「いや、これはあの、展示品でして、お売りできないんです!!!」

おかん「売りもんちゃうかったら、こんなとこ飾っときなや!この店に置いてあるもん、客にこうて欲しいから置いてあるんちゃいますのん?客が何買ってかえろうが客の勝手ちゃいますのん!?(ミサイル攻撃の手、緩むことなし、、、)」

おかん「もう年金暮らしで、今日死ぬか、明日死ぬかわからん言うのが、せめて死ぬ間際に綺麗な液晶で篤姫見てから死にたいといっつもおもてるのに、こんなけ言うても値段が下がらんのやったら、もう画面ぐしゃぐしゃのままで篤姫みて死ぬかもわからん。最終回まで生きてへんかもしれんし、、、」とか。
結果はフツウに圧勝。

※おかんは一回も、篤姫見たことないです。

運転は腰の敵だ:
境港往復の運転で、またまた腰痛悪化。腰痛にやさしいレカロのシート買うか?けどもう、車の改造はまっぴらだ。畳み敷きで、寝転んで運転できるような車とか無いのか?無いやろな。

| | コメント (8)

2008/10/06

運動会中止の余波

5日(日)のローラー中娘の運動会が雨でながれたので、翌週の日曜日に振替。
さいあくのシナリオ、、、、。

日曜日、朝から弱い雨。最近は本当に便利になった。NHKの天気番組を見てイライラしなくても、パソコンで雨雲の動きをリアルに知ることができるから。けれどそれが余計なほうに動く。学校が「中止」という判断を下したが、こっちはほんなもん納得いってないし。”この雨雲の動きでなんで中止やねん。そんな弱気でどうすんねん。豪華弁当を子どもに持たしたこっちはどうなんねん。朝の6時前から起きて、気力をふりしぼって揚げまくった骨付きから揚げどうしてくれんねん。” もう、なんぼでも「ねん」連発するぜ。

そおして、振り替え日が「12日(日)」になってしまった。事前にわかっていた日程ではあるけれど、「まさかな」とか「よもや」とか「ま、ありえへんけどな」とタカを括っていたのに、その「まさか」が「まさかでなくなった」ショックはビッグ。

楽しい楽しい晩秋のサイクルライフをズドンとお見舞い(当然自分自身に)するサイコーに邪悪な計画がおじゃんでごんす。しかしなぁ、あんまし家の中で「あ~あ、あ~あ、あ~あ」ばっかり言うてたら、小池さんに「自分の遊びと運動会とどっちが大事やのん???」と迫られそうだから、これ以上あ~あというのを止めたわい。ほんな答えに窮するような質問すなと言いたい。よう言わんけど。


| | コメント (6)

2008/10/04

その気持ちがわかりません

1.サイクリングで帰宅途中、高校生らしきカップルの自転車二人乗りが前にいた。後部座席に座る女子の足元は、モハモハしたボア付きのブーツさ。今日は炎天下。気になる。そして並走しながら「ねぇちゃん、その足、いかがですか?」と聞いてみた。一瞬驚かれた。でも、すぐにかわいい笑顔で応えてくれた。「むちゃむっちゃ暑い。でもファッションやから辛抱してんねん!」。その若さ、俺にくれと言いたい。言いましたけど。

2.自宅近所のうどん屋に行った。となりの若奥さんと店員さんの会話。
どうも息子が小6で、中学が気になるらしい。店員さんは私立受験を勧めるが、若奥さん「そんなお金、うちにはムリ!ムリ!」といいながらガハハと笑うのだ。
その話題の前に奥さんが店員さんに自慢げに「今日はパチンコで4万勝ったけど、きのうは8万負けた。明日はがんばろう」と言うてましたけど、奥さん、お金の使い方、それでいいのですか?と本人にいえずに、目の前のきつねうどんに言ってみた。きつねうどん最高。

| | コメント (5)

タイヤ、しっかりしろ。

マックあにきをお誘いして、サイクリング慣行。
大阪・十三~R176~豊中~猿山~高山~R423~堀越峠~ひいらぎ峠~京都亀岡・湯の花温泉~穴太寺~R407~東別院~清坂峠~忍丁寺~清渓~動物園~勝尾寺~てきとうにおうち

目的はこれ。
003
オキナワのレースで、走りながら食べるゼリーの検証。これひとつ140キロカロリーでどのくらい走れるか。あと、新しくつけたタイヤはいいのか?よくないのか?の検証。この妙な梅風味のゼリーはまぁまぁかな。おいしくはない。そこそこ距離の長いレース中、きまって食べたくなるのは「肉じゃが」。試しようがないけど肉じゃが。

問題はタイヤ。
ビットリア社製のコルサなんとかいう銘柄のチューブラー構造で、しかも太さがとても珍しい23ミリのサイズ。もう見つけたときはうれしくてうれしくてムハハムハハと喜んだりして、きのうの晩に車輪にはめて興奮して眠れなかったよ。寝たけど。

ああそれが、
自宅を出てわずか30kmで絶命。どんなけ短命やねん、銭かえせ、責任とれ、なんとか言え->タイヤ。
005
タイヤ表面のデコボコのとこなんか、3ミクロンほどしか減ってないがな、どうすんねん!
猿山からのくだりで、ものすごい衝撃が車輪にあって、ああ、スポーク折れたんか?車輪割れたんか?と思って止まったけれど、異常なし。そのあと少し走ったら、断りもなくすごい破裂音がして、なんだなんだとよくみると、サイドが切れてます。先ほどの衝撃は石をはねて、そのとき切れたのか。
タイヤに罪はない。けれど、サイクリング序盤にそおいう仕打ちはやめてくれと言いたい。ちなみに、チューブラータイヤ未体験のアニキにウォンチュ!「乗り心地のよさは、WO(チューブ式のやつ)なんか足元にも及ばん」ですばい。

同行いただいたマックあにき、いろいろ面倒かけてごめんね。またいきましょうね。

| | コメント (9)

2008/10/03

これも仕事のひとつ

鏡に映る自分の姿で、CDジャケットデザインしてみた。

Hana

今夜切ろう。

| | コメント (5)

舞洲で、危うくバターに

「宴会と自転車、どっち取る?」って聞かれたら、まよわず「宴会」と答える。昨夜も一件楽しそうな宴会のお誘いをいただきながら、家事当番の夜は容赦なし。

運動:通勤往復+舞洲で星が飛ぶ、、、+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、得体の知れない日本酒×2合

夕食の用意を済ませて舞洲へいくと、暗闇からワラワラと人影というか自転車の影が集まりだし、ピークではその数○○人。周回していく。少しずつペースが上がりだし、「地獄の門」が開く。2周、3周と数えているうちに、段々脳みそが数を数えられなくなってゆく。3の倍数だけアホになるどころか、自然数すべてアホになる。手信号、声掛けによる注意喚起・みんな非常にマナーがよろしい。命を削って走っているワケではない、皆家に帰れば家庭があり、明日も仕事が待っている。

前後から聞こえてくる荒い息遣いでお互い苦しいのは百も承知なのに、みんな本当に楽しそう(恐らく)。昼間、職場やなんかで辛いこと、悲しいこと、やりきれんことに圧倒されても、夜のほんのヒトトキ、昼間の自分をパクリと脱いで、自分が楽しいな幸せだなと思えることが出来るのは、とても幸せだよん、ラリホ~ラリホ~らりるれろ。

ここまでは普通の日記。
周回の基点部分にこの夜も”丘アネキ”がいたのでちょっと立ち話。アネキもオセアニア中心に、グローバルな旅を展開してきた模様。サリーマンになると時間とお金のマネジメントがますます大変になりますけれど、まだまだ旅を続けてくださいよとかそんな穏やかな話を切り裂くように、車のけたたましいクラクションが聞こえた。

なんの騒ぎじゃい!?と視線向けたら、赤信号でタクシーが交差点に突っ込んできて、挙句に正しく周回している自転車に向って、それを鳴らしているではないか。まさしく暴挙だ。何を血迷ってねんというカンジ。だいたいにおいて、タクシーの鳴らす警笛は、8割以上が「威嚇」を感じる。客を乗せているのに、そんなササクレだった心で運転してどうすんねん。

ざっとこんな夜。

Cocolog_oekaki_2008_10_03_13_55


| | コメント (6)

2008/10/02

かしこに囲まれる

運動:通勤往復+舞洲軽めにぐるぐる
飲酒:淡麗350ml×2、よく判らない日本酒×1合

京都の某”かしこ大学”出張は、これ以上ないぐらいの秋晴れで気持ちよかった。仕事内容は気持ちよくなかったけれど。かしこ大学に行くために、最寄駅からバスに乗る。降りる停留所の名前が「イノベーションパーク前」。大学もかしこなら、停留所もかしこ。歩いてる大学関係者・学生も当然かしこで、かしこだらけに囲まれ大変居心地が悪いざます。

そのかしこな停留所で学内案内板をぼんやり見ると、敷地の中に「超低温室」ゆうのがあった。これは神秘的。かしこに交われない自分にも胸躍る場所だぜソコ。8月のさなか、暑い、死ぬ、熱い、死ぬ言いながら仕事から帰って家の冷蔵庫あけたらビイルがただの一本も冷えてない現実に世界の終わりを感じたりなんかしても、この「超低温室」が町内にあったらなぁとか。そんなイノベーションがこの大学にはワンサカあるのか。ナルホドな。

往復の阪急電車で:
座席の座り心地がよすぎて腰痛アゲイン。せっかくマシになってたのに何すんねん、阪急電車。けれど、阪急電車で失礼な姿勢で乗るのは気がひける。これが阪神とか南海電車やったらもう、やりたい放題、飲み放題。

| | コメント (6)

2008/10/01

論理思考とな

運動:電車通勤+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、よく知らない日本酒×2合

ひがしの自転車おともだちの日記を見たら、なんだかテーマがかすってて笑けた。

P1050771
”経験値が通用しにくい時代になった”そうで、ほしたらまぁこんなもんでも読んでみて仕事の解決の糸口が見つかればいいなと思ってというのは半分ウソで、毎週毎週ええように会議でサンドバック役を仰せつかるのもそろそろ疲れてきたので、なんとか逆転のクロスカウンターを打ちたいと思って。

この手の本、はっきり言うと「ねむたい」。ねむたいことをねむたいなりに、ねむたいように書き記してあるけど、言うてることは間違いではないし。しかしまぁ、あれか、自転車も音楽も、自分は撮れないけれどステキな写真も、そして泥酔も、すべてフィジカルなんだから困る。困らんけど。

朝っぱらからこんなワケのわからんことを書くのには理由があって:
今から京都の「某かしこ大学」に出張に行く。しかも、悲しき「事務所リターン命令」付き。
「ごっめ~ん、明日、事務所戻ってきてちょっとやってほしいことあんね~ん」って、なぁ上司、”ごめんで済んだらケーサツ要らんのじゃ!!”いう言葉が大昔からありますやん、わたくしが出張先で呑んで暴れてヘロヘロになっておうちに帰りたい、この抑えきれない思いをあなたはちっともご理解くださらない。そのくせ、部下のサンドバックを笑ってみていらっしゃる。

部下指導という面ではあなたはわたしにとってのまさに「エポック」ですな。ぶりぶり(怒)。
じゃ、行ってきます。


| | コメント (3)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »