« 大台ケ原に行ってみた | トップページ | UKから、またまた来た »

2008/09/25

苦労して

”苦労して  登った道は  わすれない”

自転車も、仕事も、人生も、多分そうかな。
そうだろうな。

運動:通勤往復+舞洲すこし+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、黒霧島×すこし

時間は夜の7時半過ぎ。舞洲をすこしだけ周回して街路樹のところでぼんやり涼んでいたら、大阪市内の方向から、ぼんやりした影が二つ、ゆっくりと近づいてきた。自転車のような小さな屋台のような、なんだろう?と思ってたら、MTBにそれ用のトレーラーを牽引したカップルのツーリストだった。しかも「外国人」。案の定道聞かれた。ここはひとつ、二日酔い明けで受験したTOEIC・280点の実力発揮だぜ。

外「ケンチョどこですか?」
ロラ「(大阪府庁のことか?)・・・・」
外「ドコ、ケンチョ????」
ロラ「(遠くを指差し単語を並べて)凄く遠い」
外「テントハル、ケンチョ」
ロラ「(おっさん、それ、キャンプ場か!?)・・・」

だめだ、やっぱり自分はネイテブな英語、全然ダメだ。そおいえば、とある国でコーヒー注文したら店員が質問してきた。自分には「What's size?」と聞こえたから即座に「middle size」と答えたら、こいつアホかという顔で、おんなじ質問してきよったし。「しゃあからmiddleって言うとるやんけ」と言うそばから、小池さんが「Hot」とポツリ。自分の耳だけ「What' size」と聞こえてて、店員と小池さんには「Hot or ice?」で通じあっているではないか。くやしい。モ~レツにくやしい。ほんなコーヒー頼まれても飲まんわ!、、、という事件。

このカップル(けっこう年配)、旭川をスタートして南下しつつ、昨日は滋賀県の大津湖畔から大阪の舞洲まで来た様子。日本の四季に合わせて南下していくのは、日本縦断でやる常套手段だろうかね。最後にわしの自転車衣装を見て「Traning??」て聞かれた。このときのサウンドは「トレーニング?」ではなくてだな、まぎれもなく「チョレイニン?」。

文字で書いたらロシアかどっかのおっさんの名前っぽいけど、じかに聞いた発音かっちょよかったよ。どこの国のヒトかは知りませんが、大阪の”チョレイニン”の事を時々思い出してね。

|

« 大台ケ原に行ってみた | トップページ | UKから、またまた来た »

コメント

キャンプ場=ケンチョですか。
「"プ"をはっきり言わんかい」と言いたいですよね(笑)。

投稿: kiyo_g | 2008/09/25 21:06

●kiyo_gあにき、それでもあちらは精一杯スローリーに話しかけているとしたら、もう絶望です(泣)。

投稿: ローラー男 | 2008/09/26 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大台ケ原に行ってみた | トップページ | UKから、またまた来た »