« 闇夜に浮かぶ | トップページ | 四川料理 »

2008/06/24

今日は職場の宴会です

職場のある大阪・京橋ではなくて、JR環状線・天満近辺でやるっていうから、それやったら美味しい店が多いやろからええかなって思って、参加に○した。

天満の思いで:
昔、知合いの女の子が天満のスナックでバイトしてるからいっぺん来てやといわれてたので、一人で行ってみた。入った瞬間、このスナックはスタンダードなスナックではなくて、特別な料金体系のスナックであることがその雰囲気でソッコー判った。わかったけど、店に入って空気だけ吸うて帰るというのも許されないと思って、一番安そうなビイルの小瓶を頼んだ。それ飲んでダッシュで逃げる、、、じゃなくて帰ろと思って、彼女との会話もウワノソラでいたとき、女の子からチーフと呼ばれてたいかついおっちゃんが「にいちゃん、○○(知合いの女の子)の友達やってなぁ?これあっちのお客さんが払ろてくれるからイっとき~」と優しそうな声で棚からダルマ(オールド)出して水割り作ってくれた。おまけに、カゴに入れたおかきとか岩おこしとか出してくれた。

ビイルの小瓶一本で”片手”はいくやろなと思う店で、ダルマの水割りとおかきと岩おこしを出されて、これは”両手”行ったなとココロの中で号泣してたら、知合いの女の子が「かめへんて、かめへんて」と笑いながら勧めるし。ぜんぜん「かめへん」こと無いやん!と思いながら店の壁みたら「暴力団追放の店」とか書いてあるし。ああ、一刻も早く俺も追放してくれ思いながら、非合法な値段の水割りを飲んで、非合法な値段のおかきを食べた。

1時間ほど我慢(?)して、覚悟を決めて「あの、すまんせん、勘定してください」と言うと、ごっついがたいのチーフは「ええねん、ええねん。また来てくれたらうれしいし。今日はむこうのお客さん持ちやから気にせんときな~」と笑顔で言われて、知合いの女の子と一緒にエレベーターの前まで送ってくれはった。

エレベーターのドア閉まったとき、自分の無事が嬉しくてへたりこみそうになった。”おごってくれた”お客さん、その後どうなったかは知らん。

|

« 闇夜に浮かぶ | トップページ | 四川料理 »

コメント

この手、私カウンターの中に居る時に使ったことありますよ。
ベロンベロンに酔って、周りの女子にちょっかい出してそのまま爆睡した客にその子らの分乗せました。もちろん他のスタッフの承諾アリでしたが 笑)

投稿: 松村 | 2008/06/24 17:50

やはり立ち飲み屋が一番気楽ですね。
昨日は芋25度を致死量入れました。
今朝は原因不明の頭痛と吐き気がします。

投稿: DANGER | 2008/06/25 09:12

●松村あにき、ソッチ側のヒトだったんですか!?
頼もしい(笑。
●DANGERさん、芋の致死量は効きそうですね。
午前中一杯は我慢!

投稿: ロラおとこ | 2008/06/25 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闇夜に浮かぶ | トップページ | 四川料理 »