« 御安全に | トップページ | ソルジェニーツィン »

2008/08/04

清滝の乱に参加してみる

運動:清滝~枚方周辺のサイクリングで90kmぐらい
飲酒:覚えてないけど、極めて冷静に呑んだ

”清滝峠をサイクリング愛好家で埋め尽くす大会”スタート時刻は午前8時。ならその前に少しの周辺を散策しておくかと、午前5時に目覚まし時計をセットしてみた。当然なんの狂いもなく午前5時に目覚まし起動。最初に布団の上で思ったことは、「世の中には毎日とか、週に何度かこの時間に起きて、颯爽とサイクリングに行くアニキ・アネキがいるんだろな、まったく凄いなぁ」とおもいながら、もう一度目をつむってみる。
”三文の徳”より”眠りたい欲望”を選ぶ自分、ナイス。しかし、蝉がうるさい。まだ陽が上り始めて間が無いのに、蝉の朝練は激しさを増すバカリ。もっと静かな山の中で朝練しろと蝉に言いたい。都会のマンションの14階の、それもわざわざうちのベランダの壁面で朝練すな!と言いたい。

シブシブ(?)起床。ともかく自転車に跨り大阪市内から見て「東」・生駒方面を目指す。本当は早朝に繁華街を走るのは危ない。朝まで飲み明かしてフラフラな連中が、法を破る覚悟で車を走らせて帰宅しようとするバカが少なからず居るから。
で、立ちはだかる”生駒山”を目の前にして、とりあえず大阪のサイクリストの(昔の)聖地「阪奈道路」を登ってみる。相変わらず、補修が行き届かない割れ割れのアスファルトが酷い。そしてレジャーや仕事に行く車の排気ガスはさら酷い。馬力の無いディゼルエンヂンのトラックは、さらにアクセルをふかすから、余計酷い。そして反対側の生駒市国道168号線伝いに走って、「北田原大橋」の交差点から今回の舞台・国道163号線に入る。

午前7時過ぎで道路横にはすでに「28度」の表示があって脱力する。地球はぜったいオカシナ方向にいってる気がする。この国が温帯じゃなくなってしまう日も、そお遠くないんだろうな。集合地点まで一旦降りて、熱いパッションのアニキ、アネキたちにご挨拶して、いよいよ登ってみる。

この坂道でタイム測るのは生まれて初めて。12分ちょうどでした。
途中、平日1時間4380円で休憩できるホテルの駐車場から、緑色のべろべろした暖簾をくぐって、一台のオデッセイ(?)が出てきた。俺様の渾身のタイムアタックを邪魔するのは許せん、どんな顔してんのかこれは確認しなアカンとおもったけど、スモークのガラスが濃過ぎる。
そんなことを羨ましく思いながら、先着する仲間の待つゴール地点到着。暑くて楽しかった。

その後、気温がぐんぐん上り、とても野外活動はできなと思ったので、同行のシマウ魔君の案内で、有名な枚方の「カキ氷」を食べに行く。抹茶みるく300円。やはり、目の前に人参がぶら下がっているサイクリングは楽しい。
お疲れさま。開催に尽力してくださったアニキ、どうもありがとう。

その後:
ちょっとした宴会。
宴会の最後に手締めはつきもの。これをやったら宴会にけじめが付くような気がしてなかなか爽快である。が、長年正しいとおもってやってた「一本締め」がじつはとんでない、間違いだったと気づいた。
われわれがやっていたのは「一本締め」ではなくて「一丁締め」だったのだのだ。ほんなことど~でもえ~やんけと言うヒトもあろうが、それはあかん。記憶を無くそうが、翌日頭がんがんで唸ろうが、暴れまくった宴会の最後はキッチリな。今後は正しい一本締めでな。

|

« 御安全に | トップページ | ソルジェニーツィン »

コメント

アニキ、ホンマに来てくれてありがとうございました。
しかし丸岡の件を聞いてから、あんだけ人数集めて公道で自転車乗りまくる行為に、言いだしっぺでありながらちょっとビビりが入ってきました。
もし“乱”であんな大きな事故があったらボクはどう責任をとっていいやらわかりませんからね・・・・。
ブログなんかを見てくれた人がたくさん集まってくれるのは本当に嬉しいことなんですが、過熱しすぎるのもアレかなと。ネットのエエとこでもあり、悪いとこでもありますね。
もちろんこれからも楽しい企画は続けていきますが、行き過ぎないように、アニキの御指導御鞭撻、これからもヨロシクです。

投稿: M | 2008/08/04 17:35

 昨日はお疲れ様でした。楽しいイベントで参加してよかったです。アニキともまだ2回目のご対面とは思えないのがblogのすごいところですね。
 どこの練習場でも、イベントでも人数が増えてくると難しいですね。舞洲にしろ、事故などが起きないように祈るばかりです(でも、ちょっと行ってみたい)。丸岡の事故はちょっとショックでした。すばらしい公道レースでしたから。個々人がルールを守って、気をつけるしかないのかもしれませんが。
 一本締め...私も間違えてました。うちの職場もいつも、一本締めといいながら一丁締めでしたorz 文化って奥深い。

投稿: きたえ | 2008/08/04 18:39

●エムくん、こちらこそ大変お世話になりました。
何よりも安全が最優先ということを前提に、
これからも活動していければいいなと思います。
悲しい思いは、誰もしたくないしね。
また行こう!
●きたえアニキ、自転車やブログがもたらしてくれる縁というのはほんまに不思議だなぁ、素敵ダナァと思いました。
また会いましょう。彩都へもちょいちょい行ってますんで、偶然の出会いがあるかも!

投稿: ローラーおとこ | 2008/08/05 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御安全に | トップページ | ソルジェニーツィン »