« 橋の上でヒトの情に触れる | トップページ | 愉快なだけの日々ではない »

2008/08/19

バックパッカー

ちょっと用事で社外に出たら、外人が歩道に自転車停めて、地図を眺めてた。ココロの中で「こっちくんなよ~・くんなよ~(英語わからんから)」と念じてたら、その思いが通じたのか、、、道を聞かれた。
日本語上手で助かった。その外人、背中になんか背負ってるし。その背負ってるやつを気にしてるのに感ずかれてしまって、自分に「触れ」と言う。
Mat

ギターをむき出しのまま背負うヒトを見たのは、キカイダーに変身前のジロー以外初めて。
そんで仕事中でもあるし、こんなとこで油売ってんの見つかったら何言われるかわからんし、第一炎天下で書類かかえたおっさんがギター弾いてたらあきらか可笑しいやろしと、もうむちゃむちゃ世間体を気にしながら、、、弾いた。

さすが妙な形だけある。ギターというより、「糸を張った木の箱」というサウンド。どこの国の方かは存じませんが、物欲を鎮火してくれてありがとうと言いたい。

|

« 橋の上でヒトの情に触れる | トップページ | 愉快なだけの日々ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 橋の上でヒトの情に触れる | トップページ | 愉快なだけの日々ではない »