« へっちゃら、へっちゃら | トップページ | 甜麺醤は買ったけど »

2008/05/19

ツアーオブジャパン(奈良)

002
応援のご家族

019
奈良県を走る「奈良」選手。44歳・最年長でサラリーマン。どの選手よりも応援がすごかった。生活のすべてを自転車に捧げているのでしょうか(噂で)。残念ながら本職のレーサーたちが繰り広げる”レース展開”には参加できてないけど、諦めないその走りは見事。

015
さらに京都から自走応援の熱いアニキ。

045
パンツのガラが以外に地味な東京・練馬のチームのエース。応援聞こえたかね?米○○輝ちゃん。帰省するときは、たまに連絡しなさい。飲みにいこうぜヘイヘイ。


047
終始先頭集団で展開しまくった、お兄ちゃん。クーラーBOXを覗く長男くん。労いの言葉をかけたあとは、いつものように飲み会の相談。”おっさん”はそおいう姿勢が大切だぜガハハハ。

044
この日一番のショットがこれ。会場警備にあたるおばちゃんと、オーストラリアチーム選手との押し問答風景。レースが終わって選手はコースを100mほど逆走して、自分のピットに帰りたい。しかし、警備のおばちゃんは断固許すマジ!でそれをかたくなに阻止。もちろんオール日本語で。選手のほうがしどろもどろでタジタジなのよね。あいかわらずコースサイドのガードは鉄板のように固く、自由に歩くことはままならない。それでも、ガードレールのスキマとか、林の茂みの影から選手に声援をおくることは可能。なんで”可能”かというと、そらぁ、オーディエンスが少ないから。毎周回、フルもがきで坂をぐわんぐわん登ってくる選手の荒い息遣いとか、葉を食いしばる姿を生で見られる幸せがそこにあるのに、アクセスの悪さ(山奥すぎる!)とか何べんも書くけど「警備の固さ」、それとド平日開催。

国内ロードレースが黎明期をちょっと過ぎて、ようやく日の目を見だしたころよく言われた「お金はろてもええから、もうちょっと街中で開催してくれたら」。これには同感。しかしなぁ、ペイできるかというとまた問題山積やし。
これはもう、大昔のような”沖仲仕”を取りまとめてたような大親分がいて、その強烈なるリーダシップでもって、自転車ロードレースの興行をボバ~ン!と打ってやね、五大都市を移動しながら観戦料を徴収しながらエキサイティングな試合を見せるとかして、選手にも名誉と賞金目当てでバンバン行かせると。そのかわりしょうもないレースしたり、けっきょくはつまらん催しだったなぁというのであれば、日本中から自転車ロードレースという存在そのものを消し去るぐらいの荒手のやりかたでもええのじゃないかね?

ヒトは”本気”になら金を出してもええし、”本気”にしか感動しないだろうし。すくなくとも自分はそう。「がんばりますんで応援よろしくお願いします」というセリフは、近所のおっさんでも言いよるし。走ってる選手には申し訳ないけど、プロと名のつくヒトは少なくとももっともっとハラハラドキドキさしてくださいな。


|

« へっちゃら、へっちゃら | トップページ | 甜麺醤は買ったけど »

コメント

明日、美濃ステージ見に行ってきます!(予定)

東海地方、明日の午前中までに場所によっては降水量300ミリとか言ってましたけど・・・。
現地についてもクルマから出られるかどうかが疑問。

投稿: PEANA2 | 2008/05/19 21:43

アニキも自走応援の熱いアニキ達も
ホント羨ましいかぎりです。
とぉ~ってもイキたかったです。。。(泣)
でも奈良でするなら京都でも出来るハズです。
アニキ、何とかお願いします。

投稿: なかじん。 | 2008/05/19 23:17

私、ひょっとすると、ロラさんのすぐ隣でずっと観戦してたと思います。ロラさん、紺色のトレーナー着てはりましたよね。

投稿: チョモ練チョキーズ た | 2008/05/20 00:13

奈良ステージ観戦は初めてだったのですが、レースも環境も最高でした。
天気もなんとかもちましたし。阿部さんや岡崎さんををはじめ、
必死に走る選手はみんなかっこよすぎて見てて泣きそうになりました。
ローラーさんぽい方がいらっしゃったので、声をかけようかと思いましたが、
以前舞洲でおもいっきり誤爆したことがあるので躊躇してしまいました。
男気Tシャツ着ていけばよかったかなごめんなさい。

投稿: よし | 2008/05/20 05:16

プロレースと興業収入というのはやはり切っても切れないっすね。
ワシ自身昨年までは「ど素人」状態で、まったく知識がない状態でした。自転車レースの何がおもしろいのか理解できなかった。でも、実際に少し真面目に自転車に乗って、その楽しさや苦しさ、悔しさなんかを少しでも知ると、不思議と興味が増幅していくものですね。感情移入ができたんだと思う。
自転車競技やイベントが興業的に成功していくには、最終的には、この世の全てを支えている「普通の人たち」を巻き込んでいかなくてはならないのだと思います。金とか気持ちとか人とか、いろんなものが、循環するというか交錯するというか。。。
自分にできることは「「自転車は楽しいぜ~」ってことを周りの人に少しでも伝えていくことかなー」などと、仕事さぼりながら生意気書いてます。(ほんとはこれから忙しくなるんです。)

投稿: ぱぱろぐ | 2008/05/20 15:30

ツアーオブジャパン って、たしか昔、上等林業が売っていた商品の名前やなかったですか? どうりで奈良や飯田の山んなかでやるですね(笑)

投稿: 峠の山賊 | 2008/05/20 18:42

●PEANA2あにき、美濃ステージレポート楽しみ!
●なかじんあにき、その昔、美山で国際ロードが開催された由緒正しい京都。なんとかしましょう!(どうするの->わし?)
●チョモ練チョキーズ たアニキ、そうです、わたくしです。これからはなんか目印いりますね。お話できずに残念です。また機会ありましたらよろしくお願いします!
●よしアニキ、当日はちょっと肌寒かったので、Tシャツの露出を断念しておりました。すんません。またお会いできますように!
●ぱぱろぐアニキ、「自転車はサイコーに楽しくてサイコーにかっちょええんだ」ということを、もっと普通のひとに分かってほしいですよね。まずは家庭内から。(うちはどうだろう、、、)
●峠の山賊あにき、よくご存知でJOTO。通称「ジョーリン」。

投稿: ローラー男 | 2008/05/21 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« へっちゃら、へっちゃら | トップページ | 甜麺醤は買ったけど »