« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/30

設定、いじくるな!

職場のウオシュレット、ときどき水圧「最強」にしてるアホがおるから困る。でも、こっちも学習能力あるから、かならず噴射する前に注意してるけど。
で、今日もどっかのアホが最強にしてたから、「中」に戻した。がははは、バカめ、そんな手に誰が乗るか。
勝ち誇って発射したら思わず声が出た。

今度は、「温度最高」。

敵もやるな。

サイコーに熱いといえば:
自転車の世界選手権ロードレースが知らんまに終わった。知ってたけど。
特別なプログラムを視聴する装置が我が家に無いので、参加選手の名前からレース展開を妄想するしかなかった。けれど、酒を飲みながら妄想してたらいつのまにか眠ってた。まだ当面は阪神タイガースの応援の方、がんばろうと思った。万年Cクラス時代のこの時期、消化試合に明け暮れていたことを思うと、ヒビの勝ち負けにイライラできるのはとても幸せだ。

| | コメント (3)

昔のカレシとかカノジョとか

P1050770

運動:雨だから通勤も電車+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

ちょっと思いついたことがあって実家から持ってきた古いフレーム。今日造ろう、明日造ろうと思いながら、夜がくると読みたい本があったり、くだらないけれど見たいテレビ番組があったり、淡麗は外せないなと思ったり、ああそうそう来るべき鍋シーズンに備えて熱燗の練習をしておかなくちゃと思ったりして、一向に進まんよ。

P1050769
昨夜の酒のアテはミルキィ。こんなとこ置いとくなよ、つい食ってしまうではないか。しかも常温の日本酒に合うではないか。奥歯で噛み締めたら、歯にかぶせてあるやつ危うく持って行かれそうになったぜ、どんなけ吸着力あるねん->ミルキィ。不二家の底力、恐るべし恐るべし。

日記のタイトルに深い意味を含ませておく。昔のカノジョの面影に悩む職場の後輩へ。
過ぎ去った思い出は、すべからく美しいものだよ。静かな映画館の中でブリリと洩らした彼女の小さな「屁のサウンド」さえも、耳の奥に永遠にこだまするのサ。まっ、無くしたモノを探したってどうにもならない。新たらしいカノジョに全力を尽くすべきだね。
古い自転車のフレームは何も変わらないけれど、昔のカノジョはどうかな、、、。

| | コメント (3)

2008/09/29

日曜日は篭坊温泉

日曜日の運動:家事労働少なめ+北摂・西峠~篭坊温泉~天王峠のあたり
日曜日の飲酒:致死量少し手前・種類はいろいろ

兵庫県の猪名川町役場を過ぎて少しいったら、車の渋滞始まってた。お彼岸あけたのに墓参り渋滞でもなかろうとおもたら、「道の駅渋滞」だった。以前はどこも”道の駅”ゆうたら、しょっぼい売店とくっさい便所しかないだだっぴろい駐車場だったのが、近年特産物販売に力入れてるようで、開店前からモーレツな列。あの列にまざって、栗とか山菜を買い、家にかえってそれらをアテに酒を飲んでまたまた屁をこいて布団をかぶって寝たいなと思った。

それを横目に西峠までのだらだら、だらだらした勾配を延々登るのだ。寒いぐらいの涼しさで、なんとなく調子がよい。腰痛に関してはギリギリ痛くない(痛いけど)ポイントのようなものを見つけてふんばる。少しでもフォームが乱れて痛いポイントに当たると電気が走る。けれども、積極的に前を行く仲間に闘魂を注入してもらったようなカンジになり、西峠までがんばる。

あいかわらず篭坊温泉は寂しい場所だ。”うらぶれた”というより”朽ち果てかけている”というカンジがピッタシ。
ところで今の時期、地面をみたら「栗だらけ」。これをひらっている一団が、カーブを曲がったソコに居たりなんかして、けっこう驚いた。カーブの先には何かよからぬ現象が待ち受けているかもしれないと、常に思うべしよ。べしだべし。あけびも落ちてたな。

あけびの絵:
         (何べんかいても”卑猥”になるから投稿自粛します。美しいあけびが書けるその日まで。)

| | コメント (4)

土曜日は妙見山

土曜日の運動:家事労働+能勢・妙見山往復
土曜日の飲酒:淡麗350ml×3

もじどおりの”秋晴れ”。(別段嬉しい出来事があったワケではないけれど)イソイソと支度して猿山へサイクリングに行った。気温・湿度とも最適な「タイムトライアル日和」ではないか、やるなら今しかないぜと思って、阪急電車箕面駅前のとこから坂道のタイムを計ってみた。そーとーがんばったつもり、流れ行く景色も何となく速い。「これはいったな!」とおもて時計みたら、自己ベストから10秒遅れ。こんなことなら前夜の飲酒を手加減するんじゃなかった、、、。

家に帰って酒飲んで屁をこいて布団かぶって寝よっかなぁと思うほど落ち込んだ。そこへなんか知らんけど敵意むき出しの自転車少年あらわる。あとで聞いたら大阪府下にある某高校の自転車競技部の生徒。一瞬で抜かれて豆粒ほどになって見えなくなった。それで火がついて、じわじわ追うと、豆粒がジャガイモになり、ジャガイモがスイカに、あと一息でスイカが人間になるとこで山頂ゴール。かなり追い込んだのにスイカに負けた。

さる情報筋によりますと、近年、自転車競技部から競輪学校受験者が減少傾向にあり、大阪府下からの受験者・前回はなんと「ゼロ」。来年度はようやく二人ほど受験するらしい。競輪選手というプロスポーツは少年達にとって「Cool!」には映らないのかな?

運動会:
家路につく途中、いつくもの”運動会”に遭遇した。シーズン真っ盛りですわね。しかし、どこもかしこも保護者の首には「入校許可証」がぶらさげてあって、門にはガードマンらしき制服のおっさんが立ってたり。学校が”安全な場所”ではなくなっている現実はとても悲しいぜ。

| | コメント (2)

2008/09/26

チョレイニンと再会

運動:通勤往復+舞洲(大周回コースとか)+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×4

先日自転車仲間に教えてもらった”舞洲・大周回コース”を走ってみた。コンテナヤードの方までコースが延びてて、けっこうバリエイションに富んでるから飽きないかも。一周7km近くあるようだし。でも、暗闇の中から突如現れるトレーラーの台車部分には最大限の注意必要だろう。勝ち目は無い。多分無い。

昨夜道を聞かれた外国人カップルに、またまた出遭った。今度はむこうから手を振ってくれた。かなり嬉しい。
前夜はこっちがキンチョーしてあうあうしか言えなかったので、この夜は立ち止まっていろいろ話してみた。

夫婦(旦那はメルボルン出身、奥さんは台湾のヒト)で北海道・旭川に何をして暮らしているのか知らんけど、7年在住してて、今回数ヶ月かけてそっから大阪まで来た。このあと、沖縄まで行って奥さんの故郷・台湾に渡るつもりでいたが、沖縄発-台湾行きの航路が終焉を迎えてて、その意味(沖縄上陸)ももう無くなったと。このまま大阪の南港から出ている船で台湾に渡り、今回の旅を終えるそうだ。
この旅の印象を聞いてみたら、秋田県に是非行くべきだ、あそこはいいぞ!米は美味い、魚も美味い、ジャパニーズ酒はもっと美味い!そして優しい「森」が残っていると。
昔オートバイのツーリングで通過したことあるけど、やっぱり速度が速すぎたのか秋田にまったく印象が無い。”普通に田舎だ、用は無い”と偉そうにかまえて客観視しなかったんだろう。ローラー男も若かったのだ。

この人口島・舞洲、実は候補地が北京に負けた産物なんだよと教えたら、とても興味深い瞳で島の中心部にある丘を見つめてた。後先考えずに突っ走ったOSAKAの施策を、はたしてどんなふうに思ったのかなぁ。

別れ際、カップルそれぞれの自転車に牽引されてあった”サイクルトレーラー”の下取りを打診された。もしくは、大阪市内にこれを下取りしてくれるサイクルショップの存在を聞かれた。恥ずかしながら、こおいうものを使って旅をする文化がこの国・この大阪にはあまり無いんだゴメンなと言うと、以外にも「そうだろうなぁ」と返事が帰ってきて少し悲しかった。

イジワルな車、狭い道、不親切な標識、OSAKAには”旅の理不尽”が沢山ありますけれど、また機会があれば来てくださいというと、笑って握手してくれた。俺も、死ぬまでには是非、秋田と、それに「白くまの居る」旭川に行きたいと思います。

| | コメント (14)

2008/09/25

UKから、またまた来た

先月はUKからサイクルジャージがやってきて、ひと月後の昨夜、請求書が追いかけてやってきた。来るなといっても来るだろう。で、請求書のドル欄には「111円」と書いてある。普段「円」で暮らすわたくしに111円が高いのか安いのかよく判らん。もしこれを拒んだとしたら、どんな恐ろしいヒトがUKから来るのか興味深いぜ。

まず山本太郎みたいな外人が乗り込んできて、つぎに竹内 力みたいな外人が来るのか?「世間のソーバは知りまへんけど、うちでは一ドル1111円換算でやらしてもろてます・・・当然”といち”で」とか凄まれたらつらい。

追伸:
わが国ではというか、その筋の債権回収業の最後の手段はよく「マグロ漁船にでも乗ってきてもらいましょうかねぇ」ですけど、UKでは何に乗せられるのだ???

| | コメント (8)

苦労して

”苦労して  登った道は  わすれない”

自転車も、仕事も、人生も、多分そうかな。
そうだろうな。

運動:通勤往復+舞洲すこし+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、黒霧島×すこし

時間は夜の7時半過ぎ。舞洲をすこしだけ周回して街路樹のところでぼんやり涼んでいたら、大阪市内の方向から、ぼんやりした影が二つ、ゆっくりと近づいてきた。自転車のような小さな屋台のような、なんだろう?と思ってたら、MTBにそれ用のトレーラーを牽引したカップルのツーリストだった。しかも「外国人」。案の定道聞かれた。ここはひとつ、二日酔い明けで受験したTOEIC・280点の実力発揮だぜ。

外「ケンチョどこですか?」
ロラ「(大阪府庁のことか?)・・・・」
外「ドコ、ケンチョ????」
ロラ「(遠くを指差し単語を並べて)凄く遠い」
外「テントハル、ケンチョ」
ロラ「(おっさん、それ、キャンプ場か!?)・・・」

だめだ、やっぱり自分はネイテブな英語、全然ダメだ。そおいえば、とある国でコーヒー注文したら店員が質問してきた。自分には「What's size?」と聞こえたから即座に「middle size」と答えたら、こいつアホかという顔で、おんなじ質問してきよったし。「しゃあからmiddleって言うとるやんけ」と言うそばから、小池さんが「Hot」とポツリ。自分の耳だけ「What' size」と聞こえてて、店員と小池さんには「Hot or ice?」で通じあっているではないか。くやしい。モ~レツにくやしい。ほんなコーヒー頼まれても飲まんわ!、、、という事件。

このカップル(けっこう年配)、旭川をスタートして南下しつつ、昨日は滋賀県の大津湖畔から大阪の舞洲まで来た様子。日本の四季に合わせて南下していくのは、日本縦断でやる常套手段だろうかね。最後にわしの自転車衣装を見て「Traning??」て聞かれた。このときのサウンドは「トレーニング?」ではなくてだな、まぎれもなく「チョレイニン?」。

文字で書いたらロシアかどっかのおっさんの名前っぽいけど、じかに聞いた発音かっちょよかったよ。どこの国のヒトかは知りませんが、大阪の”チョレイニン”の事を時々思い出してね。

| | コメント (2)

2008/09/24

大台ケ原に行ってみた

運動:上北山役場から小処温泉経由~大台ケ原ドライブウェイの往復
飲酒:淡麗350ml×3程度(おうちに帰ってから)

以外にも、生まれてハジメテ自転車で登った。さすが霊峰だらけの奥吉野、そうやすやすとは登らせてくれなかった。でも、人力で高度を上げるのはほんまに楽しい。自分の足と自分の心臓と、この”自転車”というシンプルな乗り物で、空気吸いまくって炭酸ガス吐きまくって妙な汁を出しまくって恍惚の表情うかべまくって、たどり着いた時の達成感を、大台ケ原に巻き散らかしてきたぜウハハハのハ。

頂上駐車場には鉄の馬に跨った片岡義男のような男女が沢山いたけれど、その舶来のV型ツインエンジンと同等にたどり着けた、尿酸値9.8のこのカラダを褒め讃えたい!

同行のアネキ、アニキたち、本当にどうもありがとう。つい先日46歳になりまして、瞬発力の激しい衰えにうなだれておりましたけれど、まだまだなんかやれる気がします。まだまだ高いところにいけそうな気がします。青い蒼いソラを見にいけるような気がします。鼻の穴もまだまだパコパコに開きます!

お彼岸だからね:
Cocolog_oekaki_2008_09_24_15_49

| | コメント (6)

2008/09/22

4000年の歴史で揉まれる

小雨降る朝自転車に少し乗る。掃除と家事を済ませる。ローラー中娘のブラスバンド発表会にいって、ソロパートのあまりのショボさに肝を冷やす。いったん大阪・梅田に出て、ヒトとの待ち合わせに備える。ここでちょっとおもいたって、クイックマッサージに行ってみた。梅田になにが多いって、コンタクトレンズ屋とマッサージ屋の多さといったら、ほら凄い。それも、なるべく怪しげなとこが効くだろうとの信念で、雑居ビルの中にみつけたその名も「中国気功整体院」。たどたどしい日本語の受付にたじろぐ。薄暗い施術室に通されズボンを脱ぎ始めると、「そのままでいい」とたどたどしい日本語で言われた。ここで若干あやしさ薄らぐ、、、。

ゴージャスに60分コースを依頼。いきなり背中からキョ~レツなパワーが襲いかかってきて、「痛かったら言うアルよ」とか促されて痛いですと言いたかったけど、パワーすごすぎて「ゴフッ!」とかしか声出ませんやん。
もう、なんか知らんけど、「モミにもまれてまっ黒け(意味不明)」という感じ。うつぶせから仰向けにされてぼんやり天井みたら、人民日報とかいう新聞紙が天井に張ってあって、ヒラヒラしてた。あやしさふくらむ。
そんな日曜日。

そして月曜のいま、「中国製のモミ返し」が全身を襲うのだぜ。スタッフ全員日本語曖昧なんで、細かいオーダーができない、ゆえに、「されるがまま」。またいきたい。

| | コメント (3)

2008/09/19

業爆

撤去すべき信管が3本に!!!

つづく!(と思う)。

| | コメント (5)

2008/09/18

撤去作業を命ぜられた

時間が限られていたので全速力でサイクリング行ったら、とても疲れた。途中沢山信号機があって、夜も夜やし誰も見てないから行ってまぇと悪魔が囁いたけど、もうやせ我慢全開で赤信号守った。これでいいのか?(C)バカボンのパパ、、、。

運動:通勤往復+舞洲+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

「金曜日に偉い人会議があります。君の任務はその場に突入し、いまにも爆発しそうな10トン爆弾の信管を抜いてくること。いいね。わかったね。」とさっき上司に言われた。毎週のサンドバック会議での”なぐられ役”に加えて、今度は爆発物処理か。失敗して「殉職」しなければいいが、、、、。

”信管抜く”というのはすなわち、新製品リリースの前に立ちはだかる、経営層の中でもちょっとうるさい系のおっさんを丸め込むための、資料づくり。内容はそこそこでいいからって、そんな難儀なリクエストしてくれるなよ->上司。
Cocolog_oekaki_2008_09_18_14_42

お昼ごはん:
Cocolog_oekaki_2008_09_18_14_47
ひっさりブリに松屋に行った。ぶた丼頼んだら、右横と左横のおっさんとメニューかぶった。わからないように左右のおっさんの丼みたら、右隣のおっさん丼は紅しょうがで豚が見えない。左隣のおっさん丼はご飯が茶色い。ハハァ~ン、「ツユだく」にしよったな。ちょこざいな。

食後の散髪:
けっこう伸びてしまったから、いつもの1000円カット行った。どんなけ伸びたかというと、「丸刈り」だったのが「楕円」になったカンジ。そして今日のオーダーも「5ミリ」のひとこと。しかし、剪定してくれるねぇさん、「どないしましょ?」って聞いてくれんなよ、どないしましょもこないしましょもないやろ、この楕円形に伸びた頭見たらわかるやろ、「パンチ」すら無理。


| | コメント (5)

2008/09/17

大規模改修

腰痛を我慢してギリギリ出力できるサイクリングのフォームを試す夜。満月が明るい。

運動:通勤往復+舞洲軽め+体操軽め
飲酒:淡麗350ml×3

新築で入居した自宅マンションが14年経過。月日がたつのは本当に早い。その割にローンの減るスピイド遅い。金利は悪魔だ。そんで外壁とか全部塗りなおす「大規模改修」始まった。いままでベランダに置いてあったスタッドレスタイヤとか植木とかイッキに室内に入れたら、”オードバックスの匂いのするジャングル”になった。残るは自分の自転車関係。いったいどこで寝るか?
Cocolog_oekaki_2008_09_17_16_06
上から覗くと、数階下にお住まいのヒト、ベランダに大量の鳥かごあったけどどうすんねん?隣りの家、ベランダに人工芝敷きつめてあったけどどうすんねん?なんか全戸一斉罰ゲーム始まった感じで楽しいではないか。楽しないけど。

ああでもうちは自転車でほんまよかった。ナナハンとかやったら、寝返りうった拍子にセンタースタンド外れて200kgの車体が布団に轟沈か。おそろしすぎるぜ。安全考えたら、ハナから跨ってハングオンで寝るとか。

| | コメント (5)

2008/09/16

連休を振り返ってみる

土曜日:
午前中はおおむね家事いろいろ。正午に小池さんの「ラーメンの旅」につきあう。午後から自転車で一人・猿山へ行く。モーレツに調子悪くて落ち込む。早い時間から一人で立ち呑んでみたけど、生中×2ほど飲んだら、なぜかつまんなくなってきて店を出る。そしてジャスコ野田阪神店の薬局にいって、コンタクトレンズの保存液を買う。深い理由もなくサプリメントコーナーを冷やかしてたら、アミノ酸がなぜか安く売ってたので買ってしまった。そんじゃぁ一発飲んでみるかと自宅で袋あけたら、「輝く女性のための・・・」とか書いてあった。アミノ酸を含有したダケの「ダイエットサプリ」を買ってしまった様子に落ち込む。おっさんは今更どこで輝けばいいのだ?と箱に向って文句を言った。情けない。

日曜日:
六甲山途中の盤滝トンネル~小笠峠~ハニー牧場~船坂~蓬莱渓~舞洲のコースでサイクリング。腰は依然としてよくないまま。そして舞洲では熱い自転車レースを、現場の片隅でぼんやり眺める。以前なら、そおいう現場に居合わせると、こっちまで心臓がジリジリしてきてモーレツに走りたくなったのに、なぜか「今の自分には、ちょっと、ムリかな」と思ってしまった。情けない。

月曜日:
しろくま見に行く。帰りに、新世界ではなくて梅田近辺の串カツを食べた。
かえってTV見てたら、リーマンブラサースが破産しているではないか!?大変だ!大変だ!マーケットで働く自分の身にもなにか起こりそうだ!さっそく今夜ヒルズにある職場に駆けつけて、本社のあるニューヨークそれに上司のいるロンドンと繋いで緊急に打ち合わせだ!

、、、とか言ってみたい。


| | コメント (5)

2008/09/15

くまを見に行く

休みの日は朝からビイル飲んで終日マグロの小池さんが、めずらしく「動物園に行くか」と言い出したので、従う。動物園になんか美味しいラーメンでもあったかな?と思いながら現場へ到着。しかし、近年、おっさん天国だと思っていた新世界・通天閣の下とかジャンジャン横丁のあたりとか、ものすごい勢いで観光地に変貌を遂げているではないですかい。とくに、赤井英和が有名にした「串カツのだるま」は長蛇の列。ほかにも新規参入の串カツ屋がぼこぼこ開店してるし、通天閣の展望台にしかなかった「ビリけん」の銅像が店の軒先に5人とか6人とか置いてあるし、もうなんでもアリの世界。

そして大人500円の入園料を払って入園。
まず、まっしぐらにしろくま舎を目指す。自他共に認める「しろくま好き」なんです。

003
丸太に抱きつく。

009
名前は「ゴーゴ」。ロシア生まれ。豚まんでお馴染みの、蓬莱551の社長が渡航費を工面して招待したしろくま。名前を呼ぶと、近寄ってきます。ロシア生まれなのに、大阪弁が判る模様。

このあと、アシカを見に行く。天王寺動物園に以前行った記憶は30年以上前かな?当時と変わらず、100円でアシカ用の餌さを買ってみた。美味しそうな小鯵だ。アシカとシェアしたいところをグッと我慢。ふと横をみると、どこかの親父が子どもといっしょに、我が家と同様小鯵の餌さを買って、プールに投げ入れている。投げ入れてはいるが、フォームが悪くてアシカまで届かず、全て野鳥に持っていかれている。笑って済ませばいいのに、売り子にむかって「インチキだ!」と声を荒げているではないか?祝日の・動物園の・子どもの傍らで・「なぜ切れる」???
嫌なら来なければいいのだ。家で寝とけよ。

| | コメント (5)

2008/09/12

不器用なんです

今更リスペクトするまでもない事実さ木曜日。

運動:通勤往復+舞洲グルグル+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、黒霧島×致死量一歩手前

001
今をさかのぼること約半年前、カンパニョーロ社製のブレーキ兼用変速レヴァー、ちょっとワケあって分解した。分解の行程を一枚一枚カメラで撮って修復のときの糧にしようかなと思ったけれど、コトは思い通りに運ばず。
大澤誉志幸並みに途方に暮れてたら、自転車仲間のシマウ魔くんが、組立て図面を貸してくれた。
002
しかし、事は好転せず。図面が全く理解できない。部品の配置があたまのなかで理想とする型にならんのだ。とうとう、右脳だけでなく左脳も朽ちたもよう。万策つきる。で、最後の望みをかけてAuenoアニキにすがってみた。すると、ものの半日も要さず「できた」とお返事くださってびっくり。

タイガースの今岡がいきなり1軍復帰してホームラン打ったよりびっくり。
ともかく、これで新品の部品を買ったりとかいう無駄なことをせずに済んだ。Auenoアニキ、ありがとうございました。

今、ツールド北海道を選手として走ってる(はず)チームラバネロの米山(こめやま)くんが言ってた一言、「シマノ社のブレーキ兼変速レヴァーは、”ないところにあるものをくっつけた”けど、カンパ社製のそれは、”あるものを内蔵した”」という言葉が印象深いなぁ。どっちがいい悪いではなくあくまで嗜好の問題。けれども、われわれ素人が分解して組み立てられる仕組みは評価したい。ものすごい意匠がつまっているにもかかわらず、堂々と開示する男気を応援したい。


◆丘girlアネキへ私信:
mijiアネキへお繋ぎしたいので,ひとまずお手紙ください。宛先は

hiro_ta920みっちゃんみちみちnifty.com です。
「みっちゃんみちみち」の部分をに変えて送信してください。
Cocolog_oekaki_2008_09_12_17_31

| | コメント (3)

2008/09/11

舞洲でナンパしてみる

水曜日の昨夜、ちょっと思うところがあって舞洲に行ったワケですけども、流石水曜日。誰も走ってないなと思ったら、遥か前方に点滅式赤色テールランプが見えた。エイホエイホ追いついてみると、スタイリッシュなMTBに乗った”丘 千秋”さんであった。ちょっと前に回転木馬のM君主催「清滝峠を登る乱」に参加されてたGirlではないか。いままで舞洲では多くのアニキをナンパしてきたが、Girlに声かけたのは初めて。いやぁ自転車乗っててほんまによかった。で、丘Girlさんは西宮のご自宅から日本橋(大阪の)の職場まで自転車通勤されてて、復路の寄り道で舞洲周回しておられるそうです。凄いぜ!丘Girl!今後も、新たな出会いが楽しみ。

好きなお菓子は「森永スピン」
Cocolog_oekaki_2008_09_11_14_33


| | コメント (4)

リコール

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

自転車屋さんの壁に張ってあったチラシ。なんか知らんけど、ペダルにリコール出たらしい。自分のがそうなのかどうなのか判らん。ともあれ家に帰って確かめた。

017
ビンゴ。でもなぁ、今サイコーに回転滑らかなコンディションやのに、金属の”心棒”取り替えられたら、またハジメから?と思うと悲しい。

無事故:
幸い、某通信システムの開発部署に在籍していた約15年間、「リコール発生」という壊滅的状況を経験したことない。けれども、本格運用開始直前に重大な欠陥が見つかって、その検証と修復に軟禁されたことは数知れず。たったひとつの窓も無い閉塞された建物、入退室も厳重なセキュリティに守られていて、作業場以外に立ち入りが許されていたのは便所と自販機と食堂。三日に一度だけ宿泊先のビジネスホテルに帰ってシャワーを浴びる以外は、大きなコンピュータ群がウワンウワンと冷却フアンをうならせる無機質な部屋の床にダンボールを敷いて仮眠するとかで、これは夢なのか現実なのかモウ全然サッパリワカラン数ヶ月、、、というのが幾度もあったよん。

現場は横須賀の小高い山の上だったり、東京の豊洲の運河沿いだったり。”こりゃあ毎日ホテルから自転車で往復できるぜウシシシ”とたくらんで、ロードレーサー持っていったのに、そのマッシ~ンは1mmも動くことは無かった。仕事は遅々として進まんし、好きな自転車乗れんし、風呂は入ってないから自分で自分が臭くてたまらんし。

一緒に作業していた後輩はシャワーを浴びたいがために、セクシー系のサーヴィスを重視するマッサージセンターに行って、ほんとうに何一つサーヴィスを受けずに仕事に戻ったこと数回、、、。シャンプーと髭剃りを持ってファッショナルブなマッサージに行ったヤツは初めて聞いた。涙を誘うぜ。

仕事が大変で自転車に乗れないアニキへ:
そんなこともあって言うのではなけど、30代から40代にかけては職責上・嫌でもなんでも火ダルマにならざるをえんこともあるぜ。だから、練習時間が減って、思ったとおりに素敵に走れなくても、深いため息はつくなよ、なぁ。そのまま偉くなってホイホイ乗れるかもしれないし、わしのように別の枝道(獣道?)がひよっこり現れたりするかもしれんしね。

追伸:
そおいう過酷な労働でバリバリやるのが偉いというのではない。どっちか言うと、一切残業することなくスマートに定時で予定ミッションを終わらせるのが一番。どんな分野でも”旬の年齢”というのがあると思ったんで。

| | コメント (11)

2008/09/10

腰痛対策はじまる

まず、長風呂復活させる。
自転車のポジションを維持しつつ、踏み方を変えてみる。
ペダルに乗せる急激なトルク変動を避けてみる。
浅田真央の股関節を目指す。
ビイルを少し減らす。
そのかわり、焼酎を増やす。

自転車ネタ:
やっぱりちょっと、自分の脚のカンジだと、内側34歯のギアは使いにくいことが判ってきた。いろいろ試したところ、36歯が必要だと思った。

| | コメント (6)

毛を切る

運動:通勤往復+舞洲ブリブリ周回+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、黒霧島×2合

人間をカスタマイズした。ローラー中娘に「前髪切って」と頼まれたから。まったくココロエが無いが、失敗してもしっかり飯を食っておればジキに生えてくるからまぁええかと安請け合いしてみた。
ところで、関西ではちんげも頭髪もひとくくりにして「毛ぇ」と言うけども、東の方では違うといわれたことある。「頭髪は髪の毛って言うジャン」と昔東の女性に露骨に嫌な顔されたし。ほんなとこでジャンつかうな、ジャンは豆板醤と甜麺醤と麻雀だけにしてくれ。「じゃぁちんげはちんこの毛髪と言うことにするよ」と迫ったら、ダッシュで逃げられた。ちんげにちんげ言うて何が悪い。

Tera
昨日から読む。アジテーターの本はすがすがしいぜ。まさに「ちんげのどこがアカンねん!?」という思い混みを十分後押ししてくれます。といっても今更どっかの劇団員になりたいとかは思わんけど。

昨夜の舞洲:
数年前、たった一人もしくは2,3人で寂しく寂しく周回していたのが嘘のように盛況。漠然とですけど、連日集まって走ってる連中皆で、なんか宴会でもやったら楽しいやろな、、、っと。

今夜食べたいシリーズ:
Cocolog_oekaki_2008_09_10_10_44

| | コメント (2)

2008/09/08

自転車とS800

運動:自転車で、R423~西別院~堀越峠~逢坂峠~名月峠~一庫ダム~猪名川沿い~
飲酒:ビイルの大瓶×3本程度

残暑厳しいざんしょ!朝出るときスガスガしかった空気は一転、日中の気温と湿度は強烈じゃ!全身に塩が浮き出てしまったではないか。さらに「」。先週の乗鞍ヒルクライムで大きなダメージを食らったまま、その組織はほとんど回復していなかった模様。ともかく往路のR423からジリジリと痛みが増すばかり。北摂・逢坂峠なんか、同行メンバーからババ遅れのババ抜かれ。

憔悴しきってサイクルショップ前に帰還してみると、見慣れない車が一台。
800
当時の(恐らく今も)世界を震え上がらせたホンダの名車ではないのか!?そこへ自転車仲間の”水色の建売アニキ”登場。あっ水色アニキの車だったのね!すげぇ税!大人になったら、これか、トヨタのS800か、マツダのコスモスポーツ絶対買いたいと思ったぜ昭和40年前半の当時のおいどんでごわす。
車体のあちこちに丁寧に補修した跡があって、水色アニキが大切に乗っているんだなぁと伝わりました。

Eng
ムリをいってエンヂンを見せてくださった。うぉぉぉ!なんじゃこれぇぇぇ!シンプルにも程がアル!機械もんド素人のおいどんが見てもなんとか判るパーツばっかし。きょうびの車のような、エレクトロニクスのかけらもないゼ。いやぁ、よく40年ものあいだご無事で。さらにムリをお願いしてエンヂンをかけていただくと、もうなんていうかチンコ痺れたよ、その音に。ガソリンを噴霧する部品「キャブレター」がヒュンヒュン唸る音聞こえる!それがくねくねしたマフラーから出てくる音がまったこれマグナム級!

いやぁかっちょええ!これをかっちょええと言わずして何をかっちょええと言う野田!
よっしゃ!わしも買うぜ!買わんけど。

一見するとものすごくコンパクトで、乗るととても楽しそう。でも、オーナーのアニキいわく「いつもどこかが故障していく」と不安毛。それって、なんか自転車に乗ってるわたしそっくり。つねに故障の心配がつきまとう。でも、車も自転車も、速くはしれなくても、誰かをレースで出し抜けなくても、楽しく走れればマズ最高だ。方やエンヂン、方や脚って違いはあるけれど、どちらも”エレキ”に頼らない、部品一つ一つを丁寧に躍動させて推進力に繋がっていくという点では同じだろうかねぇ。

080907_1438003
長男君の専用ナビシートがかわいい。


追伸:写真まずかったら消しますんでゆうてください、水色アニキへ。

| | コメント (7)

DIYにあけくれるぅ~(土曜日)

一発目はウォシュレットの分岐弁交換。
P1050687
噴射の威力が減り始めてから1年あまりで、騙し騙し使ってたけど、モー限界!こんな貧弱な水流ではお尻の穴を洗えない!原因は明白で、分岐弁のとこにあるフィルタの目詰まり。10年近くつかうと、カルシウムとかで詰まるんだろうな。そんでネットで調べたら、どうも”このメーカーのこの形式”に限っては、目詰まりしやすくて、分解掃除しにくいという結果。出かけるたんびに各地のホームセンターとか電工屋さんをパトロールしてみたけど、該当品が無くて困ってたら、灯台モト暗しでネット販売見つけた。やるなTOTO。(TOTOではジェフ・ポーカロが好き。)

P1050688
装着完了。水道工事のネジのとこにぐるぐる巻く、なんていうか知らんけど白い防水テープをケチると、漏水して大変。ここはふんぱつするところ。結果、新築のときの水流復活!水の暴力!あやうく変な声が出るところであった。


二発目は障子の張替え。
P1050691
P1050690
幼児の居る家庭ではないのに、このザマ。しかし、「このザマ」の状態で3年も目をつむってきた我が家のメンバー凄い。見てみぬフリも限界MAXでさっそくホームセンター・コーナンで材料そろえる。
やってみて初めてわかったことは、「剥がすのは大変だ」ということ。丁寧に剥がすには大変根気のいる作業であった。途中ビイル休憩2回挟んだし。
P1050692
これ、「障子貼り専用糊」380円。この先の形がミソ。

P1050693
こうやって、”サン”の幅にバッチシ合って、なぞっていけば糊が付くシステム。いやあ、便利すぎるぜ。

P1050694
貼り終わったとこ。ともかくこおいう作業は焦らずに地味にそして横着したいのをグッとこらえる。貼り終わってスグはシワシワ。これに水できり吹いて少したつとピンピンに張ってきて出来上がり。
いやぁ、家の中がスッカリ様変わりして、違う家に住んでんのか!?これはやってよかったなぁと思った。しかし違う家に住んでんのかと思うだけで、実際のローン残高は代わり映えしない。

P1050698
最終DIYは和風おろしハンバーグ製作。ちょっと前に小池さんの誕生日だったので、ローラー中娘が手料理で祝うというのでそのアシストした。普段親のこしらえる料理を美味い美味いといって食っていただけるのは嬉しいけれど、イザ自分がやるとなると、いったいぜんたい「何から出来ているのだ?」「材料をどんな形にするのだ?」というのがカラッキシ判ってないのが悲しい。あるひとつぜん無人島に一人で行くハメなったらどうすんねん!?と言いたい。なにがどうまちがって芸能人になって、さあぁこれからやゆうときに番組の企画で最果ての地に一人で放り込まれて自給自足とかになって、な~んもできませ~んじゃ、もうお仕舞いやど。
野放しにされてる和牛を正拳突き一発でしとめて、そっからハンバーグでも作ってみ?グラビアアイドル飛び越して一気にバラエティの真ん中とか行ける可能性あり。

充実した土曜日であった。


| | コメント (6)

2008/09/05

健康診断のココロエ

大変だ大変だ!来週月曜日は健康診断の日だ!ぜんじつ夜8時以降に「酒を呑むな」と注意書きに書いてある。しかも太字で書いてある。すると、夜7時59分59秒までは呑めるということか。ああよかったよかった。よくないけど。

ではさっそく検査の絵を描いてみよう:

Cocolog_oekaki_2008_09_05_13_25
もし、もし、万が一検尿の結果で大麻とかマリファナとか検出されたらどーしょー!?でごわす。でも心配いらん。今のところ角界に転職する予定が無いので。
この土曜と日曜で死ぬほどサイクリングして、尿検査では紅(くれない)の尿をコップに並々と入れて、検査のねぇちゃんを震撼させるのだ。ああでも憂鬱だ、バリウム飲むのが。どうせならヘリウム吸わせてくれ。で、問診のときにそれで喋る、、、と。

| | コメント (7)

牛になるとか

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、芋ロック×普通に

P1050685
自分の昨日の晩御飯はこれ。キャベツ、レタス、トマト、ハム一枚、自作ドレッシング(オリーブオイル、酢、他)。写真ではわかにくいけれど、お皿の直径は30センチ強。これをシャウシャウと一心不乱に食べていると、牛くんになった気分がする。それにしても「肉」を食べたい気持ちは、いったいどこへ行ってしまったんだろうか。

昼ごはんのお知らせ:
Cocolog_oekaki_2008_09_05_09_55
彼を食べるのはひさしブリ。

”牛ステーキカレー890円”を食べてみた:
隣り合わせた若いサラリーマン・通称「若サラリーマン」、なんか動きがおかしいおもたら、ケータイいじくりながらカレー食ってる。親のしつけはどうなってんねん、飯くいながら屁は何発こいても許されるけど(ただし音量はしぼること)、ケータイしながらはあかんと思う。”誰にも迷惑かけてませんやん”いうやつおるかも知れんけど、ほんな問題ちゃうと言いたい。

| | コメント (2)

2008/09/04

今一番言いたいこと

Cocolog_oekaki_2008_09_04_10_52
あさから”気ぜわしい”仕事の連発だぜ。しっこ行く暇も無い。ぼーこー破裂したらどうしてくれんねん上司。「歩」ばっかり働かすなよ、斜め前に座ってる「桂馬」朝からなんも仕事してへんやんけ、横の「飛車」も同罪じゃ!
頼みの綱の「銀」は出張いってしまうし、あ~あ、前と後ろにしか自由に動けない身が悲しい。

晩御飯のお知らせ:
Cocolog_oekaki_2008_09_04_16_27
ポークカレーだ。「豚と温泉」では無いぞ。


| | コメント (5)

2008/09/03

Tシャツ作ろうかな、わからんけど

思うところがあって、長袖を着てみたいかな。少し考えようかな。

Cocolog_oekaki_2008_09_03_15_33


| | コメント (12)

雨かよ

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、芋ロック×普通に

降るのか降らんのかはっきりせぇよ->天気、とか思いながら、自転車のレーサーパンツ(略してレーパン)をはいたり脱いだり繰り返した。脱いでスグのレーパンをはくと「ぬるい」。ジブンの体温なのに、なぜか腹たつ。

Yoko
生暖かいレーパンを脱いで、話題作、読む。さすが元地方新聞の記者を経験しただけあって、新聞社の中で起こるさまざまな出来事が圧倒的描写で、驚きの連続。日航機事故がメインの小説ではあるけれど、取材の生々しさも凄いぜ各位。イッキに読んでしまいたいとこをグッと我慢して、ちびちび行ってます。読了が勿体無いと思ったのはひっさしブリだよん。今のトコ一番印象に残っているのは次の一節

”飲んだら笑え、酔ったら歌え、話は明日だ----"

たとえうっとしい相手と呑むことがあっても、こういう気概でいきたい。

Cocolog_oekaki_2008_09_03_15_13

つづく

| | コメント (4)

2008/09/02

そして日常がまた始まる

嫌な日記のタイトルだ。でも仕方ない。嫌でもなんでも「突然の辞任」「職場放棄」は許されへんのですし。生まれ変わったら自民党総裁になって、自由奔放好き勝手にやってみたい。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

乗鞍を無事下山して、ああ夏が終わった終わったと感傷的になって大阪に戻ったら、「全然夏終わってなかった」。なんでやねん?どないやねん?だれがやねん?”この熱さこの湿度このタイガースの負けっぷり”は???おかげさまでセンチメンタルにならんで済んだわと言っておこう。

月曜からいきなし京都出張で幕を開けたぜ。乗鞍頂上の低酸素でやられた脳みそで阪急電車乗ったら、降りる駅一個間違えた。そおいえば2000m越えたあたりから樹木がすっかりなくなって、横走ってるヒトが「ここかぁ、森林限界わぁ~!」とすっとんきょうな声だしてたけど、限界は森林だけちゃいますよ、わしも限界です、むろんあなたも、、、と言いたかった。しかしシンドすぎてだめだった。ジブンの突っ込みが通用するのは、せいぜい標高1500m程度だろう。これ以上高くなると、突っ込みのキレが悪くなるのが判った。

1時間ちょうどぐらいでゴールできる強靭な人たちのショートコント、想像するだけで背筋が寒くなるぜ。

| | コメント (3)

2008/09/01

乗鞍、登れましたが、

いきなりネガティブな題名の日記。
競技の方はというと、第一CPで20分ちょうど、中間部分で35分キッチリ。それでいてゴール時は「1時間28分」となってたから、後半いったいぜんたい何が起こったのか?寄り道したのか?穴にでも落ちたのか?という落ち込み方は我ながら見事。

前日の雨の降り方を見て、絶対の絶対に中止だろうなと思ったから、手加減せずに地酒を満喫した。二日酔いは予定通り、朝ごはんをほとんど食べられなかったのも想定内。スタート地点では、コナあにきに「臭い(酒臭)!臭い!」と褒められたので、血中アルコホル濃度は完璧。

しかし、本当の敵は二日酔いなんかではなくて、「前人未到の腰痛」だったぜ。
道中車を運転してくださった方には本当にありがたい。けれど、座席に長時間座っているのは腰に辛い。こうなると、もう、長距離の遠征は自分には不可能なのか?と悲しくなる。残る手段は、サイクルキャリアに寄り添って、屋根に積んでもらうか、、、。

ともかく前へ:
登っている最中、あんまり腰が痛いから、もう走るのやめて回収車が来るまで山の景色でもぼんやり眺めていようかなとまで思った。何度も、何度も思った。けれど、同じようなペースで懸命に走る回りを見て、そおいう後ろ向きなことはできないし、なにより、近年申込者がすごくたくさんあって、抽選で出たくても出られないと聞くと、リタイヤしたら罰あたるし。
少しペースを上げてみる。心臓異常なし、足問題なし、腰「無理」。さすがに5回目となると、海馬の切れている自分でも、コースレイアウトの記憶がある。あそこを曲がれば勾配がきつくなり、あそこを我慢すれば平地になるとか。それに、経験知が積まれてきたのか、初参加のころに比べると、斜度のきつさの印象が薄くなっていて、とくに舗装をやり直している部分はずいぶん楽ちん。

でも、悲しい。この晴天で、このコースで、この美しい道で、なんでこんなに走っていて悲しいんだろう。なにもかも、この弱い腰のせいだ。この腰さえ強かったら、今自分を抜いていった運動靴の選手なんか、軽々追い越していけるのにとか、ひどい腰痛は悪心させ抱かせる。悲しい自分がよけい悲しい。
できるなら、最後は笑ってゴールしたかった。先月家族旅行で同じ場所に立ち、小池さんとローラー中娘に、「次はここまで自転車で来るねん、けっこう調子ええから、オヤジはムフフなんだよ君たち」と鼻の穴ぱこぱこで自慢したではないか。それがこのザマだ。達成感はかけらもなく、ただボンヤリとゴールセンサーの音を聞いた。

初参加の仲間たちは、興奮気味に達成感を味わっておられる。彼らの笑顔がとても眩しい。

ともあれ、参加の機会を与えてくださったサイクルショップ回転木馬チームのメンバーに、とても感謝しています。

いまからちょっと出張なんで、つづく。

| | コメント (11)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »