« 試しに禁酒してみる | トップページ | 京都、暑いって! »

2008/07/31

いつか、山に登るか

なみはや大橋サイクリングの内容を変えてみた。腰痛に耐えて高い負荷で登るのをやめて、そのぶん回数を増やして優しく登ってみる。とかやってたら、後ろ側の変速機から妙な音がで出した。寝苦しい夜に聞く、若い女の歯ぎしりのようなサウンド。何度も自転車から降りては治し、降りては治し。そんなことしてたら見たことのある顔のヒトがランニングで橋を登ってくる。あっ、フランコ・キョッチョーリさん(仮名しかも普通の日本人)だ。以前熱心にトライアスロンやってたおられた頃は、よく一緒にサイクリングに行ったけど、この2,3年全然見ないなぁと思っていたところ。

昨年から、活動を”登山”にシフトしたと聞く。しかも、目の不自由なヒトの伴走(?)登山という、自分には絶対の絶対にマネの出来無い崇高な活動やし。マラソンでもときどき紐でつないで走っているヒトを見るけど、他人の「目」になるってどういう感じなのだ?はてしなく緊張すんね、自分なら。
フランコ・キョッチョーリさん(仮名しかも普通の日本人)、応援してますよ、がんばってくださいね。

|

« 試しに禁酒してみる | トップページ | 京都、暑いって! »

コメント

マラソンや登山の伴走もいいですが、折角のキャリアを活かすなら、タンデムのパイロット!
いつかお世話になるかもしれません。そのときはタンデムのロードをこさえます。

投稿: 峠の山賊 | 2008/07/31 10:38

木々が枯れて、葉っぱが落ちた頃の山は、暑くも寒くもなく、虫たちの活動も終わっているので、歩いていて快適ですよ。
落ち葉を踏みしめる音だけを聞きながらたんたんと歩くのが好きです。

投稿: おおみ | 2008/07/31 15:47

おばあちゃんちの裏山ならいつでもお付き合いさせていただきますよ。

投稿: DANGER | 2008/08/01 14:22

●峠の山賊あにき、タンデムって二人の信頼関係が非常に大切なんでしょうね。視力が無くってバンクを豪快に走るって恐怖は想像もできません。そおいうアスリートを尊敬します。
●おおみさん、やっぱり最後は自分の足でしょうかね。今はこの暑さなんで一刻も早く秋が来てほしい(笑。
●DANGERさん、今年こそP山行きたいです。

投稿: ローラーおとこ | 2008/08/04 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試しに禁酒してみる | トップページ | 京都、暑いって! »