« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

篤姫と武蔵に学んでみる

雨音凄いぜ日曜日。加齢のため衰える”睡眠力”で目が覚める。なんとか布団に「噛り付いて」抵抗してみたりした。土曜日に全速力でサイクリングしたので、腰がますます痛くてうまく体がいごかない。しっこ行くのも一苦労したぜ。大人しく小池さんとジャスコに行く。一週間分のおおまかな材料を買うため。二人でカートを押してうろうろするというかったるい行動はせず、入り口から各自カートを押して自由行動で。最終的にレジ前で落ち合うと、お互いの個性・主義主張・嗜好がカゴに溢れてておもろい。自分はなぜか根菜メインで小池さんは葉物メイン。あと、小池さんのカートには淡麗350ml×24本入りのケースが×3。カート千切れそう。自分はというと、酒をまとめて買わない。会社の帰りにリカーコーナー覗いて、ちまちま買う主義。

昼飯は小池さんの真骨頂「ラーメン」食べた。彼女はこのあと、ビイルを飲みながら仕事しながらTVのサスペンスを見つつ夕方にかけて”マグロ化”していくという流れ。その間自分は一人でフラフラ出歩いたり、サイクリング行ったり。恐らく死ぬまでこのスタイルで行くんだろう。
ローラー小娘がちっさい頃はこの自分の時間が、折り紙とか塗り絵とか人形遊びに費やされていた。もうこの先自分は自転車やギターを弾くことが永遠に無くて、辻村ジュサブローにでも弟子入りして人形操作で人生を終えるじゃないのかと不安になったこともある。

今週の篤姫:
宮尾登美子さん、多分綿密な調査と史実に基づいて脚本書いてはるんだろうけど、大奥の中でもさらに一番奥座敷に住んでんのに、各地の大名や幕府、謁見している外国人のこと、はては攘夷の連中の動きまで視野に入れて旦那(将軍)と対等に夫婦の会話を交わすとは、凄い。凄過ぎる。あの時代、よほど精密な伝言ゲームがなされていたのか、、、。それとも、短いフミの中から明晰な頭脳でもって行間を巧みに読んで、アレコレ考えたのか。今なんか、わからんことあったらPCの電気入れて3秒ぐらいで調べられるけど、その情報を精査する力は篤姫ちゃんには遠く及ばんしなぁ。

今週のK-1:
歳をかさねると、いくら強靭な肉体を誇っていても、日々鍛錬を積んでいても、たるむものはたるむ。それは誰にも止められない。武蔵のわき腹を見て納得したぜ。

日曜日はこんなとこ。
002
今朝早朝の景色。「なが~れる雲のぉ~、かた~ちみた~いに~、激しさ~に身を任す~時は~終わった~」って拓郎の歌思い出した。

早く梅雨明けてほしいな:
天気予報でしきりに「今日の大阪は、なんとかヘクトパスカルです・・・」と言うから小娘に「パスカルはヒトの名前やけど、ヘクトって誰?」と聞かれたではないか。めんどくさいから「パスカルの近所に住んでたおっさん」と答えておいた。ほんなもんワシに聞くな。
「こだまひびき」「くにおとおる」「やすよともこ」「ヘクトパスカル」まぁおんなじようなもん。

| | コメント (8)

2008/06/27

The WHOに悩んでみる

ついにWHOが来るんか。大阪は11月13日。えっらい先やのぉ。そんで値段が安いほうでも1まん1千円やって。生きて動く”ピート”を見られるのは恐らくこれが最後だろう。けれど、箱が大阪城ホールはあまりにでかい!米粒ピート、豆粒ロジャーを見に行くか否か。もうちょっとダケちっさいとこでやらんかなぁ。でも、行ったら行ったでその場の空気を吸ったりなんかして、楽しいんだろうなあぁ。困ったなぁ。
あと来日できになるのは「JUDAS PRIEST」と「DEF LEPPARD// WHITESNAKE」あたり。いったいどんな客来るねん?自分のように頭髪さみしくて全然全くどこをどう見てもメタル臭のしなさそうなおっさん連中とか。そんで、デフレパートはなんでホワイトスネイクと”にこいち”?

矢沢永吉とヴァン・ヘイレンの”にこいち”の実現はないのか?絶対の絶対行くけど。

| | コメント (4)

サドル

002
なんか座り心地が急によくなったなぁと思ったら、裏側割れてた。
001
表側も擦れまくってズルズル。天寿をまっとうされたもよう。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×4

自転車仲間の”チャモ”さん(日本人)からお借りしている同型サドルと交換。このため今朝は5時起床だぜ。朝練はようしないけど、”朝メカ”は楽しい。4時半にしっこ行ったら目が冴えて眠れなくなった。スガスガシイ鳥の声とか聞きながらレンチを回すのだ。
007
どっからみても一緒。ほんなら体重はどうかいな?と思って測ってみる。
005
こっちは
006
こんなけ。

004
ほんでこっちは
003
こんなカンジ。

支えてる金属が質感からして違うので、そのぶんの差かなと思う。
あとはこの自転車のマニーホールドを取り替えたり、エンヂンバルブの軽量化とかポート研磨やりたい。自転車はやっぱり「エンヂン」である。

| | コメント (4)

2008/06/26

VHS

物欲とは全然カンケーないけど、VHSのビデオデッキ購入が急務。ちょっと前にイラチ来ることがあって、VHSのビデオデッキ壊してしまった。ローラー小娘が”しょもない”ドラマを録画して見れなくなったとうるさいうるさい。すんませんねぇ、、、親父が壊してしまって。けどお前かてちょっとは責任あんねんど!とは言わず、ヤフオクを物色しているのだ。

いまのとこ、3,000円ぐらいで中古あるっぽい。世間ではものごっつい記憶容量のHDデッキとかブリュウレイのデッキとか賑わってますけど、我が家には当面要らんぜ。ヘタしたら、デジタル放送の視聴も乗り遅れるかも。

| | コメント (7)

満足じゃ

運動:通勤往復+なみはや大橋登ったり下りたり+体操いろいろ+ミスド襲撃
飲酒:淡麗350ml×1、芋水割り×1合

Do_bp02
フレンチクルーラーを食いたいがために、決めた本数を食い意地だけでこなす夜さ。ああそうさ。坊主頭は甘党が多いのさ。途中で松本サイクルチームの○村さんが合流し、さらにチームメイトのOKD氏も現れて、お互い見えるとこではゆっくり登るくせに、見えないとこでは互いにその差を縮めたろと思って意地を出すので、非常にきついサイクリングになったぜ。最後のほうなんか、腹筋も足も腕もぜんぶ痛いしこれでミスド行って閉まってたら明日会社休んでゴネたろかと思たぐらい。

ドーナツにこびりついてる砂糖の部分を口の中で”じゃくじゃく”いわしながら焼酎を飲んだら最高やった。満足じゃ。


| | コメント (8)

2008/06/25

ミスド

マクドが嫌いでミスドは大好き。今朝の朝刊チラシの中に、ミスドの広告を見つけてしまった。頭の中はすでにオールドファッションとチョコ・フレンチクルーラーで埋め尽くされている。今夜買うぞ。誰が何といおうが買う。これをアテにして芋水割り飲むのだ。止めても無駄だ。

ミスド:
自転車で言うミスドは、ほらぁもう「ミスアンドアウト」というトラック種目に決まってますがな、、、って今でもあるんかな?一周ごとに(走路が短いときは二周とか)べべの選手が失格になって消えていく、まことに潔い競技だぜ。自分はこの種目がチョー苦手だった。加速も苦手やったけど、自分がその”潔いヒト”になってるのに全然気づかず、そのまま他の選手にまじってがんばりつづけてしまうこと。オーディエンスはそれがわかってるから「あのアホまだ走ってる」とゲラゲラ笑い出すし。事の次第にハッと気が付いて、顔を真っ赤にしながら走路から消えていくときの恥ずかしさは格別である。

| | コメント (8)

四川料理

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:生中×1、紹興酒の熱燗ちょっとだけ

店員さんは全員中国のヒトで、ひとりだけカタコトの日本語を話すという店だった。かしこまった高級店ではなく、どこでもあるような普通の中華屋。だた違うのは、エアコンが強烈に効いてた。なんでこんなけ寒いねん!というそのワケは、、、

一発目にマーボ豆腐を食べる。四川のマーボ豆腐は自分にどれほどのダメイジを与えてくれるか楽しみ。「辛!」、そんで「黒!」。凄い量の豆板醤と唐辛子が入っているもよう。あとつかうニンニクの量がえげつない。けれど、一番印象に残ったのは「青菜(名前知らん)のニンニク炒め・あんかけ」という料理。ざく切りにした大量のニンニクを青菜と一緒にいためてシンプルに片栗のアンをかけたやつ。500円。「匂いきついからやめときますわ」とソッポを向く後輩にも無理やり食わす。一蓮托生じゃ!仲間が臭いときは、自分も一緒に臭いとき!そおいう連帯感が大切。いやぁ、辛くて美味かったが、エアコン効いてなかったらどうなってたことか。
しかし地震の影響はどうなっておるんかのぉ、四川。

寝る前に:
ひつこいぐらい、腹筋運動と股関節の柔軟体操やる。めざすのはG・Iジョーの関節ではなくて、腰痛の軽減というのが情けない。今夜はなみはや大橋で、大阪湾と地獄を見る日。

寝る前にその2:
中華屋にいるとき、後半えもゆわれぬ程の睡魔に襲われた。油断したら箸を落としそうなぐらい。ああ、あれか、尾崎亜美の歌。紹興酒をあまり飲めない自分は、途中でメニューにあった”ジャスミンティー”をオーダーして飲んでみた。大ジョッキにナミナミと注がれたそれは、よく見るとジョッキの底に、そのジャスミンとか言う草花が大量に沈めてあった。美しい飲み物を想像してたけど、その姿は大阪湾に近い場所・十三の淀川の岸辺にそっくり。花びらとか葉っぱを前歯のスキマでこして飲むのはけっこう・うっとしい。しかしほんまに眠たなった。こんなもん会議中に出されたら一発やな。


| | コメント (4)

2008/06/24

今日は職場の宴会です

職場のある大阪・京橋ではなくて、JR環状線・天満近辺でやるっていうから、それやったら美味しい店が多いやろからええかなって思って、参加に○した。

天満の思いで:
昔、知合いの女の子が天満のスナックでバイトしてるからいっぺん来てやといわれてたので、一人で行ってみた。入った瞬間、このスナックはスタンダードなスナックではなくて、特別な料金体系のスナックであることがその雰囲気でソッコー判った。わかったけど、店に入って空気だけ吸うて帰るというのも許されないと思って、一番安そうなビイルの小瓶を頼んだ。それ飲んでダッシュで逃げる、、、じゃなくて帰ろと思って、彼女との会話もウワノソラでいたとき、女の子からチーフと呼ばれてたいかついおっちゃんが「にいちゃん、○○(知合いの女の子)の友達やってなぁ?これあっちのお客さんが払ろてくれるからイっとき~」と優しそうな声で棚からダルマ(オールド)出して水割り作ってくれた。おまけに、カゴに入れたおかきとか岩おこしとか出してくれた。

ビイルの小瓶一本で”片手”はいくやろなと思う店で、ダルマの水割りとおかきと岩おこしを出されて、これは”両手”行ったなとココロの中で号泣してたら、知合いの女の子が「かめへんて、かめへんて」と笑いながら勧めるし。ぜんぜん「かめへん」こと無いやん!と思いながら店の壁みたら「暴力団追放の店」とか書いてあるし。ああ、一刻も早く俺も追放してくれ思いながら、非合法な値段の水割りを飲んで、非合法な値段のおかきを食べた。

1時間ほど我慢(?)して、覚悟を決めて「あの、すまんせん、勘定してください」と言うと、ごっついがたいのチーフは「ええねん、ええねん。また来てくれたらうれしいし。今日はむこうのお客さん持ちやから気にせんときな~」と笑顔で言われて、知合いの女の子と一緒にエレベーターの前まで送ってくれはった。

エレベーターのドア閉まったとき、自分の無事が嬉しくてへたりこみそうになった。”おごってくれた”お客さん、その後どうなったかは知らん。

| | コメント (3)

闇夜に浮かぶ

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×3合

ひさしぶりなんでうまい具合に登れるか心配やったけども、なんとか足を回して登れた。やっぱり舞洲とはまた違うパンチ力あるな->なみはや大橋。ふと眼下にみえる突堤に目を凝らしたら、新幹線の車両が2,3個置いてある。近日中に内緒の曜日と内緒の時間でもって、吹田の車庫まで陸送で新幹線車両を運ぶ準備やね。いっぺん見てみたいぜ。

橋の上で何往復目かに前から白いもんがこっちに向って突進してきた。なんや?なんや?と思い止まってよけよとしたら、自転車用ヘッドライトをこれ以上考えられへんぐらい”ぶさいく”にハンドルに取り付けて自転車通勤している(でも高性能)500km男さんの前歯だった。ひさしぶりひさしぶり、どないしてはりましたん?そうそう、某筋からお子さん(女子)が誕生されたと聞いたので、お祝いの言葉を述べると真っ黒な顔から真っ白な歯を出して笑ってくれた。
本職の自転車レーサーを退いたあとも、日々の通勤を含めていまだ一線級の走りをされてますけど、これからは家事に育児がプラスされて、なかなか大変になりますねと言うと、「まったく予想できませんが、がんばってみます」と笑って言われた。今後も「おっさんの星、お父さんの星」として応援しますんで、どうかがんばってくださいね500km男さん。

| | コメント (2)

坊主

1000円カットで月に一度の「坊主の日」。もう座るなり「5ミリ」と言うだけで作業始まるから楽ちん。一月たらずだとあんまし伸びてない気がしたけど、刈り始めるとどんなけ長かったか(?)一目瞭然。すると横へ”これ以上どう手をつけたらええねん”いうくらいピカピカ頭のおっさん入ってきよった。どんなオーダー言うんかドキドキして見てたら、えりあしのとこにうっすら産毛程度のもんが生えてて、それを揃えてくれやって。自分は内心「ありえへんわ、、、」と思って鏡越しに見てたら、理髪師のねぇちゃん「こんなん普通にありえるし」という顔してパッパと手をいごかしていく。プロだ。

坊主にはなった:
P1050250
昨日の晩読んでちょっと泣いた本。ただのどつきあい・しばきあいの話かなと思ってたけど、きっちり泣かすとこは泣かす話。未だに”将来何になりたいのか、何になったらええのかぜんぜんサッパリわからん、光明を見出せないでウジウジしてるヒト向け”というか、そんな話。今の自分にピッタシ。実はいまだに自分は何に(職業)なりたいのか分からんままでここまで来てしまったから。でも少なくともこの歳にしてようやく”坊主頭”にはなれたから、この先まだまだどこでどう転がっていくか、ちょっとダケ楽しみ。

| | コメント (6)

2008/06/23

自転車のフレーム進捗状況

(自転車ネタ)
実家で労働を終えて一息つく。職場でしっこと散歩以外は椅子に座ってパソコンのモニタ見続けていると、”労働した”って気が希薄であるが、全身使って汗をだぼだぼ垂らしてカッパと長靴を泥まみれにしたあとは、我ながら「うぉぉぉ、なんか知らんけどやったのぉ~」という気になる。普段でもソートーうまい発泡酒が、さらに磨きをかけて美味いぞよ。・・・よほど普段の作業、充実感が無いんだろうな。

そんでオカンのパソコンを借りて、メールを見る。便利な世の中だ。
シクロクロスのフレーム製作仲介をお願いしている自転車屋さんから、設計図が送られてきた。いろいろな場所のこまごました寸法とかについてコメント付きで。ありがとうございます。指定したのは左右のクランクを繋いでる心棒の地面からの高さ・いわゆる「ハンガー下がり」の部分と、物凄く太いタイヤがスッポリはまるとか、それだけ。あとはもうおしなべて「ALL適当に」やっていだたいてる最中。そんな適当でええのん?と思われてるかも知れんけど、「適当でええんですわ」。あとは時間をかけて自転車と仲良くなっていくダケ。

あとは、押入れの中で眠っている部品を探したり、足りないものはネット通販使って少しずつそろえたりしなアカンなぁと考えてたら、盗られていった自転車や部品達が走馬灯のように思い出しては消え、思い出しては消えてゆく。考えるのはもうやめとけ->わし。不毛だ。

P1050249

高速バスの中で:
乗車前にヤクザな小説と自転車雑誌を買った。自転車の雑誌なんか半年ブリぐらい。もう物欲の呪縛から完全に脱しているので”欲しい欲しい病”の症状は無し。坂道を速く走る特集とかあったけど、ほんなもん「勝手に言うとけ」状態。”坂道は、坂道のしんどさに馴れるしかないんです”という遠い昔にunder the tree君@インタマ男から諭された言葉が、今も自分の道しるべ。


| | コメント (5)

2008/06/21

筋トレ

Gh
畑仕事で楽しいのは、種まきと収穫で、あとはひたすら地味な”保守メンテ”に費やす日々だ、、、と思う。

家庭菜園の延長でお袋が植えた野菜が、この”混沌”の中にある。雨で濡れた草木は刈り取りに向かないので、折角手入れしたエンヂン草払機も出番無し。あまり肥えた地面ではなく、水はけがわるい土壌なんでひらすらクワとシャベルを交互につかって排水路を確保。土砂降りはうっとしいけど、凶暴なスズメ蜂は居ないし、舌をペロペロ出してにやにや笑うヤマカガシも青大将も出てこないから気が楽だ。納屋に行けば、自分が過去乗った自転車や車輪たちがゾロゾロ出番が来るのを待ってるけど、月一の帰省のたびにいろいろ厄介な作業があってそっちは全くの手付かず。でもそれはそれで仕方ない。日々の暮らしの中には優先順位というものがあって、興味があろうがなかろうが、やらなあかんときは黙ってやるのだ。それが男や(女でもオカマでも)。山一つ(二つ?)向こうの広島では、自転車仲間のアニキ達が奮闘しているんだろうなぁ・みな無事に走れるといいなと雨粒を見て一息つき、黙って続きを掘るのだ。

このあと、おかんと車でスーパーに行った。普段一人で暮らしているからだろう、車中・壊れた機関銃のように喋るおかん。支離滅裂だったり、先月も同じこと聞いたなと思ったり。けれど、自分もいつかそっちの側になる時が来る。なによりいつも思うけど、月に一度の週末帰省の繰り返しで、あと何べん”動いてる”おかんに会える回数、単純に数えても100回は無いと思うし(あったらあったでマズいかも)。もうカウントダウンはどんどん始まってるし。

運動:農作業いろいろ
飲酒:淡麗350ml×6ぐらい

それで体は鍛えられたのか:
腰から上・全てがギシギシ痛い。結局普段、自転車乗って遊んでいても、特別体力がついたとか、筋骨隆々になったとか、作業に役立つということは(あんまり)感じなくて、むしろ自転車で遊んでばっかりおったら、どんどん体が衰えていくような気がする。力仕事をすると自転車の役には立つけど、自転車は力仕事の役にはたたん(たちにくい)かな。剣豪が山にこもる気持ちが分からんでもないぜ。冷蔵庫に冷えたビイルが無いから、自分は山に篭もるのは嫌です。


| | コメント (9)

2008/06/20

うちは車屋ちゃいます

展示会シリーズ。
P1010751
またまたイベント関係の人材派遣会社営業マンの飛び込みに対応してきた。話聞いてるフリして実は全然聞いて無いのもまたつらい。きょうの営業さんが広げた資料に釘付け。いきなし「レースクィーン集」出してくるし。スリーサイズとクィーンそれぞれの一言コメントも添えてあって、う~む敵もなかなかやるな。資料集のあたまのとこには”複雑で多様化したクライアント様のニーズを私たちは的確に判断し、幅広い分野で人材を、迅速にご提供致します”と書いてあって(今、手元にあるのはチラシ一枚)

「幅広い分野で人材を」って、幅広すぎ!仕事とはいえ、真面目な顔してレースクィーン集をふむふむ、あ~そうですか~とかいいながら眺めるのは辛かった、いやぁ辛かった。来週もも来てくれへんかな。

出先から戻る:
途中仕事関係の資料を探しに、本屋という名の図書館に寄った。あまり興味の無い分野なんで(といっても仕事だからそこそこ真面目に)ソッコーで用件を終わらして、自分用の文庫本を数冊買う。そして店内を回遊する。鼻をくんくんさせて嗅ぐ印刷の匂いは何となく好き。レジの近くに平積みにしてあった斉藤茂吉の長男の本が目に留まる。凄いな、斉藤さん。精神科一家だとは知らんかった。そんでその自己啓発のような本をパラパラとめくってたら「悲しい過去ほど思い出になる」という一節を見つけた。

本を持ちながらボーっと考えたら、確かにそうだなぁ、そうかもしれないなぁと思ってしまったり。楽しかった事はスグに忘れてしまうけれど、悲しい出来事はなかなか忘れられなくて、なにかのはずみでフッとその時の情景やら気持ちやらを思い出しては小さくため息をついてしまう。仮にその時、その分岐点を違う方向に行ったとしても、別の悲しいことに出会ってたと思う。悲しい線路の向こうには、どう切替えても悲しい線路しか続いて無いし、楽しい線路はいつまでも楽しい線路のままのような気がする。

でも、いくさとか、街中の狂気とかの「理不尽な悲しさ」にはおかげさまで今のところ出遭ったことがないから、自分の中での悲しい出来事なんか、ぜんぶ自己完結してしまえばなんでもないやと思った。さぁ、週末。天気は悪いけど、楽しくいこう。


| | コメント (3)

さらに電車で帰る

運動:家事労働だけ+体操いろいろ
飲酒:生中×2、日本酒×1合、淡麗350ml×2

あやうく「女性専用車両」に乗りそうになった。ぼんやりしてたらダメ。
立ち飲みでガソリン補給後、
P1050248
行く必要ないのにジャスコに寄ってしまい、見なくていいのにリカーコーナーを探索して、買わなくてもいいのに目新しいビイルを買う。”ギネス”とおんなじように、缶の中になんか知らんけど泡立て用の「玉」が入ってる。ビイルの色自体は赤っぽくて、味はギネス。
手前のトマトは、トマトソースを作ろうとして砕いてる最中に力尽きたとこ。ペースト状にして食パンに挟んで食べようと思ったのに、、、。酔っ払いは意思が弱いぜ。

そして今朝も:
引続き電車通勤。昨日は冷房の無い「送風」だけの最悪車両で朝からとても悲しい気持ちになったけど、今朝は無事に「冷房車」。てぶら&ノーネクタイ(Coolビズ)の照れ隠しに新聞買う。阪神の試合あったら当然日刊スポーツだけど、無かったから日経。一面トップが、三井住友と英バークレイズの提携がドスンと出ててこりゃえらいことだわ、、、というのは全然嘘で、一番興味あんのは”本日の相場”のページ。野菜や魚の卸値が書いてあって、最近でいうと「イカ」の値上がりが酷い。小麦が上がってイカまで上がったら、この先阪神百貨店のイカ焼き屋はどうなんねん?と余計な心配してみる。


| | コメント (3)

2008/06/19

強豪校

ローラー小娘、ピアノ教室送迎の日。やれやれ今日は機嫌よく教室から出てきてくれや、でないとあとあとうっとしいからな。

8月に学校の部活(ブラスバンド)行事のひとつで、コンクールあるらしい。日々の練習も自然と熱を帯びてきて、生徒は自発的に「朝練」やろうと計画したりという話。どうもライバル校がいつくかあって、連敗してるからそろそろここらで一発やりたいそうだ。「あんな~、ほんでな~、その学校のブラバンな~大阪府の中でもな~、ものっそい(物凄い)凶暴校でなぁ・・・」。

こいつ、、、終わってる。
楽器の練習より日本語の練習せえよ。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

スケジュール:
金曜夕方~顧客対応(あと一月の我慢!)
土曜早朝~実家へ移動で草刈

通勤:
むちゃむちゃひさしぶりに電車に乗って会社来た。ホームで待ってたらいきなし「踏み切り故障で○○分遅れます」とアナウンスあって、あいかわらずJRだっさいのぉと思ったり。ようやく到着しただっさい電車に乗ったら満員。よく他の乗客のみなさん、こんな閉塞されて酸素薄くなってる空間に、黙って乗ってるなぁ。考えられへんわ、信じられへんわ。隣りで立ってた若造から吊革を一個丁寧に奪って(2個もつかうな言うねん!)、鞄のソコからだいぶ前の”夕刊フジ”を取り出して読む。前に座ってるおっさん、不思議そうにこっち見んなや!朝から夕刊フジ読んだらアカンのか!?それとも、このオレンジ色を見た瞬間、気分は夕方になってしまって、もう帰りたくなったとか。

帰りも当然電車通勤:
考えるだけで憂鬱。でも最近ほんまに物騒やから、大人しくしとこ。どこに狂気がひそんでるか分からんし。”吊革一個貸してくれや”言うた刹那「ブスリ」とやられる可能性、ゼロでは無い。少年ジャンプを水にひたしたやつ、腹に巻いて通勤しよかな。

| | コメント (7)

2008/06/18

高谷君

運動:通勤往復+舞洲豪快にぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×2合

びっくりしたこと。
昼休み直前に受付から呼び出しがあった。この時期、わりかしIT業界は展示会シーズンになってて、週に何べんか舞台装置とか展示装具一式を扱う業者の営業が、飛び込みでやってくる。今日もそれが一件あって、まぁカタログでももろて適当に追い返そと事務所の応接室に行っって、ドアあけた。営業マンが直立不動で立ってて名刺交換。なんか見たことある名前で、顔に面影もあって、その瞬間急速に小学校6年に戻った。

6年の二学期に高谷君はとなりの校区から転向してきた。色が黒くて筋肉質で野球が上手だけども、変に口下手。席が近いワケでもないのに、なんか知らんけど気があって、休み時間だけでなく日曜とかもよく一緒にツルんで遊んだ。生い立ちが複雑なわけでも、家庭環境に恵まれていないわけでもなかったのに、中学にはいると突然不良街道をわき目もふらずに突き進んで、高校3年の途中でついに学校を辞めて、人相の悪いひとたちの職場に”就職”してしまった。

時期同じくというか、自分も当時の教育カリキュラムに激しく疑問を感じて、二度目の高校3年スタートが決まったとき、高谷君は「俺と一緒やな!」と大阪・アベノ筋のどっかの喫茶店で祝ってくれた。どこがどう”一緒”なんか分からんかったけど、おごってくれるんやったらまぁええわとピラフセットみたいなのを食べたような気がするけど。
そのあと新聞に名前載ったとか、拘置所に住んでるとか聞いたことなかったから、たぶんどっかで地味にやってんのかなぁと思ってたし。ほしたら今日の今日になって、首が千切れるんちゃうかと思うような派手なネックレスもしてないし、指も10本ちゃんとあるし、昔は見たこと無かった眉毛がキッチリ生えてるしで、突然背広着て立派なアタッシュケースと名刺持って目の前に現れたからびっくりこいた。

「うっわ、高谷やんけ!なにしとってん、おばちゃん(※)元気にしてはんのん?」と聞いたら、「はぁ、おかげさまでうまいことやらしてもろてます」と、もんのすごい腰低い。話もそこそこに鞄開けだした。白い粉でも販売すんのか?と生唾飲んだら、ぶっ厚いカタログ出してきよった。それで、まぁ昼飯一緒にいこやということになって、二人で京橋の駅方向へ行った。

昔の高谷君の爆発力やったらソッコーで(高校3やのに)焼肉屋とか突入したはずやのに、「蕎麦とか軽いもんにしませんか?」って言うからこっちがドン引きしたぜ。おまけに飯食うたあと、年寄りみたいになんか薬飲んでるし。さらに昔の高谷君の破壊力やったら飯の次はソワソワしながら「ゲーム行こや、ポーカーはあかんからインベーダーでええわ」とか言いながらずんずん妙な喫茶店に行こうとしたけど、今は「まだ今日ちょっと回らなアカン得意先あんねん。すんませんお邪魔して。うち天満に営業所あるからまたよかったら(展示会とかで)つこたってください」と何べんもおじぎされた。

嫌がる人間をイロイロな手を使って無理やりおじぎさしてた高谷君が、往来のヒトにぼんぼん肩とか鞄を当たられながら小さくなってお辞儀してんの、ちょっと悲しかった。自分の知らんとこで、知らん間に、ヒトは大きくなったり小さくなったりするというのが、分かった。

高谷君、またいつかな。

※友達のお父さんのことを「おっちゃん」、お母さんのことを「おばちゃん」と呼ぶのは大阪だけかな?

P1050244
退社後、ジャスコ野田阪神店リカーコーナーで買ってしまったワイン。上代2,000円の大暴挙に出てしまったそのワケは、「深いコクとジャムのような官能的な味わい、、、」と書いてあったから、なにぃ!?官能的!?ほんだら森下愛子とか秋吉久美子とか黒木瞳とか、それ系のワインか?これはいっとかなあきませんな。

飲んだら、、、、普通にワインやったし。ジャスコにやられた。

| | コメント (8)

かみさま

阪神vs楽天で、関本が試合中4回のバントをお見舞いして勝つ!そして嬉しいことにお立ち台に上がる姿をTVで見た。いやぁTV局、やるではないか。こおいうアシスト陣をヒーローインタビューするとは、目の付けどころがええぞ。自転車競技もそおいう目に見えないとこで働く選手が粋なのだ、スバラシィのだ。

しかし、阪神は神様多いな。”バントの神様””代打の神様”。ほかになんかあったかな?学問の神様=菅原道真、経営の神様=松下幸之助、プロレスの神様=カール・ゴッチ。思い出すのはこんなとこ。

P1050245_2
おかずの神様はいんげん。


| | コメント (8)

2008/06/17

自転車イベントの予定

痛恨!丸岡ロードレースと小娘のピアノ発表会が激突してしまったではないか。なんで真夏にピアノやんねん、やるんやったら丸岡のスタート地点でやれやと言いたい。
P1010726
当面の予定は大台ケ原ヒルクライムとかいうやつ一本。豪快に行きたい。

豪快といえば:
岡山の山奥にあるサーキットで夜通し走る大会あるらしい。へ~夜通しなぁ、へ~凄いなぁと思って公式サイトみてひっくりかえりそうになったし。大会の冠サイクルハンターカップとな!?衝撃が走る。

さらに衝撃走る:
昼休みにいっつも行くラーメン屋行ったら、なんか知らんけど隣の店舗が騒がしい。うっとしのぉ、なんの騒ぎやねんと思って食ったあとに隣り覗いたら、先週までたこ焼き屋やったとこが「ガールズ・バー」になってるし!しかも立ち飲み。おっさん4人でなに昼ひなかから盛り上がってねん!店内総ピンク色やんけ!もうわっけわからん!
わっけわからん->それが大阪・京橋。

わっけわからん:
福井県の山中で”ブヨ”に襲われてから早9日。そろそろ噛まれた部位も腫れが引いてきて平静をとりもどしてと、、、いうことは全くなく、むしろいつまでたってもソコが「痒い」。お前どんなけ毒強いねん!?->ブヨ。いったい俺の皮膚の下で何が起こってねんねん!?もうサラでこうたキンカン丸々一本カラやんけ!うちの総務のばばぁも相当ひつこいこけどブヨには負けるな。
ちょっと気になって、ショッカーの改造人間のなかにブヨがいたかどうか調べてみたけど、該当者ナシ。見る目無いぞ->ショッカー。でも仮面ライダーは長袖長ズボンだったから、効果無いといえば無いけど。

| | コメント (9)

萌えますな

P1010739
当面このシリーズが続く予定。こおいうヒトが近くにいるだけで、その回りの空気がパァーっと明るくなる気がする。こおいうヒトを真ん中に据えて、回りを何人かで囲んで手を繋ぎ、ぐるぐる、ぐるぐる、ひたすら回り続けてみたい気持ちもある。30分は飽きずに回れる自信あり。

これがもうあと10歳自分が若ければ、その円周をどんどん縮めていって、最終的にはどうにかなってしまうんじゃないかという気持ちにもなろうかと思うが、今はホレ、円周も回転速度もあくまで一定の輪舞曲(ロンド)を保ちつつ回るのじゃ。枯れたのではない、「落ち着いた」というべき。

つづく

| | コメント (2)

とんかつで充電する

帰宅途中、ジャスコに寄る。肉売り場のとこをぶらついてたら、特価の豚ロース発見。これは運命だ。しかし、どんなけダッシュで作っても、もう舞洲へは行けないな。これは腰据えてやるかと思って、パン粉に乾燥した香草混ぜる、メリケン粉にはカレー粉混ぜる。カレー風味と香草風味どっちが勝つか?という妙な豚カツ。

家に帰ったら一番先にやることは、パンツいっちょでビイル飲むこと。そのままの体制で油の前に立つと、その跳ねる油で腹が熱い、チョー熱い!裸で揚げ物はやめよう。しかし悲しいかな、素人料理は所詮ここまで。”つけあわせ”が全然思いつかんし。適当にコールスロー添えてお仕舞い。写真はまぁそのうち。

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、赤ワイン×1合

そんなことより:
仕事の日記。東のほうで最先端のIT技術を集めた展示会が先週あって、うちの手下がその様子をくまなくレポートしてきよった。どれどれ近頃はどんな技術がトレンドなのかね?とデジカメ取り上げたら、
P1010742_3
P1010746
P1010744

「お前何しに行ってんねん、、、」しかしまぁ、
P1010727
右側の子、なかなかよいではないか。

P1010729

| | コメント (6)

2008/06/16

萌えないわ

運動:北摂の逢坂峠とか名月峠とかその辺りのサイクリング
飲酒:覚えてないけど相当飲んだ

兵庫県の一庫ダムの根元でモトジアニキ&パチョコンビとすれ違った。偶然というのは本当に楽しい瞬間だなぁ。
ダムを過ぎて交通量もめっきり減ったあたりから、ちょっと力を込めてペダルを踏んでみる。斜度が変わってたり風向きが辛くなっても”これはそおいうもんだ、辛いのが楽しいのだ”と一生懸命漕いでみる。そんなことをしながらグルリとお山方面を巡って、ああ大阪市内に戻ってきたなというころには、すっかり汁を出し切ったのか、もう力があんまり出ない。
しかしかなぁ、同行いただいた数人は元気に速度を上げていく。そんな後ろ姿をぼんやり見送りながら思うのは辛口で申し訳ないけど「市内は危ないから、もうがんばるのはやめましょうよ。そもそも田舎方面で力を出し切っておかないと勿体無いし、そうすべきだと思います。なにより安全ですよ」と。

サイクルショップに帰着してみると、店長用の・恐らくプロモーション用に組んだんだろう、物凄い高級自転車が表にあった。世界チャンピョンに与えられる「虹色」の塗装がしてあって、部品も高級そうなのがてんこ盛りで。諭吉が100人ぐらい寄り集まったら買えるらしい。皆、手に持って軽さに驚いたり、近所を試乗して感嘆の声を上げたりしてたけど、自分は喉が渇いていたからビイルの事しか頭に無かった。
なんていうか、自分の目指すのは”かっちょいい自転車に””かっちょよく乗ること”。楽器も同じく。カッチョイイギターをカッチョよく弾くこと、どんなけ難しいか。昔々、自分にもギターの師匠みたいなヒトがいて、パワー、スピード、テクニックどれをとっても抜け目なし。ただひとつ弱点はどこで弾こうが「棒立ち」「陰気な顔」。なんせグワングワンするヘヴィメタルな曲でさえ譜面立てを前において、微動だにせずプレイするからライブとか見に行っても違う意味で異彩を放つ。

ともあれ、そんな感じで今はスペシャルかっちょいい自転車には興味なし。

興味といえば:
一庫ダムのとこで箱スカ(大昔のスカイライン)に追い抜かれた。GTRのエンブレムと車体から大げさにはみでたタイヤフェンダーがステキ。ステキなんだけどエンジン音がな~んか違うぞ。そんでツレと欲しい車の話になって、やっぱりコレ以外ありえへんよなぁと意見が一致。でも、毎月2万円近くする駐車場代にひぃひぃ言うてる今の状況が、それを許さないだろう。こんなもん買ってしまったら、酒を飲む時間が大幅に減る。それは困る。


| | コメント (7)

猿山、立ち飲み

土曜日の日記。午前中は家の掃除とかいろいろ。その間TVはずっと東北地方に甚大な被害をもたらしている地震のニュース。同じ規模でも都会で起きるのと随分人的被害(?)は違うんだろうなと、ぼんやり思ってしまった。嫌な自分だ。

昼から猿山に自転車で行ってみる。気持ち、車の往来が減ってる。こんなけガソリン代が上がってしまって、みな不必要に車を出さなくなったんだろうか?物の値段が上がっていくのは悲しいけれど、車が減るのは歓迎してもいいかな。しかし眠い。睡眠不足は運動のパフォーマンスを最大限低下させる気がする。腹が減ってるトキより数段辛いし。もう、無事に家に帰りつくことだけを考えながら走った。こういうサイクリングは全然おもろない。

夕方、出先の小池さんから連絡あって、ママチャリでミナミ(大阪・心斎橋方面)へ行った。最近の”ラーメンの旅”もそこそこひととおり押さえつつあって、ここはひとつ基本に立ち返るとの彼女の案で、道頓堀の神座へ行った。開店当時の神座はものごっつい行列で、1時間以上並んだ記憶があるけど、今はもう当時の面影はなく、店内満席というのを見た事がない。消費者が味に馴れたとか飽きたとか、ほかになんぼでもおいしい店が出来たとか、そんなとこだろう。しかし小池さん、美味そうに食べるなぁ。「ラーメンとビイルだけで3年は生きていける」という彼女だけども、ここのラーメンがなかったら、それが2年に短縮されるらしい。ふ~ん。へ~そうでっか。

店を出ると小池さんがポツンと「喉、渇いた」。ああ、これはあれか、喫茶店にでも入ってケーキセットとよく冷えたオレンジジュースを飲みたいんだなぁということでは全然なくて、”どこでもええから手っ取り早くビイル呑みたい”ということだ。二台のママチャリは前後しながら御堂筋を北上する。本町のとこに立ち飲みのワインバー(安め)があるのを思い出して寄ってみた。小池さん、いきなり生中の二連発。こっちは赤ワインとコロナビイルの連発。このまま根が生えてしまうと、お互いが”羊飼い”としての用を成さないなと暗黙のうちに感じて、適当に退散。

まだ夏には程遠い日差しのなかをキコキコ・ユラユラ自転車漕いで帰った。途中前から見覚えのあるステキなTシャツを着た影がユラユラ近いづいてくる。kiyo_gあにき+あねき+犬君×2だ。平凡だけど何となく楽しかった一日の締めくくりにふさわしい偶然ってやつ。

運動:猿山と市内うろうろ
飲酒:覚えてない

| | コメント (2)

2008/06/14

踊るうどん

ラーメンも熱いが、うどんも熱いらしい。大阪市内でもその、かなり熱いらしいうどん屋に行ってみた。そんな土曜金曜の昼下がり。京阪電車滝井駅の真ん前で、昼時すぎてんのに並んでるし。それで「ひやしぶっかけ温泉玉子肉うどん」という長い名前のプロダクツを注文。

量多いし、麺はうまいし、卵もよくからむし。だがしかし「肉」はぬかった!どんなけ甘いねんいうぐらい甘く炊いてあって、食後も口の中がもたれた。大阪駅前第3ビル地下2階に二号店ができたらしいから、つぎはそこで素うどん調査してみたい。

運動:通勤往復
飲酒:淡麗350ml×1

| | コメント (7)

2008/06/13

ツールド沖縄

一年は早いのぉ。真夜中に名護の居酒屋から前後不覚になりながらホテルまで歩いて帰ったのが、昨日のように感じるぜ。ことしもいっちょう輪をかけて前後不覚になりたいものだ。昨年以上に肝臓に磨きをかけるぜ。今年も参加を目論んでるアニキたち、「羊飼い」頼む。ホテルまで無事連れて帰ってね。その居酒屋にたどり着く前に厄介な行事をすませねばな。

”ほんな厄介やったらやめとけや”と思わんことも無いけども、苦痛の後に解き放たれた快感は、甘美なのよ仕方無いのよ。今年はなんかしらんけど、名護の市街地中心部で「クリテリウム(短い周回路をぐるんぐるん回るレース・観戦しやすいやつ)」もやるらしい。去年の参加証はどうにもこうにも使えんデザイン最悪のアポロキャップくれた大会事務局、今年はなかなかやるではないか。

市民レースだけでなく、国際レースもあいかわらず熱いんだろうな。
国際レースというたら絶対忘れてはいかんのが、
・阿蘇国際マラソン
・オマーン国際女子マラソン
・青梅国際女子マラソン
の「世界三大国際」レース。これらに負けないぐらい熱い国際になるのか?楽しみじゃわい。そんで当面の課題は、500円貯金をどうやって加速させるか。これは難しい。

難しいのは:
今読んでる本が、推理小説と悲しい話と無頼な物語とITソリューション提案に関する本で、職場と自宅と便所にそれぞれ配置してあって、涙がこぼれおちそうになると便所に行って下腹に力を入れながら悪党どもをめった斬りにしてみたり、提案書の雛形を作りながら行き詰ると、犯人探しをしてさらに行き詰ってみたり、自分で自分を振り回しているようなカンジ。某茄子もろたら、もうちょっと強烈な屁をこきながら号泣できるように悲しい本を沢山買いたい。酒で過剰に摂取した水分は、目から排出するに限る。


| | コメント (2)

スキあり

ひさびさのスクープ映像。
By1
職場近くに駐輪してある自転車。頼りないブレーキは後輪側にひとつだけ。ときどき見かけるから、このあたりまで通勤に使っているんだろうな。

問題はここ!
080612_1754001_2
持ち主、どんなけ寝ぼけてんねん、、、。おりしも現場は、わたくしの大事な大事な自転車がパクられた所。こうなるとやっぱし盗難は「運」かね。”こいつの自転車盗られへんのに、なんでちゃんと鍵かけといたワシのが取られんねん”とつい悪態をついてしまったではないか。無事を祈るならまだしも、妬むとは情け無い。「自分はなんも悪くない。悪いのは世の中だ」と思ってしまたったら、それは秋葉原のボケと同じになってしまう。危ない。

でも、ヒトのココロは白一色だけでは構成されてない、ときには邪悪率が過半数を超えることだってある。でもうまく拮抗させていこう。今日はスバラシイ夏空やし。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×3

今夜は早く寝よう。

| | コメント (3)

2008/06/12

秋葉原の件

毎日毎日ニュースはこの報道でうっとしい(亡くならはったヒト、すんません)。
”容疑者”という言葉にも嫌悪感を抱く。「容疑とちゃうやろ!」とTVにむなしく突っ込むのも疲れた。
その規模は全く違うけども、「ホロコースト」という言葉を思い出した。それだけ。

| | コメント (5)

11段変速にあこがれてみる

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、芋水割り×ほんまにちょっと

雨のせいか、途中から変速機があんばい(上手く)動かん。福井のサイクリングイベントを走っている最中からおかしかったけど悪化したんかな?
ちょっと前にカンパニョロ社製の後ろ側変速機がそろそろ11段になるとかインターネットの記事にあった。自分が望んでいるのは変速の段数が年を追うごとに増えていくことではなくて、”自転車屋さん以外の自分のような素人が組みつけても不具合なくうごく部品”の発売。(腕のいい)自転車屋さんまで遠いユーザーは少なく無いはず。

やれやれ、やっと仕事の一発目の山越え終わった。ベンダー向け拡販資料作成って、つまらん。やっぱり最終顧客・コンシューマーの顔が見えるようなのやりたい。隣の芝生は果てしなく青いんだろうなぁ。青くても赤くてもなんでもええから、機会があったらやらしてくれ->上司。この前嫌々造った製品パンフ、今頃千葉の幕張のなんとか言う展示会場で配りまくられてるはず。ブースのそばをたまたま通りがかったヒトは、突然わけもわからずそんなパンフを押し付けられて、さぞかし迷惑やろうな。企業活動のひとつとして「eco」を声だかに叫んでるわりには、ソッコーごみになるもんを作って配ってるというのは、直接的にではないにしろココロが痛むぜ。

| | コメント (2)

ガス、抜けよ

ローラー小娘をピアノ教室に迎えにいったら、なんかしらんけどごっつい怒ってる。帰り道も終始無言で、部屋にはいるなり大声を上げてサメザメと泣き出す。小池さんはそれを見て、またワシがなんぞ下らんことでも言って、彼女をおちょくったのか?とキツイ目で睨むし。あほ言うな、ほんなしょうもないことするかいや。。。

ピアノ教室の宿題がこなせず、うまい具合に事が運ばなかったのが、泣きの原因。小娘の言い訳は”クラブ活動、宿題、、、やること一杯あるのに、ピアノの宿題まで手が回らず、自分としてはもう限界ギリギリ崖っぷちだ”と。

若いな。若すぎる。ここは青いというべきか。流石14歳。カンケー無いけど俺は45歳。中3といえば、もう思春期どっぷりソースだぼだぼな年齢。校舎の窓ガラス壊して回って、盗んだバイクで走り出してもおかしくない歳。うまくいかないのは全部他人のせいだ自分はまったく悪くないのだと思い込んで当たり前の歳。
ちょっと前に”夜回り先生”というヒトの話を聞く機会があって、そのときそのヒトが言うには、「15歳や16歳なんてのは、人間としてまだ40%しか完成されていないのだから(云々)”。ローラー小娘を見ていると、まったく同感。

ここで”ほんなもん、いっこも家の手伝いせんとしょうもない雑誌ながめてヘラヘラしてたり、でんでんおもろないお笑い番組とか大根ぞろいの9時ごろからやってるドラマとかみまくって、なんやちょっとおとなしいなと思って覗きにいったら服着たままグーグー寝てるしそんな時間の使い方してたら出来る事もできへんようになるのはあったり前じゃ!”と言うてしまっては、見も蓋も無いし。
自分を思い返しても、大人のようにうまくガス抜きの術が無かったしな。だらだらぐだぐだ出来る、それこそが若いヒトだけに与えられた宝石かもな。いつかわかるだろうから、今はほっといたる。そのかわり、

セクキャバの姉ちゃんみたいな”スレスレギリギリ”の服はやめろ、
ほんで、靴のかかとは踏むな。

以上

| | コメント (4)

2008/06/11

なにがやばいのだ?

昼飯にラーメン食った。小さい店だが、ラーメン通には評判が良い。静かに味わってると、隣りの学生ふう二人連れの一人が「うわぁあ、このチャーシュー マっジやばい!」という。何を言っておるのかさっぱりわからん。するともう一人が「おっ!ほんま、やっば~」と相槌打つし。

やばいのは、おまえらの箸の持ち方じゃ!

| | コメント (9)

立ち飲みを考察してみた

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:生中×2、瓶ビイル×1、冷酒×1合、芋水割り×1

夜のサイクリングにはうってつけの気象だったので、立ち飲みに行ってみた。そんな6月10日は”入梅”かつ”大安”。しかし、最近ちょっと体調とか週末忙しかったりとかで、立ち飲みは随分ご無沙汰。果たして足腰持つかどうかけっこう心配しながら一発目はやっぱり「立ち食い寿司」だぜ。味、値段、サービスとも異常無し!鯵をつまんで呑む冷酒が沁みた。

そこへ偶然OKD氏あらわる。氏からの情報により大阪船場のあたりに立ち飲みのワインバーが新規開店だそうで、まぁ行きたい衝動を何とかその場は押さえてみた。後にネットで調べたら、客単価4000円前後~「なめんなよ」というところ。足腰つこて4000円は無いやろ。自分が知らんだけかもしれんけど、まだまだ日本には水のようにじゃんすかじゃんすかワイン飲ませてくれるトコは無いのか?そんなことに腹を立てながら、付近を軽くパトロールしたら、新しい立ち飲み屋発見。全面ガラス張りのひっろい(立ち飲み屋にしては)間口と清潔そうな店内。

突入。メニューを見せられて、その膨大な焼酎の量に驚く。しかし、膨大な選択肢を突きつけられると、ヒトはかえってベストチョイスできなくなる習性があるのだ、店長そこんとこ世路死苦。それと、昨日や今日・立ち飲みデビューしたそこらへんの若造とは違うのだから、こう、なんていうか、巨大な液晶TVとか、傷一つないカウンターとか、ちんこがこそばくなるようなBGMは裏目に出てるかんじ。スポーツBarを意識すんのはやめておくれ。立ち飲み屋ってのは硬派でなくちゃな。

ここはひとつ様子を見ましょうと、瓶ビイルとドテ(ドテ焼き)で軽くジャブをお見舞い。
自分らの後からもそこそこ客とおぼしきおっさんが入ってくる。みな、新しくできた立ち飲み屋が珍しくて来た模様。入店に勢いがなくて、足の運びとかが”恐る恐る”だから。みていると、やっぱり自分たちとおんなじで、なんか「居心地悪そう」。OKD氏と考察するに、これはやっぱり店内が広すぎるんですなぁ。好き好んでそうしたいわけではないけど、やっぱりそこそこ混んでて、そこそこ暑苦しくて、たまに隣りで呑んでるおっさんの毛だらけの腕が軽く当たったりすると、妙に落ち着いたりするし。

カウンターの中で立ち働くお姉ちゃんも、そのあたり集客について悩んでるて言うてた。ほらぁ(それは)、姉ちゃん、ちょっと無理やで、やっぱり自分が行きたい店と客が行きたい店とにギャップがあるのを早く感じたまへよ。周辺に昔からがんばってる立ち飲み屋見てみ!?どこもここもターゲットはズバリ「おっさん」だよん。
と身勝手なことを思っておっさんは店をあとにした。

ドテ一本100円は高い。

| | コメント (3)

2008/06/10

敦賀の夜

そしてサイクリングイベントもつつがなく終了。本来ならば撤収後、すみやかに帰宅ということであるが、今回は贅沢中の贅沢「後泊」という暴挙に出てみた。月曜に遊びの用事で有給取るの、ちょっとドキドキしたぜ。気が小さいのがばればれ。

敦賀の原発のある半島・ほぼ立石峠のきわきわまで行くと、民宿あった。「漁師民宿」の名前がいかすぜ。ほんでおもろいことに、一軒のコンビニも無い小さな集落ではあるが、インターネットの回線(恐らくケーブルTV用)はキッチリ敷いてあって、宿のサイトもあるし。若おかみ(?)に「宣伝しときますわぁ」と言うた手前、そのブログとやらをリンクしておく。ひさびさに”ローラー興業社・その足跡を残す”活動展開中。
曖昧な記憶を呼び覚ますとやね、宿のおっさん(大将)が自分の漁船で釣ってきはった魚介満載で、質・量ともむちゃむちゃイケてる。イケ過ぎといっても過言ではない。

その証拠に、船盛りの甲板の上を見るとだな、「オール白身の魚」で埋め尽くされておるのだ。この船盛りにマグロとかの赤味があったら明らかおかしいし。「獲れたて・釣りたて」にウソいつわりなし。部屋も清潔で綺麗やし、宿のヒトビトのもてなし方もスキが無い。それでお値段・諭吉一人。営業努力に圧倒されたぜ。絶対の絶対にまた行く。そのときはフグかなんか頼んで、てっさの海で溺れたい。

翌日は、北陸道を使わず、敦賀から直接木之本あたりに下りてきて、そのまま湖西道路~名神京都東ICから乗車。高速代も大幅に安いし、道もすいてるし、ええことずくめ。ワルを貫くどころか、福井県に癒されてしまったぜ。

足は痒いけど。


| | コメント (9)

2008/06/09

歩行困難!

グランフォンド福井、スタートの列に並んでいると、小さな黒い虫が足元にまとわりついて、うっとしなあぁと思って皮膚から追い払うと、鮮血がタラリタラリと垂出てくるではないか、あちらからも、こちらからも、、、。

(そしてイベント無事終了)

贅沢にも年休をつかって「後泊」した。そして、夜中、激しい痒みと痛みで目が覚める。尋常じゃない痒さ。これはいったいなんだ、どうした???
今現在、さされた場所がものの見事に腫れあがり、熱を持って、ひざ関節とか曲げ伸ばしがきついぜ。
正体はこいつ
最悪!!!

日曜早朝3:15大阪市内出発~名神~北陸自動車道~敦賀IC下車。ここで道を間違え、国道8号線に出てしまって、まあスタート位置の方角あってるしエエわエエわでどんどこ進むが、かなりまずい展開の匂い。その先の「津浦」とかいう場所でことの重大さに気が付き、手じかにあった国道(県道?)207号で山越え。こっれがまたえげつない道。途中、素掘りで真っ暗ケの長い長いトンネルが5連発ぐらいあって、伊豆の旧道天城トンネルみたいな怖い怖いやつ。
003
とりあえず、ヒザ裏を噛まれた跡。リンパまで腫れてきて、ヒザがうまく曲がらんトコ。


そんでスタート地点でぶよに刺されまくってイベント開始。

コース的には去年参加したときの道を概ねトレースするかたちで。一部迂回とか違う道とかもあったけど、入念に下調べした雰囲気が随所にあって、ややこしそうなとこは案内のヒトが居たりして、スゴイスゴイ(運営努力が)と唸りながら走ったぜ。話が前後するけども、現場について参加受付の時点で、その情熱がむらむらだ。

”参加申し込み書を忘れた・紛失したヒト専用デスク”あるし!
デスクにはネットワークにつなげたパソコンとプリンタがある。恐らく瞬時に登録データベースに探りを入れて、その場で参加証を再発行するんだろう。すげえすげえ。

すげえすげと感心しながら受付行く。ゼッケンとかもらって参加記念Tシャツ貰いにいく。「あ~、今年はTシャツか~、ショボ~、、、」とややうなだれつつ礼を言って受け取る。出してみてビツクリ、ありふれたコットンではなくて、速乾性能をもった科学的な生地でこしらええてある!しかも、背中にはサイクルジャージと同等にポケットが3つ付いてるし!うぉぉぉ、大阪帰ったら着て着て着まくったるぅ~!これでジャスコ行ったるぅ!ココロのなかで絶叫したし。

※峠の山賊あにき頂いたコメントをもとに検索したら、確かに鉄道のトンネルだった。自分は鉄道マニアではないけれど、昔ここにもくもくと煙をはきながら大きな蒸気機関車がうんしょこらしょと急峻な坂道をガタゴト登っていたのかと思うと、ちょっと感慨深いぜ。それと、早朝の6時前だというのに、キャンプ道具を満載したサイクリストが5名、この道を北に向って走っていたけど、彼らは無事にトンネルを抜けて、目指す土地に辿りついたのかなぁ。まったく羨ましいぜ。


| | コメント (17)

2008/06/06

ナンの日

この日ナンの日きになる日という日立製作所のコマーシャル歌うには訳がある。そんな昨晩。
冷蔵庫あけたら「ベーキングパウダー」賞味期限切れ発見!「またいらんもんこうて結局全部使わんうちに捨てんねやったらハナから買いなや勿体ないやろそれでなんぼする思てんのん冷蔵庫かて物で一杯やねんからもうちょっと考えてもの買いいさぁ・・・(ほんまはまだまだ続く)」って小池さんにいわれる前に処理する。

けど、舞洲行ってはぁはぁ息上がってるとこで休憩もせんと小麦粉をこねくりまわすの、どんなけえらい(しんどい)か。しかも下半身は自転車のレーサーパンツで上は当然裸やし。こんなかっこでナンこねてるとこインド人に見つかったら、パキスタンの次は火の粉がこっちくるぜ。

背徳のナン出来上がり。賞味期限切れてるベーキングパウダーは膨らみが悪い。
005
日々、道徳に背いて生きていくぜ。だっておっさんだもん。

おっさんの追伸:
なんだかんだといいながら、昨日も大阪梅田にある自転車屋さんに寄る。
またまた自転車用の靴関係のパーツ探し。すんなり発見してすんなり購入。あ、レジ打ってくださったの88アニキダ、ちょっと照れるぜドキドキ。また伺いたい、、、そんな雰囲気で店を出た。

| | コメント (4)

そのドラマ、ちょっと待て

運動:通勤往復+舞洲グルグル+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×2合

毎晩9時以降、自分に与えられたチャンネル権はスゥ~っとローラー小娘に剥奪される。そんな日々。
見たないけどTV点いてたらついつい目が行ってまうシリーズ・木曜の晩は長澤まさみちゃんが出る「ラストフレンズ」。DV男に長澤まさみちゃんが時々しばかれるドラマ。きのうは長澤まさみちゃんのツレの瑛太(ドラマの中の名前は忘れた)がDV男にぼこぼこにしばかれる場面がクライマックス。しっかしそのボコボコにするシーン、あまりに現実味が無い。DV男のほうが瑛太よりガリガリのほそほそ。瑛太情けないぞ、お前日曜の晩は腰に刀さして薩摩藩守ってる重職やろもうちょっとなんとかがんばれよ!そんなんやから篤姫取られんねん。TV見ながらぶつぶついうたら小娘に「うっさい!」いわれた。激凹み。

DV男にお告げ!というかプロデューサと脚本家に言いたい。しばくシーンはこれにちょいちょい出てくる悪徳金融の後ろ盾についてるチンピラのやり口を大いに参考にされたし。タイトルももうちょっとハクつけて「実録!ラストフレンズ抗争300日!兄弟盃~オジキ!」で、長澤まさみちゃんファンとおっさんを両方いっぺんに取り込むとか、そおいいうので。

チャンネル権返せ->小娘

| | コメント (3)

2008/06/05

仕事の愚痴だ!

「造れ」いうから苦手なJAVAで仕事のツール造ったのに、「ああ、それあったからもうええわ」って、それどういうことやねん!ひさしぶりに真面目なことやったから、気分わるなってアゲそうになるのを必死で我慢して造ったこっちの身になれ言うねん、そこのボケ部長。

やっぱり自分は悪事考えるのが向いてる。

悪事を考える:
ふてくされて仕事中。会社が外に向って放出してる(ハナテンでは無い)ホームページのアクセス数を上げろ、これは急務だ!とか、ほんなもん俺にいきなり言うな。まずはどこの誰がアクセスしてるか調査開始。ああ、こんなちまちました作業嫌や。嫌やけどしゃぁないし。もっとダイナミックな指示くれ。例えば、「明日からむこう半年、ユンボつこてええから、会社の前に穴を50個掘ること」とか、「全国津々浦々のホームセンターコーナンを見学して、電動工具をいろて(いじって)こい」とか、そんなやつ。

来月の拡販用のパンフ作成も、開発部の連中が作る”スペック重視”のおもろとも何ともない原稿に、色つけたり漫画つけたりむっちゃ厄介やし。色彩感覚ゼロどころかマイナスの自分がやると、たいがいダメ出しくらって・挙句偉い人会議に引きずりだされて集団サンドバッグみえみえ。打たれても打たれてもひたすら我慢する予定。だってもうすぐ、あるかないかワカランけど某茄子やし。ギターとウクレレの弦は絶対買いたい。ガールズバーも行って、おねえちゃんが入れてくれるカクテル飲んで(サイドカーがすきです)ニヘラニヘラいやらしく笑いたいし。

話のついでに:
自分の坐骨の幅を計ってみた。書くのも恥ずかしいぐらい狭い。この前買って100kmでギブしたサドル、Sサイズでもまだ広く感じて坐骨が突き刺さって痛かった。この骨がある限り、アリオネサドルしか座れないのかも。

| | コメント (3)

ロードレースは難しい

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×3合

このまえ見に行った”全日本選手権ロードレース”のこと。見ている最中は、めまぐるしく走る選手の動きばっかり見てて、いやぁ感動した感動したと純粋に楽しい観戦だったけど、ほんまは釈然としない観戦でもあったわけ。チーム同士の駆け引きとか、見てるこっちに全然判りにくい、、、というか「わからん」。物凄い強い選手が途中でいきなし足止めて後ろの集団を待ってみたり(シンドイから待ったのでは無いだろうけど)、最終局面まで忍者のようにシズシズ走っていたり(ほんまは走れなかったのか、わざとそうしていたのか、これもワカラン)。

そんなことを昨日の晩ぼんやり考えた。お陰で酒量が冴えなかった。ああそうそう、なんか似たような本あったなと思って家のウロウロして「江夏の21球」を見つけた。山際淳司さんのチョー有名なスポーツノンフィクション。広島vs近鉄の日本シリーズで絶対絶命のピンチを切り抜けた、江夏豊が放り投げた21球に込められた心理とか球スジとか思惑とかそのあたりを書いたやつ。普通に野球観戦したてたら「うっわっ、ノーアウト満塁でしっこチビリそうなトコ、よう押さえた。さすが江夏やのぉ」で終わるとこ。

自転車選手も単に口開けてはぁはぁ走ってるだけに見えるけど、頭の中ではいろいろなことを思いながら走ってるに違いないけど、これはほんまに判りにくい。判りにく過ぎるぜ。あとになって、走ってた選手にちょこちょこ聞いたりなんかしてようやく自分の頭の中のもやもやが晴れた。ここでそれを書いても、レース内容に水をさすことにはならんと思うけど、本人の承諾も得てないからまた盆か暮れにでも。

ロードレースが根付かん理由の一つは、やっぱり「難しい」とこにあるんかな。
28

難しいといえば:
アニキ金本の打った打球は、仙台の球場にものの見事に突き刺さった昨夜。単純明快。スカットするぜ。話は江夏に戻るけど、このころの江夏と今の藤川とどっちがスゴイんかな?セットポジションに入ったときに、ややメタボリックがかった腹の上にボールをセットする江夏の姿は、やっぱし誰が何といおうとかっちょええ。


| | コメント (6)

2008/06/04

おっさん天国

昼休みに大好きな大好きな京橋「花京」のつけ麺大盛り食べにスキップで行ったら、満席。うっわさいあくや!と思てよくみたら、7つしかないカウンター席の椅子に荷物置いてラーメン食ってるおっさんがおる。おっさんの荷物どかして座ったろおもたけど、おっさんの食い方かなり行儀悪い。こんなやつの隣りで食うたら、さぞかし気ぃ悪いやろなと思て一旦は下がったけど、やっぱり食いたい。しゃあないから、おっさんに「ここよろしか?」言うて荷物どけてもろたら、いやっそ~な顔しよった。
おっさん、首に3本もかけてるファイテンでいっぺん首しめたろかおもた。

そーとー気ぃ悪いけどつけ麺は美味かったんで店出て事務所へ戻る最中、けたたましいベルの音。後ろからママチャリ乗ったおっさんが、せっまい歩道を突っ走りながらベル鳴らしまくっとる。「そこのおっさん、左に寄って止まりなさい。道交法違反で3発しばきます」と、どっかの誰かみたいに言いたかった。

あーもー今日はさいあくの昼休みや、こらはよ事務所戻って仕事するフリしよっかなぁと角っこ曲がったら、むっさいおっさんと鉢合わせ。あやうくおっさんのパチキ(頭突き)で死ぬとこやった。おっさん何焦ってねんと睨んだったら、そのまま無料風俗紹介所にシューっと入って行きよった。入り方があまりに自然で文句のつけようがない。こっちは昼からどんな悪事を働くか真剣に考えてんのに、おっさん気楽やのぉ。

石を投げたらおっさんに当たる街・大阪京橋。
でも本気で投げたらソッコーそのまま大阪湾の人気のないトコにつれて行かれるかもしれん街・大阪京橋。
あしたはどんなおっさんに出会うかな。

| | コメント (4)

サンドバッグの果てに

月例サンドバッグ会議終了。本日はやや軽めのアッパーを二発受けただけですんだ。最近、上司も殴り疲れたのか、自分が殴り馴れたのか、痛みをあまり感じなくなってきた。ええのかええことないのか、、、。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+妙な体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、ワイン×2合、米水割り×そこそこ

世界の部品メーカーシマノが、久しぶりに変速機をはじめとした自転車用の新製品をリリースするらしい記事で”狭い範囲の世間”は持ちきり、話題沸騰。え~とホームページ見てみると、その変速機とか変速レバーとかのデザインやら機能やらが少し変更された様子。もうあと10歳若かったら、ほらもう飛びついてたかもしれんけど、アクセル全開バリバリのおっさんへの訴求力は、あまり感じないぜ。
構造に革新的な変更が見られず(知らんだけかもしれんけど)、以前のシステムを踏襲してちょっとづつ洗練さしたような雰囲気やし。こおいうのを見ると、製品そのものよりも、開発~販売にいたる過程で、どれほど多くの人間が自分とおんなしようにサンドバッグにされて、そこらの川に簀巻きにしてほうりこまれたかを思ってしまう。

3年ぐらいまえから「次世代システムプロジェクト」とか立ち上がって、キックオフの飲み会を和民とか贔屓屋とかの飲み放題付き3、980円のプランでスタートして、次の日から早速ビジネスプランの提案、商品企画、意匠・特許調査、下請け探し、社内で使い捨てしやすそうなプロマネ及び奴隷探し、途中いろいろあって、精神的にやんでしまったメンバーの一部は長期休暇を余技なくされたり、残った人間は徹夜と深夜残業の連発でヘロッヘロになりつつも納期厳守とさらなる品質向上という高い高いハードルをよじ登って、、、、
うわ~キッツーとか言いながらも作業線表は無情にもどんどん過ぎ去って行く。

いろいろありつつもリリース決まって、うわぁ終わった終わった言う尻から、次のプロジェクトが早くも養老の滝とか村サ来で飲み放題付き4,980円幹事様お一人ぶん無料コースでキックオフ宴会が、今日も繰り広げられていることであろう。
不憫だ。不憫だが、くれぐれも「セット販売のみ」とか言うなよ、シマノ。ユーザーは、もっと不憫なのだ。


| | コメント (2)

2008/06/03

ボズ

019
この面をうえむけてテーブルに置いといたら、ローラー小娘から「エロ」と言われた。否定はしなかった。だってエロだもん。エロでけっこう毛だらけ。エロ最高。エロで世界を埋め尽くせ。

ええ時代になったわ。オークションで800円。昔二千数百円でこれのLPこうたのがアホくさい。しかしなんで今更AORを買ってしまったのだ?わからん、自分で自分が一番わからん。わからんけど、このCDはええ。
後ろで演奏してるTOTOはちょっとあつかましい感じて「何いきってんねん(激しく調子に乗るの意味)」とおもたけど、別の曲のサンタナはやっぱり惚れ惚れするし。延々間奏だけ弾いとけ思うぐらいええわ。


このまえ聞いたカーラ・ボノフから自分の中でAOR旋風が再燃したもよう。

018

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:京都西院で飲んだ

西院といえば:
早い時間に駅着いた。することないから立ち飲み行ったろおもて雨のなかうろうろしたら、「折鶴会館」とか書いたある妙な一角発見。どうも、立ち飲み屋を寄せ集めてあるカンジ。どて焼きやってるトコ探したけどわからんので、その中で立ち飲みのホルモン焼き屋に突入。

熱燗たのんだら、これがなんか知らんけどえげつない「甘い」酒。ガムシロで作った酒か?思たほど甘い。これはあかん、早急にアテを食べて舌を中和させな死ぬ。壁に貼ったメニューをみたら、ゲゲ!「ロース1200円!」。ガムシロの日本酒飲んでとうとう視力イカレタかとおもた。なんで立ってロース食うのに1200円やねん!12円の間違いやろおもて見直しても「1200円」。しゃぁないから「生レバー」にした・600円。お店の奥さん器量よしやけど、立って食べる生レバーは600円。

宝くじ当たったらまたぜひ行きたい。


| | コメント (6)

強くなりたければ前を引け

誰が言うたか忘れた。エエ言葉や。

今回の全日本サイッコーレースで特に印象に残ったのは、熱いお兄ちゃんと、よしゆき選手の仕事ぶり。偶然か神のいたずらか、二人が所属するそれぞれのチームのそれぞれのエース選手が後方集団に取り残されてしまった。こんな場合、そのエース選手を優勝圏内すなわち先頭集団に復帰させるのがこの二人に託されたお仕事。
エース選手のためにひたすら風除けになって、坂道であろうが平地であろうが下りであろうが、献身的に「前を引く」。もうひたっすら前を引くその姿は”なんもそこまでせんでも、、、”というぐらいその時間ザット60分前後。

60分も延々延々前を引き続けたら、ほらぁきついわ。結果的にどっちもエース選手を先頭に合流させることは叶わんかったけども、そおいう男前なシーンを目撃できたのは幸せです。

普段のサイクリングなんかで、やっぱりだれしもシンドイ目に合いたくないんで、自分だけが何分か先頭にいることにフト気づき、なぜかそれがとてつもなく徒労に思えたりなんかすると、途端に後方にむかって「わしだけしんどい目さすなよ誰か先頭代われやあほんだらぁ!」と思ってしまうのよ。
でもこのお兄ちゃんたちは、むかしっからそんなセコイことは一切口にせず、黙々と風受けまくりぃの走りまくりぃのもがきまくりぃの、、、、。つまりタイトルの通り。
「稽古で楽してどないしますねん!」とその走る姿から伝わってきた。忘れてたことを思い出した。歳やな。

稽古といえば:
001
知らんかった。ぬかりました。ミルキーに抹茶があること。抹茶でもやっぱり「ママの味」って書いたある。抹茶味の奥さん、ちょっと怖い。


| | コメント (3)

全日本の中の全日本

日、月といろいろあってすっかり日記が滞ってしまった。観戦・レースの詳細はいろいろなヒトのいろいろな日記に書いてあったりするから、もうええかと。

久しぶりに行く現場・広島の中央森林公園は近いような遠いような、大阪から微妙な距離300km。天井知らずのガソリン代はついに172円だったし。これは、今後選手のみならず、観戦しようという者にとってあまりに痛い、痛過ぎる仕打ち。

002
現場につくと、ちょうどお姐ちゃんの部が最終ラップ。サングラスして走ってるから表情わからんけど、苦しみのあまりえげつない顔してるんだろうな。
自転車の場合は”全日本”と頭につく大会がいくつかあって、全日本実業団なんとか大会とか、全日本選抜なんとか大会とかややこしい。全日本があるのだから新日本はあるのかとか、大日本はとか?思われがち。しかし自転車競技にインディーズ団体の存在は認められてないので、そおいうのは今のトコ無い。そんで、その全日本実業団なんとかの参加資格になると、東日本実業団なんとかの大会の上位半分くらい(だったと思う)と、西日本実業団なんとか大会の上位半分くらい(だったと思う)のあわせて150人前後が数千円支払うと参加できる(できた?)システム。大昔、自分も西の大会のギリギリの線で全日本に参加できて、強烈に情けない思いをしたことがあるぞ。強烈に情けないから当然完走してない。ほんなもん当たり前。

そんでこの日の全日本は全日本の中でもサイコークラスの”全日本”で、「全日本実業団」ではない「全日本選手権」だぜ、いわば日本中の中から選びぬかれた全日本にふさわしいヒトらが出て、なんぼげんなまを積んでも、それりの品格と出場資格が無ければ参加することまかりならん(品格無いやつもおるにはおるけど)。しかも優勝するともれなく”全日本”と英語で書いた自転車用の特注の衣装をもらえる。これをもらえたらひとは、ほらぁもうサイッコーの名誉で、むこう一年間自転車活動はゆうにおよばず、冠婚葬祭あらゆるとこで着用が許されておる。義務ではないけど。

015
そんなサイッコーの舞台を見るために延々歩く観戦のアニキ達。行けども行けども、山また山、丘また丘。やはりサイッコーのレースを見るためには、観戦もサイッコーに苦労するようになっておるのだ。だって全日本だから。

004
東京のクラブチーム「ラバネロ」のエース・こめやま選手。応援するんでがんばりたまへと優しい言葉をかけたら、、、
008
しょっぱなからパンクしよった。天に見放された貴重な瞬間。まぁ気を落とすなよ、こめやま選手

005
レース前にもかかわらず、頭の中は宴会の相談で充満するよしゆき選手

今回の”全日本”もいろいろドラマがあって、なかなかによかったぞ。ガソリンが118円ぐらいになったら、また是非観戦に行きたい。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »