« 青春18の旅なのだうどんだけど | トップページ | おっさんだから18切符 »

2008/07/22

キーマカレー

蝉うるさい、日差し痛い、湿度高い、空気重たい、
そんな日はカレーだ。
038
玉葱とニンニクをいためる。その量は「ガムシャラ」。意味はないけど、”ガムシャーラ”って地名ないのか?
”なぜ今更キーマカレーなのか?”。それは子どもが留守だから。大人しか好まないものを作って食べる大チャンスはこんな時しかないから。だから市販のルーは出さずに、カレー粉だけで勝負してみた。不安一杯。しかし玉葱を炒めてる最中のあの甘いにおいはいいぜ、最高だぜ。とても幸せな気分になるし。サイクリング中にしんどくてへたりそうな時、あの匂いが鼻を突くと、もうそれだけで一刻も早くおうちに帰りたくなるから不思議だ。

いつまでもこねくり回していないで、大量の茄子とピーマンとひき肉を入れてさぁ、問題はこっから。カレー粉ってもともと味なんか無いから何で行くか?チャツネなんか無いしなぁ~と冷蔵庫の中を眺めて、一発目は「オリバー・ドロソース」入れてみた。期待通りのコク。ほんで教科書通りに行くならここは赤トウガラシ、、、が無いから、七味唐辛子で。どうせ出所は同じだろうし。そんで塩。思いつきで砂糖。あとはインドの懐の深さというか、カレーは適当に何入れても美味くなるという思い込みダケで進める。

039
最近は便利になってて、サフランライスの元を入れて米を炊いたら、普通に黄色いご飯できた。

連休最後の海の日は、海にもいかず、サイクリングにも出かけず、その他あらゆる一切の運動をせず、でも全身の汗腺を全開にして大汗たらしながらキーマカレーをこしらえて、ビイル飲みながら「あついあつい」と文句いいつつフ~フ~こうして食べてみた。”暑いトキに熱いことをするのは、とても楽しい”。そんな7月21日月曜日。

運動:家事労働だけ
飲酒:淡麗350ml×4

汁のようなカレーのような:
バングラデシュの路上で食べたカレーは単なる「黄色くて辛い汁」だった。こんなぐだぐだなもん食ってもでんでん力出んわと毒づいていたけど、差別に苦しむ低いほうのヒト(カーストに似たやつ)は、それらで懸命に日々を生きているのだから、、、という思いは随分後になってから。擬似コレラに苦しみ、口と肛門がわずか1cm足らずの距離で繋がっているのか?と錯覚するほど酷い日々、暗くて異臭のするドミトリの部屋で看病してくれたのは、まぎれもなく今でいう”貧困にあえぐ”ヒトで、結局はその「黄色くて辛いだけの汁」に最後は救われた。自分は嫌なヤツだ。こんな嫌なヤツでも、カレーは相変わらず美味い。


|

« 青春18の旅なのだうどんだけど | トップページ | おっさんだから18切符 »

コメント

今日のお昼はカレーそばに七味たっぷりでした。
ワイシャツの中を汗が伝う感覚は最高にアツいです。

投稿: ぱぱろぐ | 2008/07/22 12:48

●ぱぱろぐあにき、ワイシャツの背中をぴっちりピタピタ背中に張り付かせて世間をアッと言わせてください。
押忍!!!

投稿: ロラおとこ | 2008/07/22 13:04

きのう久々においしくないカレーに出くわしました。
食べ放題のお店だったのでアレコレ食材混ぜて味変化
させて食べました。
カレー味も万能ではないのかと、が逆に新鮮さを感じました。

投稿: ハンセ | 2008/07/22 18:07

●ハンセあにき、おいしくないカレーは貴重ですね!
なんの脈絡も無いけど、「大和の味カレー」食べたくなってきました。

投稿: ロラ男 | 2008/07/23 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18の旅なのだうどんだけど | トップページ | おっさんだから18切符 »