« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/31

いつか、山に登るか

なみはや大橋サイクリングの内容を変えてみた。腰痛に耐えて高い負荷で登るのをやめて、そのぶん回数を増やして優しく登ってみる。とかやってたら、後ろ側の変速機から妙な音がで出した。寝苦しい夜に聞く、若い女の歯ぎしりのようなサウンド。何度も自転車から降りては治し、降りては治し。そんなことしてたら見たことのある顔のヒトがランニングで橋を登ってくる。あっ、フランコ・キョッチョーリさん(仮名しかも普通の日本人)だ。以前熱心にトライアスロンやってたおられた頃は、よく一緒にサイクリングに行ったけど、この2,3年全然見ないなぁと思っていたところ。

昨年から、活動を”登山”にシフトしたと聞く。しかも、目の不自由なヒトの伴走(?)登山という、自分には絶対の絶対にマネの出来無い崇高な活動やし。マラソンでもときどき紐でつないで走っているヒトを見るけど、他人の「目」になるってどういう感じなのだ?はてしなく緊張すんね、自分なら。
フランコ・キョッチョーリさん(仮名しかも普通の日本人)、応援してますよ、がんばってくださいね。

| | コメント (4)

試しに禁酒してみる

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:缶酎ハイ350ml×1

いきなりやめて、体が痙攣してはダメだと思って、まずは酎ハイ一個だけで様子を見た夜。これでも自分にしたらホボカンペキに近い”禁酒”です。様式便器の水溜りにぷかぷか浮かぶ・あの非常に醜い”脂肪便”を思い出すと、これ以上呑む気が起こらないし。当面これでいこうと思う。飲みたければ呑む、ただし、そんなに飲みたくないにも係わらず、「とりあえず2,3本いっとくか」という”だらけた飲酒”は控えたい。飲酒生活にもとうとうメリハリの波-第一波到来。

Oki

レッドカーペット:
そおいう冷静な心身で、見たくも無いけど都合で”レッドカーペット”とかいうわけのわからん連中が扉のむこうから出てきて、わけのわからん”しゃべくり”やって帰っていくTV番組見た。電気代と貴重な1時間返せと言いたい。
現場で見たら、ちょっとはおもろさ倍増するんかな?いや違うな。現場で見ようがTVで見ようが、たとえラジヲで聞こうが、「新喜劇」はおもろいし。体中から染み出てくる・湧き出てくるあのおもろさ、演じてる自分の演技がおもろくてアホ過ぎて、自分自身に笑えるようなそんなビームが、誰一人出てない->レッドカーペット。だいたいきょうびの連中、男前過ぎんねん。TV写り良過ぎんねん。それとなんか知らんけど、みんなスノッブ風。

うちの近所の中華屋のおっさん、夕方の暇な時に店の前で料理につかうでかいオタマをゴルフクラブのようにぶんぶん振り回してる姿の方が、どんなけおもろいか。

| | コメント (4)

2008/07/30

ご協力お願いします

そんなに酷くはないけど、下痢が続いてます。そして、出てくるヤツらは揃いも揃って「脂肪便」です。アルコホルの多飲が原因らしいです、ネット検索によると。少し控えてみようかと思います。関連するアニキ、ご協力お願いします。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×4、芋ロック×3

| | コメント (8)

2008/07/29

切羽つまってないけど

Kiri
この雨にやられてエンジンいかれちまった、、、わけではないけど、サイクリングにはいかず、今回の直木賞を読んでみる。普段は受賞作は文庫になってから読む(高いから)けども、今回は”やらしい小説”なんでガッツイてみる。

ここまで繊細にかくと、やらしさを妄想する以前に「このヒト(作家)年がら年中ほんなこと考えながら、やらしい事やってんのかな」と思わざるをえない。それでは本来のやらしい事に没頭できないではないのか?そんなことでいいのか?やらしい最中はガムシャラだからやらしいのだ。やらしさに迷い無し、やらしさに一点の曇りなし。このやらしさを映画化するときは、ぜひとも「緒形 拳」さんと、「田中裕子」さんがいいと思う。”屋根のついた橋”でやらしい名演技したメリル・ストリープに負けないで。

いやらし度:
いやらしいDVDとかは、入れ物の表と裏の写真だけでだいたい8割りがた内容のいやらし度を掌握できるな。そんで再生装置にかけてみて「ああやっぱり思ったとおりのいやらしさだったな」と胸をなでおろす。これは製作側に無理やりいやらしさを押し付けられてるのといっしょ。自分の力でドーパミンを分泌させろと言いたい。
いやらしいブンガクを映画にすると、宣伝広告だけではそのいやらし度を推し量れない。敵もなかなかやりよんのぉと思って入場券買って映画館に入ってみる。あとはもうひたすらスクリーンを見つめてあらん限りの力を振り絞ってドーパミンを搾り出すべし。あ~あ、最近そんなドーパミン全然体から出てこんがな、、、。神経切れてんのかな。

| | コメント (0)

荒れる

荒れるのは、中軸の居ないタイガースの試合だけにしてくれ、豪雨とか突風とか何もそこまで荒れんでもええやろちょっとは手加減せぇよと言いたい月曜日。

運動:通勤往復+家事労働
飲酒:淡麗350ml×1

子どもの頃はここまで猛暑は続かなかったし、3日にいっぺんぐらいは夕立があるというようなカンジで、天気の荒れ方も「小出し」にしていたような記憶ある。雷に打たれたり、川の流れに押し流されたり、包丁持った女に追い掛け回されたり、ソラもカワもヒトもオカシイ。ほんなことでええんか?

豪雨でずぶ濡れ:
洗って干してやれやれおもた洗濯もん。仕事から戻って、一度もソデを通すことなく、また洗濯機にほうりこんで洗剤と柔軟材入れて洗って干す労力と電気代と水道代と、ココロの虚しさを返せ。それと窓から吹き込んだ雨のせいで、ややフニャフニャになった畳、無理して寝転んだら水が染み出てきて、脇の下とかきしょこ悪いし、どうしてくれんねん。
ベランダに置いてあるサイクリング用自転車もずぶ濡れやし。よくヒトは「そんなとこ置いといて錆ませんか~」と不思議そうに聞くが、ぬるい、ぬるすぎる。空気中の酸素と結びついて酸化する前に乗りまくれば錆びることなど無い!酸化に負けるなといいたい!、、、自分自身に。


だがしかし:
職場からママチャリきこきこ漕いでかえる途中、豪雨再び。傘持ってないし、濡れても気にならない気温やしで、そのまま行く。途中、本町とか中之島とか御堂筋を横切るルートであるが、男女薄着の季節にこの雨。傘を持たない女性の衣装が皮膚に張り付く姿は美しい。美しすぎて困った。ナイス豪雨。

| | コメント (6)

2008/07/28

なすときゅうり

一歩も動けない日差しの日曜日。
大阪市内在住者としては、扇風機だけで一晩過ごすのにも限界がある。この寝不足は当分続くな、多分。とりあえず、朝一からホームセンター「コーナン」に行って、”すだれ”と”寝ござ”を買ってみた。どっちもこのうえなく「エコ」だぜ。eco。本当は大きな”よしず”が欲しかったけど無かった。あっても高くて手が出んかったやろなぁ~。

レジに並ぶ:
何気なく前のおばさんのカゴを覗くと、女性用の無駄毛剃りが8個も入ってる。おばさんの二の腕をみると、そんなに濃くは無い。身内に物凄いヒトがいるのか?あるいは自分と同じ自転車道楽の親父に懇願されての身代わり購入か?どっちにしても・ものがものだけに、一発大量購入はパンチ力抜群ですな~。

古い自転車を再利用するため組立て始めたはええけど、炎天下の”ベランダ”での作業はえぐい。えぐ過ぎる。ハンドルとか変速機をつけた時点で、もうギブ。今頃多くのアニキたちは、吉野の山奥で走り回ってんのに、自分はそんな屁たれでいいのか?いいのだ。
7
毎月買ってる本。今月号は夏野菜特集。これをぱらぱら読みながらビイル飲むのだ。食べている気になるから、安上がりな男だよワシ。きぼうするページから料理が飛び出してこないかなぁとか、子どもの頃と考えてることに全然進歩無いけど仕方ない。だって本心だもの。また糠漬けやろかなぁ、でもいっぺんでもかきまわすの忘れたら地獄やしなぁとか思って、またビイル飲む。

TVでは大阪代表を決める決勝戦やってた。PL vs 近大付属。非常に拮抗しておるではないか。現場はどこや?なに、舞洲!?これはジッとしているバヤイではない。ソッコーで自転車衣装に着替えて熱くて重たい空気の中を舞洲に向った。無料のスタンドには入らず、夢洲大橋の頂上からソッと見た。物凄い観客の数だ。勝った近大付属、甲子園でもがんばれ。負けたPL、花火がんばれ。

運動:自転車ちょっと乗った+無駄毛剃りのおばちゃんに恐れをなした
飲酒:淡麗350ml×6+α

| | コメント (8)

2008/07/26

ありふれた休日

8時に起きた。メシ作って食べた。洗濯して干した。掃除機かけた。自転車で猿山行った。だけど炎天下で気を失わないようにAveは23キロでそ~っと走った。お腹がぺこぺこだったので、近所の中華屋でレバニラ炒めを食べながら、キリンラガーの中瓶飲んだ。店の中で、古いヤングマガジン読んだ。郵便局に行った。途中で暑さにまけてかき氷を買って軒下で食べた。ジャスコによって淡麗350mlを1ケース買った。買ったはいいが、疎遠になってた本の続きを読み、夕方にはひさしぶりに小池さんと「ラーメンの旅」に出、
そして20:39関西空港にローラー小娘を迎えに行った。二週間の思い出を機関銃のように喋る小娘を傍らにおくと、ああまた明日から日常始まるわとちょっと悲しかったり、そおいう「普通」が嬉しかったり複雑。

腰痛:
今月に入ってからバリバリに悪化進行中。なみはや大橋での傍若無人な負荷の掛け方が原因。焦るな、まだまだ時間はあるから。

追記:
少しでも車通りを避けて猿山にいこうと、大阪・十三あたりから伸びる「天竺川」に沿って北上した。名前の由来はなんだ?その昔は、中央アジアまで続いていたとか、、、、ないない。誰がどっからみても立派な「どぶ川」だ。水面になにか生き物がいる、よくみるとカモの両親+子が8匹、ゴミの浮く川をスイスイ気持ちよさそうに(?)に散歩してる。実にのどかだ。視線の先を天竺川と繋がっている神崎川に移動さすと、またなんか生き物発見。人間だ、じぃさんだ、そして「全裸」だ。天竺川河口・護岸してあるコンクリートの上に、全裸で横たわっている!ときどきユサユサ動くから、水死体ではなさそう。こちらの視線に気づくと、うつぶせ状態からゆっくり仰向けに体制を入替えるぢゃないか!おっさん、上むかんでよろしい!ちんこ丸見え!ここまで酷暑が続くと、いろんなヤツがおる。

| | コメント (2)

2008/07/25

天神さん

009
今夜のクライマックスを前に静まり返る大阪・天満の大川。

008
神様が乗らはる乗り物。セッティング中。

今朝のこの界隈、異臭に思わず顔をしかめた。お祭りの盛上げ役に欠かせない”屋台”。利用するヒトのマナー・モラル次第か。。。付近に住んでいるヒトにとっては、「一夜の夢・幻想」ではない。祭りが終わってしばらくは、この匂いに悩まされるという。宮入する天神さんも困っているだろう。
季節ごとの神事を見ていたら、一年のなんと早いことか。今日もこんなに日差しが痛いのに、秋はヒタヒタと近づいてるのか。

080725_1227002_2
一日遅れで”土用”を満喫。うなぎ屋に、来る客来る客皆一様に「あっつ~!」と言いながら入ってくるからおもしろい。いこした炭の前で、マムシにむかってうちわを仰ぐ汗だく親父は苦笑いするしかないのが可笑しい。それにしても、隣りのおっさん、俺様が”真面目にうなぎ食ってる”横で生中美味そうに呑むなと言いたい。二杯もおかわりすなと言いたい。挙句の果てに、鰻巻きと冷酒を注文するわ・やりたい放題やのぉ~。金曜の昼間っからそんなことでええんかおっさん!どやねんおっさん!?と言いたい。こっちは真面目にうなぎ食っとんねん!麦茶で肝串食っとんねん!俺様に隠れて呑むとか気遣いせぇよ!と言いたい。むなくそ悪い昼飯であった。けれどうなぎは美味かった。

うなぎパイ:
夜のお菓子うなぎパイ。夜にお菓子くうたら虫歯なるっちゅうねん。ほんなもんで夜に元気出んねやったら”赤ひげ薬局”要らんちゅうねん。ツールドフランスに参加してる選手諸君、妙な薬飲むヒマあんねやったら、肝吸い飲みなさいと言いたい。


| | コメント (5)

蕎麦サラダ

思いつきサラダシリーズ二発目の夜。
002
"茶蕎麦"でサラダなのだ。もうこんなけ毎晩毎晩暑いと暑苦しいもんなんか食べたないし!暑苦しいのは自分ひとりで十分やし。レタス敷いて玉葱と胡瓜ばら撒いて蕎麦とトマト乗せた。玉葱を水にさらす時間が短くて苦かった。舌がピリピリ痺れてその後鼻の奥が少し痛くなり、涙がこぼれる。あっ、悲しいときのメカニズムとちょっと似てる。
とかセンチになっているばやいでは無い。一刻も早くビイルを飲まないとどうにかなってしまう税この渇き!

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×4 芋ロック×1

350mlの発泡酒なんか、いつ飲んでん!?どこにあんねん!?いうくらいの瞬殺。でっかいジョッキに並々とビイルついで、腕を重さでグラングランさしながらイッキ飲みしたい。大阪・梅田あたりの居酒屋とか突入して、イッキを強要されている現場を手当たり次第に襲ってそのジョッキを奪い取り、あっけに取られてるスキにバコッ!と飲んでゲップを1,2発残して風のように去って行く、、、そんな悪党団つくりたいなぁコンチクショウ~。

004
めんつゆこしらえる余力なし。舞洲でがんばり過ぎた。市販のやつを上からジャボジャボかけて食べた。美味かった。
盛り付けんのに、わざわざ一口サイズに渦巻きを作ることもなかろうと思ったけど、やっぱり「茶蕎麦=ぐるぐる渦巻き」は外せんわい。問題は”皿”。うちには気の効いたゴッツイ皿が無い!まっくろケでお寺の屋根瓦ほどもあるデカめの備前焼きとかカッチョええやろなぁ~。でも、しまう水屋が無い、、、。けったいな(妙な)家やし。

| | コメント (3)

2008/07/24

ポンポン舟に乗ってみる

運動:通勤往復+なみはや大橋登ったり下りたり+舞洲ぐるぐるしたり+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

2大埋め立て地を巡る、”せわしない”サイクリグであった。

004
なみはや大橋からIKEA鶴浜店(大阪市大正区)を見る。闇に浮かぶ巨大な城郭に見えなくもない。来月1日グランドオープンを目前に控え、窓から漏れる内装工事はホボ完了の様子。こっちまでドキドキすんぜ。最初「鶴浜」って聞いた時”どこやねんそれ?”ってぐらい全然知らん場所でした。340億円の税金をどばどば投入した大阪市(?)の赤字遺産らしい。ほんな金あんねやったら俺にくれ。遅いけど。

たまたまなのか偶然なのか、この夜のサイクリストはゼロ。寂しくはあるけれど、ウォーキングの人たちに脅威を与えないと思えばそれはそれでいいか。自分も細心の注意を払うべし。地味に続けている挨拶運動がちょっとづつ実を結んでてて、きのうはむこうから先に「こんばんわ」と言うてくれはったし。嬉しいぜ。炎天下の日中と違うから、いくらもがいてもへっちゃら。足もサラに近いからそら~も~いろいろなバリエイションを試せて楽しかった。

時計を見たら、最終のポンポン舟に間にあう、、、。ついでに舞洲も行っとくかという妙な気を起こして、「ほんだら舟で」と酔狂な計画。
010
振り向くと、背面には海遊館の大きな観覧車。電気の色で明日の天気を表示しているらしい。このピンクは!?
、、、知らん。

009
ヒッソリと出航を待つポンポン舟。なんか密入国舟に見えなくもない。こおいうのでカメラ機材の差とか、腕の差とか出るんかな?もっと立派なカメラを買えば、ちゃんとステキな写真が撮れるのかなぁ。3万円ぐらいのデジタルカメラだとこのあたりがいっぱいいっぱいなのかなぁ。

で、舟の上。たった5分でも夜の船旅は楽しい。楽しいというよりもどっちかというと”切ない・怖い”か。黒い海に舟が立てる波頭をみていると、そこからなにか得体の知れないヌメヌメした生き物がゾンゴラリンと長い手足を伸ばしてきて、自転車もろとも引きずり込まれてしまいそう。

ポンポン舟から下船し、夜の闇にうかぶUSJ横を通過していよいよ舞洲大橋登坂開始。ああそうそう、USJに行ったついでに車をそのままそこに停めておいて、徒歩で桟橋まで行き、このポンポン舟(無料)で海遊館に行くという計画は結構お勧め。ごくたまに、私服の白雪姫(?)も通勤でつこてはりますし。
014
なみはや大橋で使い倒した脚に、この橋はえぐい。しかも頂上付近には阪神高速湾岸線舞洲IC出口があるから、油断せずに十二分に往来のタイミングを見計らって全速力で駆け上る必要があるし。昔はこの橋の往復と舞洲をつかって5,6人で周回しながら千切りあったりした。よくそんなあむない(危ない)ことが出来たな。反省してます。


| | コメント (2)

晩御飯

003
丼鉢に溢れんばかりの水菜、レタス、トマト、豆腐、おじゃこ、ササミの湯がいたやつ、オリーブオイル、お酢、塩、黒胡椒。これをおかずにビイル。扇風機は「強」でも大汗。夏は暑いものだ。それでいいのだ。

この取り合わせに実は深い深いワケがある。脚痛いからそろそろたんぱく質を補ってやらんとイカン。ほんなら、ササミやろ!豆腐やろ!ついでにおじゃこ(これはカルシウムか)。プロテインとかアミノ酸の粉末とかいう選択肢もあるけれど、自分はやっぱりジャスコで売ってるもんがすき。
002

大量に野菜を食べるとき、それが野菜に見えなくてだんだん「草」に思えてくる。で、咀嚼を繰り返していると、自分は牛とか馬の気持ちになる。牛とか馬に友達も知合いも今のところいないけど。奥歯でムシャムシャしてるとなんか幸せ。

| | コメント (7)

2008/07/23

GIRL'S

ラーメン定食ライス大盛りで850万円。高っか~。ほんなことやったら”まつい”で生中飲んでドテ食って、串カツ行っといたらどんなけよかったか、、、とか思いながら立ち飲み王国「大阪京橋界隈」を炎天下の昼間に歩くのは目に毒。呑んでるおっさん、通行人にビイルのジョッキ見せびらかすのはやめろ。

まぁそんな怒んなよと自分で自分をなだめすかして事務所へ帰ろうとおもたら、ラーメン屋の並びの店舗が何か改装やってる。看板みてびっくりこいた。

”GIRL's & YAKITORI"

ぬぁにぃ!? ガールズ and 焼き鳥やとぉ!? あらてのガールズバー出現か!?やりよんのぉ!!タオルで汗をぬぐいながらおっさんが丁寧に焼く焼き鳥よりも、GIRL'Sがテキトーに焼く焼き鳥の方が美味かったりして。いや、この際美味いとか美味くないは問題ちゃうな。焼き鳥目当てでそこへ行くなと言いたい。あくまで焼き鳥を焼くGIRL'S目当てで行くのがスジか。ほんなら焼き鳥を焼くGIRL'SやったらどんなGIRL'Sでもええかというと、それは違う。どう違うかは先々わかってくると思う。

4件隣は普通の”GIRL's & Bar"だから、対抗意識むき出しか。国道渡ったとこには”GIRL's & カラオケ”なる店もあるから、そのうちGIRL’Sという生き物にこのあたりは支配されてしまう予感。長年京橋に君臨してたおっさんが駆逐されて、GIRL'S一色になる日もそう遠くないんだろう。けっこう毛だらけ。

| | コメント (2)

もうすぐ天神祭り

通勤路が現場のど真ん中を通過するから、その準備の日々刻々進む様子を見るのが楽しい。なんていうのか名称知らんけど、白い紙で出来たビラビラをつけた荒縄が、町の電柱から電柱にかけられて、角・角には笹が紐で結わえてある。神さん(天神さん?)が道に迷わないように”おやしろ”まで誘導するためかな?

そんで、祭りといえば屋台。
080722_1758001
大掛かりな小屋掛けのおばけ屋敷あった。6,7年ほど前までは同じ場所に「蛇女」「人間獣児」「だるま男」とかいうスゴイ系のラインナップをそろえた小屋が出てたのにな。「親の因果が子に報い…」と入り口で達者な呼込みしてたステテコのはげ親父含めて、みんなどこへ行ってしまったんだろうか。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操
飲酒:淡麗350ml×3

職場での所属が変わった。社内のいろいろなリスク(危険)やリソース(ヒト、モノ、カネ)をマネジメント(管理)するという部署。英語の頭文字をとって上司から「君は今日からRMOの一員だからしっかりな」と言われた。”しっかりな”と言われてとまどうばかり。ほんな抽象的なこといわれても困るし。今までやってた宣伝・販推・サンドバッグという職務は継続。RMOって何か聞いたことあんな、、、何やったかな?と考えたら、ああ元自転車選手「リシャール・ビランク」の所属していた自転車チームではないか。ビランクも最後はドーピングスキャンダルで散々叩かれまくったから、なんか親近感覚えるわ~。同じサンドバッグとしてしっかりやりたい。

寄り道:
通勤の帰りにおばけ屋敷の写真を撮ったあと、大阪・梅田の自転車店に寄ってみる。この前実家から戻してきた自転車を、前ギア一枚、後ろギア一枚の「シングルギア自転車」に改造しようかな?その部品あるかな?という目論みで。あるにはあったけど、思ってたようなじゃなかったので見学だけにとどまる。で、これが熟考する機会になった。冷静に計画をレビューしてみたら、自分のやろうとしていることは”ママチャリを一台作ろう”としているのではないか?と。
Gr


| | コメント (6)

2008/07/22

おっさんだから18切符

総括してみる。前回、兵庫県のJR播但線を使っての旅は楽しかった。今回のJR山陽本線・岡山~大阪はそれに比べると盛り上がりに欠ける。なにが足りないかというと、鉄子で小池の嫁いわく(誰やねんそれ)「乗り継ぎが上手くいきすぎ」が原因らしい。18切符の彼女なりの醍醐味は、時刻表睨みながらハラハラのドキドキのギリッギリのとこで乗り継ぎできたときの安堵感やったり、ほんまいったい全体いつくんねんどっからくんねん、ほんでどこいくねん言うぐらいのんびりした乗り継ぎ時間を、ボ~ケ~っと寂しい寂しい田舎の駅舎で待つ時間とか、その間に駅の外いってビイル飲んだりする、だらけた時間が大切らしい。

なんとなくかわる。

一応野球も:
ダイジェスト版で押さえてはいるが。今のままの勢いだと、目つむっててもマジックが点灯し、一日一個づつ減っていく算段してたが、「雲行き」が怪しい。投手の踏ん張りが見えん、打撃陣が不発すぎる。巨人相手にまごまごしててどうすんねん!

一応自転車も:
組み立てるつもりで実家からフレーム持ち帰ったのにな。暑苦しい押入れにもぐりこんで散在してる自転車のパーツを探し・かき集める熱意が全く湧き上がってこない。だって酷暑だぜ、そらぁ無理だぜ。

| | コメント (3)

キーマカレー

蝉うるさい、日差し痛い、湿度高い、空気重たい、
そんな日はカレーだ。
038
玉葱とニンニクをいためる。その量は「ガムシャラ」。意味はないけど、”ガムシャーラ”って地名ないのか?
”なぜ今更キーマカレーなのか?”。それは子どもが留守だから。大人しか好まないものを作って食べる大チャンスはこんな時しかないから。だから市販のルーは出さずに、カレー粉だけで勝負してみた。不安一杯。しかし玉葱を炒めてる最中のあの甘いにおいはいいぜ、最高だぜ。とても幸せな気分になるし。サイクリング中にしんどくてへたりそうな時、あの匂いが鼻を突くと、もうそれだけで一刻も早くおうちに帰りたくなるから不思議だ。

いつまでもこねくり回していないで、大量の茄子とピーマンとひき肉を入れてさぁ、問題はこっから。カレー粉ってもともと味なんか無いから何で行くか?チャツネなんか無いしなぁ~と冷蔵庫の中を眺めて、一発目は「オリバー・ドロソース」入れてみた。期待通りのコク。ほんで教科書通りに行くならここは赤トウガラシ、、、が無いから、七味唐辛子で。どうせ出所は同じだろうし。そんで塩。思いつきで砂糖。あとはインドの懐の深さというか、カレーは適当に何入れても美味くなるという思い込みダケで進める。

039
最近は便利になってて、サフランライスの元を入れて米を炊いたら、普通に黄色いご飯できた。

連休最後の海の日は、海にもいかず、サイクリングにも出かけず、その他あらゆる一切の運動をせず、でも全身の汗腺を全開にして大汗たらしながらキーマカレーをこしらえて、ビイル飲みながら「あついあつい」と文句いいつつフ~フ~こうして食べてみた。”暑いトキに熱いことをするのは、とても楽しい”。そんな7月21日月曜日。

運動:家事労働だけ
飲酒:淡麗350ml×4

汁のようなカレーのような:
バングラデシュの路上で食べたカレーは単なる「黄色くて辛い汁」だった。こんなぐだぐだなもん食ってもでんでん力出んわと毒づいていたけど、差別に苦しむ低いほうのヒト(カーストに似たやつ)は、それらで懸命に日々を生きているのだから、、、という思いは随分後になってから。擬似コレラに苦しみ、口と肛門がわずか1cm足らずの距離で繋がっているのか?と錯覚するほど酷い日々、暗くて異臭のするドミトリの部屋で看病してくれたのは、まぎれもなく今でいう”貧困にあえぐ”ヒトで、結局はその「黄色くて辛いだけの汁」に最後は救われた。自分は嫌なヤツだ。こんな嫌なヤツでも、カレーは相変わらず美味い。


| | コメント (4)

2008/07/21

青春18の旅なのだうどんだけど

P1050336
小池さんの”鉄子”の血が騒ぐ。しかもラーメンではなく、うどん。4年ほど前にうどんブームが大爆発してたころ、一度車で行って以来、ひさしぶりに四国上陸。鼻の穴朝からぱこぱこ。

P1050304
いきなり青春18につまづく。掟通りに青春18やってたら、琴平駅発のJR四国が仕立てた”うどん周遊バス”の出発時間にとても間に合わんのだ。だもんで、岡山まで超特急のお世話になるしかあるまい(by小池さん)。そんで右見て左みて一回しっこ行くあいだに岡山に着いてしまったではないか。青春18の切符を見ながら、複雑な気持ちだよん。

JRはどっこもかしこも「超特急を起点」にダイヤ組んでんのか?と思った。だって乗継がうまく行き過ぎ。で、なんの苦もなく香川の坂出駅に着く。あいかわらずな~んも無い町だなぁ。(現場のヒトごめん)。
P1050306
ひさしぶりに見た”讃岐富士”は健在(当たり前)。ワケあって(深いワケでは無いけれど)16歳でこっちの高校に入って寮生活を初めて、一番近い「街」といえばここと丸亀あたり。映画を見るのに、丸一日かけて高松まで行ったりした。しかも当時はホボ単線でジイゼル機関車にガタガタ揺られて往復した。もうその面影なんかなんも無いし、記憶の点さえ残ってない。駅舎も”空中”にあるし。冷房のない蒸し暑い社内で、回りの乗客も大粒の汗をぽたぽた膝の上とかに垂らしながら、ひたすら急行列車の追い越し(単線やったから)や、普通列車の対向(やはり単線やったから)を30分近く待ったな。あのころは、なんであんなに時間があったんだろう。なんであんなに時間の経過がゆっくり流れていたんだろう。何を考えながら列車に揺られていたんだろう。もう、何も、覚えて、無い。
ひとつ明確におぼえているのは、「うどん」はブームでは無かった、、、ことか。

P1050307
JR琴平駅前から大きなバスに乗って、中をみたらカップル、家族連れ、友達どうし、ソロのヒト合わせて28人。うどん代を除く3,000円払って連れまわしてもらう仕組み。一発目は善通寺の山下うどん。このバス着いた時点で、車で来てる人がワンカサ店内にいて、それぷらすバスのお客さんが突入するからほら~も~店内えげつないこと。写真撮るスキも無い。なんせ早よ食って早よ出ないとアカン雰囲気。味わってるばやいではないぜ。全力であわてるべしべし。
バスの中ではじぶんのオカンぐらいの年齢の”ベテランガイド”さんが訪れるお店の仕組みとか特徴をユーモアを交えて教えてくれるから退屈しない。それでいてスベらないから凄いなぁ。

P1050311
二発目は、綾上町の松岡というお店。店の中狭い。自分はここが一番好きだった味。
P1050308_2
冷やしぶっかけ。しかし、鎮火したとはいえ、まだまだブームの感じがする店内。いままで平穏にお昼ごはんを食べていたであろう近所の人とか、かなり気の毒。この日も常連のおっちゃんが行列を見て、苦笑いしながらとぼとぼ帰っていったのは気の毒だったし。

P1050316
三発目はおんなじ綾上町の赤坂製麺所。ガイドさんがしきりに「麺よりもおばちゃんのキャラクラーを味わいましょう」と言うから、なんのことかわからんまま突入。
P1050312
え~っと、200円払って確かにちょっとアクの強いばあちゃんからうどんを受け取って、急ぎ口に入れた瞬間「うぐっ!」となる。でんでんコシが無い、、、。これか、あの意味は。「フ」を食べてるような食感。これはぼやぼやしてたらダシを吸ってますます悪化するぜ、急げ急げ、正味の話10秒で食べた。自分の日記なんであえて書く。「好みでは無い」。でも好きなヒトもいるんだろう。それはそれでよい。好き嫌いは自由だ。

P1050317
もともとは治療院やったみたい。うどんの方が見入りがいいのか?なんか事情がよくわからんうどん屋なのだ。
そして4発目。もはや食欲中枢は”こむぎ”を欲しては居ない。どっちいうたらそろそろ”麦芽”の液体に方向展開を図りたいところ。
022
店の名前は「おか泉」というとこで、炎天下にこの行列。普段なら絶対の絶対に並ばんけど、自ら困難に突入してみるのもよかろう。行列にいるあいだ小池さんと変わりべんたんでコンビニへ走り、缶ビイルを調達してきて呑む。また待つ。また呑む。また待つ。それもまたよし。マイカーで来てたら、こんなことできへんしなぁ。楽しい。

ナゼうどんの写真が無いかというと、二人でオーダーしたのは
・生中×3、冷酒×1、天ぷら盛り合わせ、おでん
うどん屋の雰囲気を味わいつつ飲むのだ。そおいう楽しみ方もまたよいのだ。
024
そおしてJR高松駅前でバスはおしまい。駅の改札入ったら「連絡線うどん」あった。学生のころ、宇野~高松間を繋いでたJRの船の甲板にあったうどん屋。懐かしくて食べようかなと思ったけど、やめた。当時もそれほど美味しくて大好きで食べていたわけではなく、実家へ戻るとき、一人実家を離れるとき、それぞれの望郷の味を今更食べるまでもないかと思って。

029
電車の中で見た瀬戸内海。隣りの小池さんはすでに○本目のビイル片手にいびき掻いてるし。この海、昔は毎日なんの感情も持たないまま眺めて暮らしたけれど、勿体無かったあなぁ。若いっていうのは、毎日毎日無駄に考え無駄に動いて無駄に飯を食い、無駄に寝てばかりいたような気がする。


| | コメント (8)

実家

山陰の漁村ならちょっとは涼しいだろうと思ったけれど、昼間の暑さは大阪市内に負けてない!

Photo
暑くて眠れん! 家の前の海に足をつけてみる。ぬるい!

Photo_2
月夜、明る過ぎ!

実は木曜日ちょっと飲む用事があって、そのあともちょっと飲みすぎて翌朝も頭痛いなぁと思ったけれど、まぁ具合悪くないしで車を走らせた。途中、米子道のワインディングに入ると、もうどうにもこうにもシートに座っていられないほど不調。すると、齢7○のオカンが「(運転)代わったるわ、、、」ということで、そのあとは恐怖体験(?)。しかし気持ち悪いより怖い方がまだマシでした。自分も知らなかったけど、おかん左目の視力がホボゼロ!!!生まれつき体弱くて何度も何度も大きな外科手術の結果、都度行う全身麻酔の影響が視神経に影響を与えたと医師の見立て。でも、片目でも視力があるなら免許が継続できるとのこと。あんたやっぱり勝てんわ->おかん。

ともあれ、実家につくといつものように炎天下の除草作業と蜂退治は延々続くのだ。もうフラッフラなのだ。やるしかないけど。そして夕刻、一度は退役させた自転車を再び使う用事があって、積み込んで大阪へ戻る。怪我(盗難)の功名ってところ。
Photo_3

自分だけかもしれないけれど、排気ガスがもうもうとして、回りがアスファルトしかない殺伐とした都会に住んでいると、なぜかその殺伐を通り抜けてまで、あえて自転車に乗ろうとしてしまう。体には決して良いとは言えないかもしれないのにね。逆に田舎にいると、走るべき静かな道はそこかしこにあって、泳ぐべき美しい海もすぐソコにあるのに、そこでムリに走り回ったり泳ぎまくったりする気持ちが全く沸かへんのはなんでだ?ぼんやり見ていたくなるのはなんでだ?

Kai
夕立の中、普段は居眠りしているような「皆生」の町を通ってみる。この日ばかりは、町が眠りからさめるような鼓動聞こえた。


| | コメント (4)

2008/07/17

なみはやでえづいてみる

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、芋の淡麗割り×1

1.5玉分の麺で拡張してる胃袋のままサイクリングに行った。案の定、一発目の橋の往復で麺が遡上開始。おまけに陽が落ちたばかりの市内は湿度が高く、空気がぬめぬめしててきしょこ悪い。サイクリング前から具合がヘン。ラーメンの一気食いによる血糖値の、、、が怪しい。ま、尿酸値と血糖値は思い通りにならぬもの。しかし何だ?この尻の痛さはかなり凝ってるし。「手もみん」行くか。手もみんで、尻を揉んでくれるのか?

タイガース:
「勝つには勝ったけど、内容はやや不満」という、いつのまにこんな贅沢言うファンに自分はなってしまったんだろう。過去・ダメ虎時代やったら「1点でも勝ちは勝ちや!」と強がって・息巻いてたのに。

朝から:
朝飯のおかずにと、オクラを茹でてみた。鰹節と醤油をかけて入道雲を窓から見ながらご飯を食べた。しばらくして箸がパタリと止まる。オクラと鰹節と醤油と入道雲があるのに、なんでビイルが無いんだ!これだから平日は嫌いだ。


| | コメント (5)

寄り道してみる

週末に備えて”青春18切符”を探しに、大阪駅前第2、第3ビル地下に寄ってみる。五枚綴りを売っていて、あまったら返金してくれるシステム。なるほどな。ここの地下、沢山の金券屋があって冷やかして見てるの楽しい。時々”どっからそんなけ大量に持ってくんねん?でどころどこやねん?”いうぐらい不気味に収入印紙とか切符を売りに出してる客とかいて、顔色見てるのが楽しい。そおしてぶらぶらした後、つけ麺で有名なラーメン屋で晩飯。

最近増えたなぁ、”運ばれてきた食べ物を、まずは写真に撮るヒト”。あれか、ブログに載せるんかな?まぁそのお陰でいろいろなレビューを見て店を決められるから、それはそれで便利な世の中になったな。

| | コメント (0)

2008/07/16

ペペロンチーノのようなそうでないような

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、芋焼酎の淡麗割り×1

ワケあって、晩御飯は酢豚にしようと思ってたけど、舞洲のサイクリングから戻ったらもう力尽きてしまった。しかし、頭の中はニンニクで充満してしまってて、こりゃニンニクを使った何がしかを食べておかないと。欲望に蓋をするのは体によく無いから。

P1050300
そんで、ペペロンチーノ作成。ああしかし、準主役の「トウガラシ」が無い。無い。どこにも無い。仕方ないから脇役のニンニクを大抜擢して、常識では考えらへんくらい入れたった。げんこつとおんなしぐらいの大きさを丸々一個。炒め出したらほんなもん匂いでむせる!むせる!ここどこやねん!?いうぐらい匂いえぐいし。ベランダの窓と玄関ドアを全開にして大阪市内に放出したった。民よ許せ。

P1050301
出来上がりは見た目普通やのに、口にいれたら麺かニンニクかどっちやねん言うぐらい圧倒的な存在感を示すニンニク。でも歯ごたえに存在感があるんであって、風味にパンチ力が無いぞ。やっぱり青森産じゃないとダメなのか?大陸のんは値段安いぶんマイルドなのか?わからんなぁモー。

にんにくは恐ろしい:
誰か俺様の腸に何か仕掛けたか?と思うほどに「屁」が出る。”出まくっておる”。屁に限りは無いのか?午前中、上司と仕事の相談しながら1発、昼休みも同じテナントビルに入ってる別会社の美人OL三人組と一緒に乗ったエレベータで2連発。ドアが開く音に混ぜてこくのは難しかった。消音すんのにどんなけ苦労したか。その他散発的に数発。家やったらあたりかまわずというか、大地を揺るがすほど爽快な屁をこけるのに、なんで会社だとアカンねん?アカンに決まってる。

| | コメント (5)

にんにくラーメン「天洋」

昨日のこと。出張で近くに来てた小池さんと昼飯にラーメン行った。すると小池さんいわく「(自宅)近所のラーメン屋、半額セールやってるから、晩御飯に行けば?」って、あんな小池さん、昼飯にラーメン食べながら晩飯のラーメンの心配までしてくれてありがとう。けれど、俺は小池さんじゃないからそんなにラーメンを連発したくないの。わかる?

P1050302
確かに、新聞に挟まってたチラシに衝撃走る。”全品半額”と違って”全品半額以下”やし”24時間ぶっ通し”やし。どこまで押し強いねん。ここのラーメン実はちょっと好き。太くて縮れてる黄色い麺と、豚骨醤油のスウプと、問答無用で大量に投下される生ニンニクの応酬にメロメロ、メロメロ。人はかくもにんにくに弱いのか。

肉食ってない:
なんかここ最近、炭水化物と野菜ばっかり食べてる気がする。肉食ってないなぁ。一昨日自転車仲間と立ち呑む時間があって、その話の中で「済州島で食べる焼肉がごっつい美味い」と彼が言う。その時はあまり気にとめてなかったけど、あとで検索したら”東洋のハワイ”と呼ばれてる場所らしい。なにハワイ?ハワイで焼肉かぁ。プラス冷麺も捨てがたい。行けるか行かれへんかワカランけど、「旅のこと」を考えるのは楽しい。

| | コメント (0)

2008/07/14

今週の予定とか

大人二人だけの生活スタート。もう何時に帰ろうが三食どうしようが小池さんともども不干渉。今朝の朝飯も各自食べたいものを作り、飲みたいものを飲んだ。家事も気がむいたほうがやる。気になったほうがやる。独身以上に独身な二週間。

金~土曜日:有給使って実家移動。いろいろ山の作業とか
日曜日:ひさしぶりに青春18切符で”うどん”の旅。でも、そんなに食えるのかな・・・。それと、普通あるいは快速の旅に体が耐えられるか。途中で降参して特急(新幹線)のお世話になったりしたら「負け」。

日曜日の運動:十万辻~杉生方面いろいろ
日曜日の飲酒:淡麗350ml×4、ワイン×2合

日曜日のサイクリングは、絶えず”熱中症”に怯えながら走っていた。なにか、水道の蛇口を見つけるたびに、頭からじゃーじゃー水をかぶっていたカンジ。スグに熱を持つ反面、スグに冷えるというまさに坊主頭の真骨頂発揮。大阪市内を抜ける・市内に戻ってくる~この行程だけで沢山の排気ガスを吸って沢山危ない目にも遭うけれど、いろいろ考えた挙句に、好き好んで大阪市内のホボど真ん中に住んでるから、これでいいのだ。


| | コメント (6)

2008/07/13

10段変速完了

P1050288
ベランダで御開帳。ここ冬は物凄く寒くて、夏は物凄く暑い。”自転車部屋”とか欲しいなぁ。ムリだなぁ。

P1050289
古い方の変速機(上)は3回一緒に沖縄行った仲間、、新しいほうの変速機(下)。

P1050290
カンパニョロ社製の変速レバーにシマノ社製の変則ワイヤーを使うときは、絶対の絶対にタイコ部分を削らないとあとあとド偉いこと(ワイヤーを通す穴に固着してしまって、抜けない・抜けない・チョー抜けない)になるから。

P1050291
互換用の滑車をいれて、完成。

この小さな滑車が4,000円強する。もうびっくり。前は別の方法でやったけど、それだといろいろ不都合が出るんで、仕方なくこれで。趣味ってお金かかるなぁ。
早速走ってみたけど、全然動作問題なし。それから、9段変速から10段変速に変えた感想は「9段でも問題なかったあなぁ」というところ。でも、9段変速用のギア板が、メーカー在庫にも無くなりつつある現実、嫌でもなんでもこうしていかないと仕方無いから。


| | コメント (11)

2008/07/12

ぶっかけ

P1050283
”冷やしぶっかけうどん、ちくわ天、かぼちゃ天乗せ”の昼ごはん。ローラー小娘人生初の「ぶっかけうどん」でたいそう感激の様子。しかし、この猛暑で天ぷら揚げるのは地獄だ。世の中にはまだまだ美味しいもんがてんこ盛りあるからなぁ。

P1050285
自分は前に作って冷凍しといたカレーにダシまぜてチョー適当につくった”冷やしカレーうどん”。うどんでも黄レンジャーで行く。ああ、暑い!暑い!

今から空港へ用事に。そのまま高飛びできればいいけど、今回はそうではない。

P1050297
ローラー小娘・ケアンズに旅立つ。生徒達はそれぞれ一人ないし二人で農場に住み込んで、家の手伝いをしながら異文化に触れ、生の英語に親しむ丸々の二週間スタート。実に羨ましい。自分が中3のときなんか家が商売やってたし、裕福でもなかったし、それこそ家族旅行とかも滅多に行ったことなかったしで、ましてや同学年のヒトが海外行くなんて、”アップダウンクイズ”で優勝するほかは許されへん!と思ってた。

中学から私学に行かすことが絶対とは思ってなくて、小学校卒業したら近所の中学に行かすんが当たり前と思ってた、最初は。ところがうちの校区は「悪い」。はっきり言うて「悪過ぎ」。単にガラが悪いだけでなく、親ぐるみでむちゃむちゃなヒトが目立つんで、これはちょっとその中学でえぐい三年間はどうか?と悩んだ末、出した答えがそうなった。

なんせ、昨日も近所のスーパーいったら4歳ぐらいの子どもを叱る母親のせりふが「お前なぁ!売ってるもん勝手にさわんなやぁ!ボケか!殺すぞほんまに~!!!」。この手の父親、母親がごろごろ居て、ため息が出る。

ともあれ、いろいろ物入りではあるけれど、毎晩「次の日の登校が楽しみで早く朝が来て欲しい」と素直に言う彼女を見ていると、その中学に行かしてよかったなと正直思いますわ。”ぎょうさん銭かけた分、なんか収穫してこいな”とセコク思いながら見送るローラー親父なんです。


| | コメント (5)

2008/07/11

オーマイガー!!!

朝出勤してきたら、キーボードに貼り付けてあった。
080711_0902001
なんでそんな時間から会議すんねん(怒)。しかしいまだに事前資料が配布される気配無し。なにをどう議論したらええのかワカラン会議が一番不毛で一番嫌。

運動:通勤往復+舞洲豪快にぐるんぐるん+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×4、ウィスキーボンボン×2個

腰が痛くて全然力強くサイクリングできなかった。坂道での意地の張り合いでも真っ先に降参したし。

| | コメント (5)

2008/07/10

ヘヴィメタルラーメン

仕事がちょっとどん詰まりになってるせいで、”つけ麺食べたい病”を発症。ダッシュで大阪・京橋の「花京(ラーメン)」行った。なんと満席。相変わらず人気あんねんなぁ。こっちは腹へっとんねん、そこのカップルの女、もたもた麺を上げたり下げたりかきまわしたりする暇あったら、早よ食え早よ食えと念を送り続けてドッと疲れた。

この店、たたずまいはきちゃない(衛生的ではある)けどラーメンは美味い。そんで何でか知らんけどいつ行っても後ろで流れてるBGMがヘヴィ・メタル、ハード・ロック。店長、バイト君ともにそんな雰囲気全然無いのに。

Ppl
今日はなんと”ジューダス・プリースト”の「背徳の掟」。何ちゅう恐ろしい名前のCDかけんねん。背徳って、道徳やヒトの道から外れたラーメンってどんなラーメンやねん?胃がもたれたらどうしてくれんねん。でも美味しいから許す。

背徳ついでに新規オープンの”ガールズ・バー”視察。オール500円の背徳か。いつ背徳っすかなぁ~。

| | コメント (2)

13ゲーム差

雨天中止。選手にはよい休養になったやろなとおもたら、中日負けてる、、、。寝ててもゲーム差が開いていく。今シーズンで100年分の運を使い果たすのか?->タイガース。あと、TVで二軍調整中(?)の清原写ってたけど、自分のなかでは「ああ、なんかそんな名前の選手おったなぁ」程度になってきた。もうええやろ->清原。

運動:通勤往復+家事いろいろ+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3、ウィスキーボンボン×2個

疲れてる:
口内炎が痛い。野菜を大量に食べて自然治癒を促すか、あるいはレスポチタンスプレーでもお見舞いするか。小学生のときは頻繁に口内炎できて困った。で、おかんに助けをもとめたら、どっかの部族みたいに、唇を指でビロ~ンと引っ張り、にこにこしながら「ヨーチン」を患部に塗ってくれた。大体当時はヨーチン派とアカチン派があって、うちは前者。「ヨーチンと正露丸あったら大概なんでも治る。あんたの頭以外は」とよく言われた。口の中のか弱い粘膜にヨーチン塗るときの刺激に勝てるのは、ちんこをチャックで挟んだ時ぐらい。


| | コメント (3)

2008/07/09

債権回収

物騒な題名にしてみた。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

相変わらず夜の舞洲は盛況。比較的早い時間から回りだしたので、”地獄の門”が開く前に退散した。家路につく途中、同行のシマウ魔君と麦とホップとあとなんか知らんけどその辺から作った飲料を見学しながら、自販機の前で、ロードレーサーのチューブレスタイヤ化の優位性についていろいろ意見交換。結論は「自転車はエンヂン」。なんや、やっぱりソコか。現行のシステムに不便・不自由を感じていないし、お互い新しい物好きでも無いし、”それしかない”という時代が来ればまぁ使ってみてもいいかな、、、程度の興味だというところ。

ポストを覗くと、薄っぺらい・・・けれどなにやら意味深なお手紙が一通あって、用紙の角っこから慎重に薄紙を剥がしてみると、いつも散々一家総出でお世話になりまくってる「ジャスコ=イオンカード」からの督促。「先月分、お宅が使いまくった代金、銀行残高がたりなくて引き落とせませんでした、つきましては大・大・大至急、、、」。文面からすると向こうはソートー焦ってるな。慌てんなよ->ジャスコ。何も払わんとは一言も言うてないし。しかしまてよ、このままほっといたらこの優しい文章が少しずつ厳しくなっていって、それでもまだ入金しなかったら、厳しい文章の来訪から厳しい人間の来訪に変わって、厳しく催促されて知らんまに利息が「といち」になって肝臓売り飛ばされたり、、、か。毎年の検診で尿酸値二桁を誇る自慢の肝臓でも、やっぱり無いとそれなりに困るから、

今日は入金しようと思う。

メモ:
・京都の着だおれ、神戸の履きだおれ、大阪の食いだおれ
・すっぽん太郎
・千日前の千日堂、甘党フアンの千日堂、食堂百貨の千日堂
・来た!見た!買うた!の喜多商店(まだあった!しぶと~)
・た~んた~んた~ぁよし、いくよしたよしぃ

なみはや大橋の近所の:
けっこう流行ってそうだったコンビニが閉店してた。ジワ~っとフェードアウトしたというより、ある日突然怖い人相の債権者がドバドバドバ~!と津波のように押し寄せて、ちょっとでも金になりそうなモンを根こそぎさらっていったようなたたずまいにビビッタ。遠巻きにみても、内装/外装とも無理やり引き剥がしたような跡があったし。

| | コメント (6)

2008/07/08

富士スピイドウェイ

(午後からのサンドバッグ会議を控えて緊張しっぱなし)

この日曜日、静岡の富士スピイドウェイで自転車のイベントあった模様で、多くの自転車アニキ達も参加された様子。いいなぁあそこを自転車で走ったらさぞきしょこええだろうなぁ。
Uki
久しぶりに読んでみた。初めてこのヒト知ったのが高校生の時で、カブで東海道を走破したり本田宗一郎さんの息子とツレになったりして、その中で富士を走った描写があり、いつか自分もそおいうとこを何かで走ってみたいなと思った。

で、時は流れ流れて素人改造のオートバイ・ノービスFⅢでなんかのレイスの予選出場。ホームストレートが250ccの単車には果てしなく長くて、どこまで走ったら1コーナー来るねん言うぐらい遠かった。その予選の予選ともいえる場でエンヂンがチリッチリに焼きついておしまい。その先にある(あったというべきか)30度のカントのついた幻の1コーナーの雑草ボーボーのとこに一緒にいった友達と座って「あ~あ」とかため息ついてみた。もう20年も前になるのか。綺麗になったんだろうなぁ。

この30度カントの製作がなんと、現自転車チーム「NIPPO」だと最近知った。いつか何かのイベントで自転車でここをキコキコ・ぜひとも走ってみたいぜ。

| | コメント (2)

暗くない七夕の夜

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

全世界的なCo2削減活動の一環で、夏至と七夕は電気を消しましょうという御触れが企業各社に発布(どっから言われてるかは知らんけど)されてて、ほんだらどんなけ大阪市内は暗くなるのだ?と期待しつつ、なみはや大橋に登ってみた。

日曜日の炎天下サイクリングの余波で、胴体はくたくただったが足はなぜかフレッシュ。妙だ。
で、海抜80mから市内を見る。ナルホド、通天閣も海遊館の観覧車も真っ黒けな鉄の棒になってるし。おもだった高層な建物は軒並み真っ暗ケなのかと期待したのに、普段と代わり映えしてないやん。あかんやん。ヒトの暮らしを豊かにしてきた電気を、たった一日数時間でも消すということは、もうムリなんだな。夜は夜らしくあるべしと思うがな、、、。隣りの家まで100m以上離れてるという住環境の実家で見る、”漆黒の闇”はとても怖くてとても美しいのになぁ。

その七夕だが:
”笹の葉だ~””七夕だ~””短冊だ~”とワケもワカらずはしゃいでたローラー小娘も、今じゃそんな伝統行事には目もくれず。ショックだったのは「今夜は七夕ですなぁ」と言うと「え?今晩たなぼた?何がたなぼた?」と目を輝かして聞いてくる。はぁ、、、七夕よりたなぼたの方が好きかい、そうかい。ああよかったね、、、。

短冊を書く:
マンションの玄関に住人のためのパブリックな笹がおいてあって、好き好きに短冊をつけるようになってる。小さな子どもが書いたようなものは、やっぱりダントツで将来なりたい職業が多い。ちょっと上になると、ダイエットとか容姿カンケイの改善があって、なかにはローン完済という明らかに大人の字のものも。
自分はというと、美味い酒が今後も飲めるようにと、それから一件でも悲しい事件が世の中から減少しますようにと、仕事を首になりませんようにとそんなことを”思いながら”結局はありふれたことを書いてみた。内緒。


| | コメント (3)

2008/07/07

早くも夏バテ開始

暑さに負けないようにゴッボリ朝飯を食ってサイクリングに出発した日曜日。茨木市(?)の彩都ニュータウンを抜けて忍頂寺に行くあたりには、もう全身の汗腺全開の全開で、これ以上開く穴が無くなったほど暑かった。清坂峠の林の中と仁料山荘にいたる小川沿いだけが涼しくて、あとはもう”おかしくなるんじゃないか”と思えるほどに直射日光を浴び、異常に高い湿度の中を泳いで帰ってきた。途中淀川河川敷を朦朧としながら走っていると、大阪K業大学のラグビー部員達が巨体をゆらしながら全身から滝のような汁をしたたらせて、楕円形のボールを追いかけまわしてるではないか!?あつくるしいにも程がアル!ラグビー部改め「暑苦しい部」に変えろ変えろ!
帰宅後、体重の増減はマイナス「500グラム」。給水がうまくいった模様。

自宅について、亡霊のような動きで水風呂に入ってジッと考えた。

つづく

とりあえず何か食べなきゃと思って近所の「王将」に行ってリャンガーコーテルと大瓶一本を無理やり胃に押し込む。こら胃袋、しっかりしろ!と言いたい。
これではさぞ塩分が不足しているであろうと思い、星一徹のまねをして塩をなめながら冷酒を飲んでみた。
「まずい!」。こんなまずいもの飲めるか!これでは飛馬がなぐられても仕方ない!


そんな夏バテを払拭してくれるようなタイガースの快進撃は「いったいどこまで続くねん」いうぐらい勝っております。昔は”あ~今日も負けるんか~、いつになったら連敗止まるね~ん”とか近所のオッサンの口癖「ワシがTVつけたら絶対負けんねん・・・」とか回りでは絶えずダメ虎を悲観する声ばっかりやったのに、それが今では「ほっといても勝つ」状態。嬉しいけど、なんか寂しいぞ。


| | コメント (7)

失落の代償ね

納品したシステムに不具合が発生してしまい、違約金の支払いはモトヨリ、現場に常駐して機器の安定化を見守る(当然無料で)~その作業の最終日。痛い金曜日だったけどついに完結。”普通に動いて当たり前、それが何か?”的な装置とかインフラ系の仕事、しかもコンシューマ向けじゃないので、一般の人の目につくことは殆ど無いといっていいシステムの構築や開発に、やりがいを見つけ出すのは難しいなぁ。これ本音。

運動:通勤往復
飲酒:いろいろ

とぼとぼと自分の影を落として家路につく途中、ふと見上げた朝日新聞中之島(?)社屋ビルの壁面にガレの展示会やってますという垂れ幕見つけた。ガラス工芸とか奇妙なランプシェードにあんまし興味は無いけど、アール・ヌーヴォーが持つ独特の「きしょこ悪さ」が結構好き。とくにこの時代の家具は、”ニッポン”が醸し出してた草木の模様とかたたずまいをヒントにしてあって、グニャグニャ感がますますきしょこ悪さを増幅さしてて好き。

まてよ、なんかどっかで見たな->アール・ヌーヴォー様式の家。えと、どこやったかな?近所のような気がするけどな。う~んう~んと考えたら、鴻池本店・旧鴻池本宅がそれ。この近所のホルモン焼きばっかりに目が行って、全然忘れてた。また近いうちにホルモン焼きが持つその高い芸術性について考えてみたい。ガレも行きたい。

| | コメント (3)

2008/07/04

自転車通勤の途中、今朝、大阪中之島公園のとこ通ったら、いちょうの木で蝉が鳴いてた。今期初めて蝉聞いた。蝉にはあまり楽しい思い出が無くて、小3のときによその家の牛乳箱に入ってた森永マミーを勝手にぱくって飲んでしまった。あとでその人の家に謝りにいったとき、玄関先で目から火花が出るほど親父にしばかれて、耳の奥がキーんとなったとき、その人の家の庭の木からあぶら蝉がうるさいほど鳴いてて、しばかれてキーンと鳴ってたんか、蝉がシャウシャウ鳴いて「キーン」と鳴ってたんか、どっちやろとうつむいて足元見ながらうすぼんやりした。
梅雨、もう、明けるかな。柱の影から、夏が、目だけ出してこっち見てる感じかな。
今朝はほんまに暑かったな。

前の晩から:
予感はあった。「明日は暑なるやろな」と。
夕方、空をぶち抜くほどの積乱雲が見えて、さらに本番さながらの熱帯夜一歩手前の寝苦しさ。もう窓全開、玄関のドア全開(一応網戸付き)、パンツいっちょに扇風機。今ほしいのは高機能なスポーツ用アンダーウェアではなくて、ほんなもんより「すててこ」と「はらまき」。むかしの近所のおっさんは、皆夏になるとすててこで涼を求めて、腹巻でおなかを守っていた。”ちょいわるオヤジ”とかワケのわからん中身すっかすかの記事とタイアップファッションやめて、すててこと腹巻の特集やってくれ。やらんでええけど。


| | コメント (7)

トマトカレーを食べてみる

運動:通勤往復+舞洲(周回せず)+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

帰宅後にインターネットの降雨情報みたら、キョーレツな雷雨が接近してて、これはあかんな、あかんやろなと思いながら舞洲目指した。案の定前から雨が襲い掛かってきたんで、途中で引き返した。雨の夜に無理して乗ることも無いとおもたし、第一晩飯は「カレー」やし。カレーは何物にも優先されなければならない。自分の日々の行動はカレー次第なの駄。カレーの無い人生は、辛く悲しく空虚である。
P1050272
最終工程なんで、トマトを丸ごと一個ドボンとつけて煮る。ミルミル皮がずるんずるんに剥けてくるではないか。酸味が利いてて美味い。美味すぎる。しかしローラー小娘には不評。おまえなんでこの酸味がわからんねん?来週は調子に乗って「かぼちゃカレー」で、再来週は「豆カレー」と続くから覚悟しとけよ。土用の丑の日は前人未到の「うなぎカレー」でローラー小娘の食用中枢をノックアウトしてこます予定。わしも食ったことないけど。
梅干と鰻はいっしょに食べたらあかんけど、カレーと鰻は聞いたことないから行けるやろ。

夏の舞洲情報:
ハイエストマウンテン2008が8月一発目の土曜日あるから、舞洲で自転車乗ろうと企んでるアニキ・アネキは注意しよう。もじゃもじゃの頭した日本人かジャマイカ人かどっちやねんいう兄ちゃん姉ちゃんうじゃうじゃしてるから。でも舞洲の特設会場いうたら1ミクロンも日陰ないのに、もじゃもじゃ頭で炎天下でユラユラしてたら日本製の日射病連発するんちゃうの?それとも坊主より直射日光につおいとか?坊主がドレッドに負けてどうすんねん。


| | コメント (2)

タイヤ・続編

P1050277
ビットリア社製のチューブラータイヤ・EVO-CXという銘柄。注目すべきはその太さ「23mm」。長らく捜し求めていた太さにめぐり合ったんで飛びついた次第です。人によっては”細いタイヤ命”派がいて、自分は逆に”そこそこ太い派”。
最近はロードサイクルも市民権を得たのか、ほっそいタイヤの自転車で外を走ってて「競輪選手?」と声を掛けられることが無くなった。以前ツレと一緒に走ってて知らんおっさんに「兄ちゃん、競艇?」と聞かれたことある。”競輪?”と聞かれる予想をはるかにひっくり返して”競艇”にはシビレタ。おっさん、俺の自転車のどこにペラ付いてんねん?「ちゃいます」と平凡に返した自分が悔しい。どこをどう切り取って競艇選手に見えたのか、おっさんに聞きそびれたのは人生の中でもトップクラスの後悔ざ~ます。


| | コメント (2)

2008/07/03

トマトカレー

運動:通勤往復+立ち飲みで立ちっぱなし
飲酒:ワイン×2合、立ち飲みでそこそこ

通勤途中にJR大阪環状線・福島駅近辺で、新規立ち飲み屋を発見。さっそく調査してみる水曜日。
豊富なメニューがよろしい。よろしいけれど値段がよろしくない。立って飲む値段ではないな。で、アテに頼んだ「鯵のカルパッチョ」を食べたら、なんか口の中が痛い。鯵特有の”ゼイコ”がちゃんと除去されてないやん。あかんやん。あとはなんとかポアレとかバルサミコサのなんとかいうアテがあったけど、調子狂うわ。
立ち飲み言うたら無愛想にぶんがんぶんがん店に突入して「酒!冷やで!ほんでドテ焼き二本な!」と、なんか知らんけど、金本のツーベースヒットみたいにスッコーンン!!!と注文するからスカッとすんねん。

「ふんまんやるかたない」気持ちのまま帰宅して、ササクレだった気持ちを静めるには無心になって野菜を切り刻むに限る。

P1050268
トマトの水煮缶を動員した「トマトカレー」の終盤、シーチキンを入れてる最中の写真撮ってみた。この後は最終工程で、丸ごとのトマトをどぼんどぼん入れる手筈ですけど、それは今夜。こんなカンジで本来の晩飯とは違って、次の日用にとカレーを作ると、大抵味見だ毒見だとスプウンですくって食べているうちに、どんどん量が減っていくので困る。
しかし、あれだ。”トマトカレー”というのは、トマト味にふるべきなのか、カレー味を優先さすべきなのか、難しいぜ。一歩間違えるとカレー味のハヤシライスとか意図しない路線変更になるからな。

P1050267
890円のワインも。カレー風味のワインってあったら飲んでみたい。
ジブンがワインを買う基準は圧倒的に”なんとなく”。葡萄の産地とか銘柄とか工場とか全然知らんから。週に2,3本ペースで呑んでるけども、オール「赤」。白が嫌いなわけではなくて、どうせ買うねやったら色ついてるほうが徳やろなという貧乏根性がそうさせるざ~ます。

10段変速:
死ぬまで9段変速でええわと思ってたけど、世論はそれを許さん。この週末に10段化工事のために、部材をネットオークションで買った。ほしたら酔った勢いは相当激しかったらしくて、10段用のギアが二個も届いた。まぁええか。ええことないけど。
昔は変速とか言わずに「切り替え」とかいう言い方したなぁ。最近のスポーツサイクリング車についてる手元変速機も発売当時は「ぱしぱし」と言うたものです。ぱしぱし変速出来るからぱしぱし。なんと安直なサウンド。


| | コメント (2)

2008/07/02

タイヤ

005
タイ王国謹製・チューブラータイヤ×4本到着。箱あけた瞬間、一瞬ダケひるんだ。なんせ自他共に認める爬虫類苦手族なの。両生類もヤヤ苦手。甲殻類は得意。
しっかしネット販売の中でもここ安っすいなぁ。もう他では買えんなぁ。住之江のウエムラパーツも安っすいけど、電車賃払っておばちゃんの怒号聞いて買いに行く手間を考えても、断然安い。自転車仲間の中には、”普段世話になってる恩義があるから、消耗品もそこで買うねん”と頑ななヒトいるけど、自分は違うな。ガソリンが200円の大台に行こか行くまいかとか、物価どこまで上がんねんどうすんねんという今日この頃、”締めなアカンとこ”は徹底的に締めて行ってもええんちゃうの?そのかわり、素人が手を出すとやばいようなとこ、例えば自転車の組立ての核になるとことか、勘と経験を必要とするような部品の扱いとかは、お金を出しても専門の自転車屋さんにお願いしようと思う。

運動:通勤駅往復+舞洲モーレツにぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

このタイヤ:
沖縄で使う予定。ほんな先のもんを何で今頃買うのん?家の中でごろごろ置いてたら邪魔やんか!て言うなよ小池さん。そんなん俺かて判ってるし。ケド、「買い物カゴに入れる」のボタン押した当時はソートー飲んでたからしゃぁないやん。世の中にはしゃーない事は山ほどあんねん。これもそのしゃーない事の一つやと思って見逃してくれや。
このタイヤ、発売してから随分になるなぁ。15年ぐらい前に新発売してから原産国は入れ替わり立ち代り変わったけど、値段はあんまし変わってない。最新型のタイヤに比べたら重たい方やし、テクノロジーの革新も見られないけど自分はこのメーカーが好き。滑らかな舗装をすぅーっと走ったとき、タイヤから伝わる小さなコツコツ優しく響く振動が大好きだから。なんていうか、無限に続くナイロンファスナーをヌグググ、ヌグググと引っ張り続けているような振動。

| | コメント (6)

町田町蔵

003
本職はパンクロッカーで、そのあいまあいまに作家活動しているのかな?どうかな?そおいうヒトの本。文庫になるのを待ってたぜ!国内の名だたる文芸賞を総なめのヒトの書く文章に体当たりしてみた。

住んでいる住人全てがいつでも本音でしゃべる街を書いた「本音街」という話に感銘を受けたぜ。
本音で語らない街だと彼氏と別れたいときに言う彼女のせりふは「あなたとは合わないと思うの」となまぬるいそよ風みたいなこと言うのに、この本音街では「あなたの足はとても臭い。そしてちんこも臭い。臭いくせに、そのちんこをしゃぶれと言うからそおいうのが一切面倒なのであなたと別れたいのです」と言う、言われてみればナルホドそうか自分のは臭いのか、ならば分かれても仕方ないなと相手の男も疑う余地がない。

ああ、あのときどうして俺たちあんなに愛し合っていたのに別れちまったんだぁ、、、と思い悩むこともないし、あとで友達に何んで別れたんや?と聞かれたときに「だって俺のちんこ臭いから」といえば、その友達もソッコー納得できる。本音には、迷いが無い。曇りが無い。疑心も無い。詮索も要らない。言った言葉が全てだ。なるほど、本音街は世界のどこかにあるんだろうな。いつか行ってみたい。そう強く思った作品。自分の足の裏の匂いを気にしながら読む一冊と推す税!税だ税!

そのほかのは:
どこかで読んだことあるな、どこやろ?うんうん考えて思い出しだのは、”中嶋らも”さんの多分自伝かなんかで、咳止めシロップを大量に飲んで、ちょっとの間そっちがわに魂が行ってるときに見えた幻覚を延々つづった話にそっくり。二日酔いの朝には絶対読まないほうがいい。

| | コメント (6)

2008/07/01

本日は京都

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、芋水割り×2

う~ん、う~ん、う~んと三発ほど唸ってみる。なんで唸るかというと、昨夜のなみはや大橋で自転車の稽古していたヒト、自分含めてざっと8人。まずい、これはやっぱりちょっとまずいな。皆大人だから細心の注意を払って、歩行者の人たちに脅威を与えないようにしていただいてると思うけど、この台数が往復を繰り返すと、やっぱりちょっとまずい。ともかく、

●登り、下りとも、歩行者とすれ違う時は時速4キロ以下だぜ。
●ライトと尾灯は絶対点けようぜ。
●ウォーキングのヒトには必ず挨拶しようぜ。
ともかく謙虚に行こう。

今日はこれから京都・桂にある某大学の某室で某作業に行く日。残念ながら直帰命令叶わず作業後職場へ戻るので、京都のアニキ達そんなわけでごめんね。また次回。
しかし、いつも思うがさすが某大学だけあって、歩いてるヤツみんな垢抜けててかしこそうな眼鏡かけてて羨ましいぜ。当時の自分を比べたら、ダサダサの見本市のようだったな。

002
ダサダサ人間の晩飯です。かっぱえびせんをちくわの穴に差し込んで食べた。カルビーと東洋水産のコラボレイションは謎の食感だった。

| | コメント (5)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »