« 今日は職場の宴会です | トップページ | ミスド »

2008/06/25

四川料理

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:生中×1、紹興酒の熱燗ちょっとだけ

店員さんは全員中国のヒトで、ひとりだけカタコトの日本語を話すという店だった。かしこまった高級店ではなく、どこでもあるような普通の中華屋。だた違うのは、エアコンが強烈に効いてた。なんでこんなけ寒いねん!というそのワケは、、、

一発目にマーボ豆腐を食べる。四川のマーボ豆腐は自分にどれほどのダメイジを与えてくれるか楽しみ。「辛!」、そんで「黒!」。凄い量の豆板醤と唐辛子が入っているもよう。あとつかうニンニクの量がえげつない。けれど、一番印象に残ったのは「青菜(名前知らん)のニンニク炒め・あんかけ」という料理。ざく切りにした大量のニンニクを青菜と一緒にいためてシンプルに片栗のアンをかけたやつ。500円。「匂いきついからやめときますわ」とソッポを向く後輩にも無理やり食わす。一蓮托生じゃ!仲間が臭いときは、自分も一緒に臭いとき!そおいう連帯感が大切。いやぁ、辛くて美味かったが、エアコン効いてなかったらどうなってたことか。
しかし地震の影響はどうなっておるんかのぉ、四川。

寝る前に:
ひつこいぐらい、腹筋運動と股関節の柔軟体操やる。めざすのはG・Iジョーの関節ではなくて、腰痛の軽減というのが情けない。今夜はなみはや大橋で、大阪湾と地獄を見る日。

寝る前にその2:
中華屋にいるとき、後半えもゆわれぬ程の睡魔に襲われた。油断したら箸を落としそうなぐらい。ああ、あれか、尾崎亜美の歌。紹興酒をあまり飲めない自分は、途中でメニューにあった”ジャスミンティー”をオーダーして飲んでみた。大ジョッキにナミナミと注がれたそれは、よく見るとジョッキの底に、そのジャスミンとか言う草花が大量に沈めてあった。美しい飲み物を想像してたけど、その姿は大阪湾に近い場所・十三の淀川の岸辺にそっくり。花びらとか葉っぱを前歯のスキマでこして飲むのはけっこう・うっとしい。しかしほんまに眠たなった。こんなもん会議中に出されたら一発やな。


|

« 今日は職場の宴会です | トップページ | ミスド »

コメント

ジャスミンティーは、オキナワ名物「さんぴん茶」だと思えば、力がみなぎって来るっす!

投稿: おおみ | 2008/06/25 14:51

本場のヒトが作る麻婆豆腐、確かに「黒い」ですよね。
で、全般確かにニンニクもスゴい。あと日本人のそれとは
ちょと違う、すごいダイナミック感が味に出ますね(笑)。

投稿: kiyo_g | 2008/06/25 21:14

中国出張(常熟市)のときに一緒に行った人の現地妻が四川の女でした。牛のナニやら、ザリガニやらめっさ辛いのん喰わされましてうまかったですが、びぃるは薄かった。彼女の四川の家族は大丈夫なのだろうか。なんだか思い出してしまいました。

投稿: ぱぱろぐ | 2008/06/25 23:45

●おおみさん、あっ、「さんぴん茶」すっかり忘れてました。11月だけのマイ風物詩ですわ。
●kiyo_gあにき、あの広い大陸で暮らそうとおもったら、あのぐらいのニンニクパワーがないとアカンのでしょうね。
●ぱぱろぐあにき、女性が元気で暮らしていることを祈ります。辛い食事の国はそれだけ力があるんでしょうねぇ。

投稿: ローラー男 | 2008/06/26 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は職場の宴会です | トップページ | ミスド »